So-net無料ブログ作成
検索選択

カメさん会で横浜をブラブラ :シーバスに乗ったり、三塔を写したり、夜景待ちでビアホール行ったり [散歩写真]

DSC02643.jpg

★ シーバスの船上から

日本散歩写真学会の撮影会 “カメさん会” で、真夏の横浜をブラブラしてきました。
今回のテーマは「横浜三塔(キング・クイーン・ジャック)を一枚の写真に収めよう」というもの。三塔とは、「横浜三塔物語 - 神奈川県ホームページ」を見ていただきたいのですが、戦前に建てられた三つの建物に設けられた塔のこと。神奈川県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館にある塔のことです。昔は海をゆく船から見えた(キング・クイーン・ジャックの愛称も船乗りたちの命名だとか)し、街中でもランドマークとしてどこからでもその姿を見ることができたそうです。ですが、今やその塔を凌ぐ高さのビルが建ち並び、三塔を一度に眺められるポイントは限られたものになったしまったのでした。

と、メインの目的はそれなのですが、その前にせっかくだから横浜からシーバス(海上バス)に乗って、海からの景色も撮ろうとなったのでありました。なので、散歩写真と言いながら前半は船上からの景色ばかり。まあ、真夏に散歩は厳しいものがあるので、こういうのもいいでしょう。

航跡が夏の陽射しに煌めき、船は進みます。風が気持ちいい。
DSC02632.jpg


三塔?! いや、残念ながらこれは違うようです。でもこれ、なんのオブジェなのだろうか。
DSC02649.jpg


海上保安庁の船が並んでます。最近、色々と“騒動”もあって大変でしょうね。
DSC02659.jpg


シーバス、後部甲板はオープンデッキになっているので、潮風に吹かれながら海岸線の風景を眺めることができ、暑い夏におすすめ。
DSC02678.jpg

★ 船の周りのフォトジェニックたち

さて、写真に撮るべきは海や陸の風景だけではありません。船上にも、そして船のすぐそばにもなかなか魅力的なものが一杯。

これ、何のパイプ?錆び具合が渋い。侘び寂びの世界ですよ、これは。
DSC02634.jpg


長年、波しぶきを浴び続けていたのかな。
DSC02670.jpg


土足厳禁?!
DSC02669.jpg


横浜から山下公園までシーバスに乗ったのですが、直行便と、途中の赤レンガ倉庫やみなとみらいに寄っていく便とがあります。写真撮影が目的だったので、直行便ではなく“各駅停車”で。
途中の船着き場では、船上からその様子を眺めることができました。
DSC02651.jpg


海の男たち。なんか、楽しそう。
DSC02653.jpg


いえいえ、きちんとお仕事されています。
DSC02657.jpg


舫い綱を巻き付けるポールにもいろんなのがあるんですね。昔の映画やドラマだと、マドロスがパイプをふかしながら片足を乗せる奴はフニュッと曲がった形をしていたけど。
DSC02671.jpg


さて、もうすぐ山下公園の船着き場。今回の散歩写真はここからが本番です。
DSC02687.jpg



ということで、散歩はまだ続きます。


スマートフォンで撮った写真で綴るフォトブログもやってます。よかったら見てくださいな。

   Smartphonography Club





カメさん会で小田原城に花菖蒲&紫陽花を観に行く : 紫陽花はグッド、花菖蒲はバッド [散歩写真]

DSC02261.jpg

★ 紫陽花満開、花菖蒲終了

日本散歩写真学会の撮影会 “カメさん会” で、小田原城辺りをブラブラしてきました。

さて、「カメさん会で小田原城に花菖蒲&紫陽花を観に行く : 小田原城周りのスポットをブラブラ」では城跡やその周りをブラブラした話でしたが、今回は主目的の紫陽花&花菖蒲の写真一杯。
と思いきや、題名の通り、花菖蒲の季節は終わっていて寂しい限り。まあ、その分、紫陽花は色んな種類のがあっちこっちで咲き乱れていました。

なんとか残っていた花菖蒲をパシャリ。
DSC02255.jpg


有終の美ってやつでしょうか。これはこれで味がある風景?!
DSC02263.jpg

● 紫陽花シリーズ

紫陽花って色んな種類があるんですねぇ。色も形も様々。
蓮の葉っぱに覆われたお堀端の紫陽花はピンク色。
DSC02286.jpg


もっこりクリーム色の奴は、何輪の花が集まっているのでしょうか。
DSC02304.jpg


同じ個体なのに、色も形も違う花が。成熟度によって変わるのかも知れませんね。
DSC02267.jpg

● 紫陽花と城シリーズ

せっかく、お城に来たのだから、紫陽花もお城と一緒に撮ってみました。
天守閣をバックに。
DSC02302.jpg


こちらはどこかの門の櫓をバックに。「お城の公園で撮りました!」って感じの記念写真ですね。ま、これはこれで。
DSC02288.jpg

● 紫陽花と虫シリーズ

マクロレンズ、やっぱり買えば良かったかな。あんまり近づけないので、こんな雰囲気に。
DSC02300.jpg


うむ、小さい。なんとか、虫だと分かるかな。
DSC02294.jpg


虫君にピントが合っているのか?!色合い的にも分かりにくい(涙)
DSC02297.jpg

★ その他シリーズ

花以外にも撮るべきものは色々。

蓮の葉っぱと言えばやはり水滴でしょう。これまたちょっと離れたところに見つけたので、今ひとつかな。
DSC02285.jpg


この色合いが渋い。存在感あります。
DSC02271.jpg


と言うことで、今回も楽しい会でした。次回もまた、よろしくお願いします。次回は横浜で船旅(?)らしいよ!




カメさん会で小田原城に花菖蒲&紫陽花を観に行く : 小田原城周りのスポットをブラブラ [散歩写真]

DSC02238.jpg

★ 小田原駅の周り

日本散歩写真学会の撮影会 “カメさん会” で、小田原城辺りをブラブラしてきました。

小田原の駅、初めて降りました。小田原初上陸。集合時刻まであまり時間がなかったので、ちょこっとだけ駅の周りを歩いてみました。

発見したのは「北条氏政・氏照の墓所」。おお、小田原城の城主じゃないですか。しかも、小田原城陥落の際の・・・。
敗軍の将は兵を語ることもなければ、墓もこぢんまり。うむ、これが現実という奴でしょうか。この墓所も“伝”とあるので、本物かどうかは不明。後世の誰かが哀れに思って建立したのかも知れません。
その“伝”によると、この墓の前にある平らな石の上で氏政さんが自害したのだとか。合掌。
DSC02240.jpg


この墓所、なぜか“幸せの鈴”を吊り下げる場所にもなっていました。入り口は一枚目の写真のような状況に。どういう関係があるんでしょうね。色々と謎の多い墓所でした。

★ 小田原城

難攻不落の城と言われていた小田原城も、豊臣秀吉の総攻撃には耐えられず、開城。北条氏は滅んだ。その後、地震やら何やらで天守閣や櫓・門が崩壊し、明治の頃にはすっかり“城跡”になってしまったそうだ。戦後になり、今の形に再建されている。なので、今の天守閣は鉄筋コンクリート造り。

馬出門(うまだしもん)から(現在の)城内に入りました。そこまでお堀が回り込んでいて、こんな景色に。次の門へはお堀にかかるあの橋を渡らねばなりません。
DSC02244.jpg


橋を渡ると現れるのが、銅門(あかがねもん)。この門は平成の時代になってから復元されたのだそうです。意外と最近。
それでも、あかがねはいい感じに古色を帯びていて、誰もが写真を撮りたくなる威風堂々たる姿をしていました。
DSC02249.jpg


石垣も地震で崩れてしまったのを積み直したりしているようです。その時に(偶然?)作られたのか、それとも意図的だったのか、隠れミッキーならぬ、隠れコアラがこんなところに?!
DSC02253.jpg


門をくぐると目の前に見えるのがこのビャクダン(?)の大木。捻れ具合がなんとも奇妙。存在感あります。樹齢はどれくらいなのでしょうか。北条氏の時代を知っているのかな、彼は。
DSC02254.jpg


常盤木門(ときわぎもん)。こちらは1971年に再建されたそうです。
奢れるものは久しからず。「常磐木」の名の通りには行かず、栄枯盛衰を経て今に至っているのでありました。
DSC02265.jpg


そして天守閣。展望台のような感じで、最上階には高欄付き廻縁が設けられています。この日は行列が続いていて、中に入るのは断念。外から眺めておしまいにしてしまいました。中はきれいな博物館になっているようです。
DSC02268.jpg

★ 報徳二宮神社

天守閣の脇を通りすぎ、左手に降りていくとそこには遊園地がありました。レトロな雰囲気で懐かしい感じ。子供の頃に親に連れていってもらった、デパートの屋上の遊園地を思い起こさせます。
でも、おサルの電車(なぜかウサギが乗っていたので「ウサギの電車」かな?)は本格的。客車を二両引っ張り、遊園地の周りを走ってます。
DSC02269.jpg


峠の汽車、なんてフレーズを思い起こさせる景色。山肌をぐるりと回ったあの先にはなにがあるのでしょうか。懐かしいふるさとの駅?
DSC02325.jpg


遊園地は、お城の曲輪だった場所を利用して造られてました。また別の曲輪(二の丸?三の丸?)を利用したのが報徳二宮神社。名前の通り、あの二宮金次郎を祀った神社です。明治中頃の創建だそうで、百年あまりの歴史がある神社。
DSC02278.jpg


二宮金次郎って言えばこのスタイルの銅像ですよね。最近はあまり見かけなくなったけど。今の子供は「学校の怪談」に出てくるお化けの一つとして先に知るのかもしれませんが。
DSC02282.jpg


神社の絵馬には金次郎さんの肖像画が描かれていました。少年時代の姿ばかり見慣れているので、ひげ面にはなんか違和感があるなぁ。Wikipediaによると、身長が180cm、体重は94Kgだったそうですから、かなりイカツイおっちゃんだったんですね。そんな屈強な体格だったからこそ、農業に精を出しながらも勉強を続ける根性があったのでしょう。何事も体力勝負。
DSC02277.jpg


神社の境内にはおしゃれなカフェ(きんじろうカフェ)があって、イタリアンコーヒーが楽しめるようになってました。何で神社でカフェ?とも思えるけど、やっぱり美味しいコーヒーが飲めるのは素直に歓迎。場内のアップダウンを歩き回って疲れていたので、私もカプチーノをいただきながら小休止したのでありました。
DSC02327.jpg



さて、肝心の花菖蒲&紫陽花は改めて紹介します。と言うことで、今回は散歩写真の紹介でした。つづく。