So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | -

「琉球 美の宝庫」展 中華風でも、和風でもない、独自文化は魅力的 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG1582.jpg

★ 展示内容

サントリー美術館で開催中の「琉球 美の宝庫」展に行ってきました。

十五世紀に統一王朝が成立して以来、中国(明・清)と日本(薩摩藩)の双方に対して朝貢的な関係を保っていた。両国の文化を吸収するとともに、独立国として独自の文化も育んできた。その後、第二次世界大戦の戦火で失われたものも多いが、今日までに残し、伝えられてきた至宝の数々を今回、展示している。
公式サイトによると
本展覧会では、鮮やかな紅型に代表される染織や、中国・日本から刺激を受けて描かれた琉球絵画、螺鈿・沈金・箔絵などの技法を使ったきらびやかな漆芸作品を中心に琉球王国の美をご紹介します。なかでも、近年の東京でまとまって公開されることがなかった琉球絵画は見所のひとつです。首里王府の染織や漆器のデザインには絵師が関わっていたとされており、染織・絵画・漆芸を特集することで琉球の美術を総合的にとらえ、その実像に迫ります。第二次世界大戦の戦禍をくぐりぬけ現在に守り伝えられた優品が集う貴重な機会であり、とくに首里王府を治めた尚家に継承された「国宝 琉球国王尚家関係資料」は必見です。
とのこと。

展示構成は、作品のテーマ別に分類した形で、下記の通り。
  • 第1章 琉球の染織
  • 第2章 琉球絵画の世界
  • 第3章 琉球国王尚家の美
  • 第4章 琉球漆芸の煌き
  • エピローグ 琉球王国の記憶


首里王府にあった貝摺奉行所という機関に絵師たちが在籍し、織物の下絵制作を担当し、王族・貴族のための衣装をデザイン、制作していた。中国から龍・鳳凰など、日本から桜・松などの意匠を取り入れ、独自の紋様を生み出す。そのような美しい染織作品が数多く展示されている。

琉球絵画は、第二次世界大戦による戦禍で多くが失われたため、その全容は未だ明らかにされていない。今企画展では近世琉球期(1609 - 1879)の作品を集め、展示している。
中国・日本から数多くの絵画が輸入され、受容されている。また、中国へ渡り、絵画を学んだ者もいて、それらは宮廷美術として昇華していく。

そんな琉球王国は尚家によって治められていた。彼らの宝物の数々が展示されている。
王冠(レプリカ)は小さな玉が無数に散りばめられた豪華なもの。これはポスターにもなっている。宮廷の儀式に使われた食器類は漆芸を極めた造りで、艶やか。

そんな漆器類は、王国にとって重要な輸出品だった。そのため、貝摺奉行所の絵師たちがデザインを担当し、沈金・螺鈿・箔絵・密陀絵・堆錦など、数々の技術を駆使した作品が製作された。
中国向けには龍や鳳凰をデザインに用い、日本向けには花鳥風月と、輸出先の好みに合わせたものになっている。そのため、全体としてバラエティが豊富になり、琉球漆器の魅力を高めている。

鎌倉芳太郎は染織家として作品製作をしながら、沖縄文化の研究にも力を注ぐ。戦前、多くの写真を撮影して残していたため、戦火で焼失してしまった沖縄文化を今に伝える貴重な資料となっている。今回は調査ノートの一部などが展示されている。

★ 感想

琉球美術というと「紅型(びんがた)」の衣装が最初にイメージされる。でも、それ以上のものを余り知らない、と言うのが正直なところだった。琉球王国の歴史も、「中世日本の勝者と敗者」などでちょこちょこ学んだ程度。これだけまとまって琉球の美術品を見たのは初めてだった。
中国風でもあり、和風なところもあり、そして独自な意匠もありで、バラエティの高さが魅力だった。特に漆器類は色々な技法を駆使していて、一度にこれだけ見られるのは余りないのではないかな。
螺鈿の龍がみごと。これは中国向けなのかな。
黒漆山水螺鈿印籠もお洒落。印籠は日本向けなのかな。これ、プラスチック製で良いからレプリカが欲しいな。

それにしても、戦争で多くを失ったとは言え、琉球美術の全容って未だに分かっていないんですね。美術を知ることは、その国・地域の人々の精神世界を理解することでもあり、その国・地域の歴史を把握するにも重要なことだと思います。今の、そしてこれからの沖縄を考えるにも、まずは琉球美術を知ることも必要かな、と。そんな“入門者”の私にはぴったりの美術展でした。

★ 美術展情報

「琉球 美の宝庫」展は下記の通り、開催中。






nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「巨匠たちのクレパス画展」 で、クレパスの表現力の高さに感心。 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG1576.jpg

★ 展示内容

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「巨匠たちのクレパス画展」を観てきました。
「巨匠たちのクレパス画展 ー日本近代から現代までー」@東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 [PR]」の記事で紹介したやつです。
百名以上の画家たちの、およそ百五十点からなる企画展です。
展示は”ほぼ”年代順になっているようですが、今回の出展作品の特徴として、制作年が不明の作品が多数。画家たちも実験的にクレパスを使って描いたためか、”表に出す”つもりがなかったのかもしれません。逆に言えば、画家たちのプライベート感を感じられる作品が一杯ということかもしれません。

油絵具の”代用”的な使い方をしてみた作品もあれば、鮮やかな色合いを生かした華やかな作品もあり、あえてモノクロームな世界にしてみたりと、画家たちも新しい道具に興味をひかれ、その魅力を引き出そうとしている。

そんな中で、岡本太郎の作品は道具に関係なく、爆発していた。鮮やかな原色が飛び交っている感じだ。「鳥と太陽」はそんな雰囲気の作品。

伊藤悌三は、教育現場にクレパス画の普及も図ろうと尽力したそうだ。サクラクレパスの社員とともに、学校の美術の先生向けにクレパス画を指導したりして、その魅力を伝えた。もちろん、自らもクレパス画を描いている。「婦人像」などは、見本のような作品かも。

一方、巨匠の中の巨匠といえる小磯良平のクレパス画は、なぜか”色落ち”したような不思議な風合い。他の画家の作品を見る限り、経年劣化はそんなになさそうなパステル画だが、どうしたのだろうか。油絵に執着しすぎて、パステルの使い方を誤ったか。ちと不思議。

山下清の素朴な画風にはパステル画はぴったりだ。花火の風景を描いた作品はとても懐かしい気持ちにさせてくれる。

★ 感想

クレパスというと、子供のころに図画・工作の時間に絵をこれで描いた想い出が。それ、誰もが持っているんじゃないですかね。でも、それゆえに「子供のためのお絵かき道具」というイメージが強くて、プロが使うとどうなるのか想像ができませんでした。だいたい、あんな太い軸では繊細な絵は描けないだろうと。。。でも、全く違いましたよ。さすがはプロの画家。巨匠たちは「攻防は筆を選ばす」じゃないけど、どんな道具でも自分のものにしちゃうんですね。
油絵と見間違えるほどの”濃厚”なタッチの作品もあれば、鮮やかな色合いを強調したポスターのような作品もあり、かと思えば墨絵か淡色の版画じゃないけど、ノワールな雰囲気のもあり。いろんな世界が広がってました。

あのクレパス。あのまま手に持って描くだけではなく、ヘラや竹串で伸ばしたり、ひっかいたり、さらにはマスキングテープを使ってみたりと、いろんな技があるのにビックリ。子供と同じように描いていたのは岡本太郎と山下清くらいなのかな?!
ミュージアムショップに、サクラクレパス謹製のクレパス用画材道具(サクラクレパス クレパス マスターツールキットN ESP-NMT)をみると、なるほどこんなのを使って描くのかと感心、感心。
IMAG1579.jpg


おなじみの画家がいっぱいなのに、見たことない作品ばかり。面白かった、この美術展。

★ 美術展情報

「巨匠たちのクレパス画」展は下記の通り、開催中。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクラクレパス クレパス マスターツールキットN ESP-NMT
価格:2593円(税込、送料無料) (2018/8/9時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サクラクレパス 24色【名入れなし】 ◆◆
価格:720円(税込、送料別) (2018/8/9時点)







nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

智美術館 「陶と模様のものがたり 菊池コレクション」展 技法と模様(デザイン)とテーマと [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20180728_160816.jpg

智美術館 - Musee Tomoで開催中の「陶と模様のものがたり 菊池コレクション」展ブロガー内覧会に参加しました。
例によって特別な許可を得て写真撮影しています。通常はNGなので、ご注意願います。

★ 展示内容

収蔵品の中から”模様”をキーワードに選ばれた作品が並ぶ企画展です。
観点としては、模様の描き方と、デザインのテーマ(抽象的 or 花鳥風月 or 。。。)の二軸で、様々な作家の作品がチョイスされています。

模様の描き方には
  • 絵付け:筆で絵模様を描き、焼き付ける技法。
  • 彫文:素地を釘状のもので彫る「線彫り」やヘラを使う「ヘラ彫り」、鉋を跳ね上げながら削る「飛鉋」など。
  • 貼付:素地と同じ土で型抜きや手びねりで紋様を作り、貼り付ける技法。
  • イッチン描き:チューブ・スポイト状のイッチンに泥漿を入れて素地に紋様を描く手法。
  • 象嵌:素地の表面に線や模様を刻み、異なる材料を嵌め込む技法。
  • 釉彩:釉薬で模様を描く技法。
  • 練り込み:色や濃淡の異なる二種類以上の土を練り合わせて紋様を表す手法。焼成に高度な技量が必要となる。
  • 掻き落とし:生乾きの素地に化粧土屋釉薬、絵の具を塗ったあと、一部を削り取る技法。
などの手法があり、模様が立体的になるものもあれば、滑らかなグラデーションを描くものもあります。同じ作家でも、いくつかの手法を使い分けていたりして、「これとあれ、同じ人が作ったの?」と驚きもあったりして。

デザインのテーマ・モチーフとしては「抽象画」的なものと、「花鳥風月」が主。学芸員さん曰く、
絵画の抽象画を見る時、そこに意味を求めてしまいがち。何を表しているのか気になってしまう。だが、陶芸作品は抽象的模様が施されていても、純粋にその模様を楽しめる。その意味で、抽象的文様は陶芸に向いている。
とのこと。
また、
花鳥風月は馴染みのあるテーマだけに、凡庸になってしまう恐れがある。そうならないように工夫されたデザインが面白い。
という話も。確かに、ただ鳥や花の絵がさらに描いてあるだけでは、大量生産される市販の皿と何が違うの?となってしまう。

レインボーカラーの流れ? 織部焼の大皿ですが、なるほど抽象絵画のよう。でも、くだものを載せたらさらに華やかになりそうで、良いんじゃないかな。
IMAG1478.jpg


「夢つむぐ人 藤平伸世界 展」@智美術館 : これって壺? これってキモカワ? 奥深い現代陶芸の世界」で紹介した藤平伸さんの作品です。不思議な建物や人形といった作品が面白かったんですが、意外と(?)普通の入れ物も作っているんですね。まあ、この形を“普通”と思えちゃうところが凄いかも知れないけど。
IMAG1480.jpg


山の形(?)をした刺身皿だそうで。山と言われると、内部のフニャふにゃっとした紋様が森の木にも見えてくる。
IMAG1483.jpg


三角が並んでいるだけの紋様なのに、「布目杉林文長皿」と言われると確かに杉林に見えてくる。「銘」って重要ですね。
IMAG1484.jpg


とっても既視感のある、この鳥の模様。どこで見たのだろうか。鳩サブレー?!
IMAG1486.jpg


焼け跡のように見えるけど、釉薬で描いているのだそうで。この何気ない模様がかえって難しそう。
IMAG1489.jpg


青いのは凸凹してます。奥のはツルツルしています。でも、どちらも同じ作家の作品。しかも練り込み技法で作られていて、凸凹をそのままにしているものと、表面を磨いているものの違いだそうです。いやぁ、全く見た目が違うのに、これは面白い。
IMAG1491.jpg


左ヒラメに右カレイ。
IMAG1497.jpg


なぜか陶製の椅子。そして、なぜか「JOKERの椅子」と「QUEENの椅子」。JACKやKINGはどこに行った? そして、そもそもなぜ椅子? 模様は幾何学的なのに、存在自体が抽象的。
IMAG1502.jpg


ブロガー内覧会の特典ですかね。普段は見ることのできない部分まで見せてくれました。普通に置いてあると、皿の下に白いマットが敷かれているようにも見えるんですけど、高台のような構造になっているんです。ただの皿ではないのかな?!
IMAG1514.jpg


「変壺」。空豆?プシュッと潰すと、口がピリッと開いて、中からなんか飛び出してきそう。
IMAG1517.jpg


こうやって展示されると、山の上に月が出ているようにも見える?!
IMAG1534.jpg

★ 感想

残念ながら智美術館の展示スペースはそんなに広いわけではない。なので、収蔵品の”常設展示”はしていない。今回のような企画展の形で、テーマを決めてコレクションの中から選んで展示となる。まあ、その方が”めったに見られない”というプレミア感が出ていいのかも。

“陶器”というと、このような壺を思い浮かべる訳ですが、現代陶芸は奥が深い、いや幅が広い。形に模様に、自由。土を焼いて作ると言う、かなり“不自由”な表現方法なのに、不思議なものですね。
IMG_20180728_161335.jpg


前も言ったかも知れませんが、本当に色々な作品があるので、“自分のお気に入り”を見つける楽しみもありますよ。私はどれでしょうかね。空豆ぷちゅっもいいし、山型刺身皿は実用性ありそうだし。自分の中でも色んな観点で、それぞれ違うものを選んでしまいそう。

猛暑が続いて、智美術館までの急坂が辛いけど、一見の価値ありです。

★ 美術展情報

「陶と模様のものがたり 菊池コレクション」展は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2018/7/28(Sat) -11/4(Sun)
  • 開館時間 : 11:00 - 18:00
  • 休館日: 月曜日 , 9/18, 9/25, 10/9 (9/17 9/24, 10/8は開館)
  • 料金 : 一般1,000円 大学生 800円 小・中・高生 500円
  • 公式サイト : 最新の展覧会 | 智美術館 - Musee Tomo






nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | - 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ