So-net無料ブログ作成

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」 [映画の感想]

IMG_20181216_144252.jpg

★ あらすじ

黒い魔法使いのグリンデルバルドは(人間との混血を嫌う)純血主義を訴えて、魔法使いの世界で過激な活動を繰り広げてアメリカの監獄に送り込まれていた。だが、ヨーロッパに移送される時、まんまと逃げ出してしまう。そして、パリの街で仲間を募っていった。彼は、純血の魔法使いが、混血や人間を支配し、奴隷化する世界を画策していたのだ。

主人公のニュート・スキャマンダーは、魔法動物を愛する、ホグワーツ魔法魔術学校の卒業生。若き日のダンブルドア校長からの評価も高く、信頼される生徒・卒業生だ。
そんなニュートには兄がいて、ヨーロッパの魔法省で闇払い(警察・公安のような組織・役割)として務めていた。ニュート自体も誘われているのだが、自由を好み、魔法動物の探求にしか興味のない彼は兄と今ひとつ上手くいっていない。グリンデルバルドの追跡を依頼されても、「どちらの側(魔法使い純血派と、融和派)にもつく気がない」として断ってしまったのだ。

だが、そんな間にもグリンデルバルドは着々と勢力を伸ばしていき、さらにはパリに残る魔法使いの純血を貫く家系の末裔を探し出すべく暗躍していた。そして、ニュートの周りの人々も否応なしにこの争いに巻き込まれていってしまうのだ。そしてニュート自体にも影響が。

そんな時、ダンブルドアからニュートに対してある“依頼”が為されたのだ。。。

★ キャスト&スタッフ

  • 出演 :Johnny Depp, Jude Law, Eddie Redmayne, Zoë Kravitz, Dan Fogler, Katherine Waterston, Alison Sudol
  • 監督 : David Yates
  • 脚本 : J.K. Rowling
  • 音楽 : James Newton Howard

★ 感想

ハリー・ポッターのオリジナルシリーズの世界・時代を遡ること数十年。“人間世界”でいうと両大戦間の時代のようだ。世紀末の繁栄の雰囲気を残すパリや、遅れて文化的爛熟状態を迎える他のヨーロッパの国々。そんな世界を舞台に、いや、その舞台裏で繰り広げられるもう一つの世界大戦の予感。魔法使いの世界もなかなか騒々しいようだ。

魔法動物の探求者が主人公なので、一作目の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は不思議生物が一杯の楽しい作品だった。でも、二作目になって早くも(?)ハリー・ポッターのダークな雰囲気に飲み込まれた感じ。全体的に画が暗めなのがいかにも、と言える。
魔法動物自体も、その価値を低く見られた存在として描かれているし、さらには今回の作品で“人種差別”がそれに加わり、生物多様性だの、差別だのが魔法の世界を借りて語られている構図だ。どこぞの大学では、法律を学ぶのにハリー・ポッターの世界を題材にしているそうだが、確かに分かり易い構図は“モデルケース”として良さそう。まさに大人も子供も楽しめる作品だ。

ジョニー・デップも渋いし、ジュード・ロウはカッコいいし、見どころ一杯。さらには今回は題名通り、「黒い魔法使い」が登場する回。いいところで終わってしまっているので、シリーズのファンとしてはもう次回作が待ちきれない状態。面白かった。

★ 公開情報


★ 原作本


Omni7
honto




映画(全般) ブログランキングへ




nice!(9)  コメント(0) 

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント