So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

国立公文書館 「平家物語―妖しくも美しき―」展 平清盛、源頼政、木曽義仲など、豪華スター大集合 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG1460.jpg

★ 展示内容

国立公文書館で開催中の「平成30年度 第2回企画展 「平家物語―妖しくも美しき―」」を観てきました。
今、「新・平家物語 全16巻合本版 : 吉川英治」を頑張って読んでいる途中なんですが、これは観に行かねばと思い、台風接近中をものともせず(?)、行ってきたのでありました。それに、もう五年以上前になりますが、NHKの大河ドラマ「平清盛」にハマって以来、気になる存在なんですよ、平清盛さん。その辺りは「スタンプラリー特典・大河ドラマ「平清盛」スタジオ見学ツアー 清盛が出世して、屋敷も衣装も豪華に!」などの記事を見てください。

国立公文書館の展示物は、フラッシュを使わなければ写真撮影OK。国民の共有財産って事ですかね。
ということで、まずは平清盛公のお姿。中国(宋)との貿易をすすめ、貨幣経済を本格化させた、なんてことだけを取っても“改革者”って感じですね。敗者の性で、平家物語では悪者になっていますが、あのまま平家の政権が続いたらどうなっていたのかな。小松殿(清盛の長男 平重盛)が生きていれば。。。
IMG_20180728_105912.jpg


「鵯越の逆落とし」の場面。源義経が大活躍するシーンですね。史実とは違う、と言う話はあるけど、物語としては名場面の一つ。
IMG_20180728_110031.jpg


平清盛さん御一行が熊野詣でに出掛けた時、船に鱸が自ら飛び込んできた。これを吉兆とみた清盛さん、上機嫌になったという話。比叡山から強訴に来た神輿に矢を射ったほどの“不信心者”なのに、こういうことは信じちゃうんですね。結果が良い占いしか信じない、って感じでしょうか。そのポジティブな性格が彼の強みだったのでしょう。
IMG_20180728_110054.jpg


源三位頼政公の活躍を記した「頼政記」。源氏の一族でありながら平家側について、従三位にまで上り詰めた人。以仁王と組んで平家に反旗を翻したものの、破れてしまう。
高位に就いただけあって宮中の公家からの信頼も篤く、その表れが「鵺退治」の話。若い頃、宮中に現れたモンスター「鵺」を頼政が退治し、褒美に「獅子王」と号された太刀を授かったとか。
IMG_20180728_110144.jpg


都で暴政を敷いていた木曽義仲を討つべく、源頼朝が義経らを差し向ける。宇治川の戦いでは義経の陣に配されていた二人の武者(佐々木高綱、梶原景季)が先陣争いをする。敵との戦いもさることながら、ライバル同士の争いも熾烈だった。
IMG_20180728_110601.jpg


平家に伝わる家宝の「小烏丸」の太刀。鎧の「唐皮」と共に、平家を継ぐものが代々、伝えてきたそうです。
IMG_20180728_110840.jpg


平清盛の四男で、以仁王、源頼政を討ったりして武功を上げ、平家物語の中でも武勇伝が多く語られた平知盛。最期は壇ノ浦で入水して果てます。
浄瑠璃・歌舞伎などでもお馴染みの人物。義経が頼朝から追われる身となった時、知盛の亡霊が現れて行く手を妨害したとか。
IMG_20180728_111806.jpg


平清盛の五男である平重衡。南都焼き討ちの時の総大将で、東大寺大仏殿、興福寺などを焼き払ったとして“仏敵”の汚名を着せられる。一の谷の戦いで捕虜となり、一旦鎌倉送りになったあと、平家滅亡後に南都に引き渡され、処刑されてしまう。
IMG_20180728_112522.jpg

★ 感想

「平家物語」、「源平盛衰記」、「頼政記」の本物(各所に伝わる写本)がずらりと並んでいて、さすがは国立公文書館です。
各展示資料には、その資料そのものや、描かれている人物・事件・歴史的背景などの丁寧な説明書きが添えてあり、とても分かり易い。「新・平家物語 全16巻合本版 : 吉川英治」で読んだ話が出てくると興奮しちゃいますね。
さらには、実際の資料の該当箇所にマーキングしてくれているので、「なるほど「鵯越」って書いてある!」なんて感じで、資料が身近に感じられる工夫もされています。いいですね、これ。草書で書かれた資料、今の日本人で読める人はほとんどいないでしょうから、ありがたいことです。これがないと、挿絵の部分しか目が行かないでしょうから。

国立公文書館というと、硬いイメージが強いですし、最近は文書改竄などで改めてその存在意義などが話題になっているかなと思います。でも、こんなオープンな、面白い企画展もやっているんですよね。かなりフレンドリー。おすすめですよ。それに、無料ですし。
あと、常設展示(?)では、これまた色々と議論のある「教育勅語」だの「日本国憲法」だのが(一部、レプリカですが)観られます。こうやって実際に目にしてみると、より身近な問題として考えるきっかけにもなりますし、どれも一見の価値ありです。

東京に住んでいることのメリットですね、こういう施設・企画を気軽に利用できるところは。ありがたいことです。

秘閣粘葉本のケース。渋い。
IMG_20180728_113043.jpg

★ 美術展情報

「平家物語―妖しくも美しき―」展は下記の通り、開催中。






nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展 ナポレオン一世・皇妃ジョゼフィーヌの御用達の逸品がずらり [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG1342.jpg

三菱一号館美術館で開催中の「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界展」ブロガー特別内覧会に参加してきました。
例によって特別な許可をいただいて、写真撮影しています。通常は一部のエリアを除き、撮影禁止です。ご注意願います。

★ 展示内容

パリに本展を構えるジュエリーショップChaumet(ショーメ)は、十八世紀後半からの歴史を誇ります。かのナポレオン一世・皇妃ジョゼフィーヌ御用達としても有名。そんなジュエラーの装飾芸術の傑作を一気に展示。ルーヴル美術館名誉館長アンリ・ロワレット氏の監修の元に企画された本展は、昨年の中国 北京(紫禁城)で開催された後、日本ではここ三菱一号館美術館で開催となったのでした。

展示構成はテーマ別。ショーメの歴史を紐解き、デザインの元となった自然の造形美との関係や、東洋などからの影響をみていく形になっています。章立ては以下の通り。
  • Ⅰ.歴史の中のショーメ
  • Ⅱ.黎明期のミューズ : 皇妃ジョゼフィーヌ、王妃オルタンス、皇妃マリー=ルイーズ
  • Ⅲ.戴冠! ティアラの芸術
  • Ⅳ.旅するショーメ : 時間旅行、水平線の彼方の新たな世界へ
  • Ⅴ.自然を披露する : 自然史、「この光輝く金と宝石の世界」
  • Ⅵ.身につける芸術=ジュエリー
  • Ⅶ.キネティック・アートとしてのジュエリー
  • Ⅷ.遙けき国へ : ショーメと日本

以下、高橋館長、学芸員の岩瀬さんのお話を交えて展示品を説明。

ショーメはナポレオン一世、そしてその皇妃ジョゼフィーヌの御用達ジュエラーとなり、輝かしい歴史をスタートさせた。そんな240年におよぶ歴史を一気に見られるコーナーが最初にお出迎え。ナポレオン一世のネクタイピンから、この企画展のためにデザインされた新作までがずらっと並んでいます。
IMAG1341.jpg

IMAG1346.jpg

さらには凄いお宝が。一枚目の写真は「皇帝ナポレオン一世より贈呈された教皇ピウス七世のティアラ」。ナポレオン一世の戴冠式に教皇が出席してくれたことに感謝し、ナポレオンから贈られたもの。バチカンの教皇庁聖具室からの貸し出し品。「凄いところから借りられたんです!」と学芸員さんも興奮気味に説明してくれました。

皇妃ジョゼフィーヌと王妃オルタンスらは、ショーメの装飾品を身につけ、儀式や宴会・舞踏会で華やかに社交の場を飾っていた。
ローマ神話における農耕の女神ケレスの象徴は麦の穂。皇妃ジョゼフィーヌも好んでこのモチーフのティアラやジュエリーを身につけた。
IMAG1352.jpg


今回の企画展は内装にも力を入れている。ショーメ社が展示内装に強い、強いこだわりを持ち、今回のこのような形になったそう。ただ、余りにこだわりが強すぎるところは館長さんが「そこまではちょっと・・・」と丁重にお断りしたとか。
これは偶然なのかな。ジュエリーの展示ケースに、反対側の壁に飾られた肖像画が写り込んでいました。もちろん、その肖像画はそのジュエリーを身につけた姿で描かれています。
IMAG1357.jpg


こちらはティアラのデザインのモック。この展示室内は写真撮影OK。
IMAG1361.jpg


もちろん、本物もずらりと並んでいます。ゴールド、シルバー、プラチナ、そしてダイヤモンドにエメラルド。まさに光り輝いています。
比較的冬が長いヨーロッパでは、光に対する憧れが強いのかも知れない。そのため、光り輝く宝石や貴金属を身につけることによって、光と一体化しようという気持ちがあるのだろう。日本人にはきらきらしすぎる感のあるこれらジュエリーも、彼らには美の象徴なのだ。
IMAG1368.jpg


古今東西の装飾デザインを採り入れ、ショーメの作品はその表現力を高めていった。
IMAG1373.jpg


ティアラやブローチだけではなく、こんなものも作っています。
IMAG1375.jpg


こちらは中国シリーズ。朱や翡翠を使っているところも、いかにもシノワ。これはお洒落だな。
IMAG1384.jpg


自然界の造形美にもインスパイアされた作品が一杯。花や鳥の羽はもちろん、木の実や昆虫なども多く用いられている。
IMAG1397.jpg


今回の企画展はジュエリー本体はもちろん、そのデザイン画も多数出品されている。本邦初公開のものばかり。
IMAG1402.jpg


細かい細工が自然の美に対する崇敬の念を表しているようだ。鳥の羽の繊細さ、飛翔する姿をじっくりと観察してデザイン化したのだろうな、と思わせる作品群。
IMAG1414.jpg


かのマリー・アントワネットは日本の漆器をコレクションしていた。ジョゼフ・ショーメの手によるものもあり、革命の混乱期をかいくぐり、破壊・売却されることなく、今に伝わっている。
IMAG1421.jpg


ダイヤモンドのカッティング技術の進歩も見ていくと面白い。さらには、台座の磨き方など、セッティングの技術も侮れない。これらが合わさってこの輝きを生み出している。今回の企画展ではそんな技術の進歩も見ていくことができる。
IMG_20180719_190433.jpg

★ 感想

二百四十年の歴史は伊達じゃない。しかも、古い作品でもデザイン画がきちんと残されていて、学術的な意義も高いのだとか。単なるメーカーの商品展示とは違った美術展です。そして、館長さんも説明していましたが、ナポレオンやらなんやらを引き合いに出し、社会史・文化史の中に位置づけた展示構成になっているので、見ながら「なるほどね」、と思える感じ。正直、観に行く前は「ジュエリーはよくわからないなぁ。でもキレイだから目の保養にはなるか」という程度に考えていたんですが、いやいや面白かった。ナポレオン一世は豪華さを全面に出して自分を権威付けしているが、その小道具としてジュエリーは大きな役割を果たしていたんだということが分かった。教皇への贈り物も然り。
さらには、皇妃ジョゼフィーヌが、ローマ時代に通じる“麦の穂”のイメージにこだわったのも、古き良き時代の代表格であるローマ時代よ、もう一度、という想いの表れだったのだろう。

ティアラって、映画「ローマの休日」だとか、「セーラームーン」なんぞくらいしか思い浮かばない、縁のない存在ですが、いやぁ、きれいなものですね。こんなにたくさん、そしてものすごく近寄ってみたのは初めてかも。キラキラ感は凄いし、細工は繊細だし。昆虫をモチーフにしたものは、なかなかリアルな形状。でも、色合いが違うから、虫が苦手な人も大丈夫かな。
と言いつつ、中国のコーナーにあった翡翠を使ったケースが一番気に入ったかも。あれ、ピルケースにいいかな。“廉価版”ないのかな(笑)。

それにしても凝った展示装飾でした。その、ナポレオン一世時代の作品を展示しているケースには、背景として麦の穂があしらわれていたり、日本に絡んだ作品を展示した部屋では番傘のようなケースが使われていて、さらには雨や桜吹雪が舞うイメージ画像が壁面一杯に映写されていたり。展示スペースの作成に、ショーメさん側から数十人の職人さんが乗り込んできたとか。夜中まで作業したいとの要望もあったそうですが、ビルのセキュリティやらなんやらの都合でお断りするシーンも。それくらい、気合いの入った展示ってことですね。それだけでも一見の価値ありです。
とにかく豪華絢爛。これまでの三菱一号館美術館の企画展とは明らかに違います。チェックすべし!
IMAG1335.jpg


★ 美術展情報

「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展は下記の通り、開催中。






nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

静嘉堂文庫美術館『明治からの贈り物』展 : 明治の職人たちの気合いが凄い [美術 : 美術展、写真展紹介]

DSC04940.jpg


P.S. 2018-07-19
河鍋暁斎の「地獄極楽めぐり図」に関して、訂正&展示詳細情報を追記しました。

静嘉堂文庫美術館で開催中の「明治150年記念 明治からの贈り物展」の内覧会に参加してきました。例によって、特別な許可を得て写真撮影しています。普段は一部エリアを除いて撮影NGです。

★ 展示内容

静嘉堂文庫美術館 河野館長、主任学芸員 長谷川さん、そしてナビゲーターの青い日記帳 Takさんによるトークショーの内容、長谷川さんのギャラリートークの内容も含め、展示内容を紹介します。

展示品はほとんどが静嘉堂文庫美術館の収蔵品、つまりは岩崎家のお宝の一品ばかり。また、三菱も関係している日本郵船がセントルイス万国博覧会に出品したという作品群(こちらは借用品)も併せて展示されています。その構成は
  • Ⅰ.岩崎家高輪本邸を飾った明治の美術
  • Ⅱ.幕末明治の美術
  • Ⅲ.岩崎家と近代美術~第4回内国勧業博覧会と名品~
  • Ⅳ.明治の彫刻・工芸の粋 Part.1
  • Ⅴ.セントルイス万国博覧会とゆかりの美術
  • Ⅵ.明治の彫刻・工芸の粋 Part.2
となっています。

今は高輪の開東閣として知られる岩崎家のお屋敷。そこを飾っていた作品として、刺繍による能役者を描いた作品がまずはお出迎え。岩崎さん、能が好きだったようで、“先生”を呼んで稽古を付けてもらっていたとか。その先生の姿を描いたもの。
刺繍とは思えない、繊細でリアルな表現にいきなり驚かされます。
DSC04959.jpg

DSC04963.jpg

ちと迫力ありすぎ。単眼鏡持参で臨んだのですが、拡大して見ると怖いくらい。影の部分と光の当たっている部分の表現で縫い方も変えているのだとか。なるほど、超絶技巧。
DSC04960.jpg

DSC04953.jpg

DSC04955.jpg

これらの作品は、お屋敷の貴賓室に飾られていて、客人を迎えたのだそうです。

さらには、かの裸体画論争(ART WORDS | 美術手帖)でお馴染みの、黒田清輝の「裸体婦人像」。いやぁ、本物です。
DSC04951.jpg

当たり前ですが、ちゃんと黒田清輝のサインも右上に入っています。ここにもライトが当たるように展示には気を配ったそうですよ。一見の価値あり。
DSC04967.jpg

この絵はビリヤード室を飾っていたそうです。なんともお洒落。
DSC04966.jpg


河鍋暁斎の「地獄極楽めぐり図」。パトロンだった人(日本橋大伝馬町の大店、小間物問屋の勝田五衛)の娘・田鶴(たつ)が十四歳の若さで亡くなり、それを悼んで「娘さんは極楽に行ったんだよ」という物語絵巻。勝田五衛から暁斎に制作依頼があり、作成されたもの。ダンテの「神曲」を彷彿させるような物語に思わず見入ってしまいます。
DSC04974.jpg

DSC04981.jpg

全四十図のうち、物語部分の三十五図を展示するため、会期中に三回の展示替え(ページめくり)があります。三十五図全部を見たい人は四回、足を運んでくださいな。日程は下記の通り。
  1. 7/16(Mon) - 7/26(Thu) : 田鶴の臨終と来迎、羅人宮、三途の川の渡し舟に乗る等
  2. 7/27(Fri) - 8/9(Thu) : 賽の河原、旅館はりやま到着、田鶴の身支度等
  3. 8/10(Fri) - 8/23(Thu) : 家族との再会、芝居小屋、盛り場等
  4. 8/24(Fri) - 9/2(Sun) : 地獄見物、閻魔大王、極楽行きの汽車、極楽往生等


菊池容斎の「呂后斬戚夫人図」は、悪く言えばスプラッターもの。伝承された残忍な物語を忠実に描いています。その話はWikipediaの戚夫人の項に任せます。簡単に言うと、皇帝の側室として権勢を振るっていた女性(戚夫人)が、皇帝亡き後、皇太后(呂后)によって手足耳鼻を切られ、“人豚”として厠で飼い殺しにされたという話。
DSC05008.jpg

手足を切られるところを平然とみている皇太后が怖い・・・。
DSC05012.jpg

DSC05010.jpg


内国勧業博覧会に尽力した岩崎家。そこで出品された品々も展示されています。屏風図は十点が出品され、そのうちの八点が何らかの賞を取ったそうです。今回はその賞を逃した二点が飾られています。当時はその画風が“新しすぎた”から、評価を得るに至らなかったのだろうとの解説。確かに、ちょっと劇画調というか、リアルというか、狩野派や琳派などとは違っているなと言うのが分かる作品です。
それが橋本雅邦の「龍虎図屏風」、鈴木松年の「群仙図屏風」。
DSC04986.jpg

ドラゴンボールに出てきそう?
DSC04987.jpg

DSC04988.jpg

毛並みのふさふさ感がすごい。この虎(の描き方)は、。芸大の先生によると、芸大所蔵の伝・雪村の虎の図にインスパイアされたらしいです。

この屏風図を見て感動し、かの川合玉堂は橋本雅邦に弟子入りした、なんて話も。
DSC04989.jpg

DSC04991.jpg

DSC04993.jpg


その他にも一品揃い。柴田是眞「柳流水青海波塗蒔絵重箱」はなかなかモダンな紋様。
DSC05013.jpg


そして、主任学芸員さんの「これから来そう」というお墨付き(?)のあった、加納鉄哉の追儺面。
法隆寺薬師堂所蔵の面のコピーだそうですが、レーザースキャナーや3Dプリンターなんてない時代の話。職人技による写しは、技巧面ではオリジナルと言ってもいいのでは。
DSC05002.jpg

★ 感想

最近では明治期の美術品というと、宮川香山の焼き物、安藤緑山の象牙彫刻、並河靖之の七宝など、いわゆる超絶技巧の職人技による工芸品が”流行り”だろうか。岩崎家が収集し、静嘉堂文庫美術館が収蔵している品々もそんなものばかり。彫刻・焼き物もそうだが、さらに屏風画だったり、絵巻物だったり、能面だったりと、バラエティも豊か。明治の職人たちの凄さを感じるとともに、それらをコレクションした岩崎家の審美眼の高さにも感心。
客間に刺繍額があり、ビリヤードをしながら黒田清輝の裸体像をチラ見し、マントルピースの上には超絶技巧の鋳物・焼き物が飾られていた。いやはや、想像もつかないですね、そんな生活。

刺繍で描いた作品を飾るなんて、ペルシアのカリフか、ヨーロッパの宮廷のような趣味ですが、“技術を見せる”意味では通常の絵画よりも存在感あり。天女や天狗の着物の柄の再現は凄い。さらには髪飾りやらなんやらの手の込んだ部分は見るからに大変そう。絵に描くだけでも細かくて大変そうなのに、それを刺繍でなんて・・・。職人技って奴ですね。

河鍋暁斎の「地獄極楽めぐり図」は確かに全巻、観てみたい。最初のシーンは娘の死を嘆く家族の図。そこから檀家の寺を旅立つ図などが続き、八枚目か九枚目が三途の川のシーンだったかな。三途の川に到着する前に、そんなに描くべきシーンがあるのかってのがまずもって驚き。それは、確かにダンテの「神曲」のごとき詳細さです。そこから先、たぶん最後は極楽往生して、仏の前でハッピーエンドになるのだろうけど、そこまでにどんな場面があるのか興味津々。長谷川さんの話では、「静嘉堂文庫美術館で目録を作成し、その時には全編を収める」とのこと。期待して待ちましょう。

それにしても明治の芸術作品、面白いものが多い。そして、まだそんなに知られていない作品だというのも「自分はそれを見たぞ!」と思えるところもいいかも(笑)。そんなこんなで、おすすめです。

そうそう。最大のおすすめは、下記の「河野元昭館長のおしゃべりトーク」かも。今回のトークショーでも楽しい話が聴けました。饒舌館長とは良く言ったもの。まさにその通りです。そのパワーに圧倒されちゃいますよ。時間があえば是非。私も行きたいな。

★ 美術展情報

「明治からの贈り物」展は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2018/7/16(Mon) - 9/2(Sun)
  • 開館時間 : 10:00 - 17:00
  • 休館日: 月曜日 (7/16は開館)
  • 料金 : 一般1,000円 学生 700円 中学生以下 無料
  • 公式サイト : 静嘉堂文庫美術館 | 次回の展覧会・講演会
  • 関連イベント
    • 講演会
      地下講堂にて先着120名様(当日、開館時より整理券配布) ※整理券はお1人様につき1枚のみの配布。講演会の事前予約は出来ません。  午後1時15分開場、整理券の番号順にご入場いただきます。
      1. 7/22(Sun)
        題目:「明治の岩崎家の住いについて」
        講師:藤森照信氏(東京大学名誉教授・東京都江戸東京博物館 館長)
      2. 8/4(Sat)
        題目:「幕末明治とイスラーム―危機の歴史に学ぶ―」
        講師:山内昌之氏(東京大学名誉教授)
      3. 8/18(Sat)
        題目:「明治絵画に求められたもの―容斎から清輝まで―」
        講師:野地耕一郎氏(泉屋博古館分館長)
    • 河野元昭館長のおしゃべりトーク
      8/26 (Sun)
      題目:「岡倉天心『國華(こっか)』論 饒舌館長口演す」
      講師:河野元昭(静嘉堂文庫美術館館長)
    • 静嘉堂コンサート
      8/11(Sat) 14:00 - 15:00
      出演者:アンサンブルぼうえきや(三菱商事コーラス同好会有志)
      会場:静嘉堂文庫美術館地下講堂(自由席100名)
      要事前予約:TEL(03-3700-2250)またはメール(toiawase@seikado.or.jp)にてお申込みください。 ※空きがあれば当日参加も可能です。
    • 静嘉堂“庭園の花木を観察しようツアー”
      7/28(Sat), 8/25(Sat) 13:30 - 14:30 定員各15名様程度 ※雨天決行
      要事前予約、TEL(03-3700-2250)またはメール(toiawase@seikado.or.jp)にてお申込みください。 ※空きがあれば当日参加も可能です。
  • 図録:いつものミニサイズ版
    IMAG1328.jpg







nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | 次の3件 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ