So-net無料ブログ作成
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | -

「TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」展 やっぱユージン・スミスは良いなぁ [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG4176.jpg

東京都写真美術館で「TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」展を観てきました。

★ 展示内容

収蔵品による企画展で、今年のテーマは「イメージを読む」というもの。そして今回、作品から読み解くのは「場所」と「物語」。
公式サイトの説明によると、
5月に始まる第1期は「場所をめぐる4つの物語」をテーマに、「場所」と密接にかかわった4人の作 家によるアプローチを取り上げて、そこから生まれる物語的な世界の広がりを見つめていきます。それぞれの作家たちは、あるひとつの場所や地域を深く見つめ、その場所に固有の生活や風景、出来事をとらえるだけではなく、現実的な事象からさらにその向こう側にある隠された物事の本質や普遍的な意味をとらえています。
とのこと。
そして、展示構成は以下の通り。
  • W.ユージン・スミス:「カントリー・ドクター」
  • 奈良原一高:「人間の土地 緑なき大地―軍艦島」
  • 内藤正敏:「出羽三山」、「出羽三山の宇宙」
  • 山崎博:「10 POINTS HELIOGRAPHY」

2017年に開催されたユージン・スミスの企画展(「「生誕100年 ユージン・スミス写真展」:写真が語るヒューマン・ドラマの説得力」)でも展示されたが、今回も「カントリー・ドクター」シリーズが取り上げられている。
人口2000人の町にただ一人の医者。その姿を追ったドキュメンタリーだ。怪我をした子供の治療、出産、予防接種から、老人の死を看取る姿など、まさに休みなく働く医師。無表情なその顔は意志の強さと、隠しきれない肉体的・精神的疲労と、その両方が滲み出ているようだ。ユージン・スミスのカメラはそんな医師の姿を淡々と写していく。このシリーズが掲載されたLIFE誌には、当然、解説記事が付いている。でも、そんな文字による説明はいらない程、写真の持つイメージが語りかけてくれているのだ。

奈良原一高の「軍艦島」のシリーズは、この特異な、全てが作られた人工の町に暮らす人々の生活を淡々と語っている。それはSF作品のようでもあり、古代神話の一場面のようでもある。軍艦島という“場所”は、まさに“作り物”の世界であり、それでいて現実でもあり、そんな基本的な判別さえ不可能にするイメージを私たちに示しているのだ。

祈りの場は異界と呼ぶに相応しい。神々と人々の交わりは極限まで張り詰めた緊張感を持って行われる。内藤正敏の作品群は、そんな、見てはいけないものを目の当たりにしてしまった感覚だ。場所はおろか、時間さえも分からなくなる。生と死の混沌とした世界へようこそ。

山崎博の作品群は、ここだけ撮影OK。
思いっきり減光して、長時間、太陽の運行を追った作品群だ。都内の異なった場所に同時にカメラを(何台も)設置し、撮影したとのこと。その時の設置場所を記した地図も併せて展示されていた。
写真家は、太陽に絵を描かせたかったのだそうだ。天空を横切り、一直線を描く太陽。曇りの日にはそれが点線となっている。光が光自身で描いた絵画。
IMAG4174.jpg

★ 感想

東京都写真美術館の収蔵作品数は約35,000点だそうで、それだけあれば収蔵品だけでもこんな企画展ができるんだぞ、という(?)シリーズ。もう何年も続いていますが、まいど、まいど、なるほどねぇと感心してしまいます。キュレーションが良いということなのでしょう。
確かに、四つのシリーズはその“場所”を強く意識させてくれます。小さな町だけど、一人の医者にとっては広すぎるなぁだとか、修行の場は光さえも違って見えるなぁ、などなど。
観光写真のように、単にそこにあるものを写しているだけではない。被写体だけを見れば、どこにあっても違和感がないようなものもある。それでも、こうやって写真として見ると、そこがどんな場所なのかイメージがすっと入ってくる。いやぁ、面白いものですね。

あと、このシリーズは収蔵品によるものなので、料金が安いのも魅力。友の会に入っていれば、何度でも無料で観ることができるという太っ腹さ。気軽にふらっと寄って、ここではないその場所へ引きこまれてみるのも良し。テーマも毎回分かり易いので、おすすめですよ。

★ 写真展情報

TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語」展は下記の通り、開催中。





nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋」 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20190501_115555.jpg

★ 展示内容

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中のシャルル=フランソワ・ドービニー展を観てきました。
公式サイトの説明によると、
19世紀フランスを代表する風景画家、シャルル=フランソワ・ドービニー(1817~1878)の国内初の本格的な展覧会です。刻々と変化する水辺の情景を素早いタッチで描いたドービニーは、印象派の画家たちの指針となり、モネやファン・ゴッホなど、次世代の画家たちに大きな影響をあたえました
とのこと。確かに、ドービニーをメインに置いた企画展は記憶がありません。
展示構成は
  • 序章:同時代の仲間たち
  • 第1章:バルビゾンの画家たちの間で
  • 第2章:名声の確立・水辺の画家
  • 第3章:印象派の先駆者
  • 第4章:版画の仕事
となっています。

十九世紀に入り、それまで“絵画の主題は宗教(キリスト教)もしくは古代の神話”至上主義がだんだんと薄れていった頃。ドービニー自身も、初めは「聖ヒエロニムス」などの宗教をテーマにした作品でサロンに応募していましたが、残念ながら落選続き。その後、宗教画の“背景”として描いていた風景そのものを主題にした作品を描くようになります。
同時代の画家たちも同様に風景画に傾倒していきます。彼らはフランスの農村バルビゾンなどを拠点に、牧歌的な風景を描いていき、のちに“バルビゾン派”と称されるようになります。カミーユ・コローやギュスターヴ・クールベなどの作品が本展では展示されていて、彼らの作風が概観できるようになっています。

ドービニー自身もフランス各地の風景を描いていきます。中でも、オワーズ河や荒れ地の名も無い池などを描いた作品がだんだんと評価されてるようになり、やがて「水辺の画家」と呼ばれるようになります。
名声を獲得したドービニーは、船を購入します。小さな船ですが、それでフランス各地の川を巡り、さらに“水辺”を描いていくのです。彼のアトリエ船はボタン号と名づけられ、息子を“見習い水夫”に旅を続けたのです。その旅の様子をスケッチに残していたドービニーですが、のちにそれらのスケッチは版画に起こされ、版画集として出版までされます。その時の版画と、原板(銅版のエッチング)と併せて展示されています。

★ 感想

これまでもちょこちょこ色々な企画展で目にしたことはあったけど、ドービニーの作品をこれだけまとまって観たのは初めてだ。彼についてはほとんど知らなかったので、船まで買って川巡りをしていたり、版画集を出していたことも初耳。それだけでも勉強になった企画展だ。

さて、そんなドービニーさんの作品群だが、改めて観た感想は「全体的に暗い。写真で言うと、減光フィルターをしたんじゃないかと思うくらい」というもの。フランスの農村はもちろん、森の中だって、もっと陽の光を浴びて明るく輝く風景が広がっていたんじゃないかと思う。でも、彼の描く風景は全体的に暗いのだ。これは、自分が印象派のキラキラした作品に慣れてしまっているからかも知れないが、それにしても暗い。確かに、宗教画の背景としてならば、主人公の聖人たち、聖母、キリストを目立たせるためにそれもあるだろう。でも、川べりはもっとキラキラしていたんじゃなかろうか。

でも、では詰まらない風景が広がっているだけの作品なのかというとそんなことはない。この暗さのお蔭でとても落ち着いた雰囲気なのだ。そして、よく見るとどの作品でもその場の空気感というか、“風”を感じさせてくれるのだ。そよぐ木々の葉、微かに揺れる川面、そして海辺を描いた作品では潮の香りまでしてきそう。絵の中に吸い込まれるとは良く言われる表現だが、彼と一緒にその場に腰掛けてのんびりと風景を眺めている気分になる。
今回の展示作品は個人蔵のものが多いようだが、それも分かる気がする。自分の家に飾って、のんびり眺めていたい感じにさせてくれる作品ばかりだから。

ドービニーは“印象派の先駆者”と呼ばれていて、後のモネやゴッホなどにも強い影響を与えたそうだ。印象派の画家たちは風景の中に光を見いだしていったが、ドービニーは風や空気、匂いなどの“印象”を作品に残したのかも知れない。

観終わってみると、いつの間にかドービニーのファンになってました。

★ 美術展情報

「シャルル=フランソワ・ドービニー」展は下記の通り、開催中。

いつものように、フォトスポットが用意されてました。フランスの森の中での“記念撮影”が出来ますよ。
IMAG3898.jpg








nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

「江戸時代の天皇」展 @国立公文書館 江戸の庶民も改元の度に新元号をあれやこれや言って楽しんだみたい [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG3839.jpg


★ 展示内容

公式サイトによると、
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康ら天下人が登場し、それに続く江戸幕府による支配の中で、天皇・朝廷はどのように渡り合い、関係を構築していったのか。光格天皇による朝廷儀式の再興、江戸時代の元号の選定と改元などについて、当館所蔵の絵巻物や公家日記などを中心に御紹介いたします。
とのこと。天皇の退位と、皇太子の即位を記念した企画展となっている。
企画構成は
  • はじめに
  • 第1章 天皇・朝廷と天下人
  • 第2章 江戸幕府と朝廷
  • 第3章 元号の選定と改元
  • 第4章 光格天皇と朝儀復興
  • 第5章 天皇・朝廷と民衆
  • おわりに
となっていて、政治的なものから、江戸庶民の暮らしの中の天皇制(この場合は改元をピックアップ)までと、幅広い展示だ。

後水尾天皇の二条城行幸を描いた絵巻。大御所となった徳川秀忠と、三代将軍家光が上洛した際に行われたもの。幕府と朝廷の良好な関係性、そして三代将軍となった家光の威光をアピールするのが狙いと言われている。
IMAG3841.jpg


だが、両者の関係がごたつくことも。
後水尾天皇と徳川秀忠は対立することが多く、その度に後水尾天皇は退位(譲位)の意向を示し、その数五回。最後(五回目)は公家たちにも事前告知することなく、本当に譲位してしまったのだそうです。幕府は渋々事後承認するものの、その後には五摂家に対して朝廷の運営を任せ、以後、勝手なことがないようにさせたのだとか。
IMAG3844.jpg


即位と言えば大嘗祭。戦国時代には途絶えてしまっていたものを、江戸時代に復興。東山天皇即位の際には、以前から比べると簡素化された(三日間の式次が一日に短縮)とはいえ、大嘗宮も建てられて挙行された。その見取り図(紫宸殿からの通路も描かれている)がこちら。
IMAG3848.jpg


水戸光圀は宮中の儀式・公事を保護・保全する目的で“辞典”「礼儀類典」を編纂している。
そこには、大嘗祭の際に用いられる“高御座(たかみくら)”の図などが記されている。
IMAG3851.jpg


最近、新元号が何になるかで盛り上がり、「令和」に決まったあとも、その謂われやイメージなどに対してあれやこれやと話題となった。江戸の庶民たちも同じように、改元の度に「これはいい」「これは縁起が悪い」などと“評価”して楽しんだようだ。
「正保(しょうほ)」に対しては、「正保元年」が「正に保元の年」と読め、保元の乱のような兆しでよろしくない、と不評だったようだ。
「明和」も「明和九年」が「迷惑年」になるとして嫌われたとか。果たして明和九年には、目黒行人坂から出火した“明和の大火”が起きている。
IMAG3855.jpg


元号を定める議論のことを「難陳(なんちん)」と言ったそうです。新元号候補に対して、吉凶やら典拠やら、音の響きやらを議論して決めたのだとか。その議論の記録集が残ってます。それが「改元定難陳詞(かいげんさだめなんちんのことば)」。
「「平成」と決めた時の公文書が残っていない」なんてニュースがありましたが、「令和」に関してはどうなんでしょうね。公文書として後日、公開されるのでしょうか。
IMAG3858.jpg


展示の最後は「桜町殿行幸図」。全長四十五メートルに及ぶ絵巻物で、光格天皇が禁裏御所を出て仙洞御所(桜町殿)へ行幸した時の行列を描いたもの。彩色も美しく、華麗な行列の様子は観ていて飽きない。
IMAG3873.jpg

IMAG3874.jpg

★ 感想

譲位による天皇交代、そして改元。そんな時期に合わせた国立公文書館の企画展。ベタな企画だなと分かっていても、やっぱり気になっちゃいますよね。ということで、遅ればせながら観てきました。

江戸時代に関しては幕末になるまで、日本史の教科書でも天皇や朝廷の話ってあまり出てこなかった記憶があります。でも、当然ながら江戸時代を通して朝廷は続いていた訳で、その間にも色んなことがあったはず。今回の展示では知らなかったことも一杯あり、興味をもって見ることが出来ました。幕府と喧嘩して退位(譲位)しちゃった天皇がいたいうことも、江戸中期に“幻の公武合体”があった(七代将軍家継と八十宮の婚姻。家継の死去に伴って実現せず。)なんてことは、勉強不足もあって初耳でした。

江戸時代にあっても、朝廷の権威はそれなりにあったんですね。まあ、征夷大将軍を任命するのは天皇だし、当たり前か。日本史の教科書だと、幕末になって急に天皇・朝廷が担ぎ出されたイメージがあるけど、長い歴史の中にあっての流れだというのも良くわかりました。

ということで、時節柄、ホットな話題の企画展でした。歴史の勉強をし直すきっかけとしていいかも。GW中も休まず開催されているようなので、おすすめです。
なお、展示品のいくつかは国立公文書館 デジタルアーカイブのサイトで、パソコンから閲覧することが出来ます。「桜町殿行幸図」など、見応えありますよ。

★ 美術展情報

「江戸時代の天皇」展は下記の通り、開催中。






nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | - 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ