So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ
前の3件 | -

audiobook CLUB Meet UPに参加 オーディオブック製作秘話を聴いてきました [イベント]

IMG_20190517_192348.jpg

★ audiobook.jpとは

私のもう一つのブログ Bunjin's Books Reviews | 文人文庫からおすすめの一冊をご紹介の中の記事「オーディオブックという読書スタイル」でも書いていますが、オーディオブック配信サービス - audiobook.jpは、Amazonジャパンが国内でAudibleを開始する以前から日本語のオーディオブック販売をしている“老舗”。運営会社の株式会社オトバンクは2004年設立。
以前は“Febe”というサービス名でオーディオブック配信・販売していましたが、数年前(いつでしたっけ?)にサイトをリニューアルするとともに、名前も変更。今は日本最大級!オーディオブックなら - audiobook.jpとして展開しています。

読書好きだった創業者。目を患って思うように読書を楽しめなくなったとか。その後、自分と同じような人にも“読書の楽しみ”をと、会社を興してオーディオブック製作を始めたそうです。創業当初は売上0。それでもがんばって今に至ったのでありました。

そんなオトバンクさんが今回、第一回目のユーザーイベント“audiobook CLUB Meet UP”を開催するというので、参加してきたのでありました。

★ オーディオブック製作秘話を聴く

イベントは、登壇者お二方によるトークセッションでした。
右がオトバンク代表取締役 社長 久保田裕也さん。左がユーザー代表として登壇した鳥井弘文(@hirofumi21)さん
IMG_5207.jpg

鳥井さんは普通の本を読むのが苦手なのだそうですが、オーディオブックなら自分でも読書を楽しめると気付き、以来、ヘビーユーザーとなったそうです。

社長さんは“平社員”として、売上0円の時代に入社し、当時は本当に苦労したとか。日本でオーディオブックを専門にしている会社はなかったため、ノウハウなどは全くなし。手探りでオーディオブック製作を進めていったのでした。
専用スタジオも、最初は電話ボックス程度の大きさ。それを社内に設置して録音していたそうです。と言っても、プロのナレーター、アナウンサーは高額のため雇えず、知り合いの声優見習いみたいな人にお願いしていたそうです。大学時代のゼミの仲間、なんて人だったようです。
そんな感じで、初期はビジネス書や語学ものが主。これならばナレーターが一人でも問題なかったのも要因の一つ。その後、文芸作品を扱うようになると、ラジオドラマのように声優さんを何人も使って作品造りをしていくようになります。でも、これはこれで段取りがとても大変だったとか。社長さん曰く、「小さな映画を撮っているようなもの。映画製作と同様の大変さがあった」。
なかでも、「海賊とよばれた男」は登場人物(つまりはそれを演じる声優さん)の数がものすごく、過去最高に大変だったんだそうですよ。そう言われると読みたく、いや、聴きたくなります。

オーディオブックは、録音も上記の通りに大変ですが、さらには権利関係の処理も輪をかけて大変な仕事だそうです。社長さんはずっとその辺りの仕事に当たっていたそうですが、その本の作家はもちろん、出版社に声優さん、そしてそのじむしょなどなど、あっちゃこっちゃの“調整”をして駆けずり回る状態。いや、厳しそうな仕事です。

そうやって、文字通りゼロからノウハウを確立していき、今の地位に昇ったのでありました。社長さん、見た目はひ弱そうだけど、かなりパワフルな人なんですね。

★ ユーザーとしての注文

私自身のオーディオブック遍歴を振り返ると、現在はAmazonの子会社になっているAudible(日本でもサービスインしてますね)が独立した会社だった頃から、英語の“本”を購入してました。その後、日本でもFeBeってサービスがあるのを知り、そこから現在までぼちぼち利用している次第。
audiobook(FeBe)で最初に買ったのは、2013年に購入した小川未明の「赤いろうそくと人魚」。もっとも最近なのは、中村文則の「教団X」です。後者はまだ聴いてないけど。
ほかにも一杯あるけど、ブログで紹介しているのはなどなど。
文芸ものを中心に、色々と読んでます(聴いてます)。

ということで、オトバンクさん(audiobook.jp)に注文としては、複数声優さんを使わないでも良いので(一人のナレーターによる朗読で良いので)文芸作品をもっと出して欲しいな。例えば、青空文庫で出ている奴ぜんぶ、とか。
もしくは、権利関係が難しいのかも知れないけど、新刊発売と同時発売だとか。米国のAudibleだと、売れている(?)作家さんの作品は、紙の本と同時にオーディオブックも発売されるケースが多いのが羨ましいなと思っているので。

と言いつつ、まだまだ普及させ、認知度を高めないと厳しいですよね。私もボチボチ購入しますので、がんばってくださいませ。







nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「デル アンバサダー2周年記念 サンクスパーティー」に参加 ノートPCで映画っていいよね [イベント]

IMAG3407.jpg

★ 各ゾーン紹介

デル アンバサダー1周年記念サンクスパーティーに参加」で紹介した一周年記念からさらに一年たったんですね。アンバサダーの制度を作ってもなかなか継続できない企業もある中、二年間続いていて、そしてこんなイベントを毎年開催するなんて、DELLさんの気合いを感じます。

ということで、「デル アンバサダー2周年記念 サンクスパーティー」に参加してきました。
日頃、仕事の場ではDELLのノートPCを使ってますが、個人でもNew XPS13_9370(2018/1/26発売)が良いなぁと思っているのでありました。今回も実物を見て、うむやっぱり。。。と改めて物欲フツフツ。

さて、サンクスパーティーではデル アンバサダーを代表して何人かのみなさんが登壇。日頃の“活動”を報告されていました。New XPS13で映画三昧の生活をしてみたり、ゲームパソコンのAlienwareでVRや写真現像などをしてみたりと、それぞれの生活の中でDELL製品を使っている様子が楽しげでしたよ。

そしてパーティー会場にはもちろん、DELLの製品がずらり。三つのブースに分かれて紹介されていました。
その一つが“FLAGSHIP PRODUCT ZONE”。DELLを代表する製品が紹介されています。
IMAG3413.jpg


こちらはNew XPS13で使われているカメラモジュール達。ちょっと分かりにくいですが、歴代のモジュールだそうで、どんどん小さくなっていってます。そして最新版はレンズが2mmなのかな。そしてモジュール自体もワンコイン サイズ。そうそう。小型化のお蔭かどうか分かりませんが、最新のXPSではカメラの位置がディスプレイの上側になりました。以前の機種はディスプレイの下側にあって、ネットミーティングで使う時など下から顔を見上げるアングルになってしまうのが残念だったんです。それが新カメラモジュールのお蔭で、正面から顔を撮れるようになった次第。これ、かなり多くの要望が上がっていたみたいですよ。
IMAG3415.jpg


新たに開発したグラスファイバー素材を筐体に使用しているので、さらに軽量化されているのもグッド。ノートPCは持ち運ぶことが多いので、ちょっとでも軽いのはうれしいですよ。
IMAG3416.jpg


こちらは【Dell】Dell デジタルハイエンドシリーズ U4919DW 49インチワイド曲面モニタ-。これ、定価では150,000円しちゃうんですが、かなり良さそう。欲しいなぁと思っちゃいましたよ。27インチのディスプレイが継ぎ目なく、二つ繋がっているという感じです。
我が家でも二代のディスプレイを並べて使っているんですが、やはり間の“継ぎ目”が気になることが多く、このディスプレイならばそんなストレスもなく使えるのがいい。
IMAG3387.jpg


裏側はこんな感じ。USB-CでノートPCに繋げられるとともに、給電もできちゃうとのこと。
IMAG3389.jpg


いやぁ、迫力ありますね。目の前にこのディスプレイを置いたら、まさに画面の中に引き込まれそう。
IMAG3390.jpg



こちらはAlienwareでお馴染みのGAMING ZONE。
IMAG3418.jpg


こちらにも三面ディスプレイがありましたよ。しかもこれに対応しているゲームソフトだと、こんな風な画面に。レーシングゲームですけど、左右のディスプレイには流れ去る景色が映し出されていて、ドライブしている感じがリアル。

IMAG3393.jpg

ALIENWARE AREA-51(R5)はとてもユニークなスタイル。エリア51に飛んできたのか、そこから発掘されたのか。謎の(?)PCですな。
IMAG3395.jpg


ゲーミングノートPCを運ぶためのバッグも何種類か展示されていました。いやぁ、厳つい!
IMAG3400.jpg


リュックタイプの中はこんな感じ。作りも頑丈そう。eSportsの選手達はこんなバッグを担いで試合に臨むのでしょうか。
IMAG3404.jpg


NEW ALIENWARE AREA-51Mは、ゲーミングパソコンには珍しく、カラーバリエーションとしてダークサイド オブ ザ ムーン(ま、黒のことですね)とルナライト(白ですよ、簡単に言えば)が揃ってます。オシャレ度、かなり高いのではないでしょうか。
IMAG3422.jpg

★ XPSでシネマ

最期はDELL CINEMA ZONE。DELLのノートPCで映画を楽しもう。DELLのノートPCは映画をより楽しく観るために、映像も鮮明に、音響にも拘り、さらにはストリーミング動画もストレスなく(カクカクすることなく)再生できるように機能・性能アップされているのでした。

最近、出張でホテル住まいが多くなっているんですが、そんな時にこのノートPCがあればなぁと思う次第。
普段、家にいる時も映像はパソコンで観ることがほとんどなんですが、いいですよ、一人でのめり込める感がああって。しかも、それがこんな風に画もきれいで音も良ければなおさら。
IMAG3409.jpg


New XPS15 2-in-1New Inspiron 15 3000などが展示・紹介されていました。
IMAG3406.jpg


音への拘りがこちら。公式サイトでも「デル 音へのこだわり - WAVES MaxxAudio[レジスタードトレードマーク] Pro | Dell 日本」のページで紹介されているように、3Dサラウンド機能が充実。最新版ではカメラでユーザーの頭の位置・姿勢を認識して、横を向くと音の聞こえる方向もそれに合わせて変えてくれるというもの。ヘッドセットを付けてのデモが行われていましたが、追従性も良くグッド。これと、上記で紹介した横長ディスプレイを使ったら、かなりのリアル感が得られそう。
IMAG3408.jpg


デモに使われていたのはゲーミング用のヘッドセット。見た目はごっついけど、装着感は良かったな。これならば長時間付けっぱなしでも負担にならなそう。
IMAG3427.jpg

★ パーティー、パーティ!

さてさて、今回のイベントは「サンクスパーティー」と銘打っているだけあって、会場は六本木ヒルズのお隣の六本木の高級ホテル・レストラン | グランドハイアット東京と豪華。華やかなパーティでしたよ。
IMG_20190301_190418.jpg


ウェルカムドリンク。オシャレすぎです。折角なので一杯、いただきました。おじさんにはちょいと甘すぎたけど、ブルーベリーは美味しかったな。
IMG_20190301_190454_1.jpg


立食式で、食べ物もオシャレ。そして、どれも美味なり。チーズが色んな種類があってグッド、グッド。
IMAG3430.jpg


デザートもこんな感じ。ちゃんと記念のプレートが載っていて、手が込んでいます。
IMAG3429.jpg


生バンドも登場。みなさん、DELLのPCを使って音源操作してました。さすがですね。
IMAG3433.jpg


二時間程度のパーティでしたが、あっという間。今回も楽しませてもらいました。そしてデルアンバサダー、二周年おめでとうございます。
私も活動、ボチボチ頑張らねば。うむ、new XPSをお借りして“DELL CINEMA”三昧したいな。貸し出しイベントに期待!







nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

「2018国際ウエルディングショー」で 溶接技術の最先端に触れる [PR] [イベント]

ホームページ.jpg


ブログスカウトの掲載企画でこの記事を書いています。

★ 国際ウエルディングショー とは

東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される展示会・見本市には、公私ともにちょこちょこ行きます。例えば国際ブックフェアだとか。でも、2018国際ウエルディングショーのことは全く知りませんでした。
そもそも、“ウエルディングって何?”というレベルからなのですが、つまりはこれ、「溶接」のこと。一般に、金属と金属とを溶かして圧着し、溶融・一体化させること。Wikipediaによると(溶接 - Wikipedia)、古くは銅鐸の製造にも用いられた技術なのだとか。となると、二千年近い歴史があるんですね。

そんなウエルディング技術や関連製品の展示会・見本市が2018国際ウエルディングショー。とりあえず開催概要を先に書いておくと、
  • 会期:2018/04/25(Wed) - 28(Sat)
  • 開催時間:10:00~17:00 (最終日4/28は16:00まで)
  • 会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
  • テーマ:「溶接接合技術がつなぐ ものづくりと人づくり」
    世界の三大ウエルディングショーのひとつとして、溶接・接合技術ならびに関連分野における最新の製品と先端溶接加工システム技術を一堂に結集し、商取引や技術習得、内外交流の場として活用するわが国最大の溶接・接合展示会。
  • 入場料:1,500円 (団体・学生500円)事前登録により無料
  • 公式ホームページ:2018国際ウエルディングショー
となっています。
東ホールの1~3を使って、二百社以上がブースを出すそうなので、かなり大がかり。
floor_map_2018_jpn.jpg


もちろん、講演会・セミナーの類も色々。流石にこちらはビジネス用途ということで値段的に気軽には参加できませんが、なかなか面白そう。
色々あるけど、気になったのはこれ、「非破壊検査フォーラム」。溶接の難しいところは、ちゃんとくっついているかのチェック。見た目ではちゃんとしていても、内部では一体化が不充分でポロッととれちゃったなんてことも。でも、中を見る==壊すことになっちゃう訳で、それでは意味がない。なので“非破壊検査”になる訳ですね。最先端技術の検査方法ってどんなものなのでしょうか。人間というか、炭素や水でできているものならばMRIなんぞで中を見られるでしょうが、金属となると難しそう。ちょっと聴いてみたいな、このフォーラム。
非破壊検査フォーラム.png


大昔に観た映画「チャイナ・シンドローム」は原発事故の話だったんですが、その事故の原因が手抜き工事。あれも、溶接がちゃんとされていなかった、いや、検査をごまかしてしていなかったと言うような筋書きだったと記憶しています(違ったらごめんなさい)。検査って大事だなとその時に思ったのだけは覚えてます。

★ ウエルディング(溶接)の今

溶接というと、火花を散らして金属同士をくっつけるというイメージなのですが、最近はセラミックをくっつけたりもできるのだそうです。どういう仕組みなのかサッパリ分かりませんが、新たな素材が生まれてくるんだなということは期待できるでしょう。
ウエルディング女子の未来は明るい。
weldingshow_001.JPG


展示品には工作用(溶接用)ロボットも多数。出展社リストを見ると、会社名のところに「実演あり」マークが一杯。会場では数々のロボットが唸りを上げているのでしょう。いや、最近は静音性も重視されているだろうから、すーっ、すーっとスムーズに、静かに動くロボットたちが見られるのかも。
もちろん、匠の技ってのはあるでしょうし、きっちりと伝承されていっているのでしょう。そんなノウハウがあってのロボットですからね。逆に言えば、ロボットに教えられるくらいの技術を人がその手に持っているんだということですから。
weldingshow_002.JPG

★ なんか、面白そう

出展社リストを見ているとなんか面白そうな品物も出てきます。

これはカッターの刃(ヤスリになっているのかな)ですが、ネーミングがすごい。「雷鳥」だの「つるぎ」だの、これはどこから来るのでしょうか。つるぎは剱岳のことかな?とすると、どちらも北アルプスに関係あり。それとウエルディングとの関係は依然として謎ですが・・・。
X1135_01.jpg


ファンを内蔵した作業着や、溶接時に飛び散る金属粒子(スパッタ)が接着部ではない箇所にくっついてしまうのを防止するスプレー(「霧美人」って名前だそうで)など。
確かに、高熱下での溶接作業には冷却は重要だし、ゴミ(スパッタ)が周りにくっついてしまったら、あとからとるのは大変そう。重要なポイントでしょう。
X1003_01.jpg


それにしても、この手の商品のネーミングで“独特”なのが多いですね。小さな会社だと社長さんの趣味だったりするんでしょうか。他にどんなのがあるか聞いてみたい気がします。

自分の専門や仕事と直接関係ないものがテーマの展示会・見本市も面白いものですね。思わぬ発見がありそう。









nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース
前の3件 | - イベント ブログトップ