So-net無料ブログ作成

MediaSmart Server EX490 試用レポート [イベント]

DSC01271.jpg

「「ホームサーバーで快適ライフ」HP MediaSmart Server ブロガーイベント」に参加したのは昨年の秋。そのあと、一ヶ月間の貸し出しを受けて実際に使ってみる機会を得ましたので、感想を報告します。

まずはおさらい。
★基本情報
・製品名:MediaSmart Server EX490
・構成:
  ・Windows Home Server OS + HP専用アプリケーション
  ・CPU Celeron 2.2GHz
  ・1TB 着脱式HDD x 1 , 増設用HDDベイ x 3
  ・外部入出力 USB2.0 x 4, eSATAポート x 1
  ・対応OS : Windows 7, Vista, XP (SP2以降), MAC OS X (10.5以降), Linux
・価格: 49,980円(税込み) 直販サイト”HP Direct”で販売中
★特徴
・データの一元化と共有
  ・PCをつなげるだけでファイルを整理、保存できる。Windows, MAC混在でも大丈夫
  ・外出先からもサーバ内データにアクセス可能
・エンターテインメントを手軽に
  ・PSP, PS3, XBOX 360, iPhone, iPod touchでデータ閲覧可能
  ・ビデオファイルを自動で変換し、ストリーミング配信
・バックアップを簡単に
  ・設定が簡単
といったのがこのMediaSmart Serverです。

さて、機能が色々あるんですが、さすがに「簡単にHDDを増設できますよ!」なんてのは一ヶ月の試用期間内で試すことはできません。体験した機能は主に、データバックアップ、音楽・画像・ビデオデータの整理保存、保存ファイルを外出先からアクセス、辺りです。

★データバックアップ
「設定が簡単」とありますが、まさにその通り。コンソールでバックアップの対象とするパソコンと、ディスク(ディレクトリ)を選ぶだけ。我が家ではパソコンが一台しかないですが、複数あればそれぞれ指定できます。あとは定期的に自動バックアップ設定にしておくだけ。バックアップしたものを保管しておく期間を指定したり、バックアップしないでいいものを逆に指定することもできます。今回はシステムファイル群を対象にしてみました。
あとは放っておくだけで自動でしてくれるので、実を言うとそのあとはなにもしていません。幸か不幸か、試用期間内ではトラブルもなかったので、バックアップのお世話になることがなかったので。有り難みを感じることが直接はなかったのですが、何かあった時には「とっていてくれてありがとう!」となったことでしょう。

★各種データの整理保存
HP Media Collector、HP Video Convertor、iTunesサーバを試してみました。
・HP Media Collector / HP Video Convertor
バックアップの時と同じように、対象とするパソコン・ディレクトリを指定しておくと、そこに入れた音楽・画像(写真)・ビデオファイルが自動的にHome Server側に取り込まれます。
CDを買ってくるとiTunesにmp3形式で取り込んでいるんですが、それが自動的にサーバに。写真はデジカメやスキャナで取り込んだものを手動でディレクトリを作って整理していますが、サーバには月ごとのフォルダーができて取り込まれる形に。対象パソコンが一台しかないと、バックアップとあまり変わりがないですね。うれしいのは取り込み元のパソコンではないパソコンや、他のデバイスでアクセスできるということ。
特に、ビデオファイルは自動的に適当な形式に変換してサーバに取り込んでくれるので、アクセスが便利。この機能が一番うれしかったかな。PSPの場合はどの形式だっけ?Windows Media Playerでは?などなど、いつもよくわかんなくなっちゃうんですが、そんなことを考えずに済むようになったのは助かりました。

★外出先からのアクセス
・リモートアクセス設定
インターネット経由で外から(Web browserから)アクセスするためにはドメインの取得が必要でした。が、これも説明の通りにやれば簡単。xxxx.HomeServer.comってドメインをすぐに作ることができました。あと、HomeServer側でアクセス権の設定(アクセスできるユーザの指定など)をすれば、外出先でノートパソコンを使い、ディレクトリ操作が可能に。
・HP Media Streamer
便利なのは、音楽を聴いたり、写真やビデオを見るのに適した形で配信をしてくれるストリーミング機能があること。ディレクトリが生の形で表示されるだけでもアクセスは可能ですが、Web browser上にCDアルバムのジャケットが並んだり、写真のサムネイルが綺麗に表示される方が扱いやすいですからね。それに、なによりもでっかいサイズのファイルをそのままやりとりしないで済むので、リモートアクセスでもそこそこ軽く動いてくれるのが良かったですよ。
とは言え、さすがに電話回線だとちょっとカクカクした感じになってしまい、違和感なく使えたのはWiFiでつなげられる環境にいた時だけでした。私の場合、WiFiサービスはSoftbankのWiFiスポット(BBモバイルポイント)にしか加入していないので、使えるところが限られています。なので、思ったよりも使う機会は少なかったですね。試用期間中に出張でもあれば、ホテルで使っていたのでしょうが。


ということで、期待したほどには「これは便利!」であるとか、「画期的!!」と思えることはありませんでした。使い方が限定的だったことももちろんあるんですが、他にも考えられることが二点ほど。
・もっと安いやつでもいいんじゃない?
拡張性やVideo Convertorの機能を除けば、例えばI-Oデータ社のHDL-CなんてLAN接続型HDDでも、リモートアクセスはできるし、iTunesサーバにもなってくれます。
五万円弱の価値を感じられませんでした。
・クラウドサービスがあれば必要ない?
EvernoteDropboxなどのクラウドサービスを利用しています。これらによって“リモートアクセス”の概念が変わってしまい、個人個人がサーバを立てる必要性が以前に比べてかなり低くなっているのではと思います。もちろん、今は容量制限などによってテラバイト単位のデータをクラウドサービスに託すことはできませんが、リモートで使いたいファイルを入れておく分にはこれで事足りています。

家に複数のパソコンがあって(例えば家族が一人一台持っている)、ビデオや音楽、写真のデータを一つにまとめておきたい、なんていうニーズがあればこのHomeServerは大活躍しそうです。誰でも簡単に使えるようになっているのが安い他の製品とは違いますし。
ということで、せっかく貸していただいたのですが、今の私には必要のないものだったようです。

バックアップだけは大事ですから、安いHDDを買って備えることはした方がよいでしょうが。



今回のイベントに参加した皆さんのブログ一覧です。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 7

コメント 2

JOY

これまた便利そう!
PCのHDD容量も随分大きくなってきているので
自動バックアップというのはいいかもしれません。
by JOY (2011-01-10 08:40) 

ぶんじん

JOYさんへ:
バックアップしてなくて泣いた経験、誰にでもありますものね。その点では必要なものかも。
by ぶんじん (2011-01-14 00:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2