So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「世界報道写真展2018」 子供たちの涙はもう観たくないのだが・・・ [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG0787.jpg

東京都写真美術館で「世界報道写真展2018」を観てきました。

★ 展示内容

世界報道写真展はWorld Press Photo (世界報道写真財団)によって行われるコンテストの入選作品を集めた写真展です。その名の通り、報道写真を対象にしたコンテストで、前年(2017年)に撮られた作品が中心となっています。八つの部門が設けられ、それぞれに単品作品・組み作品から選ばれるのです。その全ての作品の中で一点、大賞も選ばれます。今年の部門は以下の通り。
  • 現代社会の問題
  • 一般ニュース
  • 長期取材
  • 自然
  • 人々
  • スポーツ
  • スポットニュース
  • 環境

応募総数73,044点(4,548人からの応募)から選ばれた大賞作品は、ベネズエラのRonaldo Schemidtによるスポットニュースの部にエントリーされた作品。ポスターになっている一枚です。ベネズエラの首都カラカス、大統領に対する抗議デモの際に起きた事件(事故?)。警備隊のオートバイが爆発し、全身を炎に包まれてしまったデモ参加者の姿を捉えています。
映画だとこんなシーンはよくありますが、これは本物。よくぞこんな瞬間を、しかも目の前で起きている衝撃的なシーンを撮影できたな、と驚くばかり。

一般ニュースの部ではロヒンギャ難民に関する作品が何点も入賞。
正直、子どもの涙はもう見たくないのだけれど、難民問題はあちらこちらで起きていて、世界は何も変わらない・変われないと空しくなってしまう。
カメラマンの乗っている車両を囲むように難民たちが集まり、子供たちが手を伸ばして物資供給を懇願している。涙目のその顔から視線を逸らすことができなくなる。げっそりと痩せた家族。生気を失ったその表情が、彼らの過酷な状態を語っている。

人々の部では、スウェーデンのカメラマンが撮った「生存放棄症候群」の少女たちの写真が入賞していた。この“病気”、初めて知りました。トラウマからか、うつ病なのか、死んだように眠り続ける病気なのだそうだ。
二人の少女が眠っている姿。とても静かなシーンなのだが、そんな病気だと知って見返してみると恐ろしくなる。原因も不明で、もちろん治療法もない。明日は我が身か。

環境の部では、ゴミ問題を取り上げた作品があった。いくつかの国で取材をし、それぞれでゴミの収集や分別、リサイクルがどんな感じなのかを紹介している。と言っても、説明口調ではなく、ゴミ収集車での回収の様子や、東京で撮られたものはリサイクル業者に運ばれてきたゴミ(リサイクル資源)を荷下ろししている様子だ。それだけでも、各国での対応・対策の違いが良くわかる。

★ 感想

ロヒンギャ難民の問題は未だによくわからない。基本的に、宗教対立は“ピンとこない”というのが本音だ。だが、問題が深刻であることはこれらの作品を見るだけで理解できる。
追い立てられ、村から逃げだした家族が、自分たちの村が燃えている(燃やされている)のを遠くから見ている。徹底的な他者排斥と、暮らす場所を無くして“難民”となった瞬間と、その一枚から読み取れる。

ISIS(イスラム国)による人間の盾や、ボコ・ハラムによる女学生集団拉致。ラテンアメリカでは麻薬組織による殺人が横行。アメリカでは銃乱射。毎年、報道写真展を観たあとの感想で書いている気がするが、人は変わらない、歴史は繰り返す、争いはなくならない、と、世の中に対する諦めムードになってしまう。この企画展を年に一回観るのは苦行・荒行のようなものかもしれない。

アメリカの極右団体やそのメンバーを撮った作品が自分の中では重かった。もちろん、言論表現の自由はある。自分を守ることが大事、と言う考え方も理解できるし、私もそう思う。でも、だからと言って他者より自分(たち)が無条件に優れている・上の存在であるとの考えはいかがなものか。それこそDNAを調べたら純血・純粋系統の人なんていないだろうに。
だが、彼らは何かを信じて銃を手に我が道を行く。色んな問題が解決できないはずだ。


環境の部で入賞していた作品の、岩から岩へと飛び移る瞬間のイワトビペンギンの姿が唯一の救いだった。
IMG_20180610_095510.jpg

★ 写真展情報

「世界報道写真展2018」は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2018/6/9(Sat) - 8/5(Sun)
  • 開館時間 : 10:00 - 18:00
  • 休館日: 月曜日(7/16(Mon)は開館、7/17(Tue)は休館)
  • 料金 : 一般800円 学生 600円 中高生・65歳以上 400円 小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
  • 公式サイト : 世界報道写真展2018
  • 巡回
  • 参考書 : World Press Photo 2018






nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 8

コメント 2

JUNKO

ポスターの写真が今の世界を反映していますね。楽しい報道が影を潜めて凄惨な出来事が報道される毎日、写真は正直に伝えていますね。
by JUNKO (2018-06-11 20:11) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
日本は安全かと思えば、そうでもないし。。。

写真の伝える力、本当にすごいなと思います。
by ぶんじん (2018-06-12 00:03) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント