So-net無料ブログ作成
散歩写真 ブログトップ
前の3件 | -

Worldwide Pinhole Photography Day 2019 : 今年はデジカメで撮影。晴れて良かった。 [散歩写真]

DSC05256.jpg

★ Worldwide Pinhole Photography Day(WPPD)とは

毎年、四月の最終日曜日は世界ピンホール写真デー(Worldwide Pinhole Photography Day)。今年も参加しました。参加と言っても、特にどこに集まる訳でもありません。世界中の針穴写真を愛する人が、それぞれ思い思いの場所で針穴写真を撮るというイベントなのです。「同じ日(今年は4/28)」に撮るところがミソ。

そして、出来上がった写真から一枚選び、サイトに投稿するのです。今年の私の一枚はこれ。

   Fumito Ito, Setagaya-ku, Tōkyō, Japan | Worldwide Pinhole Photography Day 2019 Exhibition

今年はソニーのα6000(ミラーレス一眼)にRISING ピンホールレンズを付けて撮影。ピンホール写真が簡単に撮れちゃうんですよ。ちょっと簡単すぎてありがたみ(?)が薄れるのが難点。

★ 新宿御苑でカシャカシャ

その他の写真も紹介。まずは新宿御苑で撮った奴。

新宿御苑には“大木”が一杯。どれもご立派。存在感があるし、見ていると安心感がありますね。
DSC05195.jpg


陽だまりのベンチ。のんびり昼寝したいけど、実際は虫が一杯飛んでいて、それどこではないけどね。
DSC05197.jpg


気根にょきにょき。御苑に来ると、いつも撮っちゃいます。なんとも不思議な景色。
DSC05200.jpg


空が広い。そして、高層ビルも見慣れると違和感なく景色に馴染んでいる気がします。
DSC05212.jpg


いい天気だったこの日。そんな陽射しが作る影も面白い被写体でした。
DSC05218.jpg


うちの近所ではもう散ってしまったけど、まだ八重桜が残ってました。
DSC05222.jpg


温室の中の植物たち。南国ですな、まさに。赤がどぎついくらい濃い。
DSC05239.jpg


バナナも豊作。
DSC05240.jpg

★ 帰り道、下北沢で

見慣れた街の風景もピンホール写真だとまたちょっと違った雰囲気に。

南口商店街入り口。駅の出入り口の位置が変わってしまったので“駅前”ではなくなっちゃったのかな。でも、賑やかさは変わらず。
DSC05253.jpg


下北沢のスタイルを作る大きな要素になっているのが古着屋さん。何軒あるんでしょうね。
DSC05255.jpg


ピンボケのようで、実はパンフォーカス(近くも、遠くにもピントが合っている)のピンホール写真。それはデジタルでもフィルムでも同じ。この雰囲気、好きです。







nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

皇居乾通り一般公開で満開の桜を満喫 [散歩写真]

IMAG3704.jpg

皇居乾通り一般公開に初めて行ってみて、満開の桜を見てきました。近所に用事があって、急遽思いついたので、ちゃんとしたカメラを持っていかなかったんですよ。なので、スマートフォン(HTC U12+)で撮った写真ばかりです。ま、私の腕だとどっちでも大して変わりは無いですが。。。

★ 乾通り

いつもの二重橋辺りの見学コースからちょいと東に進んだところに坂下門があり、そこから入場となります。詳しくは公式サイト(皇居乾通り一般公開について - 宮内庁)を見てください。
入場の際には荷物検査や金属探知機による検査がありましたが、乃木坂46のライブで慣れてますからね、問題なし。

以下、歩いて回った順に写真を紹介。
こちらが坂下門です。皇居の通用門って感じなのかな。宮内庁の職員さんの出入り口でもあるそうですよ。私は初めてくぐりました。
IMAG3636.jpg


門に付いているランプがお洒落。和モダンって言うんですかね。
IMAG3637.jpg


宮内庁の庁舎だそうです。歴史を感じる建物ですね。中はどうなっているのでしょうか。最近はきっと忙しくて大変でしょうな。桜を見ている暇もない?!
IMAG3640.jpg


東御苑(江戸城本丸)にある富士見櫓を望む。
桜の花を画角に入れたかったんだけど、良いポジションがなく断念。残念。
IMAG3642.jpg


「蓮池参集所」とありましたが、何に使う建物なのかな。英語では“Meeting room”とあったけど、会議室というわけでもないだろうし。
とりあえず、松の緑と桜の薄いピンクが良い感じでした。
IMAG3644.jpg


「局門(つぼねもん)」。格式高い、立派な門です。大奥のお局様たちの屋敷がこの先にあったのかな。今はどうなっているのでしょうかね。
IMAG3647.jpg


東御苑の端にある富士見多聞を望む。いかにもお城の風景です。
IMAG3649.jpg


門長屋付近。葉を全て落とした樹がすくっと生えているのが絵になる。
IMAG3655.jpg


枝垂れ桜も良いですね。板塀の渋い色を背景にすると、桜の華やかさが際立ちます。
IMAG3665.jpg


そしてこれが乾門。国立公文書館が通りを挟んで斜め向かいにあり、そちらに見学に来た時に、外からこの門を眺めたことはありました。もちろん、“内側”を見たのは初めて。
IMAG3674.jpg

★ 皇居東御苑(旧江戸城 本丸)

乾門から出て、いつもの東御苑にも足を伸ばしました。こちらは普段から見学ができます。

乾堀と石垣。雲は多めだったけど、穏やかな陽気で、堀の水面も静かに木々を映していました。
IMAG3677.jpg


桃華楽堂。音楽堂だそうです。知らなかった。
IMAG3679.jpg


この日は人でもすごかったので、天守跡などはすっ飛ばしてしまいました。そして富士見多聞へ。中を見学できたので入ってみました。先ほど歩いていた乾通りを、今度は反対側から見下ろします。いい眺めだ。
IMAG3684.jpg


昔の床板が展示されていました。これは裏側らしい。鐇(ちょうな)で削ったと思われる跡がきれいに残ってます。鉋(かんな)ならばわかるけど、鐇で平らな面を作るのって大変そう。私ではすぐに削り過ぎちゃうかも。
IMAG3688.jpg


彼もこちらを写真に撮りたかったんでしょう。こちらも然り。お互いがどかないので、こちらはパシャリとやって立ち去りました。こんなところでチキンレースしなくてもよかったな。うむ、大人げなかった。
IMAG3693.jpg


いかにも歴史を感じさせます。鉄(くろがね)っていう言葉の響きがピッタリ。
IMAG3695.jpg


こちらも先ほど眺めた富士見櫓。やっと桜を入れて写すことができた。手前の紅葉が邪魔だけど
IMAG3698.jpg


帰り際、やっと青空が。やっぱり、桜の背景は青空が良いな。
IMAG3707.jpg


初めて入った乾通りは興味深い建物が一杯。そして桜もきれい。良い花見ができました。
来年はちゃんとしたカメラに望遠レンズをくっつけて撮りたいな。リベンジせねば。







nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

鶴橋コリアンタウン & 黒門市場 大阪散歩写真 商店街探訪記 [散歩写真]

IMG_20190114_125640.jpg

★ 鶴橋コリアンタウン

出張ついでのぶらり散歩、今回は大阪で有名な商店街に行ってみました。
最初はコリアンタウンの鶴橋。大阪にはこの近所に大阪生野コリアタウンもあるそうですが、鶴橋の方が“ディープ”そうなのでこちらをチョイス。まあ、機会があれば生野の方にも行ってみたいのですが。

コリアンタウンはJR鶴橋駅を降りてすぐ。と言うかその周りに広がっている感じでした。地下鉄の駅もあるのでアクセスは便利でした。私は地下鉄(Osaka Metro)の一日乗車券を購入して、こちらを利用。
IMAG3096.jpg


こんな感じのアーケード街が迷路のように繋がってます。美味しそうなキムチの香りがあちこちから。そして、豚の頭があったり鶏の脚があったりで、なかなかディープ。
IMAG3097.jpg


屋台形式で、気軽に店先で食べることもできます。もちろん、普通の韓国料理屋・スイーツハウスも一杯。
IMAG3098.jpg


鯨専門店なんてのもありました。さて、これから活気づくのか、それともバッシングが酷くなるのか。。。個人的には鯨肉、好きですけどね。
IMAG3101.jpg


ホルモン焼き・焼き肉屋も有名らしく、ある一角はずらりと肉屋が並んでました。
IMAG3107.jpg

★ 黒門市場

もう一つの商店街は黒門市場。こちらは大阪の電気街 日本橋(にっぽんばし)の近くにあります。
元々は京都の錦市場商店街のように“庶民の台所”的な場所だったようですが、行ってみると外国人観光客ばっかり。魚介類を売っている店が多いんですが、どこも食べ歩き用の串焼きを売っていて、港のそばのお土産屋みたいな雰囲気。
IMAG3117.jpg


どの店も、その場で食べていくこともできるようになってます。
IMAG3120.jpg


「鮭ハラス 500円」やらなんやら。その場で食べていく人も一杯。渋い“日本食”を外人さん達は体験しているようです。
それにしてもちょっと“観光客価格”かな。あんまり庶民の台所的な値付けにはなっていない気がしました。
IMAG3121.jpg


なので、魚介類の食べ歩きはやめ、渋めな喫茶店に入って一休み。この店、商店街の中にあって、おじいちゃん・おばあちゃんが元気に営んでいました。何とも懐かしい雰囲気。
IMAG3122.jpg


プリントコーヒーのセット600円なり。
子供の頃、死んだばあさんと良く行った、下北沢のつくし屋にちょっと雰囲気が似ているかな。店の雰囲気もそうだし、プリンの味も懐かしいものだった。こんな場所で昔の想い出に浸れるとは。美味しゅうございました。
IMG_20190114_162742.jpg


東京にもコリアンタウンはあるし、庶民の台所的な商店街もあるけど、ずいぶんと雰囲気が違っていて歩き回るだけでも楽しめました。街歩き、楽しいですね。







nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - 散歩写真 ブログトップ