So-net無料ブログ作成
検索選択

カメさん会で横浜をブラブラ :陸に上がって、三塔の姿を追ってあっちこっち [散歩写真]

DSC02727.jpg

★ 真夏の横浜をブラブラ、いや、フラフラ

日本散歩写真学会の撮影会 “カメさん会” で、真夏の横浜をブラブラしてきました。
前回の「カメさん会で横浜をブラブラ :シーバスに乗ったり、三塔を写したり、夜景待ちでビアホール行ったり」では、タイトルに偽りあり状態で、シーバスからの景色だけで終わっちゃいました。今回はその続き。

この炎天下、キャッチボールは厳しそう。十分に一回くらい給水しないと干からびちゃいそう。熱中症に気をつけてくださいな。
DSC02693.jpg


もう、干からびちゃった奴も・・・。ナチュラル・ドライフラワーです。
DSC02705.jpg


四時?だったかな?
DSC02697.jpg


大桟橋の上からだと三塔が一度に見られるとのことで、そこまでブラブラ。途中にはお洒落な店が並んでました。と言いつつ、いつも素通りで、入ったことがないなぁ。
DSC02707.jpg


この日の大桟橋ではイベント(お祭り?)をやっていて、自由に歩き回ることができませんでした。三塔が見えるポイントには、足元にマークが描かれているらしいのですが、発見できず。祭の屋台で隠れちゃっていたのかな?!
さて、真ん中はジャック?うむ、違いそう・・・・?!
DSC02709.jpg


ハワイのドリンクだそうです。カラフル。おねえさんたち、ビューティフル。
DSC02712.jpg


★ とりあえず、三塔の姿をとらえた

神奈川県庁本庁舎(キングの塔)の前、道を渡った反対側に、三塔を一度に見られるスポットがあります。ここもマークあり。
DSC02723.jpg


確かに、三塔が見られました! 本庁舎の建物の左右に、それぞれちょこっと見えてます。でも、なんということでしょう。私の持っていたレンズでは画角が足りず、左右の塔を一枚に収めることができなかったんです!!これ、かなりの広角レンズ(22mm以上?)じゃないとダメみたい。
ちょっと後ろに下がると、木の陰に入ってしまい、ジャックが見えなくなるんです。いやぁ、見えているのに残念!

せっかくなので、三塔を一枚ずつ、撮ることに。一枚目の写真が神奈川県庁本庁舎(キングの塔)。
そしてこちらが横浜税関(クィーンの塔)。
DSC02716.jpg


建物と木の陰からちょこっと見えているのが横浜市開港記念会館(ジャックの塔)です。
DSC02715.jpg


ということで、まあなんとか、今回のミッションはクリアです。

★ 港横浜の夜景

夜景の時刻までには間があったので、ここで先行して“反省会”に。赤レンガ倉庫の中のビアホールで乾杯です。美味しゅうございました。

そんなこんなで時間を潰して、外に出てみるとすっかり陽は落ちていて、良い頃合いでした。上弦の月が空にあり、ライトアップされた赤レンガ倉庫がレトロな雰囲気を醸し出してます。
DSC02747.jpg


煉瓦の壁に鉄の窓。昔のスリラー映画に出てきそうな場面。
DSC02748.jpg


大観覧車のコスモクロック21。だんだんとビルに囲まれ、その全景を見るのが難しくなってきちゃいました。でも、この春にはLED化が為され、光の演出はさらに進化していましたよ。
DSC02756.jpg


ほぼ真下から見上げるとこんな感じ。
DSC02764.jpg



暑くて参っちゃいましたが、それを除けば今回も楽しい会でした。次回もまた、よろしくお願いします。


スマートフォンで撮った写真で綴るフォトブログもやってます。よかったら見てくださいな。

   Smartphonography Club




カメさん会で横浜をブラブラ :シーバスに乗ったり、三塔を写したり、夜景待ちでビアホール行ったり [散歩写真]

DSC02643.jpg

★ シーバスの船上から

日本散歩写真学会の撮影会 “カメさん会” で、真夏の横浜をブラブラしてきました。
今回のテーマは「横浜三塔(キング・クイーン・ジャック)を一枚の写真に収めよう」というもの。三塔とは、「横浜三塔物語 - 神奈川県ホームページ」を見ていただきたいのですが、戦前に建てられた三つの建物に設けられた塔のこと。神奈川県庁、横浜税関、横浜市開港記念会館にある塔のことです。昔は海をゆく船から見えた(キング・クイーン・ジャックの愛称も船乗りたちの命名だとか)し、街中でもランドマークとしてどこからでもその姿を見ることができたそうです。ですが、今やその塔を凌ぐ高さのビルが建ち並び、三塔を一度に眺められるポイントは限られたものになったしまったのでした。

と、メインの目的はそれなのですが、その前にせっかくだから横浜からシーバス(海上バス)に乗って、海からの景色も撮ろうとなったのでありました。なので、散歩写真と言いながら前半は船上からの景色ばかり。まあ、真夏に散歩は厳しいものがあるので、こういうのもいいでしょう。

航跡が夏の陽射しに煌めき、船は進みます。風が気持ちいい。
DSC02632.jpg


三塔?! いや、残念ながらこれは違うようです。でもこれ、なんのオブジェなのだろうか。
DSC02649.jpg


海上保安庁の船が並んでます。最近、色々と“騒動”もあって大変でしょうね。
DSC02659.jpg


シーバス、後部甲板はオープンデッキになっているので、潮風に吹かれながら海岸線の風景を眺めることができ、暑い夏におすすめ。
DSC02678.jpg

★ 船の周りのフォトジェニックたち

さて、写真に撮るべきは海や陸の風景だけではありません。船上にも、そして船のすぐそばにもなかなか魅力的なものが一杯。

これ、何のパイプ?錆び具合が渋い。侘び寂びの世界ですよ、これは。
DSC02634.jpg


長年、波しぶきを浴び続けていたのかな。
DSC02670.jpg


土足厳禁?!
DSC02669.jpg


横浜から山下公園までシーバスに乗ったのですが、直行便と、途中の赤レンガ倉庫やみなとみらいに寄っていく便とがあります。写真撮影が目的だったので、直行便ではなく“各駅停車”で。
途中の船着き場では、船上からその様子を眺めることができました。
DSC02651.jpg


海の男たち。なんか、楽しそう。
DSC02653.jpg


いえいえ、きちんとお仕事されています。
DSC02657.jpg


舫い綱を巻き付けるポールにもいろんなのがあるんですね。昔の映画やドラマだと、マドロスがパイプをふかしながら片足を乗せる奴はフニュッと曲がった形をしていたけど。
DSC02671.jpg


さて、もうすぐ山下公園の船着き場。今回の散歩写真はここからが本番です。
DSC02687.jpg



ということで、散歩はまだ続きます。


スマートフォンで撮った写真で綴るフォトブログもやってます。よかったら見てくださいな。

   Smartphonography Club





カメさん会で小田原城に花菖蒲&紫陽花を観に行く : 紫陽花はグッド、花菖蒲はバッド [散歩写真]

DSC02261.jpg

★ 紫陽花満開、花菖蒲終了

日本散歩写真学会の撮影会 “カメさん会” で、小田原城辺りをブラブラしてきました。

さて、「カメさん会で小田原城に花菖蒲&紫陽花を観に行く : 小田原城周りのスポットをブラブラ」では城跡やその周りをブラブラした話でしたが、今回は主目的の紫陽花&花菖蒲の写真一杯。
と思いきや、題名の通り、花菖蒲の季節は終わっていて寂しい限り。まあ、その分、紫陽花は色んな種類のがあっちこっちで咲き乱れていました。

なんとか残っていた花菖蒲をパシャリ。
DSC02255.jpg


有終の美ってやつでしょうか。これはこれで味がある風景?!
DSC02263.jpg

● 紫陽花シリーズ

紫陽花って色んな種類があるんですねぇ。色も形も様々。
蓮の葉っぱに覆われたお堀端の紫陽花はピンク色。
DSC02286.jpg


もっこりクリーム色の奴は、何輪の花が集まっているのでしょうか。
DSC02304.jpg


同じ個体なのに、色も形も違う花が。成熟度によって変わるのかも知れませんね。
DSC02267.jpg

● 紫陽花と城シリーズ

せっかく、お城に来たのだから、紫陽花もお城と一緒に撮ってみました。
天守閣をバックに。
DSC02302.jpg


こちらはどこかの門の櫓をバックに。「お城の公園で撮りました!」って感じの記念写真ですね。ま、これはこれで。
DSC02288.jpg

● 紫陽花と虫シリーズ

マクロレンズ、やっぱり買えば良かったかな。あんまり近づけないので、こんな雰囲気に。
DSC02300.jpg


うむ、小さい。なんとか、虫だと分かるかな。
DSC02294.jpg


虫君にピントが合っているのか?!色合い的にも分かりにくい(涙)
DSC02297.jpg

★ その他シリーズ

花以外にも撮るべきものは色々。

蓮の葉っぱと言えばやはり水滴でしょう。これまたちょっと離れたところに見つけたので、今ひとつかな。
DSC02285.jpg


この色合いが渋い。存在感あります。
DSC02271.jpg


と言うことで、今回も楽しい会でした。次回もまた、よろしくお願いします。次回は横浜で船旅(?)らしいよ!