So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | -

PFUのScanSnap 最新機種 iX1500 は「家電」の仲間入り? ハード・ソフト共に進化してます [ガジェット : 面白いもの色々]

IMAG2214.jpg

★ ScanSnap iX1500とは

先日、ScanSnapユーザーミートアップ に参加して、新発売された ScanSnap iX1500 の話を聞いてきました。
IMAG2212.jpg

PFUさんのスキャナー、私はコンパクトサイズのScanSnap iX100Wを以前から愛用してます。これはこれで便利なのですが、スキャンする量が増えるとさすがに厳しいなと感じてます。なので、まとめでがんがんスキャンできるこのシリーズにも興味があるんですよねぇ。
で、どうしようかなぁとウジウジしているうちに新機種が出てしまったのでした。といっても、前のiX500の登場から既に六年を経過してしまっているそうですが。

ということで、見た目からして大進化。ホワイトボディーになって、オフィスだけではなく、家の中でも馴染む存在になってます。コンパクトサイズのScanSnap iX100Wは既にホワイトカラーもあったんですが、iX500はブラックのみでした。いかにもオフィス用、パソコンの“周辺機器”って感じ。まあ、ブラックもカッコいいですけど、使用シーンまでそれで決められちゃっている感があったのは否めません。
イメージ展示として、ダイニングルームの中に置いてあるって感じのレイアウトシーンが再現されていたんですが、確かにこれならば違和感ないかも。
IMAG2218.jpg


当然ですが、進化の本質はその中身です。いや、操作用のソフトウェアも刷新され、システムとして一つ、独立した存在になったというところでしょうか。これまでが“パソコンの周辺機器”という感じの存在だったスキャナーが、これ一台で大丈夫という、一つの世界を確立した感じです。
それを実現させた三要素が
  1. タッチパネル
  2. 自動化・学習機能
  3. ソフトウェア統合
六年かかっただけあって、大胆に変わりつつ、かゆいところに手が届くような細かい配慮もされています。

まずはタッチパネル。4.3インチ TFTカラータッチパネルが付きました。タッチボタン(アイコン)が並んでいるんですが、自分好みに色々と設定できるのが便利そう。「PDFにして、Dropboxに格納」だとか、「名刺を読み取って、データを管理ソフトにストア」、「スキャンして、料理レシピフォルダーに仕分け」などなど。さらには、オフィスでも家庭でも、複数人で使うことを想定して、それぞれの人用のアイコンを色分け。パパは緑、ママはピンク、僕はブルー、なんてことができる訳です。
もちろん、これまで通りの「お任せスキャン」ボタンもあるので、使い分けができそう。
IMAG2175.jpg


学習・自動化も大進化。
  • スキャンしたファイルに、自動でファイル名設定
  • ファイル名設定の修正学習機能
  • 抽出データの修正アシスト(学習機能)
  • PDFでも、JPEGでも全文検索可能
などなど。

例えば、請求書なんぞをスキャンする時、書面上にある日付やら宛名やらタイトルなどからファイル名を自動的に設定してくれるようになりました。
しかも、何パターンか候補を出してくれるんですが、そこから選んだパターンを学習して、次回からは自分好みの答えを先に出してくれるとか。自動設定だけでも便利なのに、さらに一歩先の機能まで付けて出してくるところがさすがです。
IMAG2182.jpg


PDFファイルから文字情報を抽出して検索可能にしてくれる機能はEvernoteなどにもありますが、JPEG(完全なイメージ情報)からもOCRで文字情報を抽出してインデックスを作ってくれるのはあまり聞いたことがないかも。確かに、スキャンしてOCRってのはスキャナーソフトでできるけど、検索用データまで裏で作っておいてくれるのがミソ。
IMAG2184.jpg


関連ソフトウェアがScanSnap Homeに統合されます。これまでも機能ごとに便利なソフトが用意されていたんですが、数が増えてきてちょっと面倒だなと思ってしまっていたところ。
機能を一つにまとめるだけじゃなく、操作性を統一したり何だりで、たぶんですがほとんど書き直しだったんだろうなと想像します。確かに数年作業だ。
IMAG2188.jpg


しかも太っ腹。既存ユーザーにもScanSnap Homeをライセンス一本分、無償提供してくれるそうです。発売開始日からダウンロード可能とのこと。いやぁ、これは期待。
IMAG2187.jpg


ハードウェアの進化も色々。
20%のスピードアップ。これまでも速いなと思っていたんですが、さらにさらに。
IMAG2192.jpg


地味にうれしいのがこれ。最近、家のWi-Fiルーターも5GHzが主流になってきたし、大歓迎。
IMAG2193.jpg


これも凄いですねぇ。サイズの違う紙(A4サイズの書類、レシート、名刺など)を
IMAG2196.jpg

★ ScanSnapの進化の歴史と今

さて、ユーザーミートアップと言うことで、ちゃんとしたプレゼンもありました。
まずはお馴染みの松本さんによるScanSnapの歴史の話。
IMAG2156.jpg


いやぁ、凄いですね。累計出荷台数が500万台だそうです。確かに、職場でも普通に使っているし、ブロガーさん達にもユーザーは一杯いるみたい。
IMAG2158.jpg


松本さんのお話を要約すると、ScanSnapの進化は“時代分け”は以下の通り。
  • 1st Stage : USBケーブルでパソコンに繋いで使う、“周辺機器”の時代
  • 2nd Stage : Bluetooth接続になり、パソコンだけではなく、スマホやタブレットなどにも繋げるようになった時代
  • 3rd Stage : クラウドサービスと連携し、アナログ(紙)とデジタル(データ)を融合した世界
  • Next Stage : iX1500が作り出す、新たな時代
まさに、世界が広がっていった歴史だったんですね。

ちなみに、現在、オフィシャルな形で連携しているクラウドサービスはこれだけあるそうです。
IMAG2162.jpg


文字通り、最初はパソコンにひもで繋がっていた“周辺機器”だったスキャナー。それが、iX1500が液晶タッチパネルを装備し、クラウドサービスにデータを格納する形で、パソコンはもちろん、スマートフォンも途中で触る必要のない世界が実現した訳です。独り立ちしたんですね、ScanSnap君もついに。。。
IMAG2212.jpg

★ ScanSnapを語る論客たち

メーカーからだけではなく、ユーザー(の代表)から見たiX1500の話もありました。ネットで有名なみなさんによるトークセッションです。登壇者は
  • 青山 順子さん(整理収納アドバイザー)
  • いしたに まさき さん(ブロガー)
  • 高畑 正幸さん(文具王)
  • 堀正 岳さん(ブロガー)
事前にiX1500を試用した経験を踏まえてのお話でした。
IMAG2202.jpg


「筐体がホワイトになったことで、“家電”の仲間入りをした」ですとか、「PDFとJPEGと、気にしないで検索できるのが凄い」とか、「子供用の“ボタン”を作って喜んでもらった。お絵描きしたものを自分だけでスキャンできて、iPadで見られるようになった」などなど、進化したiX1500の魅力を色々と紹介してくれました。
IMAG2209.jpg


結果、「まずは広告通りのパターンで使ってみるべし」。そりゃそうですね。ScanSnap Jp - YouTubeでは各種使い方のイメージが動画になっているので、これを参考にして欲しいとのこと。
ちなみに、このユーザーミートアップの様子も動画になっているみたい。:2018.10.02 ScanSnapユーザーミートアップ - YouTube

★ サードパーティーによる便利な仕組みたち

ScanSnapと連携しているクラウドサービスを提供しているサードパーティーのブースも一杯出ていました。。

まずはEight - 名刺でつながる、ビジネスのためのSNS。私も使っていて、もっぱらスマートフォンで名刺の写真を撮って登録してます。でも、一杯名刺をもらう人はそれじゃやってられないでしょうから、iX1500が強い味方となってくれるでしょう。
今回、ScanSnap Homeで設定すれば、さらに簡単に連携できると言うことで、より便利になりそう。
IMAG2151.jpg


ファイル共有のBoxのブース。家庭でも光ファイバーが普及して、ファイルをクラウドに置いておくことが当たり前になりつつある今、紙のデータもスキャンして“断捨離”しちゃいましょう。
IMAG2152.jpg


BearTail | 社会の北極星によるDr.経費精算 | 全自動入力のクラウド経費精算システムの紹介。最近、ちょこちょこ出張に行っていたので、帰ってきてからの経費精算の面倒臭さに辟易していたところでした。こんなのがあると便利で良いですよね。
凄いのは、レシートを読み込ませると、人力で解読、データ化してくれるのだそうです。確かに、お店の名前がロゴになっちゃっていたりしたらOCRではお手上げだろうし、印刷文字が潰れていたりしたら誤判定されちゃうだろうし。
IMAG2153.jpg


他にもたくさんのサービスが紹介されていました。良い商品(ScanSnap)があると、こうやってそこに連携するサービスがどんどん出てきて、さらに便利な世界ができてくるんですね。

ということで、ScanSnap iX1500PFUダイレクト(PFUが運営するweb オンラインショップです)PFUダイレクト Amazon店PFUダイレクト 楽天市場店などで予約がもうできます。発売開始は2018/10/12。オープン価格ですが、上記店舗では税抜き48,000円となってます。iX500と同じ値段なのかな?
そして、ScanSnap Homeの配布(ダウンロード)も10/12から始まるとのこと。まずはこれを入れてみなければ。





nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

サンワダイレクトの「水に強いビジネスバッグ」ならゲリラ雷雨も怖くないか? [ガジェット : 面白いもの色々]

IMAG1992.jpg

★ サンワダイレクトの「水に強いビジネスバッグ」とは

サンバサダーのモニター企画で、水に強いビジネスバッグ(耐水生地・止水ファスナー・15.6型対応・ショルダーベルト付属) 200-BAG131WPを試用しましたので、感想をご報告。

公式サイトの謳い文句によると、
  • 耐水生地・止水ファスナーで水に強い
  • 15.6型対応
  • ショルダーベルト付属
とのこと。まとめとして「A4対応通勤カバン」とあります。
IMAG1993.jpg

実際、ショルダーベルトを着けて肩にかけてみるとこんな感じ。本体の重量が510gだそうで、確かにこんな感じで持ってみてもとても軽く感じます。手に持っても負担にならない重さといえましょう。
IMAG2231-Edit.jpg

え?時空が歪んでいる?! まあ、メタボな体脂肪の重力によって一時的な空間収縮が起きたのかも知れませんね・・・。

★ 収納性をチェック

サイズは約W405×D120×H300mm、容量は約10Lとのこと。ちなみに“A4サイズ”とは210×297mmなので、このサイズの書類も問題なく入る大きさです。
IMAG1994.jpg

中身&周りのポケット類はこんな感じ。外側のポケットが大きくていいですね。手帳やらスマートフォンやらを入れておいても、さっと取り出せそう。
IMAG1996.jpg


さらにはもう一つ、フライトチケットなどが入れられるポケットが付いているのがグッド。
IMAG1995.jpg


メインエリアはこんな感じ。底が平らになっているので“自立”できるのがいいです。もちろん、外側ポケットにものを入れすぎて重心が偏ってはダメですが。
IMAG1998.jpg


私が通勤時に持ち運んでいるのはこんなものたち。ノートPCがメインで、あとは財布やらタブレットやらKindleやらなんやらかんやら。
雨が降りそうだと、これに折りたたみ傘がプラスされます。
IMAG2042.jpg


実際に入れてみたところ、余裕で収まりました。財布やペンなどは内側ポケットに収められるので、意外とスッキリ。
ここで一点だけ引っかかったのは外ポケットのペン入れ部分。もうちょっと幅が欲しかったな。LAMYのサファリ(万年筆)を入れたらピチピチ。もっと太めのペンだと入らないでしょう。
とは言え、収納力に関しては日々の通勤に全く問題ありません。
IMAG2048.jpg

★ 本当に「水に強い」のか、試してみた

ものは試し、実験をしてみました。さすがにノートPCを入れたままだと不安もあったし、結果が分かりやすいと思い、紙(キッチンペーパー)を丸めて入れてみました。
IMAG2233.jpg


この状態で、ファスナー部分にも当たるように水をジャバジャバ。
IMAG2235.jpg


結果はこんな感じ。写真だと分かるでしょうか。中に入れたキッチンペーパーは全く濡れていませんでした。
IMAG2238.jpg

これは心強いですね。地球温暖化のせいか、異常気象が“日常化”しちゃっている昨今。ゲリラ豪雨や“猛烈な勢い”の台風など、傘を差していてもびしょ濡れになることがしばしば。以前、ゲリラ豪雨にやられてカバンの中まで水が入り、お気に入りだった革製財布などが無残な姿になってしまった経験があります。なので、このカバンの耐水性は気に入りました。これなら安心です。
IMAG2241.jpg

★ 要望

とは言え、世の中、完璧なものはなかなか存在しません。このバッグにもいくつか“要望”が出てきました。

ノートパソコン用の仕切りが欲しい。宣伝文句通り、15インチサイズのノートPCが楽に入り、サイズとしては全く問題ありません。ただ、メインの格納ブロック内には小さなポケットはあるものの、仕切りがありません。そのため、ノートPCと付属品(マウスやAC電源など)を混在して入れることになります。となると、どうしても付属品類とパソコンがぶつかり合って傷がつく心配が。何日か通勤に使いましたが、その程度では大丈夫でした。でも、ちょっと心配。仕切りが欲しいところです。
まあ、ノートPC用のバッグ・イン・バッグを使えば良いのですが。
IMAG2046.jpg


キャリーバッグのハンドル部分に固定できる帯(?)も欲しいかな。日常の通勤には必要ないですが、出張の際にキャリーバッグを使う時、あると便利。このバッグは外側にポケットがいくつかあるので、出張の移動時にチケットやパスポートを入れておくこともでき、その点は良さそうです。となると、やっぱりキャリーバッグにくっつけて持ち運びをしたい、となるでしょう。
IMAG2002.jpg


この二点を叶えると、どの程度、値段が上がってしまうのか分かりませんが、元々がそんなに高くない(税込2,980円なり)ので、あと500円くらいは足しても許せるかな。是非、ご検討を。


ということで、いくつか要望点はあるものの、耐水性の点でこれは“買い”だと思いました。水に強いビジネスバッグ(耐水生地・止水ファスナー・15.6型対応・ショルダーベルト付属) 200-BAG131WP、悪くないです。



sambassador_card_blgr.png








nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

マウスコンピュータのアフターサービス体験 宣伝に偽りなしだった [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20180302_100539.jpg


写真仲間の一人がマウスコンピュータで買ったパソコンのアフターサービスを受けた話です。
マウスコンピューター/G-Tune

★ マウスコンピュータとは

乃木坂46のメンバーがネズミに扮して「マウス♪ マウス♪ パソコン買うなら~♪」と歌うCMでお馴染みのマウスコンピュータ。国内生産にこだわっていながら、値段もそこそこに抑えて、いわゆるコストパフォーマンスの良いパソコンを提供しているメーカーです。普通のパソコンはもちろん、G-Tune - ハイスペック ゲーミングPCや、クリエイター向けブランド 「DAIV」など、用途にこだわりのあるパソコンのラインナップも充実しているのが特徴でしょうか。

もう一つの特徴が「アフターサポート」。乃木坂46マウスが「24時間サポートしてマウス♪ 深夜2時でも待ってマウス♪」と歌っていたように、
 24時間365日サポート、96時間以内で修理
と、公式サイトにも書いてあります。
アフターサポート.png

これは凄いですね。もちろん、パソコンメーカーならばどこでもサポート体制はあるものの、正直、その“充実度”、“満足度”は一様ではありません。ヘルプデスクに電話をかけてもなかなか通じない、なんてことは誰しも経験があるのではないでしょうか。
なので、マウスコンピュータのこの宣伝文句も本当なのかな?と漠然とした疑問を抱いていたのでした。

★ 電話がすぐに繋がって、サクッと解決

そんな疑問を払拭してくれる話があったのでご紹介。冒頭にも書いたように、写真仲間で、写真や動画の編集にマウスコンピュータのDAIVシリーズを使っている知人がいます。まあ、私が薦めたのがきっかけで購入したのですが。
そのDAIV君、写真の編集や動画作成(知人はタイムラプス機能を使った星空の撮影なんぞをしているんです)に活躍しているのですが、ある時、旧に電源が入らなくなったそうです。電源スイッチを入れても、本体は動いているっぽいけど、ディスプレイの画面は真っ暗なまま。困った知人、まずは“推薦者”の私にメールしてきました。
さて、メールをもらったものの、これだけの情報だとさすがに対処方法も分かりません。こういうのって、実際に見てみないとなんともしようがない。もしかしたら、ディスプレイの電源ケーブルが抜けているだけだったりなんてこともあるし、ソフトウェアの設定かも知れないし、マウス。。。いや、本物のネズミがケーブルを囓っちゃったかも知れない。どうにも手が出せません。なので、直接的なアドバイスはできず、「マウスコンピュータに電話してみたら?」とだけ返信したのでありました。
で、すぐにマウスコンピュータに連絡した知人。以下、その様子です。
サポートセンターは直ぐ繋がります的に書いてあったけど、せっかちな私には少し待ったような印象。
男性の方が出て特別親切っというよりも、ごく普通のサポートセンターの人って感じでしたかね。逆に、淡々としてる感じが良かった。
その後、”アンケート協力のお願い”ってメールが送られてきました。これもアフターフォローの一つなのかもしれません。

実際の対応ですが、
 ・本体とモニターを接続するコードを両方抜いてからもう一度差し込む。
 ・電源を強制終了して、もう一度電源オン。
 ・通常通り動きだして、無事解決。
あんな感じに強制終了しても良いものかとビックリしたけど、再度起こった時の為に「大丈夫なの?」と質問したらOKとのこと。

てな感じだったそうです。
ディスプレイコードが緩んでいたか、帯電でもしてしまっていたのかな。いずれにせよ、その後は順調に使えているそうなので、無事、トラブルは解決したのでしょう。
サポートセンターではこういうトラブルとその対応法のパターンがノウハウとして貯められているんでしょうね。
そして何よりもすぐに繋がったのが優秀。パソコンではないですが、何度電話しても繋がらないなんて経験を持っている私からしたらこれはもう“合格”でしょう。

ということで、マウスコンピュータは安いだけじゃなく、サポートもちゃんとしているというのが分かったのでありました。私もマウスコンピュータのG-Tuneを使っているので、安心して使い続けられそう。
マウスコンピューター/G-Tune








nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | - ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ