So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

HPの新ゲーミングPCブランド PAVILION GAMING をチェック コンテンツクリエーションにも良さそう [ガジェット : 面白いもの色々]

IMAG1135.jpg

★ PAVILION GAMINGとは

HP社の新ゲーミングPCブランド Pavilion Gamingシリーズの新製品説明会に参加してきました。なかなか面白い機種がありましたので、何回かに分けて紹介したいと思います。
今回はその新ブランドPavilion Gamingシリーズのお話。

IMAG1136.jpg

● HPのゲーミングPC戦略

説明をしてくれたのはHP コンシューマー事業本部 PMの森谷さん。プレゼン用PCにもOMEN by HPシリーズの機種を使っているところがさすが。
IMAG1171.jpg


HPではこれまでゲーミングPCのブランドとしてOMEN by HPシリーズを展開していました。もちろん、今も。そのOMEN by HPは、e-Sportsの選手御用達のような、超ハイスペックのシリーズです。グラフィックボードを二枚搭載したり、CPUの冷却は水冷式だったり。いわゆる、“プロが使う”のに耐えるスペックを誇ったものです。
そんなHPさんらの努力もあってかe-Sportsもだんだんと認知されるようになってきたようです。そうなると、ユーザーの裾野も広がってきて、そこまでゲームをやりこむことはしないけど、パソコンでゲームを楽しみたいなと言う人たちも増えてきたのだそうです。

ということで、そんなライトユーザー向けに、HPとして第二ブランドを今回、作ったのでありました。それがPavilion Gamingシリーズ
IMAG1161.jpg

● PAVILION GAMINGの特徴・ラインナップ

HPのパソコンを知っている人ならば、この“PAVILION”ってブランド名は馴染み深いものがありますよね。スタンダートクラスの、コスパ重視のシリーズってところでしょうか。その名前をゲーミングPCにも付けたと言うことで、その位置づけだったり、目指すところが分かるというもの。説明によると、
  • 「必要かつ充分なマシンパワー」:信頼できゲームプレイを約束します。
  • 「多彩で万能なパフォーマンス」:バランスのとれた多彩な機能を実装
  • 「大胆かつ端正なデザイン」:主張は抑えつつ個性は目立つ

とのこと。
三番目、つまりは大胆にシンプルにしたデザインということでしょう。ゲーミングPCらしく、ピカピカ光るんですが、それも控えめ。また、USBなどの端子群を前面に集めてあるのも、使い勝手は良さそう。
ゲームをするのにももちろん、充分な機能・性能ですが、コンテンツクリエーション(写真編集やら動画編集など)にも向いていますね、この機種は。実は(?)私もゲーミングPCを使っていて、これは写真のRAW現像など、CPUパワー・メモリーを喰う作業に向いていると思ってので。その意味で、Pavilion Gamingシリーズも良さそうです。

そんな新ブランド。まずはデスクトップ二機種、ノートPC一機種でスタート。
  • Pavilion Gaming Desktop 790
    NVIDIA GeForce GTX1070まで搭載可能、Intel 8th CPU、1 PCL SSD + 3 HDD(最大三台)、64GB DDR4 RAM、500W電源
  • Pavilion Gaming Desktop 690
    AMD 2nd Gen. Ryzen Desktop、AMD RX580(8GB)、1 PCL SSD + 2 HDD
  • Pavilion Gaming 15
    UHD 4K(3840x2160)ディスプレイ、Bluetooth 5、Gigabit WiFi対応、B&O Play搭載のサウンドシステム

というもの。デスクトップはIntel + NVIDIA系の790と、AMDで固めた690という展開。それぞれ、CPUやメモリー、ディスプレイの違いによって何種類かのバージョンがあります。
プロ向けのOMEN by HPシリーズに比べたら確かに“ボチボチ”のスペックに見えますが、普通のパソコンに比べると段違い。ストレスなくゲームに没頭できるでしょう。
また、790は64GBまでメモリーを詰めるので、RAW現像などもラクラクできそう。クリエーター御用達マシーンになりますね。
IMAG1167.jpg


周辺機器も充実。
ディスプレイは600nitの輝度、リフレッシュレート最大75Hz、応答速度最大3ms、解像度 QHD(2560x1440)。
キーボードやマウスもレスポンス、耐久性をゲーム用にアップした造り。専用のマウスパッドも用意されています。
IMAG1168.jpg

★ PAVILION GAMINGにちょっと触ってみた

これがPavilion Gaming Desktop 790本体。なるほど、シンプルなデザイン。光も穏やか(笑)。サイズは“20L”。と言っても、ピンと来ませんが、155 x 390 x 369 mmの筐体となっています。
IMAG1138.jpg


このデザインがいいかな。端子類が見ての通り、前面にずらりと並んでいます。上から
  • ヘッドフォン / マイクコンボジャック
  • マイク
  • USB Type-A 3.1 Gen 1×2
  • USB Type-A 3.1 Gen 2×2
    (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)
  • USB Type-C 3.1 Gen 2×1
    (電源オフUSBチャージ機能対応)
  • メディアカードリーダー×1
というもの。
IMAG1139.jpg

ちなみに背面にも
  • オーディオ入出力
  • ヘッドフォン / マイクコンボジャック
  • ネットワークコントローラー(RJ-45)×1
  • USB Type-A 2.0×2
  • USB Type-A 3.1 Gen 1×4
  • DisplayPort ×3
  • HDMI×1
  • デュアルリンクDVI×1
があり、これだけでも普通に使うには充分そう。

附属のキーボード。ライトがグリーンに統一されているんですね。メカニカルキーは押した感覚がしっかりしているので、“レスポンス”を重視するゲームに向いているのだそう。
IMAG1142.jpg


こちらがPavilion Gaming 15。長時間のゲーム、動画視聴・編集も快適に行える非光沢 & IPSディスプレイ。いやぁ、きれい。そして動きがスムース。
IMAG1152.jpg


ゲームにしろ、コンテンツクリエーションにしろ、大容量のデータを扱うので、バックアップやデータ転送に外付けハードディスクを使うシーンも多いでしょう。そのため、ゲーミングPCは端子類が一杯付いていて、そのニーズに対応しています。なるほどね。
IMAG1153.jpg


ということで、HPの新ゲーミングPC Pavilion Gamingシリーズの紹介でした。私も、コンテンツクリエーション用として興味あり。

購入はこちらのHP Directplus -HP公式オンラインストア-からどうぞ。
HP Directplus -HP公式オンラインストア-


OMEN by HPシリーズも次回、紹介します。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ソースネクストでDropbox Plus1年版がちょっとお安くなってます [PR] [ガジェット : 面白いもの色々]

Dropbox1年版.png



★ Dropbox Plus 1年版が1,000円引き

公式サイトだと12,000円する Dropbox Plus ですが、ソースネクストでは期間限定(2018/7/25まで)で1,000円Off の11,000円になっています。無料版を使っていて容量不足になっているなんて人は、この機会にどうぞ。


私もDropbox Plusプランのユーザーで、主に写真のバックアップ用に使っています。あと、最近はDropbox Paperも使っているかな。
Dropboxアカウント.png


ちなみに、ソースネクストの3年版だと1年分お得な24,000円になってます。

★ ところで、Dropboxって?

Dropboxって? Paperってなに? 無料版とPlus版との違いは?なんて思っている人は、下記の記事を見てみてくださいな。

簡単に言うと、クラウドストレージサービスってやつです。パソコン・スマートフォンで自動的にファイルの共有・同期ができるので、スマホでとった写真が自動的にパソコンにもコピーされている、なんてこともできます。


せっかく撮った大事な写真。スマホを落として壊してしまい、すべて消えてしまった!なんてことになる前にちゃんとバックアップを取っておきましょう。
Dropbox Pro

★ ここから飛ぶと、特別割引あり

他にも、このブログの下記リンクからサイトに飛ぶと、特別値引きされる商品があります。よかったら利用してくださいな。
  • ThinkWise
    ThinkWise
    16通りの使い方ができる、思考を整理するマインドマップ作成ソフト。マインドマップとは?と思った方はぜひページをご覧ください。使い方が想像できます。
    限定価格 2,480円(標準価格7,980円 割引率68%)
    紹介記事:思考を整理するマインドマップ作成ソフト「ThinkWise」 手頃な価格でソースネクストから発売中 [PR]
  • ネットラジオレコーダー
    ネットラジオレコーダー 7」
    インターネットラジオの再生・録音が驚くほど簡単に出来るソフト。キーワード録音機能もあります。
    限定価格 3,200円(標準価格3,685円 割引率13%)
    紹介記事:NetRadioRecorder 7 (ネットラジオレコーダー)でラジオの録音、スマホであとから再生
  • 字幕のプロ
    映画風の字幕から、多彩なテロップまでお好みに応じて設定できる動画テロップ専用のソフト。
    2,980円 (標準価格 3,980円 割引率 25%)
  • 合成のプロ
    クロマキー合成も簡単。動画背景を、合成できるソフト。
    2,980円 (標準価格 3,980円 割引率 25%)
  • マカセル 自動バックアップ
    設定も簡単お任せバックアップソフト
    2,980円 (標準価格 3,781円 割引率 21%)
  • スコアパレット
    かんたん!PCで本格楽譜作成
    7,680円 (オープン価格)
  • Enjoy Blu-ray
    充実のDVD/ブルーレイ再生機能
    3,980円 (標準価格 4,980円 割引率 20%)
  • USBガード
    無くしても、盗まれても、暗号化で安心
    1,780円 (標準価格 1,886円 割引率 5%)
  • 火星くるくる
    火星大接近もこれでばっちり!火星儀ソフト
    1,980円 (標準価格 2,000円 割引率 1%)
  • のし職人2017 シンプル
    のし紙が急に必要になったとき、1枚だけ欲しいときに便利なソフト。
    5,980円 (標準価格 8,000円 割引率 25%)
  • ズバリ動画変換
    動画・音楽ファイルをスマホ用に変換できるソフト
    2,480円 (標準価格 2,980円 割引率 16%)
  • 地図くりえーたー
    描画ソフトより簡単、手書きよりキレイに地図が書けるソフト
    3,980円 (標準価格 5,800円 割引率 31%)
  • エクセル便利機能ボタン集  」
    Excelに便利なボタンを100種追加出来るソフト
    1,980円 (標準価格 3,686円 割引率 46%)
  • ONESAFE DRIVER
    ONESAFE DRIVER MANAGER STANDARD
    ドライバの更新を自動でチェックできるソフト
    2,980円(標準価格4,399円 割引率32%)
  • さし絵スタジオ
    ロイヤリティーフリー!絵を描けなくても、パーツを組み合わせてかんたんイラスト作成
    7,980円(標準価格9,400円 割引率15%)
  • 六角大王
    ポーズや表情を選ぶだけで、絵が立体で動き出す!
    6,980円(標準価格9,400円 割引率25%)
  • かんたん商人 現金出納帳
    小規模企業や個人経営店様に最適な出納帳作成・印刷ソフト
    2,700円(標準価格3,000円 割引率10%)
  • 自在眼
    自在眼 11 スタンダード」
    作成元アプリケーションがなくても ファイル内容の表示・印刷ができるソフト。zipやpsdも中身が見られる!
    2,980円(標準価格7,600円 割引率60%)
  • 当てる!ロトシリーズ
    当てる!ロトシリーズ 」(「当てる!ロト6」、「当てる!ロト7」、「当てる!ミニロト」)
    ロトシリーズの当選番号を5つの理論をもとに予想するソフト。理論に基づいて夢が買えます。
    3,280円(標準価格3,685円 割引率10%)
  • CrazyTalk
    CrazyTalk Pro
    写真やイラストがしゃべり出すアニメーション作成ソフト
    限定価格 12,800円(標準価格14,990円 割引率14%)
  • バンドプロデューサー
    河合楽器の楽譜作成ソフト。好きな曲を専門知識無しで楽譜にできる
    限定価格 5,980円
  • ポンッとデジタル印鑑
    リアルな印鑑を、PCで押せるソフト
    限定価格 3,980円(標準価格5,538円 28%OFF)
  • Recover Keys
    失くしたソフトの認証キーを復元できるソフト(Macソフトにも対応)
    ト限定価格 2,980円(標準価格3,685円 19%OFF)
  • パーソナル編集長
    プロ級の新聞・チラシ・冊子がかんたんに作れる
    限定価格 10,800円(標準価格12,380円 12%OFF)
  • 目がホリデー
    視力の回復が期待できるソフト。楽しみながら、目の筋肉のストレッチ、リラックスをさせます。
    限定価格 2,980円(標準価格3,990円 割引率25%)



POCKETALK(ポケトーク)


EVERNOTE


ロゼッタストーン


ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王


VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで


ソースネクスト




nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

HUAWEI P9を修理してもらった (電池交換) at HUAWEIカスタマーサービスセンター銀座 [ガジェット : 面白いもの色々]

100_0931.jpg

★ HUAWEIの修理サービス

HUAWEIのスマートフォン P9 を今でも愛用していて、撮った写真をブログ(Smartphonography Club)に載せています。HUAWEI製品は各キャリアやMVNO(楽天モバイルIIJmioなど)からも購入できますし、SIMフリーですからAmazon.co.jpや楽天市場などでも購入可能です。
私は二年前に楽天市場で購入しました。楽天ポイントがかなり貯まっていたので(笑)。あと、キャリアで販売されているやつだと、そのキャリア用の(いらない)アプリがいっぱい入っていて邪魔なこともあり、しがらみのないものにしたのでした。

そんな気軽なSIMフリーのスマートフォン。気がかりなのはアフターサービス。キャリアから購入すれば、キャリアが修理の窓口になってくれます。ドコモにしろソフトバンクにしろ、そこらじゅうに販売店がありますから、その点は安心ですよね。ではSIMフリーの場合はどうなるでしょう?この場合、メーカーのアフターサービスに頼ることになります。こちらはその対応に大きな差があるのが実情。デバイス自体はネットで買えるものの、サービス拠点が日本にはないメーカーもあります。そうなると、実質的にサポートを受けるのは難しいでしょうね。
さて、我らがHUAWEIですが、SIMフリー製品のメーカーとしてはかなり頑張ってくれています。修理の場合、以下の三つのチャネルが用意されています(2018/07/03時点)。
  1. 直営カスタマーサービスセンター:銀座と梅田の二店舗
  2. 宅配修理:宅配でHUAWEIに送る
  3. 認定修理店:スマホ修理工房のうちの七店舗

IMG_20180623_134006.jpg

★ バッテリー交換してもらった

私は意外と物持ちがいいほうで、スマートフォンを地面に落とすこともほとんどありません。なので、修理サービスのお世話になることってほとんどなかったのですが、先日、初めて体験しました。故障ではなく“経年劣化”かな。P9のバッテリーがヘタってきてしまったのです。満充電しても数時間でダウンしちゃう感じ。これでは使い物になりません。最近のスマートフォンは薄型化のためか、自分では交換不可能な、バッテリー内臓パターンが増えています。このP9も然り。
ということで、ファーウェイ・カスタマーサービスセンター 銀座店に持ち込み修理を初体験。
100_0925.jpg

ファーウェイ・カスタマーサービスセンター 銀座店は、銀座ファイブの二階にあります。数寄屋橋公園側の入り口を入り、階段を上って二階に行くと目の前にあります。一階には以前紹介した楽天モバイルの店舗もある場所です。
修理を受けるには、銀行や郵便局のように番号札を取って待つのですが、サイト(【順番受付システム】アイリスト)から事前に予約することも可能です。私もこれで予約をしておきました。予約を入れてある場合も、来店を告げるために番号札の機械にその旨を入力。あとは待つだけ。この店舗には最新の製品や周辺機器などの展示もされているので、待っているときも飽きません。
100_0929.jpg

100_0927.jpg

自分の番が来たら窓口へ。状況説明などをすると、修理方針や値段を提示してくれます。部品交換などの場合、在庫があればすぐに修理してくれて、一・二時間後に引き取りも可能。今回は上述の通り、電池交換です。すると、事前のチェックののち、下記の「診断」をしてくれました。
  • 電池の劣化だと思われる。電池交換をすることになる。
  • 電池交換は、電池の載った基板ごと交換。値段は17,000円程度。
  • データに影響はない。が、不測の事態で初期化されてしまうことがまれにある。
  • 電池以外に不具合があった場合、修理後に症状が再発する可能性もある。
  • (あきらめて)新製品購入も可能。
とのこと。リスクの説明ってやつですね。そのリスクを許容するならば電池交換しますよ、ということ。最後の一言は宣伝ですが、修理の値段を考えるとありえない選択肢ではありません。正しい助言でしょう。ちょっと考えましたが、まあ、この程度のリスクはどんな場合でもあるでしょうし、新製品を買うだけの余裕もなかったので、OK&Goと回答。すぐにやってもらいました。
幸いに(?)銀座ファイブの地下には銀座ファイブ店 | スターバックス コーヒー ジャパンがあるので、ここでお茶&読書して待つことに。ちなみに、今は「新・平家物語 全16巻合本版 Kindle版」を読んでいます。全十六巻が一冊に収まっているんで、読んでも読んでもまだまだ終わりません。いまやっと、義経の鵯越の逆落としの場面…。なので、読書の時間は多少長くても全く気になりません。むしろ歓迎。

ということで、無事に修理(電池交換)完了。データも問題なく、渡されてすぐに使えました。これであと一・二年は延命できたかな。またこれで楽しく写真が撮れます。よかったよかった。修理サポート対応のいいHUAWEI、グッドです。
IMAG1095.jpg

以上、HUAWEI P9修理体験談でした。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | 次の3件 ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ