So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「ホリケン演劇の会 第五回公演 ラヴ戦争」を最前列の席で堪能。能條愛未さんの歌もグッド [演劇の感想]

ラヴ戦争.png

★ あらすじ

堀内健の頭の中に浮かんだ物語を再現した演劇の五回目。前回の「堀内夜明けの会」から、なぜか今回は「ホリケン演劇の会」になっているが、コンセプトは一緒。

ケイオウ高校に通う 岡本茶太郎(加藤歩)は、鳩の言葉が分かる祖母から「自分が死んだら会社を茶太郎に任せる。そのために、「ラヴ学園スクール」に転校しろ」と言われる。
祖母の言葉に従ってラヴ学園スクールに転校した茶太郎。その学校は、”ラヴ”が教えの中心と唱える校長(出川哲朗)、"Let's Start"とすぐに叫ぶ熱血教師(堀内健)、怪しげな保健医(先生?)(真飛聖)、そして癖のある生徒たち(能條愛未、伊藤修子ら)が日々、騒がしく学園生活を送っていた。

茶太郎は、初めて見た時から同級生の木原ソラ子(能條愛未)を好きになってしまった。だが、ソラ子はハーバード大学合格を目指していて、茶太郎には振り向きもしない。
そんなこんなでクラスのメンバーにも馴染んできた茶太郎。すると、ただ楽しく騒いでいただけのクラスメートたちが、実はそれぞれに問題を抱えていて、それでこの学校に入ったのだと知るのだ。湯ヶ原J太郎(THE石原)は幼少期、イノシシ(?)に育てられた過去を持ち、言葉が旨く喋られない?! 間事マジ夫(ブリリアン ダイキ)はリーゼントで決めているものの、実はいじめられっ子だった。

だが、過去を隠し、自分を偽っていたのは生徒たちだけではなかった。先生たちも、そして茶太郎も実は・・・。
***********
と、真面目に粗筋を書きましたが、例によって(?)意味不明なシーンや設定も一杯。余り深く考えずに楽しみましょう。

★ キャスト&スタッフ

  • 出演 : 堀内健、出川哲朗、能條 愛未(乃木坂46)、伊藤修子、THE石原、近藤頌利(劇団Patch)、加藤歩(ザブングル)、コージ(ブリリアン)、ダイキ(ブリリアン)、真飛聖
  • 演出 : 村上大樹
  • 脚本 : 堀内健、村上大樹
  • 音楽 : 楠瀬拓哉、伊真吾

★ 感想

前回の「堀内夜あけの会 未来のファンタジー」に続いて、今年も観に行ってしまいました。私だけではなく、奥さんも気に入ってしまったのでありました。なにせ、地元の本多劇場でやっているので観に行き易いし、乃木坂46能條 愛未さんも出演しているし、行かない理由がない。

今回、なんと最前列のほぼ真ん中の席で観劇。ホリケンさんのドーナツが飛んでくるんじゃないかと心配になるくらい(ドーナツ食べたあと、吹き出しながらセリフを・・・)。まさに砂かぶり状態。迫力ありました。そんな間近だったからか、二回目で慣れたからか、今回はストーリーもまあまあ理解できたし、ここはアドリブコーナーなんだなと言う場面も分かったし、余裕を持って(?)楽しめました。いやぁ、笑った、笑った。出川哲朗さんは、舞台にいるだけで笑えるくらいの存在感。ホリケンさんも迫力の演技でぐいぐい来る感じ。また、能條 愛未さんの歌のうまさも堪能。元タカラジェンヌの真飛聖さんと「ラヴ学園スクール 校歌」を歌い上げるシーンがあったんですが、いい声していたな。何せ最前列の席なので、間近で聴き入ってしまいました。
そうそう。能條 愛未さん、瞳の色素が薄いのかな。なんとも魅力的な目をしている人でした。歌も良かったけど、その目に引き込まれる感じ。でも、「死にかけの蝉」の芝居はもう少し研究が必要かも?!(アドリブコーナーでの一コマ)。

家から本多劇場に歩いて行くまでに汗だくになるほどの猛暑でしたが、大いに笑って暑気払いで来た感じでしたよ。楽しかった。もう、「次回が楽しみ」って感じ。
DVDがでるらしいので、どうしようかな。

★ 公開情報


★ BD/DVD





映画(全般) ブログランキングへ




nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント