So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
散歩写真 ブログトップ
前の3件 | -

α6000と散歩写真 : 三菱財閥ゆかりの地を巡る その三 : 六義園 [散歩写真]

IMG_20180430_152831.jpg


小型デジタル一眼カメラ“α6000”を持ってブラブラ散歩写真。

★ 六義園とは

徳川五代将軍綱吉の側用人だった柳沢吉保のお屋敷だったところ。明治の時代になって三菱財閥の岩崎弥太郎が購入し、整備したそうです。
お屋敷の建物自体は残っていないんですが、広大な庭園は見所いっぱい。茶屋・東屋や橋があちこちにあり、、庭木は種類も多くて季節ごとに楽しめるようになっています。

紀州(和歌山県)の景勝をオマージュした造りになっているそうですが、紀州自体になじみがなくてどこがどこだか。でも、そんなことを知らなくても、ゆったりとした気分になれる、いい庭園です。

★ 写真パシャパシャ

一枚目の写真は、吹上茶屋で供されていた抹茶に添えられたお菓子。藤の花を描いているのかな。

ツツジ茶屋。森の中にぽつんと現れた一軒家という趣。中に座ると緑に囲まれて、本当に落ち着きます。そして静か。
DSC04909.jpg


山陰橋。橋自体が緑に包まれていて、絵になりますね。
DSC04905.jpg


渡月橋。京都の渡月橋ではなく、「和歌のうら 芦辺の田鶴の鳴声に 夜わたる月の 影そさひしき」という和歌からのネーミングだそうです(見どころ|六義園|公園へ行こう!)。
DSC04935.jpg


大泉水。庭園中央を占める大きな池です。
DSC04914.jpg


日本庭園にはやはり松ですね。このクネクネとした枝振りが“面白い”と感じられるから何でしょうかね。
DSC04919.jpg


ちょっと離れて同じ松を見るとこんな感じ。水面につきそうなほどに枝垂れていて格好いい。
DSC04921.jpg


蓬莱島。仙人が住むという伝説の島。紀州とは関係ないようで、岩崎家の所有となった後に造られたようです。
それにしても不思議な形の岩。竜が泳いでいるような雰囲気もしますね。まあ、泳いでいる竜を見たことはないですが。
DSC04926.jpg


α6000用の“ピクチャ・エフェクト”アプリを使ってみました。このカメラ、何年も使っているけど、初めて使った。こんな風に撮れるのね。緑が強調されて、いい感じ。
奥に見えるのは滝見の茶屋。この右手奥に滝が設えてあります。
DSC04925.jpg



ということで、GWの晴れた日。一日で旧岩崎邸庭園、旧古河庭園、六義園と三つの庭園を歩き回った散歩写真でした。それぞれに特徴があって面白かったし、なにより緑に囲まれて癒やされました。庭園巡り、たまにはいいものですね。

ソニーストア

ソニーストア




nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

α6000と散歩写真 : 三菱財閥ゆかりの地を巡る その二 : 旧古河庭園 [散歩写真]

DSC04895.jpg


小型デジタル一眼カメラ“α6000”を持ってブラブラ散歩写真。

★ 旧古河庭園とは

題名に偽りありです。旧古河庭園は三菱ではなく、古河財閥のお屋敷です。まあ、旧岩崎邸洋館と同じくジョサイア・コンドルの設計によるものという繋がりです。

建物の内部へは、人数が限定された“ツアー”に参加する形で入ることが出来ます。日に何度もあるようですが、往復はがきによる事前の申し込みが必要となってますので注意が必要。申し込み方法は、建物を管理をしている大谷美術館のサイトでチェックしてください。予約に空席がある時はその場でも申し込めるようです。

洋館の前には様式の庭園が広がり、この時期は各種の薔薇が咲き誇っていて見応えあり。通常の開館時間は9時-17時ですが、5/11-20は「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」開催のため、開園時間は9時-21時(入園は20:30まで)と延長されるそうです。
様式庭園の先には日本庭園もあります。池や滝もあり、回遊式の庭園はかなりの広さ。

入園料は150円。小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料。

★ 写真パシャパシャ

旧古川邸。こちらは東側。この右側(北側)が正面で、左側(南側)が様式庭園に面しています。大正時代に建てられた洋館、渋いですな。
DSC04837.jpg


花に囲まれた建物。お洒落。
DSC04852.jpg


薔薇が咲いているこの時期、お客さんも一杯。みなさん、思い思いに写真を撮ってます。
DSC04842.jpg


邸内にはカフェもあり、テラス席はこの時期、まさに特等席になっているようです。
DSC04846.jpg


約百種類の薔薇が飢えられているそうで、個性的な花弁を持つものも一杯。この紋様はどうやってできるんでしょうね。
DSC04856.jpg


様式庭園を越えた先には日本庭園がドンと控えています。古河庭園には何度か来たことがあったんですが、洋館・薔薇園の記憶しかなく、こんな立派な日本庭園があったんだと再認識。
DSC04863.jpg


庭園の木々は緑が鮮やか。薔薇ももちろんきれいでしたが、新緑もいいですね。中に踏み込んで、緑に囲まれると気持ちが和らぎます。
DSC04865.jpg


やたらと立派な燈籠。でかい!
DSC04867.jpg


庭園の中には茶室もありました。こちらも大谷美術館に申し込むと利用できるようです。
GWだからでしょうか、私が行ったときには誰でも入れる喫茶コーナーになっていました。一服600円だったかな。
DSC04873.jpg


倉もあったりして。取っ手が渋い。ガチャッ、ギィ~~って音が聞こえそう。
DSC04884.jpg


檜皮葺きの屋根に落ちた種が発芽したのかな。このあと、どうやって育っていくのだろうか。
DSC04885.jpg


池に架かる橋。
DSC04888.jpg


鴉も休憩中。滝壺で水浴びもしてた。気持ちよさそうだったな。
DSC04886.jpg


散歩は続きます。
ソニーストア

ソニーストア




nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Worldwide Pinhole Photography Day 2018 : フィルムで撮るのも贅沢な遊びになってきたな [散歩写真]

003.jpg

★ Worldwide Pinhole Photography Day(WPPD)とは

毎年、四月の最終日曜日は世界ピンホール写真デー(Worldwide Pinhole Photography Day)。今年も参加しました。参加と言っても、特にどこに集まる訳でもありません。世界中の針穴写真を愛する人が、それぞれ思い思いの場所で針穴写真を撮るというイベントなのです。「同じ日(今年は4/29)」に撮るところがミソ。

そして、出来上がった写真から一枚選び、サイトに投稿するのです。今年の、私の一枚はこれ。




使ったカメラはこれ。何年使っているんでしょうね。かなり痛んできましたが、未だ現役です。

使ったフィルムはLomographyのやつ。いやぁ、年々、値段が上がっていく。でも、なくならないだけましか。

★ その日に撮った写真たち

そのほかの写真をペタペタ貼っておきます。どれも同じ日に撮ったもの。夏日のこの日、暑かった。。。

一枚目とこちらは日本テレビのあそこ。天気予報をこの辺りでやっていることが多いですね。
002.jpg


こちらは汐留の旧新橋停車場跡。一部の遺構が残されています。このプラットフォームは新しく造られたものですけどね。
006.jpg


浜離宮庭園に久々に行ってきました。江戸時代には将軍家の別邸だったそうです。海水を引き込んだ潮入の池が特徴。
ここは「中島の御茶屋」。喫茶コーナーになっています。
017.jpg


同じく。背景に汐留のビル群が聳えているのがちょっと面白いかな。
018.jpg


大きな池に橋が架かっています。かなり長いんですよね。都会にあって、贅沢な空間だな。
019.jpg


庭園内には林もあって、中に入るととても静か。休日で園内は観光客が一杯だったのですが、ここまで入ってくる人はそんなにいないので、静寂さが優ってます。空襲でかなりの樹木が燃えてしまったそうですが、こんなに立派に根を生やしている木も一杯。
012.jpg



渋谷にやって来ました。国立代々木競技場第二体育館です。UFOのような外観が特徴的。まあ、実際の(?)UFOがどんな形をしているのか、見たことはないですけどね。
026.jpg


代々木の体育館とNHKとに挟まれた、代々木公園へと続く並木道。ピンホールカメラだと、動いている被写体(人物)が影のようにしか写らないので、無人の通りのように見えます。
028.jpg



浜離宮庭園で撮ったものは、どれも露光時間が長すぎちゃったみたい。天気が良かったからなぁ。うむ、難しい。
でも、ピンホールカメラでの撮影、楽しかった。何が写っているか、どんな風な画になっているかドキドキしながら現像を待つ気分は良いものですね。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - 散歩写真 ブログトップ