So-net無料ブログ作成
検索選択
読書 : 読んだ本の紹介 ブログトップ
前の3件 | -

「山怪 山人が語る不思議な話」 深い山奥では、未だにもののけ達の世界が残っているのかも [読書 : 読んだ本の紹介]

山怪.png

★あらすじ

マタギと呼ばれる狩猟関係者や、林業従事者、山間で果樹園や宿泊施設を営んでいる人たちから、著者は山に纏わる不思議な話を聞き取り、収集した。本書はその集大成である。
これらは民間伝承と言うほどには整った話ではなく、個人的体験談レベルである。だが、それ故にここで記録をしておかないと誰にも知られることなく消えていってしまうものばかりなのだ。

秋田県北部阿仁町(現在は北秋田市)はマタギ発祥の地として知られている。ここでは狐に纏わる話が多い。
行商人が集約にやって来て、各家を回って商売をしていた。小さな集落ではすぐにその情報はみなの知られるところとなる。だが、“次は我が家にやって来るころ”のはずが、なかなかやって来ない。そこで何人かで探しに出掛けた。すると、あろうことか行商人は素っ裸になって沢に入っているところを発見されたのだ。行商人の話によると、ある辻できれいな女性に会い、その美人に誘われるままに付いていったらこうなったのだそうだ。集落の人々はみな「それは狐に化かされた」と思っている。これは今から四十年前(すでに博多まで新幹線が通っている“最近”)の出来事だ。

兵庫県の丹波猟師の話。チームで猟をしているとき、ある猟師が無線で変なことを言ってきた。「こんなところにきれいな道がある。こっち行くと近道じゃないか。おれはこっちから行く」と。その場所にそんな道はあるはずがない。だが無線で続けて「まっすぐできれいな道が出来ている。真っ白で新しい道だ」と言ってきた。だが、いくら待ってもそいつは集合場所に現れない。これは可笑しいとみんなで捜索に向かおうとしたとき、ひょっこりと現れた。しかも、ぼろぼろの姿で。帽子はなくなり、顔中傷だらけ、全身は泥だらけだった。

★基本データ&目次

作者田中康弘
発行元山と渓谷社
発行年2015

  • はじめに
  • Ⅰ阿仁マタギの山
  • Ⅱ 異界への扉
  • Ⅲ タマシイとの邂逅
  • おわりに

★ 感想

グリム童話の世界だと、“森”が主な舞台になっている。シュバルツバルト(黒い森)は名前からして何かありそうな場所に思える。日本ではそれが“山”ということなのだろう。人の住むところではない世界。そこでは何か我々の知らないものが住んでいるのかも知れない。
そして、これらの話はそんなに昔のものではないことに驚かされる。震災後の福島での話も出てくるし、つい最近と言えるでしょう。物の怪は今も健在なのだろうか。

それにしても著者は良くもこれだけの話を集めたものだ。「夜、木を切る音が聞こえた。あれは狸の仕業かも知れない」だとか、「火の玉を見た。バレーボールくらいの大きさだった」なんて感じの、悪く言えば“たわいもない話”が中心なのだ。語っている方も「誰かに話しても馬鹿にされるだけなので今まで黙っていた」と言うほど。つまりは、人に知られていない、積極的には語られることのない話ばかり。それを聞いて回って集めるのだから大変だ。

著者は民俗学的な観点で解釈しようとしているが、心理学的にも興味深い事象が多いように思える。山の中、真っ暗、一人きりというシチュエーションが人の心理(脳みそによる観測や状況判断)にどのような影響を与えるのか、そっち方面からも解釈できそう。VRではないが、実際に見たり聞いたりしている情報に“何者かの存在”を頭の中で足している可能性もありそう。その人にとってはそれが“現実”になるだろうし。それに、山の森林や菌類から放出される化学物質が環境ホルモンとして影響しているかも知れないし。
でも、集団で“同じもの”を見たという話も出てくるんですよね。そうなると“脳内VR”では説明できないか。うむ、山の中にはやはり何かいるのかな。

実は私も、あれは何だったのだろうか?と言うものを“見た”経験があるんですけどね。さて、私の場合はどっちだろう?

ということで、これから登山やハイキングに行こうって人には必読の書です、これ。おすすめ。
Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する






書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「異端 カタリ派の歴史」 宗教戦争だけではない、複雑に絡んだ政治情勢。こんなことだとはは知らなかった [読書 : 読んだ本の紹介]

DSC_0424.jpg

★あらすじ

サブタイトルが「十一世紀から十四世紀にいたる信仰、十字軍、審問」となっている。
カタリ派とは、キリスト教の一派。カトリック教会から異端とされ、本書にあるように“十字軍”まで差し向けられ、さらには異端審問のメインターゲットとなって徹底的に弾圧された歴史を持つ。
カタリ派とは、「神的本質を有する魂が悪魔的本質を持つ肉体に閉じ込められている」という、いわゆる“二元論”的キリスト教思想のこと。この地上世界は悪が造り出したもので、人間も肉体という悪に閉じ込められている。神の世界は別にあり、そこは霊的存在(人間で言えば魂)だけが存在する世界。我々人間は、悪にまみれた肉体から死によって解放され、魂はその世界に帰っていく。
この思想は、神は唯一での存在で、善も悪も込みで全てを創造したとするカトリックの考えとは異なっている。そのため、異端思想と見做され、迫害されたのだ。

舞台は、現在で言う南仏。十一世紀から十四世紀にかけては、フランス・ドイツ・スペイン(いずれも、今の国名)の各国が勢力争いをしていて、それらの領土が複雑に絡んでいる、いや“重なっている”状態の地域だった。
当時、この辺りを治めていたのは“トゥールーズ伯”のレモン五世。彼が統治していたこの地域ではカタリ派を中心とする“異端”派が多数、存在し、貴族や聖職者、有力市民を含め、多くの信者がいた。
それに対し、カトリック教会は異端排斥のため、“十字軍”の派遣を検討する。十字軍は元々、イスラム勢力に占領された聖地エルサレムを奪還すべく組織された軍隊(軍事行為)であり、これに参加した者は信仰上の特典が与えられた。実際に軍事行為を行う(戦いに参加する)のは、各国の王、皇帝、貴族達だ。彼らには信仰上の特典もさることながら、侵攻・侵略した土地を自分のものに出来るという“世俗的”な見返りも期待できるものだった。

教皇イノケンティウス三世は、そんな十字軍を、イスラム勢力に対してではなく、キリスト教の異端派に対しても派兵することを決意した。後世、それは「アルビジョア十字軍」と呼ばれるようになる。
"侵略軍"を迎え撃つのはトゥールーズ伯レモンだが、宗教上は教皇のしもべでもあり、立場は非常に難しい。以降、レモン家は三代に渡って権謀術数の限りを尽くし、十字軍・異端審問の危機に当たっていくことになる。

★基本データ&目次

作者Michel Roqueberr
発行元講談社(講談社選書メチエ)
発行年2016
ISBN9784062585026
訳者武藤剛史

  • 序 カタリ派、十字軍、異端審問
  • 第一部 二元論的異端の勃興
    • 第一章 ボゴミル派からカタリ派へ
    • 第二章 カタリ派社会とその教会
    • 第三章 イノケンティウス三世――前代未聞の十字軍
  • 第二部 十字軍
    • 第四章 シモン・ド・モンフォールあるいは電撃戦争
    • 第五章 城争奪戦
    • 第六章 トゥールーズの孤立
    • 第七章 アラゴン王ペドロ二世――勇み足
    • 第八章 レモン六世の失脚
    • 第九章 オクシタン奪還
    • 第十章 王の十字軍
  • 第三部 異端審問
    • 第十一章 異端審問の誕生
    • 第十二章 迫害と抵抗
    • 第十三章 アヴィニョネの大虐殺
    • 第十四章 モンセギュールの最後
    • 第十五章 フェレールからベルナール・ド・コーへ
    • 第十六章 伯爵、異端審問局、そして司教たち
    • 第十七章 モンセギュール以後、各地の様子
    • 第十八章 亡命の時代
    • 第十九章 反乱と陰謀の時代
    • 第二十章 最後の「良き人」たち、最後の火刑
  • 原注
  • 索引

★ 感想

"敗者の歴史"は後世に残りにくい。結局、解体・殲滅させられてしまったカタリ派の人々は、自らを語った歴史資料を残すことはほとんどなかった。いや、できなかった。だが、本書の著者は、敵方(十字軍側)の資料や異端審問の"裁判"記録、その他山のような資料を精査し、彼らの姿を描き出している。しかも、単なる記録の羅列ではなく、"物語"とも言えるほどに活き活きと彼らの行動を、考えを描いているのだ。結果、本書(日本語訳)は700ページを超える大著となっている。

山川出版の世界史の教科書にも「アルビジョア十字軍」の話は載っていた気がする(遙か昔の記憶なので定かではないですが・・・)けど、載っていたとしても一行あるかないかだろう。私が初めてこの話を知ったときは、「同じキリスト教徒同士で殺戮の限りを尽くしたなんて、酷い話だ」程度の感想しか持たなかったと思う。
だが、歴史は、事実はそんなに簡単な話ではなかった。もちろん、宗教上の対立(一元論v.s.二元論、聖体に神は宿っているのか否か、などなど)がベースにあったけど、領土と領民の奪い合いという至極シンプルな要素も大きな比重を占めていたようだ。そこでは、二つの勢力争いの軸(宗教上の対立と、"国"同士の争い)が複雑に絡み合っている。トゥールーズ伯はこの難題に良くもこれだけ対応できたものだと感心してしまう。マキャベリも真っ青だろう。そんな点を中心に読んでいっても、知的好奇心を非常に刺激される作品になっている。

もちろん、楽しんでいるだけでは不謹慎だろう。なにせ、何千人、何万人の人々が虐殺され、拷問の末に火あぶりで処刑されたりしているのだから。
それにしても、自分の命を落とすことになっても信仰を捨てない、いや、考え方を変えないその意志とはどういうものなのだろうか。「沈黙」を読んだとき(「沈黙」 : 殉教者がもがき苦しんで死んでいっても沈黙を続ける神とは)にも思ったが、私には理解できない。「実は、その裏には領土拡大の意図があったのだ」というのなら納得できるのだが。
でも、それも為政者ならばそうだが、一般民衆はそんなことは関係ないはず。宗教とは恐ろしきものだ。

かなり読み応えがありますが、とても興味深い話でした。おすすめの一冊です。
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する


書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「「軍事研究」の戦後史」 今、タブーを廃し、議論が必要だ [読書 : 読んだ本の紹介]

IMG_20170420_192820.jpg

★あらすじ

第二次大戦前と戦時中、各国は原爆開発に科学者達も協力していた。レベルは別にして、日本でも原爆研究は行われていた。また、731部隊による生物兵器研究でも、多くの医学者が関わっていた。

戦後の日本では、GHQによる民主化が学術界でも進み、新たに日本学術会議が設けられた。戦前の轍を踏まないため、日本学術会議の第六回総会において「戦争を目的とする科学研究には絶対に従わない」旨の決意表明を採択している。軍事研究の戦後史はここから始まる。

しかし、冷戦が進む中、この決意表明に対して色々な“意見”が出てくる。そもそも、軍事研究と非軍事研究の境目は明確なものではない。そんな中、米空軍から資金をもらって研究をしている大学の研究所がマスコミの非難を浴びることとなった。それは「雪の結晶を人工的に作る」という研究だった。直接、兵器研究をする訳ではない「基礎研究」ならば、それは軍事研究ではない、との考えだったのだ。そのような議論の中で、
 研究資金の出所が軍または軍関係組織か否か
がここで一つの判断基準として出てくる。

ベトナム戦争の時代、事態はさらに混迷を深める。日本物理学会は臨時総会の場で「内外を問わず、軍隊からの援助・一切の協力関係を持たない」旨の決議が提案された。それに対しては賛成・反対の声が上がったのはもちろん、「どちらの答えを出しても政治的声明と解釈される。科学者は政治に関わるべきではない」との意見も出た。結局、提案は採択されたが、その後もこの提案の解釈・運用は議論され続けた。
例えば、軍または軍関係団体が資金提供しても、直接軍事目的ではない“基礎研究”ならば問題はないのではないか。また、研究成果がきちんと公表できることが保証されて、軍部が独占・秘匿することがなければいいのではないかという議論などだ。

時代は進み、冷戦が終結したあとになると、民生用技術の進歩がめざましいものとなってくる。ここで軍関係者は、軍事研究も自前の研究・開発だけではスピードでも、コスト面でも問題があると考える。そして、軍部が研究・開発を民間に委託するだけではなく、民間の技術をベースに軍事利用できないか考えるようになっていった。
 デュアルユース (Dual Use)
と呼ばれるもの。これまでは、研究を始める時に「軍事か、平和利用か」を決めていたのだが、平和利用のためにしていた研究が、あとから「軍事でも使える」と言われてしまうようになったのだ。

今、改めて軍事研究の是非を問う時期に来ている。

★基本データ&目次

作者杉山滋郎
発行元ミネルヴァ書房
発行年2017
ISBN978-4-623-07862-2

  • はじめに
  • 第1章 「軍事研究」前史――ダイナマイトから七三一部隊まで
  • 第2章 冷戦がすすむなかで――大学が聖域になったとき
  • 第3章 ベトナム戦争の時代――「平和の目的に限り」の定着
  • 第4章 新冷戦の時代――「平和の目的に限り」の裏で
  • 第5章 冷戦終結後――進みゆく「デュアルユース」
  • 第6章 軍事研究の是非を問う――何をどこまで認めるか
  • おわりに
  • 年表
  • 人名・事項索引

★ 感想

「軍事研究の是非」を議論するって、なんとなくタブー視されてきた気がする。その理由だが、一つには、グレーな領域が多くて、事を荒立てるのは良くないと思われていたのではと推測する。また、本書でも語られるように“デュアルユース”やらなんやらのために、自分の携わっている研究が軍事に関係しているか否か判断が難しいため、議論に参加しにくいという理由もあるのかなと思われる。

そもそも、軍事研究は絶対的な“悪”なのか。そんな問いも本書で語られている。もちろん、無差別に大量虐殺するための兵器(例えば原子爆弾)の開発はNGだろう。でも、“大量”じゃなければいいのか(一人を暗殺するための薬品開発など)、というものでもない。
また、「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」と言われても、ミサイルが飛んできたら頬の痛みだけでは済まないだろう。殴られないようにしたい(防衛力を持ちたい)と思うし、そのためには軍事研究も必要になるだろう。人を信じたいところだが、特に集団になると理性的な判断とは思えないことをするのも人だ、というのは歴史が示している。

ポピュリズムや宗教対立、難民問題(昔でいれば、民族大移動に等しい)など、世界は不安定な状況にある。我々も、島国にかこつけて対岸の火事として傍観している訳にはいかない状況だ。本書は、そんな議論をするための“基礎知識”としての、これまでの流れを旨くまとめてくれている。今、読むべき一冊であり、自分の意見を考えてみる・まとめてみるのによい参考書となるだろう。
おすすめです。


清廉潔白であり、何かの役に立つか否かではなく、科学者は人類の知的好奇心を純粋に満たすためにのみ、その能力を発揮していってもらいたい、とは思う。何の役に立つのか?と言うことを科学の目的と考えるから、その「何」が平和利用なのか、軍事目的なのかと悩まねばならなくなる。全くの理想論ではあるが、個人的には、科学は知的好奇心のみで為されるものであって欲しいなと思うのでした。

Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する






書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の3件 | - 読書 : 読んだ本の紹介 ブログトップ