So-net無料ブログ作成
検索選択

「「軍事研究」の戦後史」 今、タブーを廃し、議論が必要だ [読書 : 読んだ本の紹介]

IMG_20170420_192820.jpg

★あらすじ

第二次大戦前と戦時中、各国は原爆開発に科学者達も協力していた。レベルは別にして、日本でも原爆研究は行われていた。また、731部隊による生物兵器研究でも、多くの医学者が関わっていた。

戦後の日本では、GHQによる民主化が学術界でも進み、新たに日本学術会議が設けられた。戦前の轍を踏まないため、日本学術会議の第六回総会において「戦争を目的とする科学研究には絶対に従わない」旨の決意表明を採択している。軍事研究の戦後史はここから始まる。

しかし、冷戦が進む中、この決意表明に対して色々な“意見”が出てくる。そもそも、軍事研究と非軍事研究の境目は明確なものではない。そんな中、米空軍から資金をもらって研究をしている大学の研究所がマスコミの非難を浴びることとなった。それは「雪の結晶を人工的に作る」という研究だった。直接、兵器研究をする訳ではない「基礎研究」ならば、それは軍事研究ではない、との考えだったのだ。そのような議論の中で、
 研究資金の出所が軍または軍関係組織か否か
がここで一つの判断基準として出てくる。

ベトナム戦争の時代、事態はさらに混迷を深める。日本物理学会は臨時総会の場で「内外を問わず、軍隊からの援助・一切の協力関係を持たない」旨の決議が提案された。それに対しては賛成・反対の声が上がったのはもちろん、「どちらの答えを出しても政治的声明と解釈される。科学者は政治に関わるべきではない」との意見も出た。結局、提案は採択されたが、その後もこの提案の解釈・運用は議論され続けた。
例えば、軍または軍関係団体が資金提供しても、直接軍事目的ではない“基礎研究”ならば問題はないのではないか。また、研究成果がきちんと公表できることが保証されて、軍部が独占・秘匿することがなければいいのではないかという議論などだ。

時代は進み、冷戦が終結したあとになると、民生用技術の進歩がめざましいものとなってくる。ここで軍関係者は、軍事研究も自前の研究・開発だけではスピードでも、コスト面でも問題があると考える。そして、軍部が研究・開発を民間に委託するだけではなく、民間の技術をベースに軍事利用できないか考えるようになっていった。
 デュアルユース (Dual Use)
と呼ばれるもの。これまでは、研究を始める時に「軍事か、平和利用か」を決めていたのだが、平和利用のためにしていた研究が、あとから「軍事でも使える」と言われてしまうようになったのだ。

今、改めて軍事研究の是非を問う時期に来ている。

★基本データ&目次

作者杉山滋郎
発行元ミネルヴァ書房
発行年2017
ISBN978-4-623-07862-2

  • はじめに
  • 第1章 「軍事研究」前史――ダイナマイトから七三一部隊まで
  • 第2章 冷戦がすすむなかで――大学が聖域になったとき
  • 第3章 ベトナム戦争の時代――「平和の目的に限り」の定着
  • 第4章 新冷戦の時代――「平和の目的に限り」の裏で
  • 第5章 冷戦終結後――進みゆく「デュアルユース」
  • 第6章 軍事研究の是非を問う――何をどこまで認めるか
  • おわりに
  • 年表
  • 人名・事項索引

★ 感想

「軍事研究の是非」を議論するって、なんとなくタブー視されてきた気がする。その理由だが、一つには、グレーな領域が多くて、事を荒立てるのは良くないと思われていたのではと推測する。また、本書でも語られるように“デュアルユース”やらなんやらのために、自分の携わっている研究が軍事に関係しているか否か判断が難しいため、議論に参加しにくいという理由もあるのかなと思われる。

そもそも、軍事研究は絶対的な“悪”なのか。そんな問いも本書で語られている。もちろん、無差別に大量虐殺するための兵器(例えば原子爆弾)の開発はNGだろう。でも、“大量”じゃなければいいのか(一人を暗殺するための薬品開発など)、というものでもない。
また、「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」と言われても、ミサイルが飛んできたら頬の痛みだけでは済まないだろう。殴られないようにしたい(防衛力を持ちたい)と思うし、そのためには軍事研究も必要になるだろう。人を信じたいところだが、特に集団になると理性的な判断とは思えないことをするのも人だ、というのは歴史が示している。

ポピュリズムや宗教対立、難民問題(昔でいれば、民族大移動に等しい)など、世界は不安定な状況にある。我々も、島国にかこつけて対岸の火事として傍観している訳にはいかない状況だ。本書は、そんな議論をするための“基礎知識”としての、これまでの流れを旨くまとめてくれている。今、読むべき一冊であり、自分の意見を考えてみる・まとめてみるのによい参考書となるだろう。
おすすめです。


清廉潔白であり、何かの役に立つか否かではなく、科学者は人類の知的好奇心を純粋に満たすためにのみ、その能力を発揮していってもらいたい、とは思う。何の役に立つのか?と言うことを科学の目的と考えるから、その「何」が平和利用なのか、軍事目的なのかと悩まねばならなくなる。全くの理想論ではあるが、個人的には、科学は知的好奇心のみで為されるものであって欲しいなと思うのでした。

Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する






書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: