So-net無料ブログ作成
検索選択
読書 : 読んだ本の紹介 ブログトップ
前の3件 | -

「興亡の世界史 通商国家カルタゴ」 あの時、ハンニバルがローマへの進撃をやめなかったら。。。 [読書 : 読んだ本の紹介]

通商国家カルタゴ.jpg

★あらすじ

紀元前1200年からのちの百年間、オリエント(今の中東の辺り)では青銅器時代から鉄器時代へと変容を遂げていた。その地に現れたのが「フェニキア人」。「フェニキア人」とは、ギリシア人たちによる呼称。ギリシアの東方から通商を目的にやって来た人々をこう呼んだ。元々は「フォイニクス」という、「フェニキア人」たちの特産品であった赤紫の染料の名前に由来する呼び名だ。ここからも、「フェニキア人」は海を越えて通商を行う人々であったことが分かる。以後、数百年の間、地中海はフェニキア人の海となっていく。
フェニキア人はアルファベットを生み出したことでも知られる。シナイ半島で元となる文字が使われ出したが、バラバラであった書式を統一したのが彼ら。彼らは通商を通してその文化も広めていった。だが、残念なことにパピルスや羊皮紙が公文書を残す主な媒体だったため、現在までに残っているものはない。
彼らの土地・国はレバノン山脈の西側、海に面した地。そこがフェニキア“本土”だ。ビュブロス、シドン、テュロスなどの都市が築かれた。そしてここから地中海へと出て行く。旧約聖書によると、テュロスの交易相手国はイオニア、ロドス島、イスラエル、ダマスクス、シェバ(紅海に面する都市)などなど。

そんなフェニキア人たちは、地中海に浮かぶ島々や、大陸の海岸線に、貿易の中継地としての都市を次々と建設していく。その一つが「カルタゴ」だ。
現在のチュニジア共和国の首都チュニスの近く、北アフリカ海岸に、船の碇のような形の岬が突き出している。そこに建設されたのがカルタゴ。フェニキア人たちがアフリカの原住民達から“租借”した土地で、実際に前五世紀までは毎年の貢租が支払われていたらしい。
カルタゴ建設時期に関しては、伝説では紀元前十二世紀のこととなっているが、諸説有り確定していない。考古学的には前八世紀後半の頃らしい。
カルタゴは、フェニキア“本土”のテュロスと、ジブラルタル海峡の先のイベリア半島南部の鉱山(銀・金・銅・錫・鉛)とを中継することでその地位を高めていく。初めは他の中継都市の一つであったが、軍事力を付けていくことにより、一歩、抜きん出ていく。
そんな中、フェニキア本土で大きな動きがある。アッシリア帝国が崩壊し、混乱の時代へと入っていったのだ。その機に乗じ、カルタゴはさらに力を付けていく。かのローマに対しても通商条約を結ぶなどして、海上帝国の地位を高めていった。かくして、地中海はカルタゴの海となったのだ。

★基本データ&目次

作者栗田伸子, 佐藤 育子
発行元講談社
発行年2016 (講談社学術文庫版)

  • 学術文庫版へのまえがき
  • プロローグ――地中海史の中のカルタゴ
  • 第一章 フェニキアの胎動
  • 第二章 本土フェニキアの歴史
  • 第三章 フェニキア人の西方展開
  • 第四章 カルタゴ海上「帝国」
  • 第五章 上陸した「帝国」
  • 第六章 カルタゴの宗教と社会
  • 第七章 対ローマ戦への道
  • 第八章 ハンニバル戦争
  • 第九章 フェニキアの海の終わり
  • エピローグ
  • 学術文庫版のあとがきにかえて
  • 参考文献
  • 年表
  • 人名・著作家名一覧

★ 感想

2009年に出版された「興亡の世界史」シリーズの一冊だったが、このシリーズが講談社学術文庫として再編・再出版されている。名前の通り、「最後は滅亡した」「歴史から姿を消した」国々の話を集めたシリーズなので、“読み物としての結末”は分かっている。そもそも、カルタゴがハンニバルの活躍空しく、三回のポエニ戦争の末に、文字通り地上から消されてしまったことは学校の世界史で勉強した通りだ。
そのため、彼ら自身が残した歴史的資料は乏しい。「歴史は勝者のみが語る」例に漏れず、カルタゴの研究も主にローマやギリシアの側に残された資料に頼っている。そんなハンディを負いながらも著者達研究者はカルタゴの姿を闇の底から引き上げてくれている。

学校で習ったものの、カルタゴがそれほどにすごい国だとは良くわかっていなかった。だが、まさに地中海の覇者であり、貿易を独占して栄えた強国だったことを本書で再認識した。「それにしてもカルタゴは滅ぼさねばならない」と演説のたびに訴えたというローマの大カトーの言葉の切実さもやっと理解できた感じだ。

それにしても、二千年以上前に地中海には貿易ネットワークが張り巡らされ、ハイウェイさながらに船が行き来していたとは。ヨーロッパ、アフリカ、中東と聞くと、今の時代ではどうしても“別々”という印象が強くなってしまう。だが、フェルナン・ブローデルが語るように、地中海を介して全ては繋がっていたんだなということも良くわかった。イベリア半島の銀山による“シルバーラッシュ”はこのネットワークなくしてあり得なかっただろうし、文化面でもアルファベットが広く普及したのもこのお蔭。うむ、壮大な話だ。勉強になりました。


それにしてもハンニバルさん、ローマを目前にして足踏みしてしまったのはなぜなのだろう?講和条約を結ぼうとしたのだろうけど、あと一歩、兵を進めていたらその後の世界は全く異なったものになっていたんでしょうね。


それにしてもこの「興亡の世界史」シリーズ、日本人の“好み”に合っているなぁ。滅びの美学、判官贔屓の心をくすぐられます。次はどれを読もうかな。

電子版
Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する


文庫版
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する





書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:

アシェット 「日本の貨幣 コレクション」 高精度レプリカ貨幣を集めて、貨幣・紙幣の秘密を知ろう [PR] [読書 : 読んだ本の紹介]

Img1.png

[ PR by BLOGTIMES ]
ブログタイムズ
試供品をいただいてのレビューです。実際に発行される際は、レプリカ貨幣や、記事の内容が異なる場合があります。ご了承願います。

★ アシェット 「日本の貨幣 コレクション」

ものやらなんやらを集めるのって、なんで楽しいんでしょうね。子供の頃には切手を集めてみたり、仮面ライダーのカードを集めていたりしてました。今はPokemon GOでポケモンを集めているし。
コイン集めも人気のテーマでしょう。私も、“穴の開いていない五十円玉”や、昔の百円玉を集めていたな。もっと本格的なコレクションとなると、古銭も魅力的だし、大判小判なんて憧れだったんだけど、経済的に無理。何万円も、何十万円もしますからね。

そんな、憧れだった日本の貨幣を、お手軽にコレクションしようというのが「日本の貨幣コレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社」。あくまでも、レプリカであって、本物の貨幣ではないのでご注意願います。それでも、良くできていて、これはこれでコレクションするのが楽しくなりそう。

お馴染みの“分冊式辞典”です。毎号、貨幣のレプリカが付いてきて、その解説やお金に纏わる話が載っているマガジンとセットになっています。あと、貨幣(コイン)だけではなく、紙幣のレプリカが付いている号もあります。
全部で120号まであり、途中で専用バインダーも付いてくる形式です。
Img2.png

★ こんなレプリカ貨幣が付いてきます

では、どんな貨幣(のレプリカ)のコレクションができるんでしょうか。

Vol.1(特別号 特別価格 190円(税込))では「旧20円金貨 : 明治3年銘」が付いてきます。直径は約3.5 cm。明治新政府がお金の単位を「円」に決め、この金貨を発行したのだそうです。当時は40万円程度の価値があったそうです。今、本物はコレクターの間で500~600万円で取引されているとか。こりゃ、本物は絶対に手が届かないですね。
IMG_20170820_222014.jpg


Vol.2(価格 999円(税込))にはあの「和同開珎」が付いてきます。そう、教科書で習った“日本で最初の貨幣”です。教科書の写真では見たことがありましたが、こんな感じなんですね。サイズは今のコインとそんなに変わらないかも。和銅元年(708年)に鋳造されたのだそうです。こりゃ古い。当時は米四合と同じ程度の価値だったとか。物々交換が当たり前だった時代の人々は、「何、これ?」って感じだったようで、流通させるのにかなり苦労したそうです。現在の取引価格は18~550万円。
DSC_0754.jpg



紙幣のレプリカはこんな感じ。台紙に表面、裏面が並んで印刷されている形です。これは「改造一円」紙幣で、明治14年(1881年)発行。明治5年(1872年)発行の「明治通宝紙幣」が痛みやすかったため、それと交換するために造られたのだそうです。神功皇后の肖像画が用いられているものの、イタリア人デザイナーに描かせたために、かなり西洋人っぽい顔つきになってしまったようです。米375 Kg程度の価値があり、現在の取引価格は4~50万円。
江戸時代の紙幣は各藩が発行してた藩札が流通していたが、廃藩置県と共にこれらを廃し、統一紙幣を明治政府は発行したのでした。
サイズは131mm x 77mm。今のお札よりもちょっと小さめですかね。現在の日本の紙幣は世界的に見ても大きめだそうですが、西洋の印刷技術を用いて初めて作られたこの紙幣は欧米サイズだったのかな。
DSC_0750.jpg

★ 貨幣の色々が学べるマガジン

辞典としてのマガジンは、その号に付いてくる貨幣(のレプリカ)の解説はもちろん、お金に纏わる話が色々と載っています。
IMG_20170827_105306.jpg

いくつかのテーマがあって、各号でこの中から選ばれた記事が載っています。
  • 貨幣ガイド
  • 貨幣の歴史ミュージアム
  • それってハウマッチ
  • 日本の「金」人物伝
  • 世界の貨幣図鑑
  • お金何でも大辞典
  • 日本を動かしたお金と経済

それぞれ、図説入りで二ページが基本。冊子から剥がして、バインダーにはめることを想定して、“一枚”単位になっているようです。

Vol.2の「貨幣の歴史ミュージアム」は“富本銭”の話。「最古の貨幣は和同開珎」と習った、と上で書いたばかりですが、その後(1991年)、この富本銭が発見され、教科書が書き換えられたのでした。富本銭は和同開珎よりも25年ほど前に鋳造されてます。ただ、この富本銭は呪術の際の道具であって、いわゆる通貨として流通していたかは疑問があるそうです。

Vol.3の「それってハウマッチ」は日本刀の値段。当時、どの程度の価値があったのかの話なのですが、時代によってずいぶんと違っているのが面白い。鎌倉時代は、まさに戦争のための消耗品だったのか、一振り20万円程度だったそうです。室町時代になると応仁の乱でさらに需要は増し、供給もそれに応じて大量生産体制となり、値段は5~6万円程度に。ところが、戦国時代を通して刀は贈り物(戦功を挙げた者への褒美など)の意味も出てきて、値段は上がり、500万円なんてものもあったそうです。さらには江戸時代になると文化財的なものとなり、数千万円から一億円の値が付くものも。

Vol.1の「世界の貨幣図鑑」では、“南極ドル”と“北極ドル”が紹介されています。どちらも国が発行した法定貨幣ではなく、いわば“お土産”的なもの。どちらもデザインがカラフルで、ペンギンやらシロクマやらが描かれていて、コレクションアイテムとして楽しそう。北極ドルはインターネットでも購入できる、と書かれています。

と、こんな感じの記事が載ってます。
どれもなかなか興味深い話。ただ、数ページの解説なので、正直、物足りないものもあるかな。面白いと思ったらこれを機会に他を調べてみよう、と言うことなのでしょう。

★ 購入方法

サイトの説明によると、
最新号はお近くの取り扱い書店にてお求めになれます。売り切れの場合、弊社倉庫に在庫がある場合は書店を通してご注文が可能です。創刊号は、特別価格190円(税込)です。第2号以降は通常価格999円(税込)です。お届け商品ごとの請求となります。
とのこと。
日本の貨幣コレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社のサイトで 定期購読の申し込みが できます。
マガジン用、貨幣用バインダーは何回かに分けて、どれかの号と一緒に送られてくるそうですが、定期購読するとさらに特典があるそうです。
定期購読特典.png

8/30 (Wed) 創刊で、9/12(Tue)までの申し込みで、上記の定期購読特典が付くそうです。

ちなみに、定期購読の解約もサイトから簡単にできるようになってます。
  定期購読契約 解約申し込み 入力画面 | Hachette Collections Japan
のページの解約フォームで必要事項を入力すればOK。
この辺りがちゃんとしていると安心できますね。申し込みは楽だけど、解約はとても大変、なんてサービスも世の中にはありますから。

120号全部揃えようとすると、なかなかいいお値段になるのも確か。定期購読するとして、どこまで続けるかは興味と財布と相談しながら決めるのがいいかと思います。





nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

「図像学入門 疑問符で読む日本美術」 美術館に行くのが楽しくなる、超~読み易い入門書 [読書 : 読んだ本の紹介]

DSC_0729.jpg

★あらすじ

仏像ならば、仏がどのような姿をしていたかを伝えるため。だから、(美術品を見ても)とくに感動しなくても、美しがらなくてもいい。意味を知ってなるほどと思うことも、立派な観賞なのだ。そして、この作品がどういう意味だったかを読み解くのが図像学(イコノグラフィー)である。説明を聞いて意味が分かれば、千年前の作品もぐんと身近になる。

観音にはヒゲがある。(観音)菩薩は、「将来、悟りを開くが、今はまだ悟る前の状態」にある。仏像を絵に描く場合、菩薩の描き方には決まりがある。出家前の釈迦の姿がモデルとなっているので、華やかな若い王子の姿なのだ。王子なので男だし、ヒゲもある訳だ。慈愛に満ちた存在の観音なのだが、ルール上は男として表現しないといけなかったのだ。
釈迦や阿弥陀などの如来は、悟りを開いた人。菩薩とは違い、服装は質素だ。そして、阿弥陀も薬師も、釈迦と見た目はほとんど同じ。過去や未来を通し、世界のどこかには、悟りを開いた人が釈迦意外にもいただろうと人々は考えた。その結果、似たような姿の仏ができたのだ。
だが、如来それぞれに“役割”が割り当てられてくると、持ち物によってそれを表すようになる。また、手の形(印相)でも違いを出して、それぞれが見分けられるように工夫した。例えば、薬師如来ならば薬坪を持っている、と言う具合だ。

絵巻物は、その“生い立ち”がマンガとよく似ている。どちらも初めは字の読めない人のための補助手段として登場した。そしてその後、大人の観賞に堪える作品へと成長していき、大ブームとなった。
だが、「源氏物語絵巻」などで描かれる登場人物は、誰もが引目鉤鼻(ひきめかぎばな)の顔つきだ。線一本で描かれた目、カギ括弧のような鼻なので、そう呼ばれている。みんな同じ顔。男も女も区別が付かないほど。
なぜこんな風に没個性的な描き方をしているのか。当時は、高貴な人ほどはっきりと姿を形容することは避けられ、抽象的に言い表すのが習わしだった。名前すらはっきりとは呼ばれない。とは言え、絵巻物の登場人物が全て“抽象的”では不味い。そこで、このような顔つきになったのだ。つまり、引目鉤鼻で描かれた人物は高貴な人だ、と言うことが逆に見て取れるのだ。

このように、その意味を知って絵画を見てみるとまた違って見えてくる。そして、興味をもって見ることができるようになるだろう。

★基本データ&目次

作者山本陽子
発行元勉誠出版
発行年2015
ISBN9784585270263

  • まえがき 日本美術の新たな楽しみ方
  • 第1章 釈迦の生ーー仏像の基本
  • 第2章 仏像の種類ーー4つのタイプ
  • 第3章 曼荼羅ーー密教世界の地図
  • 第4章 六道輪廻と浄土
  • 第5章 神々のすがた
  • 第6章 人のかたち――肖像と似絵(にせえ)
  • 第7章 絵巻物――物語を絵にする
  • 第8章 山水画と花鳥画――神仏でも人でもないもの
  • 第9章 浮世絵
  • 第10章 西洋絵画と日本
  • あとがき 奥の手ーー私の好きな一点ーー

★ 感想

語り口は非常にフランク。とても親しみやすく、楽しく読める一冊だ。絵画鑑賞、ましてや図像学となると敬遠されがちだが、こんな風に語ってくれると楽しく学ぶことができる。それでいて、奈良時代から現代に至るまでの日本美術を概観してくれている。著者の専門は日本中世絵画史だそうだが、いやいや、全般に渡って人に語れるだけの広い知識を持っているのだから流石です。

「第6章 人のかたち――肖像と似絵(にせえ)」は、私にとって初耳のことが多く、特に面白かった。例の“引目鉤鼻”からいかに脱して、リアルな肖像画が描かれるようになったのか。それは、一人の天才が登場したから。彼はタブーを犯し、高貴な人々の顔かたちをリアルに描いて見せた。そして、余りの出来に、当時の天皇を初め、貴族たちも感心し、彼を賞賛したのだそうだ。なるほど、日本のルネサンスの始まりってところですかね。
藤原隆信、チェックせねば。

「第9章 浮世絵」では、歌川広重の「東海道五拾三次 日本橋・朝之景」が紹介されているが、そこに描かれた、お尻だけ見えている犬について著者は「魚河岸のおこぼれに預かっている微笑ましい姿」と言ったニュアンスで紹介している。だが、別の研究家の記事「犬の尻に隠された、恐ろしい浮世絵の謎: 歴史・文学研究家&作家の部屋」には、「手前右側の木戸で隠れている部分は罪人のさらし場だった。のこぎり挽きにされた罪人の血の臭いでも嗅いで集まってきたのかもしれません」としている。
どちらが正しいのかは分からないが、これが図像学の面白いところ。その絵画や彫刻が作られた時代の人々は、見ればすぐに何を意味するか分かったはず。そう、図像学とはその時代時代の“常識”や“トレンド”がどんなものだったのかを知ることなのだ。今だと(ちょっと前だと?)“ペンとパイナップルを持った人物”が描かれていれば、それはピコ太郎(PIKOTARO)だと分かるだろう。そんな感じ。


絵画を、美術を楽しむには、その作品を作った人々の想いに共感するということなのでしょう。そのためのきっかけを作ってくれる、楽しい一冊でした。おすすめですよ、これ。
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する



ご参考:「世界が驚いたニッポンの芸術 浮世絵の謎
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する




書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:
前の3件 | - 読書 : 読んだ本の紹介 ブログトップ