So-net無料ブログ作成

「数学文章作法 基礎編」 : ブログを書く人にもおすすめ! 数学だけじゃない、全ての文章書きの基礎です [読書 : 読んだ本の紹介]

2015-03-15 09.21.jpg

★あらすじ

本書では
  「正確で読みやすい文章を書く心がけ」
を話す。
文章を書くときの大きな目的は
  「あなたの考えを読者に伝えること」
であり、そのための原則は一つだけ。
  「読者のことを考える」
と一言で言える。

読者が読んだときに理解してもらいやすいよう、「形式」や「文章の構造」を考えて書かねばならない。
また、読み易く並べること(==順序)や、読みやすくまとめること(==階層)も、読者を考えるときに重要。
さらには適切な「例」を挙げたり、「問いと答え」によって読者の理解を助けることも必要。

目次や索引をきちんと作ることは、もちろん読者の便宜のためである。と同時に、自分の文章の出来具合をチェックするのにも役立つ。

★基本データ&目次

作者結城浩
発行元筑摩書房 (ちくま学芸文庫)
発行年2013
ISBN9784480095251

  • はじめに
  • 第1章 読者
  • 第2章 基本
  • 第3章 順序と階層
  • 第4章 数式と命題
  • 第5章 例
  • 第6章 問いと答え
  • 第7章 目次と索引
  • 第8章 たったひとつの伝えたいこと

★ 感想

題名に「数学」と入っているだけあって、本書中には「数式の書き方」だの、定理だ、証明だ、と言う言葉が出てくる。だが、それはまさに例に過ぎず、大半の流れは数学に限った話ではなかった。
この本、全ての人が読むべき本です。そして、私も含め、ブログを書いて誰かに読んでもらおう、誰かの役に立てたら楽しいな、と思う人におすすめの一冊です。

文章の書き方指南の本だけあって、この本自体が“お手本”になるよう書かれている。そのため、確かに読み易い。そしてその読み易さを実感することで、著者の主張・説明に素直に納得できるようになっているのだ。「なるほど、こういう風に書かれていると読み易い!」という感じ。
そして、最後の章でも述べている通り、ポイントは「読者のことを考える」の一言なのだ。これは明確。著者はこの一点から、全ての作法を位置づけていて、その一貫した主張と、分かり易い論理の構造は数学的とも言える。数学文章作法と題名にあるが、数学のための作法でもあると同時に、数学的な作法でもあるのかなと思えた。

と言うことでおすすめです。是非!


P.S.
著者の結城さんからリツイートをもらっちゃいました。続編のKindle版も今月中に出るそうです。





電子書籍版
Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する


紙版
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する



P.S. 続編のKindle版、出ました。
Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する



書評・レビュー ブログランキングへ




nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 19

コメント 2

JUNKO

またまた良い本をご紹介いただきました。
by JUNKO (2015-03-19 20:44) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
簡潔で、すっきりまとまっていて、とても読み易かった。数学的に言えば"必要十分な"内容でした。
by ぶんじん (2015-03-19 22:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0