So-net無料ブログ作成
検索選択
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

「江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-」展 二百年前の二都物語。似てる?似ていない? [美術 : 美術展、写真展紹介]

DSC_0242.jpg

[コピーライト]2017 Sekiguchi Co., Ltd.

★ 展示内容

江戸東京博物館で開催中の「江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-」展ブロガー内覧会に参加してきました。例によって、特別に許可をいただいて写真をとらせてもらっています。通常は写真撮影禁止ですのでご注意を。

公式サイトの説明によると、本企画展の主旨は、
江戸の人口が100万人を超え、都市として発達を遂げた18世紀は、北京が清朝の首都として最も繁栄を極めた時代でもありました。日本と中国には文化交流の長い歴史があり、江戸時代の「鎖国下」においても中国貿易は公認され、長崎を窓口として、文物の流れが滞ることはありませんでした。本展では、18世紀を中心に、江戸と北京のなりたちや生活、文化を展観し比較します。
とのこと。

展示構成は大きく、
  • 第1章 江戸・北京の城郭と治世
  • 第2章 江戸・北京の都市生活
  • 第3章 清代北京の芸術文化
の三つに分かれています。

第1章では、三巻の巻物が展示されています。
一つは「熈代勝覧」。十九世紀初めの江戸日本橋の様子を描いた絵巻で、1671人もの人が描かれており、当時の風俗・習慣が良くわかるものになっています。現在はベルリン国立アジア美術館所有となっていて、久しぶりの里帰り展示とのこと。
IMG_20170315_184625.jpg


もう一つは「乾隆八旬万寿慶典図巻」。有名な清朝の皇帝 乾隆帝の八十歳祝賀パレードを描いたもの。1790年のことだそうです。こちらも、離宮から紫禁城に至る街並みや、見物客などが事細かに描かれています。
IMG_20170315_184204.jpg


三巻目は「万寿盛典」。乾隆帝の父親である康熙帝六十歳の式典の様子が描かれています。こちらも、通りに並ぶ商店や、そこを行き交う人々の様子を見て取ることができます。

それぞれの巻物に描かれている商店の看板や、カゴ、商人が担いでいる道具などの実物も併せて展示してあり、より“立体的”に当時の様子を知ることができるようになっています。
IMG_20170315_184651.jpg

また、余りに細かく描かれているので、部分的に引き伸ばしたものが併せて展示されているので、参考にされるといいでしょう。

第2章では、北京の四合院造り、江戸の長屋の模型など、より当時の生活に密着した展示になっています。
IMG_20170315_184306.jpg

年中行事につきものの飾りだったり、当時の服装だったり、遊び道具だったり、科挙(当時の役人登用のための試験)の答案用紙(!)だったりが並び、北京と江戸とで「似てるなぁ」、「やっぱり違うなぁ」とそれぞれに思わせてくれる内容になっています。
IMG_20170315_190352.jpg


第3章は北京にある首都博物館の名品の展示。景徳鎮の大皿(丸い板?)だったり、沈銓(沈南蘋:「「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」展トークイベントはアートと歴史ミステリーと江戸文化論と盛りだくさん」でも語られていた南蘋派の祖)の鹿の絵だったりが展示されています。
IMG_20170315_194130.jpg


その他にも、江戸城・紫禁城をCGで再現した、それぞれ十分程度の映像を鑑賞できるコーナーもありました。紫禁城はやっぱり大きいなぁと実感。CGによる“プチ”バーチャル見学ができます。
個人的には、内裏の中心である大和殿広場の造りが、いわゆる四合院造り(広場を中心に、三方を建物で囲み、残り一方に門を配する、中国都市部の特徴的な建築様式)になっているという説明に「なるほど!」と感嘆。(四合院造りに関しては「中国の都市空間を読む(山川出版:世界知リブレット)」などを参照してください。)
IMG_20170315_191849.jpg

★ 感想

私が北京で胡同の街並みを見物したのはもう十年近く前(「Rolleiと北京出張 その2 什刹海の胡同巡り」)。その後も、「「帝都東京を中国革命で歩く」 戦前、中国には日本への留学ブームがあった」や「「老北京の胡同 開発と喪失、ささやかな抵抗の記録」 庶民の歴史を残すことの難しさ」なんて本を読むことを通して、北京の街並みを懐かしんでいました。
そんな魅力的な北京の街と、江戸の街とを比較してみようという今回の企画展、とても興味深いものでした。

そんな中、いくつか、気が付いた・気になったことを四方山話に。
一つ目は、絵巻の中で、北京の人々はほぼ全員が帽子(笠?)を被った姿で描かれていること。何せ、乾隆八旬万寿慶典図巻」、「万寿盛典」にはそれぞれ千人以上の人が描かれているそうなので、全てをチェックしたわけではありません。でも、ツラツラと眺めるに、みんなそうなんですよ。お祝いのパレードを描いた絵巻ですから、こういう場では帽子(笠)を被るのがしきたりなんですかね。それとも、普段でもそうしていたのかな。清朝の人には弁髪が多いのかな?と思って、弁髪姿を探そうとして気が付いたのでした。うむ、この風俗・習慣、気になります。

二つ目は、はやり北京は多民族・多文化都市だったのだなと思ったこと。「熈代勝覧」にはたぶん、出てこないと思うのですが、「万寿盛典」には回教徒(イスラム教徒)向けの食事を出す露店、なんてのが描かれています。日本だと、「「沈黙 Silence」 原作をとても丁寧に映像化している。そして窪塚洋介は、日本のユダを見事に演じていた」などに描かれているように、基本的には宗教の統制などがされていた訳です。が、北京は西方からの往来者・移民も多くいたのでしょう、かなり国際的です。
まあ、清国自体が、漢民族ではない北方の人々による王朝だったことだし、多様性は大きかったのでしょう。
IMG_20170315_185204.jpg

と、そんな違いがありつつも、「年中行事」を紹介したコーナーでは、やっぱり似ているなぁと改めて思わせてくれます。まあ、中国がルーツのイベントを日本が取り入れたからでしょうけどけどね。節句の祝いの際に鍾馗様の絵を飾って魔除けにするなんてのは日中問わず広まった伝承なんだなと感心してしまいます。
IMG_20170315_193730.jpg

互いの違いや共通点双方を知ってこそ、より深く理解し合えるというもの。色々とギクシャクしがちですが、相手を理解するのにとても良い企画でしたよ。これは観るべき。おすすめです。

そうそう。「老北京の胡同」で出てきた、“ペットの鳩に笛を付けて飛ばす風習”ですが、その鳩笛の実物も展示されてました。こんなところで本物を目にするとは。意外に大きくて、これをくくりつけられたらちょっと迷惑だなと、北京の鳩に同情心も芽生えたのでありました。
IMG_20170315_194049.jpg

★ 美術展情報

江戸と北京-18世紀の都市と暮らし-」展は下記の通り、開催中。






nice!(14)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「FACE展 2017 ー 損保ジャパン日本興亜美術賞展」でお気に入りを見つけ、投票しよう [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170304_151355.jpg

WindamArtPRさんの招待で、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「FACE展 2017 ー 損保ジャパン日本興亜美術賞展」を観にいき、「オーディエンス賞」にも投票してきました。

★ 展示内容

FACE展ってどんな美術展なのでしょう。公式サイトの説明によると、
損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設された本展は、今回で5回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しつつあります。
「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募したところ、全国各地の幅広い年齢層の902名の新進作家たちからご応募を頂きました。四次の「入選審査」と二次の「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品71点(内受賞作品9点)を決定いたしました。
会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。
とのこと。
グランプリをとった作品は、美術館買い上げとなり、収蔵品の仲間入り。来年のFACE展でも飾られることが決まっているそうです。

そんな作品の審査をした審査員はこちらの方々(敬称略)
そして、応募作品902点からグランプリ1点、優秀賞3点、読売新聞社賞1点、審査員特別賞4点を選出したのでした。

入ってすぐの展示室には受賞作品が飾られています。そして、次のスペースに入選作品がずらり。なかなか見応えがあります。
そうそう。入り口で投票券を渡されますので、気に入った作品を選び、展示スペースに設置されている投票箱に投票しましょう。
また、本展覧会は展示室内での作品撮影が可能です(収蔵品コーナーを除く)。

★ 感想

全体的な感想としては、“サブ”カルチャーがサブではなくなって、アートの中心になってきているのかなって感じ。写真やCG、そしてアニメの影響を受けたような作品が多いなと思いました。写真と間違えるほどにリアルな描写をしている“スーパーリアリティ”な作品だったり、CGっぽい描写だったり。いやぁ、何とも不思議な世界が広がってました。
みなさん、この中でお気に入りはどの作品でしょう? 是非、観に行って、その一枚を見つけ、投票してみてください。

さて、私が気に入った・面白いなと思った作品をいくつかご紹介。以下、勝手な私の感想です。

読売新聞社賞受賞作。宮岡俊夫 「Landscape」。

風景画なのでしょうが、大胆に抽象化され、思わず目のピントが合っていないのかな?と迷ってしまう。でも、確かに風景。しかも田んぼと裏山だろうか、なんとも爽やか。余計なものを削いだ、省エネ風景画と名づけたい。
IMG_20170304_154718.jpg


審査員特別賞の浜口麻里奈 「私のいない物語」。
深海の熱水噴出孔の周りに生息するチューブワーム(ハオリムシ)だろうか、それとも新種の植物か。キャンパス一杯にウヨウヨしている。が、確かにそこに“私”はいないようだ。いや、脊椎動物が現れるまでにはあと数十億年かかるのかもしれない。そんなことを思わせてくれた。
IMG_20170304_154747.jpg


優秀賞の 石橋暢之 「ジオラマのような風景」。
見慣れた風景。お茶の水ですね。聖橋から見た風景かな。ボールペン画だそうです。近づいてよく見ると、ボールペンの細い線で描き込まれています。
その昔、写真の黎明期には“絵画のような表現”を写真は取り入れて“アート”として確立していった、なんて歴史がありました。ピクトリアリズムってやつですね(「「芸術写真の精華 日本のピクトリアリズム 珠玉の名品展」 東京都写真美術館友の会特別内覧会」を見てみてください)。そして、この作品はその逆なのかな。絵画が写真に寄せていっている。見た瞬間、「写真みたい!」と誰もが思うでしょう。さて、写真に近づいた絵画はそれ自体、どのような存在意義を持つことになるのでしょうか。
IMG_20170304_154824.jpg


戸泉恵徳 「コワレルハート」。
人形を並べて写真を撮ったのかと思いましたが、これも絵画。
その昔に観た映画「シン・レッド・ライン」で、古参の兵士が突如、戦場のまっただ中で精神に異常を来し、前に進めなくなるシーンがあった。兵士のハートは突如として壊れてしまうものなのかも知れない。もちろん、兵士に限ったことではないだろうが。
ピンク色が艶めかしい。
IMG_20170304_155302.jpg


財田翔悟 「吹き消す前に」。
説明パネルによると、これは「日本画」なのだそうだ。固定観念で、日本画と言われると、狩野派の作品なんかを想像してしまう。うむ、進化形日本画、ということか。
IMG_20170304_160022.jpg


千冬 「MUBE II」。
こういう風景、好きです。こんな景色を見ると写真を撮りたくなる。その意味で、見慣れた感じがするんだけど、よくよくこの作品を観ると、背景が曖昧。近くの木々はこんなにリアルなのに、遠く行くと現実感が失われていく。なんか吸い込まれていきそう。進んではいけない道なのだろうか。
IMG_20170304_160535.jpg


加納冬樹 「街の河」。
これまた都内各所で見られる風景。神田川のどこかかな。陽の当たらない川面だけど、漏れて射す光に煌めいている。
IMG_20170304_160633.jpg


井伊智美 「残心」。
ベニヤパネルをキャンパスにした“焼き絵”だそうです。セピア色が、遙か昔に描かれた細密画のような雰囲気を持ち、祭壇画のようにも見える。そう思うと、樹木のようでもあり、人々が苦しみ、絡み合っているようにも感じられる。
IMG_20170304_161041.jpg


吉岡由美子「Solemne I」。
鉛筆画。私はこの作品に一票を入れました。写真撮影の条件が悪くて、色んなものが写り込んじゃいましたね。本物は会場で見てください。
「ものの哀れ」は分かり易い。色々と見てきた中でのこの一枚だったので、ちょっと安心できたと言うことだろうか。でも、そんな相対評価だけではない存在感がこの一枚にはあったと思う。風が吹いている、その流れが見えるようだ。気に入りました。
IMG_20170304_155038.jpg

★ 美術展情報

「FACE展 2017 ー 損保ジャパン日本興亜美術賞展」は下記の通り、開催中。






nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」 インドの現代アート作家の不思議な世界 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170211_151554.jpg


今回の展示作品は、以下のライセンスの元、写真撮影可能でした。
以下の写真(作家:N・S・ハルシャ)は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
by-nc-nd.png

★ 展示内容

公式サイトによると、
N・S・ハルシャは1969年、南インドの古都マイスールに生まれ、現在も同地に在住し活動しています。インドの現代アートは近年の急速な経済成長や都市化とともに、国際的な注目を浴びていますが、N・S・ハルシャもこの10年間、世界各地で開催される国際展に数多く参加し、作品を発表しています。その一方で、南インドの伝統文化や自然環境、日々の生活における人間と動植物との関係など、自らを取り巻く「生」と真摯に向き合いながら、独自の立ち位置を確立してきた作家でもあります。
とのこと。

今回の企画展は、そんなN・S・ハルシャの個展になり、1995年以降の主要作品からピックアップして展示されています。

「私たちは来て、私たちは食べ、私たちは眠る」
N・S・ハルシャの作品には、とにかくたくさんの人々(人だけではなく、ヒンドゥーの神々だったり、動物だったりもするが)が描かれる。そして、一人ずつが異なった表情をし、それぞれの役割を持っているようだ。この一枚で制作期間は二年かかっているとのこと。
この作品は三部作となっていて、これは人々が食べている姿を描いている。インド、特に南インドの習慣だろうか、バナナの葉っぱの上に載せられた料理を手で(もちろん、右手)食べている。
IMG_20170211_140530.jpg


「マクロ経済は日給30ルピーか60ルピーかで論争する」
1990年代になってインドは経済の自由化によって大きく発展する。農村の生活は大きく変化し、ビジネスマン達がスーツ姿で畑へと入り込んでいった。
IMG_20170211_141523.jpg


作品中にタイトルというか、メッセージがダイレクトに文字で書かれているのも特徴の一つと言えそうだ。それは中世キリスト教の宗教絵画を見るようでもある。
IMG_20170211_141532.jpg


N・S・ハルシャの作品は絵画だけではない。彫刻も然り。これはインド神話のハヌマーン(猿の顔をした神)だろうか。
なお、同じモチーフの作品が六本木ヒルズの66広場(あの“クモ”のいる広場)にも展示されていたので一緒に記念写真を撮るのもいいかも(あれを見よ - Smartphonography Club)。
IMG_20170211_143154.jpg


「ネイションズ(国家)」
足踏みミシンがずらっと並んでいる。一台ずつに各国の国旗が掛かっている。人々の労働によって国が成り立っていること、そして工業化の象徴として足踏みミシンが選ばれたそうだ。
IMG_20170215_182939.jpg


「レフトオーバーズ(残り物)」
食べること、寝ることに拘るN・S・ハルシャ。日本の食品サンプルに触発され、それを作品に採り入れたのがこれら。というか、食品サンプルメーカーとのコラボレーション作品。
これが二十人分程度、並んでます。どれもが食べかけだったり、食べ終わっていたり。人が食べているところを想像させる造りになっています。
IMG_20170211_143820.jpg


「持たざるままに」
何もせずに、ただ座っている人々を描いた作品。表情の乏しい人々は何を考えているのだろうか。“空席”があるのも何かを考えさせてくれる。
生まれた土地を離れ、暮らす人々の姿を現しているそうだが、よその土地では誰もが空虚感を感じているのだろう。
IMG_20170211_144711.jpg


「探し求める者たちの楽園」
マクロな視点とミクロな視点。それを端的に表しているのが、作品に描かれる望遠鏡と顕微鏡。人々だけではなく、神々や動物たちまでもが望遠鏡・顕微鏡を覗いている。彼らにはこの世界はどのように見えているのだろうか。
IMG_20170211_145129.jpg


「夢見るバングル」
オーストラリアのアーティストとの共作。写真だとちょっと分かりにくいですが、部屋の真ん中に立つ柱を挟んで、椅子(型のオブジェ)が二客、向かい合っている。互いの姿は柱に邪魔されて直接は見えない。でも、その椅子は繋がっている。コミュニケーションをイメージしているのだろうか。
IMG_20170215_183250.jpg


「タマシャ」
こちらもハヌマーンかと思いきや、N・S・ハルシャのアトリエを覗き込んでいた(本物の)猿がモデル。
この猿たちはその手で何を示しているのだろうか。
IMG_20170211_145454.jpg


N・S・ハルシャ展、見学の際には足元に注意してください。食べかけの食品(サンプル)があったり、こんな風に寝ている人がいたり?!
IMG_20170211_145515.jpg

★ 感想

とにかくインパクトのある作品がずらっと並んでいます。一枚の絵に、何人が描かれているんでしょうか。百人?いや、もっとかな。その一人ずつが個性を持っていて、見入ってしまいます。曼荼羅のような宗教画のような雰囲気があったり、ヒエロニムス・ボスやブリューゲルのような風刺画のようだったり。描かれる一人一人の持つ意味を考えさせる感じ。

私が仕事でインドを何度か訪れたのは十年ほど前(「久しぶりのインド・バンガロール出張」を見てください)。最先端のIT産業と、街をのんびり歩く牛たちの姿がこの国のイメージ。異なる文化が一変に混ざり合うと、やはり色々と矛盾は生じてくるのだろう。神々とスーツ姿のビジネスマンとが一緒に描かれているN・S・ハルシャの作品は、ちょっとコミカルな雰囲気を持ちつつも、淡々と語っている。
これからもインドはますます発展(変化)していくだろう。もう十年たった時にN・S・ハルシャは何を描くのだろうか。


無料で貸し出してくれる音声ガイドの声は細野晴臣さん。YouTubeでも聴くことができますよ。森美術館|音声/動画 コンテンツからチェックしてください。

森美術館ならではの企画展。おすすめです。

★ 美術展情報

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2017/2/4(Sat) - 6/11(Sun)
  • 開館時間 : 10:00-22:00(火曜は17:00まで)入館は閉館の30分前まで
  • 休館日: 会期中無休
  • 料金 : 一般 1,800円、学生(高校・大学生) 1,200円、子供(4歳ー中学生) 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
  • 公式サイト : N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅 | 森美術館
  • 図録 3,024円 (税込)、発売日:2017年2月下旬(予定)
  • 参考ページ : NS Harsha | Victoria Miro





nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | 次の3件 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ