So-net無料ブログ作成
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

「生誕100年 ユージン・スミス写真展」:写真が語るヒューマン・ドラマの説得力 [美術 : 美術展、写真展紹介]

Eugene Smith pdf.png

東京都写真美術館で「生誕100年 ユージン・スミス写真展」を観てきました。

★ 展示内容

W.ユージン・スミス(1918-1978)は、従軍カメラマンとしてキャリアをスタートさせ、第二次大戦の沖縄戦などを取材しています。が、その地で重症を負い、数年、療養に専念することになります。回復後は一転、ヒューマン・ドキュメンタリー写真家として再スタート。その際に発表された、幼い子どもたちが刺激の暗闇から明るい場所へと向かっていく「楽園へのあゆみ The Walk to Paradise Garden」はあまりに有名ですね。

公式サイトの説明によると、
本展覧会は、生誕100年を回顧するもので、スミス自身が生前にネガ、作品保管を寄託したアリゾナ大学クリエイティヴ写真センターによる協力のもと、同館所蔵の貴重なヴィンテージ・プリント作品を150点展示します。情報あふれる現代社会に生きる私たちにとって、ジャーナリズムの原点をいま一度見つめ直すきっかけになることでしょう。
とのこと。

展示構成は以下の通りで、年代順+テーマ別。Lifeでの特集や、刊行された写真集ごとにまとまっている。また、併せてそれら作品が掲載されているLife誌や写真集なども展示されている。
  1. 初期作品
  2. 太平洋戦争
  3. カントリー・ドクター
  4. イギリス
  5. スペインの村
  6. 助産師モード
  7. 化学の君臨
  8. 季節農場労働
  9. 慈悲の人
  10. ピッツバーグ
  11. ロフトの暮らし
  12. 日立
  13. 水俣

まず始め、会場入り口に「楽園へのあゆみ The Walk to Paradise Garden」のポスターが飾られている。これだけは撮影OK。 #ユージン・スミス のハッシュタグを付けてSNSに投稿して、とのこと。
DSC_1169.jpg

なお、本物(のプリント)ももちろん展示されています。

「太平洋戦争」では、投降する日本人の姿が写されています。掴まったら殺されると思い込まされていたからなのか、恐怖のあまりに表情を失った顔がその状況を語ってくれています。

「カントリー・ドクター」は戦後、田舎の医者の“日常”を追ったもの。雨の中をカバン一つ持って往診に向かう医師の姿。老人を診察し、死期が近いことをみて司祭に電話をする医師。お産を介助するも、母子共に死なせてしまったあと、呆然としながらお茶を飲む医師。子どもたちに囲まれながら、予防接種をする医師。一人で全てをこなし、その町の人々の喜びと悲しみに立ち会うその姿は、まさにヒューマン・ドラマです。胸打たれ、涙がこぼれそうになるくらいに心を揺さぶられるシリーズ。写真の持つ力を再認識できるでしょう。

「水俣」は、日本にゆかりの深いユージン・スミスが見た、水俣病の問題を取材した作品群。水俣湾の漁の様子から、チッソの廃液、そして住民集会や裁判の様子など、その全体像を捉え、示そうとしている。

★ 感想

改めて、写真の持つ力を感じさせる作品群でした。特に、「カントリー・ドクター」や「助産師モード」(“モード”は人名です)には一瞬でその世界に引きこまれてしまった感じ。映画を一本、ドラマをワンクール観たくらいの重み。
寡黙なドクターはカメラを、ユージン・スミスを全く意識していない。そこまでの信頼関係を築くまでにはどんな過程があったのだろうか。その結果、あの表情を写すことができたのだから、その撮影姿勢に関してもただただ驚くばかり。あんな素の表情を撮れるなんて。お産で母子を死なせてしまった後のあの顔は何とも言えない。何時間、いや十数時間もの“格闘”の末、最悪の結果となってしまった。その虚脱感、疲労感、まだ後悔することもできない虚無感、そんなドラマがフラッシュバックのように見えてくる感じだ。あの表情が全てを語っている。
いやぁ、凄いです。

若い頃、日本人カメラマンと出会い、感銘を受けたのがきっかけでプロの道に進むようになったとか。従軍カメラマンとしても沖縄で撮影をしたりと、日本との関係も深いユージン・スミスさん。「日立」や「水俣」のシリーズでは興味本位ではない、暖かな視線を感じられました。現場に溶け込んで撮影していたんでしょうね、こちらも。


なんと言うか、「良いものを見た」というのがまとめの感想。感想を細かく語るのもおこがましい気がしちゃうほど感動。観るべきです、これは。

★ 写真展情報

「生誕100年 ユージン・スミス写真展」は下記の通り、開催中。





nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

「アジェのインスピレーション ひきつがれる精神」展 森山大道も荒木経惟もアジェをリスペクト [美術 : 美術展、写真展紹介]

Eugene Atget pdf.png


東京都写真美術館で「アジェのインスピレーション ひきつがれる精神」展を観てきました。

★ 展示内容

ウジェーヌ・アジェは十九世紀末から二十世紀初頭にかけてパリの街並みや人々の暮らしを写真に撮りつづけた、「近代写真の父」と呼ばれる写真家。
パリのモンパルナスで、周りに暮らす芸術家たちの製作資料として、街の写真を撮影、販売を始める。さらにはパリ市歴史図書館などから依頼を受けて、計画的にパリの街並みを撮影していった。アジェ自身は、これらの写真を芸術作品と言うよりは、生活のために撮り続けていたようだ。だが、八千枚にもおよぶ作品群は晩年、マン・レイから大きく評価されて、世に紹介される。死後、その評価はさらに高くなり、多くの写真家に影響を与えることとなった。

今回の企画展は、全て東京都写真美術館の収蔵作品からセレクトされた作品から構成されている。まずはアジェの作品群。そして、彼の作品に影響を受けた写真家たちの作品が並ぶ。展示は写真家ごとにまとめられていて、
  • ウジェーヌ・アジェ
  • ジャン=ルイ・アンリ・ル・セック
  • シャルル・マルヴィル
  • アルフレッド・スティーグリッツ
  • マン・レイ
  • ベレニス・アボット
  • ウォーカー・エヴァンズ
  • リー・フリードランダー
  • 森山大道
  • 荒木経惟
  • 深瀬昌久
  • 清野賀子
の通りに並んでいる。

アジェの作品は、パリの街角の建物だったり、その扉だったり、階段(の手すり)だったり。街並みを静かに見つめる視線がそこにある。だが、アジェの作品はそれだけではない。扉の脇に女性が立っていたり、店の前に店主とおぼしき人がいたりと、市井の人びとの生活感も感じられる作品もある。十九世紀末・二十世紀初頭のパリの街角(場末、と言ってもいいかも)の雰囲気がそのままそこに表れているのだ。

ベレニス・アボットは〈変わりゆくニューヨーク〉シリーズで、戦前・戦後のニューヨークの姿を捉えている。戦前から既に摩天楼となっていたニューヨークだが、出航する客船を見送る人々の混雑など、昔は違っていた(飛行機ではなかった)んだなとわかる。

荒木経惟の<写真論>では(文字通りの)路上の人々の姿が写し出されていたり、どこかのビル街の様子だったりと、日本の今を伝えている。「やっぱ<私情>がなくちゃね。やっぱりアッジェだね。」と彼は語っている。

森山大道は新宿や有楽町、小樽や旭川などで撮った作品が並ぶ。「アジェの写真は(中略)、ぼくにとっては、限りなく蠱惑的な存在」とのこと。

★ 感想

「アジェのパリ」」を読んだのは七年前の暮れ。アジェとは比べものにならないけど、街中の景色を撮る(Smartphonography Clubを見てくださいな)のが好きな私としては、密かにリスペクトしています。いつか、アジェの写真集を持ってパリの街を歩き回ってみたいな。

さて、そんなアジェの作品と、それに影響を受けた写真家たちの作品ということで、どんなところにアジェっぽさがあるのかとじっくりと見てしまいました。
アジェのパリ」によると、アジェが被写体として建物などと共に撮っている人びとは場末の街の人々だったりするので、かなり打ち解けて信頼関係を築いていたからこそ可能だったらしい。以前TVで見たことがあるが、荒木経惟もそんなスタイルだと思う。街中に出て、写したいと思った人たちに気軽に声をかけ、会話をしつつシャッターを切る。作品そのものだけではなく、写真の撮り方でも影響されているのだろうか。まあ、“路上生活者”を写した作品はこっそり撮ったのかな、と言う感じではあるけど。

深瀬昌久の<鴉>シリーズはどこにアジェっぽさがあるのかな。荒木経惟や森山大道はそうなのかも、と思わせてくれたけど、だんだんと難しくなっていく感じ。鴉をクローズアップした作品は、静かなアジェの視線とは違っていそうなんだけど。
この辺り、キュレーターさんがどう考えてこれらの作品をチョイスしたのか聞いてみたい。1/5, 1/19にギャラリー・トークがあるみたいだけど、平日の昼間なのでちょっと厳しそう。残念。


そうそう。一枚目にアジェの油絵が展示されてます。アジェは画家になりたかったのだとか。でも、それでは生活できなかったため、写真を撮り始めたようです。そう思って彼の絵画を見ると、どことなく寂しさを感じてしまいます。でも、画家になれなかった結果、「近代写真の父」として世に知られるようになった訳で、人生色々だなと思ってしまうのでありました。

改めてアジェの作品は良いなと思った。私も地元の下北沢をこんな風に撮りまくってみようかな。

★ 写真展情報

「アジェのインスピレーション ひきつがれる精神」展は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2017/12/2(Sat) - 2018/1/28(Sun)
  • 開館時間 : 10:00 - 18:00(木・金曜日は20:00まで, 1/2,3は11:00-18:00
  • 休館日: 月曜日, 12/29,30,31,1/1
  • 料金 : 一般600円 学生 500円 中高生・65歳以上 400円 小学生以下、都内在住・在学の中学生は無料
  • 公式サイト : 東京都写真美術館
  • 図録 : 1,900円(税込)
  • 参考書 「アジェのパリ






nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「日本・デンマーク国交樹立150周年記念 デンマーク・デザイン」展 は、欲しくなっちゃう美術展でした [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20171122_182734.jpg

プレス&ブロガー向け内覧会に参加してきました。例によって、特別な許可をいただいて撮影をしています。通常は、一部コーナーを除いて撮影禁止です。

★ 展示内容

日本・デンマーク国交樹立150周年記念ということで、デンマーク大使館の方が見えられ、主旨説明がありました。
「デンマークでは“HYGGE(ヒュッゲ)”という考え方があり、「暖かさ、やすらぎ」といった意味。このHYUGGEをコンセプトにしているのがデンマークデザイン。自然の素材を使い、シンプルでいて機能的なデザインは、日本の様式と共通するものがある。」とのこと(かなり要約しました。あしからず)。

その後、学芸員さんによるギャラリートークがあり、各コーナーの見どころなどを聞いたのでありました。以下、その内容も混ぜての説明です。
企画構成は、ほぼ時代順。中心は戦後の作品。構成詳細は以下の通り。
  • 第1章 国際的評価を得た最初のデンマーク・デザイン
  • 第2章 古典主義から機能主義へ
  • 第3章 オーガニック・モダニズム ―デンマーク・デザインの国際化
  • 第4章 ポストモダニズムと現代のデンマーク・デザイン
  • 特別出品
ここで「特別出品」のコーナーは、実際に座ってみることのできる、ウェグナーの作品(椅子)が展示されています。ここだけ、写真撮影OK。座り心地を確かめつつ、記念写真が撮れます。

一章はロイヤルコペンハーゲン。十七世紀に磁器が欧州に伝来。熱を通しにくいので、当時流行りだしたコーヒー、紅茶が飲み易かったということもあり、ブームに。
1400度の熱に耐えられた絵の具がコバルトだけだった。青色ばっかりなのはそのため。
非対称の構図はジャポニズムの影響。“余白”を活かした構図になっている。
十九世紀から他の絵の具も使えるようになり、作品はカラフルになっていた。
IMG_20171122_192909.jpg


王立の工場だった者が民間に払い下げになった後のロイヤルコペンハーゲンを再興したのが写真のアーノル・クローウ。彼はアート・ディレクターとして数々の作品を生み出していったのでした。
IMG_20171122_192920.jpg


二章では、古代ギリシャをベースにリデザインし、機能性を組み入れていったデンマーク・デザインの作品を紹介。
リデザインはデンマーク・デザインのもう一つのキーワード。伝統を継承しつつ、新たな要素を加えていき、新しいものにしてしまうというもの。

ギリシャ建築を思わせる直線を基調とした、コーオ・クリントの椅子などがその代表例。
IMG_20171122_192949.jpg


三章が今回のメイン。
戦後の技術革新、新素材の登場により、家具(のデザイン)も大きく変わっていく。アメリカでは大量生産の時代へと移っていた。だが、デンマークではまだ手工業が主だった。逆にそれが、アメリカでウケることに。
オーガニック・モダニズムとは有機体云々と言うよりは、曲線・曲面を重んじる様式のこと。機能美を追求したからこそこのようなデザインへと行き着いた。人間工学の先駆け。

ウェグナーの作品の中でも有名なのは、ロバート・ケネディが大統領選の討論会で座った椅子。
IMG_20171122_193117.jpg


ヤコブスンの座面と背もたれが一体化した椅子。合板を使い、初めて可能になったデザイン。アントチェアと呼ばれている。
IMG_20171122_193157.jpg


エッグチェア、スワンチェアなど呼ばれたヤコブスンの椅子は、SAS(スカンジナビア航空)のホテルなどで用いられた。
IMG_20171122_193232.jpg


フィン・ユールの作品は、古代エジプトの女王が座っていた王座(椅子)からインスパイアされたもの。
IMG_20171122_193336.jpg


ポール・ヘニングスンは眩しくないライトを生み出した。幼少の頃、ランプの生活を送っていた彼は、あの揺らめくような柔らかな灯りが自分たちには合っていると考えたのだ。
IMG_20171122_193425.jpg


ヴェアナ・パントンは一枚のプラスチック板から椅子を作り出した。ウェグナーの作品が背もたれと腰掛ける部分の一体化だったのに対し、彼の作品は全てを一体成型したものだった。
ハートマークをモチーフにしたものもあるが、ハートマークはデンマークではポピュラーなデザイン。クリスマスの飾り付けなどにもハート型のオーナメントがあるくらい。
当初、前衛的な彼のデザインを受け入れない人々も多かったが、海外で評価を得てから徐々に変わっていった。
IMG_20171122_193731.jpg



四章はその後、そして今に繋がる時代の作品群。70年代初め、デンマーク・デザインの作品・製品は衰退していく。人々のライフスタイルの変化や、技術者・職人の育成が上手く進まなかったなどによる。が、デンマーク・デザインは日用品のデザインに取り入れられ、エコロジーなどの流れにも乗って、復活を遂げている。シンプル、機能性、高品質をベースに、エコであることも採り入れた“リデザイン”が為されているからだ。
IMG_20171122_193751.jpg

★ 感想

HYGGE(ヒュッゲ)って、初めて知った言葉ですが、いいですね。LOHASとかエコとか、流行りの言葉は色々あるけど、こちらは歴史と深みも感じられます。
そんな思想で作られた椅子は本当に座り心地が良いものばかり。実際に座ってみることのできるコーナーでいくつか試してみたんですが、スッポリと包まれる感じの奴は、もうそのまま立ち上がれなくなりそうでしたよ。あの感覚は試してみないと分からないので、みなさんも是非!
IMG_20171122_193956.jpg


いやぁ、とにかくカッコいいんですよね、北欧家具・北欧デザイン・デンマーク・デザイン。展示されている作品を観ながら思わず「かっこいい!」「これ、欲しい!!」って何度も口に出ちゃいました。父親の影響で、アールヌーボーの頃の作品も好きなんですが、こっちの方がさらに好きだな。

家具の他にも、こんな製品も展示されてました。オーディオプレイヤー。ターンテーブルもシンプルだけど存在感充分。この細いアームがクール!
IMG_20171122_193514.jpg


食器類もいい!シンプルさと機能美ってこれですね、まさに。スプーンやフォークの機能を損なうことなく、こんなにもカッコよくしてしまうんだから。
IMG_20171122_193359.jpg


そしてデンマークと言えばやっぱりLEGO。子供の頃、毎日のように遊んでいた想い出が。四角いブロックを組み合わせれば何でもできてしまう。なるほど、デンマークの子供たちはこれでデザイン感覚を養っていたんでしょうね。シンプルだけど機能的。そんな感覚を身につけるにはピッタリ。
IMG_20171122_193759.jpg


今回の企画展に出品された作品の多くは「個人蔵」。みなさん、大事に、きれいに使っているようです。もちろん、それなりの値段もするでしょうから手荒な扱いはしないとは言え、オーナーの愛着があるからこそ。
いい値段するでしょうけど、私も欲しいなぁ。食器セットくらいならば手が届くかな。そんな感じで、ちょっと興奮気味で観賞した今回の企画展、かなり楽しめました。北欧家具、流行りですからね。一見の価値ありですよ。おすすめです。


そうそう。関連グッズもお洒落なものが多かったな。
IMG_20171122_195530.jpg

★ 美術展情報

「デンマークデザイン」展は下記の通り、開催中。






nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | 次の3件 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ