So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | -

ソースネクスト年賀状ソフト 筆王、筆まめ、宛名職人 今年はどれを使う? [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20171025_185007.jpg



★ そろそろ年賀状の準備を始めないと

いやはや、時の流れは本当に速いですね。もう十月も終わり。猛暑の夏が続いていたので、その後の季節が一気に進んでしまった感じ。気が付けばボチボチ年賀状準備の時期じゃないですか。
取りあえずやらねばならないのが住所録のメンテナンス。「寒中見舞い : ソースネクスト年賀状ソフトの「筆まめ」で作りました」でも書いたのですが、昨年は身内に不幸があり、喪中葉書を出すことに。それでも、暮れも差し迫っていたこともあり、何通かは年賀状をいただいてます。となると、転居した人やらなんやらを調べて、住所録を修正せねばなりません。貰ったときにすぐにやればいいんですけどね。まあ、正月休みでグダグダしている時でもあり、先延ばしにしちゃっています。結局、毎年、年賀状作成前に慌てることに。悪しき習慣を悔い改めるのは難しいものです。

ということで、みなさんも住所録のメンテナンスは大丈夫ですか?今のうちから始めておき、慌てないようにしましょう、お互いに。

★ 年賀状ソフトはどれを選ぶべきか

日々、使っている連絡先管理ソフトはGoogle Contact(連絡先)。名前とメールアドレスだけ、もしくはそれに電話番号が付くくらい。普段の連絡では住所が必要になることなんてないですからね。 まあ、イマドキの若い人たちはLINEなどのメッセージアプリで済ませるから、メールアドレスもいらないのかな。

そんなこともあり、年賀状のやり取りをする人たちの、“住所付き”の連絡先管理は年賀状ソフトに任せてます。宛名に家族を連名で書いたり、年賀状のやり取り記録も併せて管理できるのが便利。
モニターになったり何だりの過去の経緯もあり、私は二つのソフトを毎年交互に使っている感じです。それらも合わせ、以下にご紹介。いずれもソースネクストの商品です。
  1. 筆まめ Ver.29 (for Windows)
  2. 筆王 Ver.23 (for Windows)
  3. 宛名職人 Ver.25 (for MAC)

どのソフトも“通常版”(初めて購入する人用)と“アップグレード・乗換版”(古いバージョンを持っているか、他の年賀状ソフトから乗り換える人用)があります。詳しい条件は購入サイトを確認してください。まあ、何らか今、ソフトを持っていれば後者の条件に当てはまるでしょう。

● 筆まめ

年賀状ソフトの老舗って感じです。もう、バージョンも"29"まで行っているんですね。十九年連続販売本数第一位を記録しているそうです。

通常版 標準価格 5,200円、アップグレード・乗換版 標準価格 3,480円です。上記のリンクから飛んだ公式オンラインストアだとアップグレード・乗換版が割引提供価格 : 3,280円(割引率 5%)となっています。
毎年、オリジナルのデザインをオマケで配布しているのも特徴で、Ver.29では江戸時代中期を代表する画家の尾形光琳の作品や、日本の伝統工芸品に指定されている「西陣織」などが提供されています。
そんな点も含め、特徴は
  • 「尾形光琳」「西陣織」デザインの格調高い年賀状が作成できる
  • 年賀状ソフト最多のデザイン・イラストを45万点収録
  • プロ書道家監修による宛名面を美しくレイアウトする機能
  • 使い方をやさしく教えてくれる、安心「年賀状デザインナビ」搭載

● 筆王

こちらは写真加工・編集機能が使いやすいのが売り。私もそうですが、家族の様子を写真で伝えるのも年賀状の一つの“役割”なんじゃないかなと思います。その際、ただ写真をペタッと貼り付けるだけでは味気ない。ちょっと一手間かけましょう。と言っても、やり方は簡単。“縁取り”をきれいにしたり、複数枚の写真をいい感じで並べてくれたりする機能があるので、デジカメ・スマートフォンのデータを用意すればそれで充分です。
標準価格 3,980円、公式オンラインストアだと割引提供価格 : 3,780円 (割引率 5%)です(アップグレード・乗換版はなし)。
その他特徴は
  • パソコン5台までインストールOK。家族みんなで使えます。
  • パッケージ版の場合、オールカラーガイドブック付き。オンラインのヘルプも付いてますが、冊子形式になっていた方が分かり易い、と言う方におすすめ。

● 宛名職人

Macのためのソフトとして開発され、バージョンアップを重ねてきた年賀状ソフトです。Windows用ソフトは一杯ありますが、本格的なMac用ってあまりないんじゃないでしょうか。年賀状作成も、いつものMacの操作性と同じ調子で行うことが来ますよ。Macユーザーはこれ一択なのでは?
通常版標準価格 7,980円、公式オンラインストアの割引提供価格 : 7,480円 (割引率 6%)、アップグレード版は標準価格 6,980円となっています。
特徴としては
  • Macでの使いやすさを追求した、直感的な操作感
  • 新着デザイン(テンプレート) 2,000点を追加した、充実の素材数15万点を収録
  • iCloud対応
  • 最新のmacOS Mojaveに対応
となっています。

● まとめ

Windowsユーザーで、これから年賀状ソフトを(初めて)使ってみようという人には筆まめ Ver.29 (for Windows) がおすすめです。手順通りに進めれば、簡単に小綺麗な年賀状が作れるという“安心感”がその理由。あと、デザインデータが豊富なので、見る・選ぶ楽しさもありますし。

もちろん、Macユーザーは宛名職人 Ver.25 (for MAC) です。

と言うことで、早めの準備をお互いに頑張りましょう。

POCKETALK(ポケトーク)W



Dropbox Pro


EVERNOTE


ロゼッタストーン


ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王


VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで


ソースネクスト




nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

フィリップス「シェーバー S9000 プレステージ」 でワンランク上のシェービング体験を [ガジェット : 面白いもの色々]

DSC05114.jpg

フィリップス アンバサダーのリポーターとして、(プレス向け)新商品発表会に行ってきました。

★ シェーバー S9000プレステージ とは

大々的に発表が行われたのはフィリップスのシェーバー(電気カミソリ)の新フラッグシップモデルである S9000プレステージ (S9000 Prestige)。これまでの最上位機種だったShaver series 9000と比較しても、かなりの進化を遂げています。
進化したポイントは以下の通り。
  • ナノプレシジョン刃
    ナノ粒子技術と呼ばれる技術によって、強固でシャープな刃を実現。これまで以上のの深剃りが可能になった。
  • スキンコンフォートリングプラス
    シェービングヘッドの表面に施された細かなメタルビーズコーティングが、シェーバーと肌の摩擦を低減。肌への負担を抑える。また、水洗いだけで汚れが落ち、抗菌効果あるため、手入れが簡単になった。
    DSC05111.jpg
  • ヒゲ密度感知システム
    毎秒15回、ヒゲの密度を感知してパワーを調節。濃い部分も一気に深剃り可能になった。
  • ワイヤレス充電パッド
    置くだけで充電ができる ワイヤレス充電パッドを同梱。また、本体には充電状態がパーセンテージ表示されるので、充電切れの心配も軽減されます。
    DSC05178.jpg

    DSC05173.jpg
  • 防水仕様
    本体を水洗いも可能。また、風呂場でのシェービングにも対応。専用洗浄剤は不要で、ボディーソープをちょっと垂らして洗えばOKとのこと。

プレステージ(Prestige)と銘打っているだけあって、デザインにも力を入れたものになっているようです。ただ、その分、なかなかいいお値段します。オープン価格となっていますし、付属品によって違いはありますが、Amazonだと 54,367円 なり。いやぁ、なかなかですね。

とっても良さそうなのは分かったけど、その分、値段もかなりなもの。これは買いなのか否か。それがもらったプレス発表資料を読んでの感想。
DSC05113.jpg

★ 発表会レポート

そんな風に思っているうちに、発表会が始まり。社長さん、マーケティングの偉い方が登壇し、S9000プレステージの魅力を語ってくれました。
DSC05130.jpg

DSC05139.jpg

要約すると、
  • フィリップスの技術を詰め込んで作った傑作だ。これまでのものから一段、上に上がった感じ。
  • 最高の深剃り。それでいて肌に優しい。
  • 非接触充電で、置くだけで充電できる手軽さ。
  • デザインにもこだわった造り。
  • プレステージな日々を送る人に是非使って欲しい。
といった感じだったでしょうか。あまり技術的な細かい話はなく、“プレステージである”ことを協調していました。これは、商品自体が高機能・高性能であることと、使う人が“それなりの人”もしくは“ちょっと贅沢な気分を味わいたい人”を対象にしている、ということなのだと解釈。私の場合、前者ではないので、後者の枠で検討か?!

DSC05154.jpg

TKOの二人と社長さんのトークショーもありました。ファッションブランドを展開している木下さん、さすがにお洒落ですね。まさにプレステージ感が出てました。相方の木元さんは家電芸人としてもお馴染み。実際にフィリップスのseries 9000を使っているそうですよ。そんな三人のトークのお題は「プレステージとは?」。プレステージな人ってどんな人? プレステージだと思う有名人は誰?などなど。TKOさんの喋りは聴いていて心地良いですね。変に刺々しくなく、落ち着いていて、安心して聴ける感じ。もちろん、所々でしっかりと笑わせてくれます。いや、さすが。“プレステージ芸人”と呼んでも問題ないのでは?

そんなTKOさんたちは事前にS9000プレステージを試用したそうで、肌触りがすごく良い、静かなので楽屋での会話を妨げない、当たりがやさしいので本当に剃れているか心配になったけど深剃りできていた、などの体験談を披露。もちろん、こういう場なのでネガティブな感想は出てこないでしょうが、TKOさんたちの人柄ゆえか、納得感がありました。

★ まとめ・感想


トークショーのあと、実際にスイッチを入れて、どの程度の音がするのか試してみました。確かに、音は小さいかも。


私の感想としては、これまで電気シェーバーは手入れが面倒そう、洗浄剤などを考えるとコストパフォーマンスが良くないんじゃないか、と思っていたんですが、それが覆りそう。手入れも水洗いでOK、充電も置くだけの簡単さ、そして肌に優しい深剃り。うむ、機能・性能としては申し分ありません。でも、値段がなぁ。
と言うことで、私は値段でビビってしまっていますが、プレステージな方々には検討の価値ありかと思います。












nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

PFUのScanSnap 最新機種 iX1500 は「家電」の仲間入り? ハード・ソフト共に進化してます [ガジェット : 面白いもの色々]

IMAG2214.jpg

★ ScanSnap iX1500とは

先日、ScanSnapユーザーミートアップ に参加して、新発売された ScanSnap iX1500 の話を聞いてきました。
IMAG2212.jpg

PFUさんのスキャナー、私はコンパクトサイズのScanSnap iX100Wを以前から愛用してます。これはこれで便利なのですが、スキャンする量が増えるとさすがに厳しいなと感じてます。なので、まとめでがんがんスキャンできるこのシリーズにも興味があるんですよねぇ。
で、どうしようかなぁとウジウジしているうちに新機種が出てしまったのでした。といっても、前のiX500の登場から既に六年を経過してしまっているそうですが。

ということで、見た目からして大進化。ホワイトボディーになって、オフィスだけではなく、家の中でも馴染む存在になってます。コンパクトサイズのScanSnap iX100Wは既にホワイトカラーもあったんですが、iX500はブラックのみでした。いかにもオフィス用、パソコンの“周辺機器”って感じ。まあ、ブラックもカッコいいですけど、使用シーンまでそれで決められちゃっている感があったのは否めません。
イメージ展示として、ダイニングルームの中に置いてあるって感じのレイアウトシーンが再現されていたんですが、確かにこれならば違和感ないかも。
IMAG2218.jpg


当然ですが、進化の本質はその中身です。いや、操作用のソフトウェアも刷新され、システムとして一つ、独立した存在になったというところでしょうか。これまでが“パソコンの周辺機器”という感じの存在だったスキャナーが、これ一台で大丈夫という、一つの世界を確立した感じです。
それを実現させた三要素が
  1. タッチパネル
  2. 自動化・学習機能
  3. ソフトウェア統合
六年かかっただけあって、大胆に変わりつつ、かゆいところに手が届くような細かい配慮もされています。

まずはタッチパネル。4.3インチ TFTカラータッチパネルが付きました。タッチボタン(アイコン)が並んでいるんですが、自分好みに色々と設定できるのが便利そう。「PDFにして、Dropboxに格納」だとか、「名刺を読み取って、データを管理ソフトにストア」、「スキャンして、料理レシピフォルダーに仕分け」などなど。さらには、オフィスでも家庭でも、複数人で使うことを想定して、それぞれの人用のアイコンを色分け。パパは緑、ママはピンク、僕はブルー、なんてことができる訳です。
もちろん、これまで通りの「お任せスキャン」ボタンもあるので、使い分けができそう。
IMAG2175.jpg


学習・自動化も大進化。
  • スキャンしたファイルに、自動でファイル名設定
  • ファイル名設定の修正学習機能
  • 抽出データの修正アシスト(学習機能)
  • PDFでも、JPEGでも全文検索可能
などなど。

例えば、請求書なんぞをスキャンする時、書面上にある日付やら宛名やらタイトルなどからファイル名を自動的に設定してくれるようになりました。
しかも、何パターンか候補を出してくれるんですが、そこから選んだパターンを学習して、次回からは自分好みの答えを先に出してくれるとか。自動設定だけでも便利なのに、さらに一歩先の機能まで付けて出してくるところがさすがです。
IMAG2182.jpg


PDFファイルから文字情報を抽出して検索可能にしてくれる機能はEvernoteなどにもありますが、JPEG(完全なイメージ情報)からもOCRで文字情報を抽出してインデックスを作ってくれるのはあまり聞いたことがないかも。確かに、スキャンしてOCRってのはスキャナーソフトでできるけど、検索用データまで裏で作っておいてくれるのがミソ。
IMAG2184.jpg


関連ソフトウェアがScanSnap Homeに統合されます。これまでも機能ごとに便利なソフトが用意されていたんですが、数が増えてきてちょっと面倒だなと思ってしまっていたところ。
機能を一つにまとめるだけじゃなく、操作性を統一したり何だりで、たぶんですがほとんど書き直しだったんだろうなと想像します。確かに数年作業だ。
IMAG2188.jpg


しかも太っ腹。既存ユーザーにもScanSnap Homeをライセンス一本分、無償提供してくれるそうです。発売開始日からダウンロード可能とのこと。いやぁ、これは期待。
IMAG2187.jpg


ハードウェアの進化も色々。
20%のスピードアップ。これまでも速いなと思っていたんですが、さらにさらに。
IMAG2192.jpg


地味にうれしいのがこれ。最近、家のWi-Fiルーターも5GHzが主流になってきたし、大歓迎。
IMAG2193.jpg


これも凄いですねぇ。サイズの違う紙(A4サイズの書類、レシート、名刺など)を
IMAG2196.jpg

★ ScanSnapの進化の歴史と今

さて、ユーザーミートアップと言うことで、ちゃんとしたプレゼンもありました。
まずはお馴染みの松本さんによるScanSnapの歴史の話。
IMAG2156.jpg


いやぁ、凄いですね。累計出荷台数が500万台だそうです。確かに、職場でも普通に使っているし、ブロガーさん達にもユーザーは一杯いるみたい。
IMAG2158.jpg


松本さんのお話を要約すると、ScanSnapの進化は“時代分け”は以下の通り。
  • 1st Stage : USBケーブルでパソコンに繋いで使う、“周辺機器”の時代
  • 2nd Stage : Bluetooth接続になり、パソコンだけではなく、スマホやタブレットなどにも繋げるようになった時代
  • 3rd Stage : クラウドサービスと連携し、アナログ(紙)とデジタル(データ)を融合した世界
  • Next Stage : iX1500が作り出す、新たな時代
まさに、世界が広がっていった歴史だったんですね。

ちなみに、現在、オフィシャルな形で連携しているクラウドサービスはこれだけあるそうです。
IMAG2162.jpg


文字通り、最初はパソコンにひもで繋がっていた“周辺機器”だったスキャナー。それが、iX1500が液晶タッチパネルを装備し、クラウドサービスにデータを格納する形で、パソコンはもちろん、スマートフォンも途中で触る必要のない世界が実現した訳です。独り立ちしたんですね、ScanSnap君もついに。。。
IMAG2212.jpg

★ ScanSnapを語る論客たち

メーカーからだけではなく、ユーザー(の代表)から見たiX1500の話もありました。ネットで有名なみなさんによるトークセッションです。登壇者は
  • 青山 順子さん(整理収納アドバイザー)
  • いしたに まさき さん(ブロガー)
  • 高畑 正幸さん(文具王)
  • 堀正 岳さん(ブロガー)
事前にiX1500を試用した経験を踏まえてのお話でした。
IMAG2202.jpg


「筐体がホワイトになったことで、“家電”の仲間入りをした」ですとか、「PDFとJPEGと、気にしないで検索できるのが凄い」とか、「子供用の“ボタン”を作って喜んでもらった。お絵描きしたものを自分だけでスキャンできて、iPadで見られるようになった」などなど、進化したiX1500の魅力を色々と紹介してくれました。
IMAG2209.jpg


結果、「まずは広告通りのパターンで使ってみるべし」。そりゃそうですね。ScanSnap Jp - YouTubeでは各種使い方のイメージが動画になっているので、これを参考にして欲しいとのこと。
ちなみに、このユーザーミートアップの様子も動画になっているみたい。:2018.10.02 ScanSnapユーザーミートアップ - YouTube

★ サードパーティーによる便利な仕組みたち

ScanSnapと連携しているクラウドサービスを提供しているサードパーティーのブースも一杯出ていました。。

まずはEight - 名刺でつながる、ビジネスのためのSNS。私も使っていて、もっぱらスマートフォンで名刺の写真を撮って登録してます。でも、一杯名刺をもらう人はそれじゃやってられないでしょうから、iX1500が強い味方となってくれるでしょう。
今回、ScanSnap Homeで設定すれば、さらに簡単に連携できると言うことで、より便利になりそう。
IMAG2151.jpg


ファイル共有のBoxのブース。家庭でも光ファイバーが普及して、ファイルをクラウドに置いておくことが当たり前になりつつある今、紙のデータもスキャンして“断捨離”しちゃいましょう。
IMAG2152.jpg


BearTail | 社会の北極星によるDr.経費精算 | 全自動入力のクラウド経費精算システムの紹介。最近、ちょこちょこ出張に行っていたので、帰ってきてからの経費精算の面倒臭さに辟易していたところでした。こんなのがあると便利で良いですよね。
凄いのは、レシートを読み込ませると、人力で解読、データ化してくれるのだそうです。確かに、お店の名前がロゴになっちゃっていたりしたらOCRではお手上げだろうし、印刷文字が潰れていたりしたら誤判定されちゃうだろうし。
IMAG2153.jpg


他にもたくさんのサービスが紹介されていました。良い商品(ScanSnap)があると、こうやってそこに連携するサービスがどんどん出てきて、さらに便利な世界ができてくるんですね。

ということで、ScanSnap iX1500PFUダイレクト(PFUが運営するweb オンラインショップです)PFUダイレクト Amazon店PFUダイレクト 楽天市場店などで予約がもうできます。発売開始は2018/10/12。オープン価格ですが、上記店舗では税抜き48,000円となってます。iX500と同じ値段なのかな?
そして、ScanSnap Homeの配布(ダウンロード)も10/12から始まるとのこと。まずはこれを入れてみなければ。





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | - ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ