So-net無料ブログ作成
検索選択

Worldwide Pinhole Photography Day 2017 : 今年はフィルムで撮ったよ [散歩写真]



★ Worldwide Pinhole Photography Dayとは

毎年、四月の最終日曜日は世界ピンホール写真デー(Worldwide Pinhole Photography Day)。今年も参加しました。参加と言っても、特にどこに集まる訳でもありません。世界中の針穴写真を愛する人が、それぞれ思い思いの場所で針穴写真を撮るというイベントなのです。「同じ日(今年は4/30)」に撮るところがミソ。
そして、出来上がった写真から一枚選び、サイトに投稿するのです。今年の、私の一枚はこれ。



★ その他の作品

この日は上野やアキバ、そして神保町辺りで撮影。WPPDには一枚しか応募できないので、その他はここに貼り付けておきます。
ピンホール写真も、カメラをしっかりと固定して撮れば、かなりシャープに写るんですよ。でも、手持ちだとさすがに厳しいですね。露光時間は数秒というところでしょうか。
使ったフィルムはこれです。

● 上野

美術展(「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル 「バベルの塔」展」)を観たあと、撮影開始。上野の山をブラブラしました。

きちんと三脚を使って撮れば、これくらいには写ります。緑がきれい。
001.jpg


手持ちだとブレブレ。まあ、これも“味”ってやつだということで。
003.jpg


パンフォーカス(手前から奥までピントが合う)のが針穴写真の面白さでしたが、最近はデジカメで簡単に撮れるようになっちゃったので、有り難みが減ったかな。
004.jpg


きれいな黄色。
005.jpg


これ、誰の銅像?
006.jpg


上野寛永寺の銅製の燈籠。
008.jpg


不忍池。
009.jpg

● アキバ

この店の“呼び込み”の放送、もうアキバ名物の一つになってますね。CDも販売されているとか。
012.jpg


AKB48劇場が入っているビル。未だに行ったことがない。
014.jpg


電気製品の店だけではなく、萌え系の店も最近は海外からのお客さんが一杯ですね。
016.jpg


mAAch マーチ エキュート 神田万世橋。テラス席は気持ちよさそう。
020.jpg

★ 神保町辺り

いい天気で散歩日和。だったけど、ちと暑さに疲れて一休み。いつものソイラテではなく、冷たい飲み物にしちゃいました。
024.jpg


古書店街。
025.jpg


フィルムの最後でちょっと切れちゃった。
俎橋(まないたばし)からの眺め。
027.jpg




Worldwide Pinhole Photography Dayの準備完了! 4/30(Sun)を待つばかり [散歩写真]

DSC_0334.jpg

★ Worldwide Pinhole Photography Dayとは

毎年、なんだかんだで参加しているイベント。今年のWorldwide Pinhole Photography Dayは4/30(Sun)。毎年、四月の最終日曜日に行われるイベントで、その日に針穴写真を撮って楽しもうというもの。ルールはそれだけ。誰でも参加できます。別にこれも義務ではないんだけど、撮った針穴写真は公式サイト(世界ピンホール写真デー)に投稿して、みんなで楽しもうという趣向になってます。もちろん、公序良俗に反する奴はダメですが、テーマは自由。去年のギャラリー(世界ピンホール写真デー 2016 - 展示)を見ると、2600名弱の人が投稿してますね。いやぁ、盛況、盛況。

針穴写真って、何とも魅力的ですよ。レンズも何もないのに、ただ穴を開けただけなのにちゃんとこんな風に写るんですから。不思議発見!って気分になれます。
ちなみに、私の一枚はこちら : Fumito Ito, Setagaya-ku, Tōkyō, Japan | 世界ピンホール写真デー 2016 展示

★ 今年の準備、完了!

去年の私のWPPDの記事(Worldwide Pinhole Photography Day 2016 参加を兼ね、α6000にピンホールレンズ付けてみた)を見てもわかるように、去年はデジカメにピンホールレンズ(?)を付けて撮った奴を投稿しました。まあ、これはこれで面白いんですけどね。デジタルとアナログの融合って訳じゃないけど、ミラーレス&レンズレスでもこんな感じに撮れちゃうんだぞってのが気に入ってます。

でも、やはりこういう時じゃないと使わない(?)フィルムで撮らないとね、と思い、今年はしっかりとフィルムを事前に用意しました。そう、トイカメラファンにはお馴染みのLomographyのフィルムです。天気が悪いといけないから、ISO400にしておきました。


そしてそして、カメラはお馴染みの“tigre”。私のブログに初登場したのはもう十二年前(ピンホールカメラ"tigre"で撮影。いやぁ、我ながら物持ちがいいなぁ。
ということで、WPPDの準備はこれで完了。あとはどこで何を撮るかだな。まあ、毎年、適当に決めているんですけどね。今年も特にここに行こう!と張り切っている訳ではなし。ゆるーく行きたいと思います。とりあえず、天気だけが心配。てるてる坊主も用意した方がいいかな。

良かったらみなさんも参加してみてくださいな。詳しくは公式サイト(世界ピンホール写真デー)を見てください。




α6000とせたがや梅まつり 羽根木公園(根津山)の梅園は大賑わい [散歩写真]

DSC03192.jpg


小型デジタル一眼カメラ“α6000”を持ってブラブラ散歩写真。

★ 紅梅白梅

天気の良い週末。第40回せたがや梅まつり | 世田谷区のページをチェックしたところ、3/4程度の梅がもう咲き始めているとのこと(一輪でも開花すれば「咲いている」になるそうですが)。久しぶりにα6000ズームレンズ(E18-200mm F3.5-6.3 OSS) SEL18200iconをくっつけて、ブラブラと根津山を目指したのでありました。(そうそう。昔は羽根木公園のあの辺りを根津山と呼んでいたようです。根津さんのお屋敷があったから、根津さんの所有地だったから、らしいですが。祖母がそう呼んでいたので、私もそっちの方がしっくりくるんですよ。)

せたがや梅まつりは2/11~3/5までやっているようですが、早くも大盛況。焼きそばやらビールやら、梅を使ったスィーツを売っている出店は大行列。写真を撮っている人も一杯。私もそんな中に混ざって、頑張って撮ってきましたよ。
と言っても、梅って桜よりも難しい被写体ですね。桜、特にソメイヨシノは空を覆うほどに密度高く咲いているので、どんな風に撮ってもまあそれっぽくなるかな、と。でも、梅の花は意外と“まばら”に咲いているので、うまく撮らないと、それこそ間の抜けた感じになってしまう。
まあ、なるべく花に近づいて、取りあえず頑張ってみました。

こんな感じや、
DSC03148.jpg


こんな感じ。
DSC03150.jpg


そして、白梅だけではなく、紅梅も。
DSC03153.jpg


蕾も混ざっていて、こっちの方が良い感じかな?
DSC03160.jpg


桜よりも淡いピンクで、渋い美しさ。
DSC03171.jpg


穏やかな午後の散策。良い雰囲気。
DSC03167.jpg

★ 針穴写真で撮った梅の花

その昔に買ったRISING ピンホールレンズ (WIDE_V) LEICA Mマウント(残念ながら、もう売っていないのかな?)を、マウントアダプターを介してくっつけて撮ってみました。
2017年のWorldwide Pinhole Photography Dayは4/30なのでもうちょっと先ですが、まあその前の肩慣らしということで。

枝垂れ梅。
DSC03173.jpg


なんか、だいぶレトロな、ルーラルな感じになりました。
DSC03191.jpg


ほほぉ、こんな風に写るんですか。レンズがないのに、こんな感じにレンズフレア(?)を起こすとは知りませんでした。でも、これはこれで面白いかも。
DSC03188.jpg


さて、会期中にもう一回くらいいこうかな。次回は梅ゼリーをお土産に買って帰らねば。


うむ。最近はスマートフォンでばかり写真を撮っているけど(HomePage - Smartphonography Clubを見てくださいな)、真面目なカメラも使わないと。
ソニーストア

ソニーストア