So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

DELL New XPS 13を試す : 映画・動画を観るのにピッタリ。DELL CINEMA、いいね [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20180519_144506.jpg

★ DELL New XPS 13とは

デル アンバサダー1周年記念サンクスパーティーに参加」の記事で紹介したNew XPS13を試用する機会を得ましたので、実際に触って・使ってみてのご報告。

前のバージョンのXPS 13(2-in-1タイプ)は「DELL XPS 13 2-in-1 を試す。 これ一台で、オフィスでもカフェでもストレスフリーに使えそう」で試用した様子を紹介しています。新機種では何が変わったのでしょうか。
DELLのマシーンですから、ノートでも色々とカスタマイズできます。なので、スペックの詳細はサイトを見てください。
以下、公式サイトの情報から。

一番の特徴は「DELL CINEMA」と名づけられた映像システム。ダイナミックレンジが広くなり、鮮明な映像再現が可能に。また、Wireless接続でも通信パケットの種類を感知し、映像や音楽が途切れなく再生できるようになってます。
ディスプレイ周りのフレーム幅も細くなり、見た目にも画面が広がってます。もちろん、800M Pixelの4K Ultra HD解像度ですし、輝度も高くて細部までくっきり見えるのでした。
つまりは、映画を観るのに最適なマシーンと言うこと。

ボディーはグラスファイバー素材とアルミを使い、丈夫で、汚れにも強い仕様に。持ち歩いて使うことを前提にしたマシーンですから重要ですね。

★ 外観チェック

グラスファイバー素材で、網目状の模様が付いていてお洒落な仕上がりになっています。キーを打つときはここに手のひらを乗せる訳ですが、フィット感もいい感じ。変に冷たかったり熱かったりしないのがいい。
IMAG0646.jpg


“DELL”のロゴの下に二つあるのは赤外線カメラ。この内蔵カメラはWindows Hello対応。試しにSkypeの設定をしてみたが、解像度は充分。違和感なく、相手とビデオ通信できそう。
キーは、例によって右側が変形(縮小)されているが、ここまで使ってみて、それほどの違和感はなさそう。慣れればさらに気にならなくなるかな。許容範囲です。
IMAG0653.jpg


左側面。左から、Nobleロックスロット、Thunderbolt 3(PowerShare対応) x 2:DC-InおよびDisplayPort(第3世代PCI Express x 4レーン)、バッテリ・ゲージ・インジケータとなっています。
IMAG0642.jpg


こちらは右側面。左から、microSDスロット、USB-C 3.1(PowerShare対応):DC-InおよびDisplayPort、ヘッドセットジャックです。
IMAG0640.jpg

端子が少ないように思えますが、個人で使う分には問題ないでしょう。マウスはBluetooth接続のものを使えば良いし、microSDスロットやヘッドセットジャックもあるので。
仕事だと、HDMI端子が欲しいところですが、ここは仕方がないのでDell Business Thunderbolt Dock - TB16(240 Wアダプタ付き)か、デル製アダプタ – USB-C - HDMI/VGA/Ethernet/USB 3.0 DA200を使うことになりそうです。オフィスだと全社、外出先には後者を持ち歩く感じでしょうか。


底面はこんな感じ。
薄型PCの欠点だが、やはり底面はかなり熱くなる。卓上に置いて作業をする分には全く問題ないが、膝の上にのせて使っていると辛い。セミナーや講演会などで、膝の上にのせてメモを録るシーンもあるだろうが、そのような時にはこの熱さはちょっと厳しい。
無理とは思うけど、ディスプレイの背面(本体天面)を放熱板に利用する、なんてこと、できないのかな。金属箔だと熱伝導性もいいけど、電気・電波も拾っちゃうからそんなに大きく広げられないですね…。でも、なとかしてほしい問題です。
IMAG0657.jpg


ACアダプターが小さいのがいい。手のひらサイズ
パソコン本体が小さい・薄いのに、ACアダプターがやたらとでかい機種が他社製品であるが、持ち運び性をトータルで判断すると大きなマイナス。
それに対してこのNew XPS 13に附属しているACアダプターはグッド。この大きさ(小ささ)ならば合格でしょう。
あと、給電端子がUSB-Cなのも汎用性があっていい。
IMAG0611.jpg

★ 持ち出して触ってみた

ディスプレイサイズは13インチながら、かなりスリムで小ぶり。いつものバッグインバッグに入れても幅、奥行きともに余裕があり(302 x 199 mm)、厚みも7.8-11.6 mmとスリム。余裕を持ってすっぽり入る感じでした。他の13インチのマシーンよりも一回り小さい感じかな
IMG_20180519_140230.jpg


重さは1.21 Kg。見た目が小さい分、最初に持った時には「少し重たいかな」と感じました。他者の同クラスの機種と比べると似たようなものなので、“印象”だけの問題です。実際、マウスやACアダプターと一緒にバッグに詰めて街中を歩き回ってみましたが、苦になる重さではありませんでした。カフェに持っていってノマドワークをするにも、New XPS13ならば問題なしです。

済みません。例によってマウスはMicrosoftのやつ、マウスパッドはASUSでもらった奴です。
IMG_20180519_140509.jpg


行きがけにスマートフォンで撮った写真をGoogleフォトで表示。そのスナップショットなのでちょっと分かりにくいですが、色合いも良く、花の雄しべ・雌しべなんぞもくっきり見えてます。うむ、これはきれい。
Picture.png


Wi-Fiで繋げて音楽を試聴。聴いたのはOur Favourite Shop - Google Play Music。なるほど、音が途切れることなく、いい感じに聴けました。
流石にスピーカーではなくてヘッドセットで聴いていたので、スピーカーの評価は割愛。
IMG_20180519_141730.jpg


自宅に戻ってHuluでドラマや映画を観てみました。Huluだと、Full HD配信の作品もあるので、コンテンツとしてもグッド。まあ、4K動画でチェックすべきなのでしょうが、まだまだサービス・コンテンツ共に少ないので、今時点ではNew XPS13はオーバースペックなのかも知れません。

我が家は光回線が部屋まで来ていて、そこからWi-Fiルーターでそれぞれの機器に接続する、と言う形態になっています。New XPS13を試用した時も、Wi-Fi接続しての視聴でした。そしてこの環境でもちろん、問題ななく(映像・音声が途切れることなく)映像作品を楽しむことができました。カクカクっとなることもなかったですね。途中でカクカクッとなるだけでも興醒めしちゃうものですが、その心配もなし。
さらには、ディスプレイが13インチながら、フレーム(周りのフチの部分)が細いため、違和感なく映像に集中することができました。解像度が高く、輝度もかなり明るく設定できるので、普通にTVを観ている感覚です。
バッテリーの持ちも充分で、映画を一本(約二時間)、ドラマを一話(約四十五分)連続して観ても問題なし。余裕です。

さて、クイズ。この作品は何?
IMAG0661.jpg


流石の自信作。プライベートに、仕事に、これならば問題なしでしょう。出張に持っていって、仕事のあとにホテルでHulu観る、なんて使い方が良さそう。
デル株式会社








nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント