So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

α6000と散歩写真 : 三菱財閥ゆかりの地を巡る その一 : 旧岩崎邸庭園 [散歩写真]

DSC04801.jpg


小型デジタル一眼カメラ“α6000”を持ってブラブラ散歩写真。

★ 旧岩崎邸庭園とは

ゴールデンウィークまっただ中、カメラを持ってぶらぶらしてきました。今回は上野・駒込辺りの、三菱財閥ゆかりの場所を巡ってます。

まずは上野不忍池を越えた、池の端にある旧岩崎邸庭園。三菱財閥の創業者で初代総帥岩崎彌太郎の長男で三菱第3代社長の久彌の本邸だったところ。江戸時代はどこぞの藩のお屋敷だった場所で、その後、岩崎家が購入。洋館・和館を配した、東京ドームと同じ程度の広さを誇った大邸宅でした。現在はその半分ほどが公園として残され、公開されています。残っている建物は洋館・和館・撞球室(ビリヤード場)、庭(の一部)です。
入場料は400円、小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料となってます。建物の中にも入れます。靴を脱いでグルグル歩き回る感じ。入り口と出口が別なので、備え付けのビニール袋に靴を入れて持って歩くパターン。
通常は邸内でも撮影可能ですが、休日は混雑のため館内撮影禁止。あらら、知りませんでした。今回、GW最中に行ったので、撮影NGに当たってしまいました。残念! 外観はもちろんOKなのですが、正面部分が改修中で足場に囲まれている状態。あらら、残念その二。 でも、すごいお屋敷を見物できて満足でした。

★ 写真パシャパシャ

ということで、写真をペタペタ貼っておきます。

通りから正面入り口を入るとこんなスロープが続いています。玄関にたどり着くまでどれだけの距離があるんだよ?って感じ。見えている角を曲がっても、まだまだ続いています。もう、大豪邸だってことがこれだけでわかりますね。
DSC04798.jpg


やっとたどり着きました。迎えてくれたのはこの大銀杏。チケット売り場を覆う感じでどーんと聳えています。立派だなぁ。
DSC04827.jpg


洋館を外から。二階建てで、瀟洒な佇まい。こちらは夫人客室から庭へと抜ける階段。お洒落だなぁ。
DSC04809.jpg


ここは客室。どんな人たちがここに泊まったのでしょうかね。こんな邸宅にお呼ばれされたいものです。
DSC04822.jpg


庭。遠くに見える囲いの先では、公園の拡張工事が行われていました。どういう経緯か知りませんが、元々邸宅の一部だった箇所が新たに公園に組み込まれるそうです。
DSC04820.jpg


撞球室。ビリヤードするためだけでこんな建物を建てちゃうなんて・・・。我が家よりも広い・大きい。
DSC04823.jpg


取っ手好き。使い込まれた感じがいいですね。
DSC04819.jpg


テラスのベンチもお洒落。
DSC04815.jpg


撞球室の中。テーブルが置いてある場所に、以前はビリヤード台があったのかな。
DSC04817.jpg


和館。手洗い用の手水ですか。奥に見える扉の向こうがトイレなのかな。
DSC04799.jpg


庭へと続く飛び石。でかい! こんな踏み石までご立派。流石だなぁ。
DSC04800.jpg


残念ながら今回は建物内の撮影ができませんでした。リベンジしに来なくては。

散歩は続きます。次は古河庭園。

ソニーストア

ソニーストア




nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 2

JUNKO

このベンチいいですね。
by JUNKO (2018-05-02 20:16) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
誰でも腰掛けられるので、“重要文化財”ではなさそうです。でも、カッコいいですよね。
by ぶんじん (2018-05-02 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント