So-net無料ブログ作成
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」展 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG1610.jpg

ブロガー内覧会に行ってきました。例によって、特別な許可を得て、写真撮影させてもらいました。通常は撮影禁止です。

★ 展示内容

静嘉堂文庫美術館で開催中の「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」展は、中国絵画の明朝末期・清朝初期の作品を集めた企画展。

● トークショー


今回もトークショーがあり、“饒舌”館長の河野館長と、東大東洋文化研究所教授の板倉先生が登壇。司会は青い日記帳のtakさん
まさに“饒舌”館長の真骨頂発揮というトークショーで、盛り上がりました。明清絵画という、渋いお題なのに、笑いも起きる場面多数。さらにはお二人のバトルも勃発。そんな楽しい感じなのですが、内容はとてもディープ。知らない話が一杯。
そのため、私には“内容をまとめる”程の知識もないので、以下、聞き書きそのままです。いや、聞き間違いもありそう。その辺りはご容赦を。

館長:
「あこがれの・・・」と言う今回の企画展のネーミングは、日本人が憧れた明清絵画を日本人目線で観た、と言う意味。
東京(六本木)|住友コレクション 泉屋博古館「典雅と奇想―明末清初の中国名画展」とのコラボレーション企画になっている。
明治大正時代、清朝崩壊に伴って明清絵画が大量に日本に渡ってきた。しかし、今回は江戸時代に入ってきたもの(古渡り)のコレクション。当時、中国は政治・経済・文化の憧れの対象だった。

あの北大路魯山人も初めは中国文化を愛していた。「中国に行けるならば、牢屋の中でもいい」と言った。近代になって西洋文化が上になったが、まだまだ憧れは強かったと考える。

板倉先生:
室町時代は東山御物(宋の時代のコレクション)が憧れの対象だった。江戸時代になって変化が生じ、明清絵画が人気になった。
東山御物は限られた人しか見られないものとなってしまった。が、知識人たちは、知識としてどんなものかは知っていった。その知識を比較のベースとして、明清絵画に接している。

館長:
伊藤若沖が模写した作品の、そのオリジナルの作品が収蔵・展示されている。
伊藤若冲の作品は展示していないが、伊藤若沖と沈南蘋との関係を説いたパネルを展示しているので見て欲しい。

板倉先生:
虎図(展示No.8):元々は中国の作品。韓国でも模写された。若沖も韓国の作品を見て模写している。ただ、若沖は中国の毛松の作品と思っていた。
韓国の作品は紙を横に接いでいる。また、風が手前と奥で逆に吹いている。これは中国絵画の表現にはない。
初公開作品が八点。

館長:
狩野探幽による模写は縮図が多い。張翬筆 山水図模本(展示No.2)は原寸大の模写。これは希少。
中国の原画は力強い。日本人が模写したものは柔らかな表現。

沈南蘋の老圃秋容図(展示No.10)の猫をポスターにした。岩合光昭さんの人気にあやかろうと。。。
来日してすぐに描いたんじゃないか。。。。

板倉先生:
いや、その猫は来日前に描いたものを持ってきた。日程的に、来日してすぐに書いたとは考えられない。
当時の文化人が見た沈南蘋の作品・作風はこれ。油絵っぽくなるのはその後・帰国後。

館長:
谷文晁派による老圃秋容図粉本(展示No.11)には 右下に判子が押されている。谷文晁の画塾の印鑑。お手本として利用していた。

板倉先生:
山水画のおすすめは李士達のもの。円山応挙が模写している。彼の作品は火難を避けるとの信仰があったため、好んで飾られた。

絖本(ぬめ:絹の光沢がよく出る)、金線(?)を多用。斜めから見ると光る。是非、角度を変えて眺めて欲しい。例えば、王建章の米法山水画(展示No.28)。金線の上に描かれているので、光って見える。
絖本は与謝野蕪村が愛用した。絖本、金線ブームは日本からの逆輸入で中国で流行ったらしい。

館長:
話してきたとおり、明清絵画は江戸時代の文人たちの憧れであり、彼らの創作を促し、影響を与えた存在だった。
そうそう、明清の書も見て欲しい。絵画だけではなく、書を残した人も多い。

● 展示

今回の展示はテーマごとに分類された構成になってます。詳細は以下の通り。
  • はじめに~ 静嘉堂の明清絵画コレクション
  • 明清の花鳥画
  • 明清の道釈人物・山水画
  • 文人の楽しみと明清の書跡
  • 清朝陶磁の紋様表現


花鳥画は色鮮やか。花鳥風月を描いた作品は、吉兆のためのものと、博物的な観点のものがある。
IMG_20171028_171344.jpg


道釈画(どうしゃくが:道教・仏教関連の人物画)では五百羅漢図(展示No.19)などが展示されている。一人だけ、やけにリアルに描かれた人物がいるが、この人はきっと実在の人物(僧侶)。
IMG_20171028_172552.jpg


明清絵画は、江戸時代の文人たちに人気で、茶会の席などで展示され、多くの人が観る機会を得た。
IMAG1623.jpg

IMG_20171028_174241.jpg


明末清初の時代、明朝に従い続けた「遺臣(いしん)」と呼ばれる人たちと、新たな勢力である清朝に乗り換える「弐臣」と呼ばれる人たちがいた。職を失うこととなった遺臣の人たちは故郷などで余生を過ごし、多くの作品を残すこととなった。
IMAG1624.jpg


お手本として「カタログ」も作られ、多くの人が明清絵画を知る機会を得た。
IMG_20171028_175056.jpg

IMG_20171028_171835.jpg

★ 感想

宋の時代の水墨画は、いかにも“水墨画”という感じで、寺社の奥まった部屋に飾られている物、と言うイメージがある。でも、明清絵画はもう少しファミリアな感じがする。実際、説明にある通り、江戸時代も一般の(と言ってもセレブではあったのだろうが)文人たちが好んだそうだが、身近な存在だったのだろう。

さらには、ちょっとリアルな表現なのも面白い。写実的と言うほどではないものの、虎の毛並みや飛んでいる虫の脚など、やけにリアル。一般の遠近法とは違うものの、墨の濃淡、色合いによる奥行き感の表現など、現代の我々には馴染みやすい気がする。
「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」展トークイベントはアートと歴史ミステリーと江戸文化論と盛りだくさん」で観た秋田蘭画は、名前の通りに西洋絵画の影響を受けたものだけど、この明清絵画は中国の画家たち・職人たちが独自に編み出した様式。似ている点もある物の、やはりオリジナル。その相違点を観るのも面白かった。

中国の原画と、日本人画家が模写したものが並んで展示されているのも面白い。館長の仰る通り、模写とは言え、ずいぶんと雰囲気が違っている物がある。関心を持った点を中心に、その部分はより丁寧に写したと言うことなのだろう。そこから、この人はこの絵のここに着目したのか、なんてのが分かる。共感する点もあるし、なんだここなのだろう?というものもあり、なかなか面白い。
そんな、鑑賞のポイントを学ぶこともできた。

正直、馴染みの薄かった明清絵画だが、館長の熱弁、板倉先生の楽しいトークで一気に引き込まれてしまった。
一見の価値ありですよ、これ。

★ 美術展情報

「あこがれの明清絵画 ~日本が愛した中国絵画の名品たち~」展は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2017/10/28(Sat) - 12/17(Sun)
  • 開館時間 : 10:00 - 16:30
  • 休館日: 月曜日
  • 料金 : 一般1,000円 大学生・高校生 700円 中学生以下 無料
  • 公式サイト : 静嘉堂文庫美術館 | 開催中の展覧会・講演会
  • 図録
    静嘉堂文庫美術館でお馴染みの(?)ポケットサイズ図録です。カードと一緒に並べたけど、サイズ感がわかりますかね。
    IMAG1647.jpg
  • 参考書







nice!(6)  コメント(2) 

興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」 @国立博物館 : 子犬の像がある意味、もっとも衝撃的だった [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMAG0204.jpg

★ 展示内容

東京国立博物館で開催中の興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」を観てきました。

平安末期の源平合戦の時代、そしてその後の鎌倉時代へと続く、動乱の時に運慶、そして彼の後継者達(慶派と呼ばれている)は武士達の、そして貴族達のニーズを受け、様々な仏像を作り出していった。
無著菩薩立像・世親菩薩立像(国宝:奈良 興福寺)と、それらを囲む四天王立像(国宝:奈良 興福寺)、八大童子立像(国宝:和歌山 金剛峯寺)など、写実的で、力みなぎる体躯の仏像達は観る者を圧巻する。
そんな運慶の作品を中心に、彼の父親であり師匠でもある康慶(こうけい)、息子達(湛慶(たんけい)、康弁(こうべん))や弟子達へと続く継承を辿る展示となっている。
企画構成は
  • 第1章 運慶を生んだ系譜ー康慶から運慶へ
  • 第2章 運慶の彫刻ーその独創性
  • 第3章 運慶風の展開ー運慶の息子と周辺の仏師
の通りで、ほぼ、年代順。

運慶の“デビュー作”とされている大日如来坐像(国宝 : 奈良 円成寺)は智拳印をしっかりと結んだ、スッキリとした印象の仏。これがスタート地点、という感じ。

父の康慶作とされている四天王立像(重文 : 奈良 興福寺)は、近年、息子の運慶の作品ではないかとの説も出ているそうです。朝日新聞でも「興福寺の四天王像、作者は運慶? X線調査で技法解明:朝日新聞デジタル 」。その“ホット”な仏像達も展示中。


インドの学僧だった二人を描いた無著菩薩立像・世親菩薩立像(国宝 : 奈良 興福寺)は、いかにも学者然とした難しげな表情がリアル。今にも二人で問答を始めそう。

一方の八大童子立像(国宝 : 和歌山 金剛峯寺)は賑やか。童子というには顔つきが大人だが、どことなく少年の面影も感じさせる、これまた写実的な感じ。髪型もそれぞれにユニークで、観ていて親近感を感じさせる。当時の人々はこれらの像を見て、仏(の世界)を身近に感じていたのだろう。


運慶が世を去った後も慶派の物資達は鎌倉時代を通して活躍している。
運慶の息子の一人 康弁作の龍燈鬼立像(国宝 : 奈良 興福寺)は、力強さの中にもユーモラスな表情を持ち、独特の雰囲気を出している。ふんどし(?)姿は力士かプロレスラーをモデルにしたような、マッチョな体つきだ。

★ 感想

源平の合戦を経て、武士の世の中になった鎌倉時代。武士達は神仏にすがるにしても、ストレートに強さを求めたのだろう。
毘沙門天立像(国宝 : 静岡 願成就院)は、鬼の形相というよりは、スッキリとした顔立ちの、そこらにいそうな雰囲気の顔つきだ。実際の武士達の中から誰かをモデルにしたんじゃないかと思えるほど。
一方で、四天王立像(国宝 : 奈良 興福寺)の四体はいかにも戦う神々という勇ましい姿と顔つきだ。多聞天像など、左手に持った灯明(?)を高々と掲げ、顔も斜め上を向いている。世界を照らし、敵を蹴散らす決意のようなものを感じさせる。祈りを捧げた武士達も、彼らが一緒に戦ってくれていると信じて戦場に臨んでいったのだろう。
自分にはそんな闘争心は微塵もないが、運慶の仏像を観ているとそんな武士達の心の内をちょっと覗いた気がする。


だが、いちばん驚いたのはそんな仏像ではなく、「子犬」像。犬なんですよ。しかも、写実的で、可愛らしい子犬の像(重文 : 京都 高山寺)。宗教的なテーマ以外のモチーフはとても珍しいんじゃないでしょうか。誰の注文で作ったんでしょうね。いくら武士の世だといっても可愛いものに癒やされたいと願った人がいたということでしょうか。周りの展示作品とのギャップに、思わず見入ってしまいました。仏師達はこんな作品も残していたんですね。いや、知らなかった。


普段はお寺の奥の方に恭しく仕舞われて、なかなか観ることのできない作品も多いだろうし、こうして一カ所でまとめて観られる機会もそうそうないでしょう。観るべきですね、これは。

★ 美術展情報

「運慶」展は下記の通り、開催中。






nice!(8)  コメント(2) 

生誕120年東郷青児展 @損保ジャパン日本興亜美術館 あなたのファム・ファタールに出会えるかも [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170919_182002.jpg

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「生誕120年東郷青児展 The 120th Anniversary of the Birth of Seiji Togo A Retrospective of Togo's Depiction of Women」プレス内覧会に参加してきました。
例によって、特別な許可を得て写真撮影しています。

★ 展示内容

2017年は東郷青児の生誕120周年。それを記念しての回顧展。19歳で二科展に出品した作品から始まり、戦後の1950年ころまでの作品を約60点、資料を約40点展示している。
展示構成はほぼ年代順で、以下の通り。
  • 第1章 内的生の燃焼 1915~1928年
  • 第2章 恋とモダニズム 1928~1930年代前半
  • 第3章 泰西名画と美人画 1930年代後半~1944年
  • 第4章 復興の華 1945~1950年代

二科展に19歳で初出展、二科賞受賞。二科会は、官展とは別に、“在野”の美術団体として結成された。そこでの受賞ということで、日本最初期の前衛絵画として話題となる。さらには欧州留学帰りの山田耕作と知り合い、キュビズムなどを知る。結果、前衛芸術化としての地位を確立する。当時は未来派などとも呼ばれていた。
IMAG0020.jpg


1921年、フランスに留学する。フランスでは未来派のマリネッティと知り合い、展覧会にも出展するようになる。
IMG_20170919_182948.jpg


フランス留学は七年間におよび、その間、ヨーロッパ美術の古典も学び、ルーブル美術館にも通うようになる。そして、かのピカソとも知り合い、新たな画風を学び取っていく。
その集大成的な作品が「サルタンバンク」。ただ、ピカソには「自分の作品に似ている」的なことを言われてしまったようだが。
IMAG0023.jpg



帰国した東京は、震災からも立ち直り、モダニズム文化が華やかに広がっていた。東郷青児の作品は高く評価され、二科展などでも大きく活躍していく。
当時の東郷青児は「ジプシー」をテーマにした作品を多く描き、超現実派というよりも、デ・キリコに共感をしていた。そんな彼が描いた「超現実派の散歩」は、当時、東京へ飛来したドイツの飛行船ツェッペリンにインスパイアされたのか、宙に浮いた不思議な男が月を捉えようとした姿が印象的だ。
IMG_20170919_183121.jpg


フェティッシュな作品も多く、その中でも「手術室」が代表的。病室、裸体、(ナースの)制服、黒い靴下というアイテムが際立っている。
IMG_20170919_183237.jpg


この頃は絵画だけではなく、舞台装置や室内装飾、そして本の装丁や挿絵も手がけるようになる。
普通選挙法が施行され、啓蒙の時代であった当時は美術全集が何万部も売れる時代だった。そしてお洒落で知的な雑誌が多数、出版されていた。
IMG_20170919_183203.jpg


こちらはジャン・コクトーの「恐るべき子供たち」の挿絵。併せて、本の装丁も手がけている。
IMG_20170919_183353.jpg


この頃からレオナール藤田と百貨店を飾る作品などを描くようになる。
そんな中の、京都 丸物百貨店を飾った共作も今回、藤田の作品と共に展示されている。
(残念ながら藤田の作品は著作権の関係上、写真撮影NGでした)

その後も東郷青児は大衆向けに作品を多く描くようになる。百貨店などのパブリックなスペースだけではなく、個人でも自宅に東郷の作品を飾りたいと思う人が増えていったのだ。
彼の人気は高く、竹久夢二が描く女性を“夢二美人”と呼ぶのに対し、彼の作品の中の女性達も“青児美人”と呼ばれるようになった。

戦後は、モダン文化を蘇らせるべく、二科展再興に尽力し、さらにはホテルや百貨店の大壁画までも手がける。

「望郷」は日本国際美術展で大衆賞を受賞し、一般市民からの人気は絶大であった。
IMG_20170919_183753.jpg

★ 感想

私にとって東郷青児というと、京都の喫茶店 ソワレ [食べログ]がまず、思い浮かぶ。学生の頃、この喫茶店に飾られていた東郷青児の作品が印象的だったからだ。その前から東郷青児のことは知ってはいたが、その作品を観たのはこの喫茶店が最初だったと思う。

若い頃からとても才能のある人だったんだなと再認識。そして、その頃はずいぶんと画風が違っていたんだなあと、初めて知りました。キュビズムとも違いそうだし、なんと言うんでしょうね。東郷青児オリジナルと言うことなのかな。
当時はとてもモダンで前衛的なイメージだったんでしょうが、今の時代から見るとどことなくノスタルジックな雰囲気もする。色合いもそうだし、キュビズムと言うにはだいぶ“丸み”を帯びた造型がそんな感じを抱かせるのでしょうか。「サルタンバンク」、いいですね。気に入りました。

「手術室」のフェティッシュ感、好きです。この調子で(?)谷崎潤一郎の本の装丁をしちゃっているんですからたまりませんね。ツボです。
とは言え、さすがにこのテーマだとパブリックな場所に飾るのは気が引けそう。東郷青児さんもそう思ったのか、バルビゾン派風の農婦のドレスだったり、ギリシア神話の女神のようだったりと変えていったんですね。
でも、ホテルの壁を飾る大壁画を描いていたことも知りませんでした。時代の寵児だったんだな。


普段は写真撮影禁止ですが、一枚目の写真の通り、“フォトスポット”がしつらえてあります。東郷青児の描く女性と並んで記念写真を写せますよ。彼の描く女性ならばきっとインスタ映えすることでしょう。

ミュージックショップでのグッズも華やか。トートバッグ、お洒落ですな。
IMAG0034.jpg


もちろん、図録も売ってます。2,200円なり。
IMAG0036.jpg



ということで、みなさんも新宿で“モダンガール”と再会してくださいな。

★ 美術展情報

「生誕120年東郷青児展」展は下記の通り、開催中。






nice!(6)  コメント(0) 
前の3件 | 次の3件 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ