So-net無料ブログ作成
検索選択
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | -

生誕120年東郷青児展 @損保ジャパン日本興亜美術館 あなたのファム・ファタールに出会えるかも [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170919_182002.jpg

東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で開催中の「生誕120年東郷青児展 The 120th Anniversary of the Birth of Seiji Togo A Retrospective of Togo's Depiction of Women」プレス内覧会に参加してきました。
例によって、特別な許可を得て写真撮影しています。

★ 展示内容

2017年は東郷青児の生誕120周年。それを記念しての回顧展。19歳で二科展に出品した作品から始まり、戦後の1950年ころまでの作品を約60点、資料を約40点展示している。
展示構成はほぼ年代順で、以下の通り。
  • 第1章 内的生の燃焼 1915~1928年
  • 第2章 恋とモダニズム 1928~1930年代前半
  • 第3章 泰西名画と美人画 1930年代後半~1944年
  • 第4章 復興の華 1945~1950年代

二科展に19歳で初出展、二科賞受賞。二科会は、官展とは別に、“在野”の美術団体として結成された。そこでの受賞ということで、日本最初期の前衛絵画として話題となる。さらには欧州留学帰りの山田耕作と知り合い、キュビズムなどを知る。結果、前衛芸術化としての地位を確立する。当時は未来派などとも呼ばれていた。
IMAG0020.jpg


1921年、フランスに留学する。フランスでは未来派のマリネッティと知り合い、展覧会にも出展するようになる。
IMG_20170919_182948.jpg


フランス留学は七年間におよび、その間、ヨーロッパ美術の古典も学び、ルーブル美術館にも通うようになる。そして、かのピカソとも知り合い、新たな画風を学び取っていく。
その集大成的な作品が「サルタンバンク」。ただ、ピカソには「自分の作品に似ている」的なことを言われてしまったようだが。
IMAG0023.jpg



帰国した東京は、震災からも立ち直り、モダニズム文化が華やかに広がっていた。東郷青児の作品は高く評価され、二科展などでも大きく活躍していく。
当時の東郷青児は「ジプシー」をテーマにした作品を多く描き、超現実派というよりも、デ・キリコに共感をしていた。そんな彼が描いた「超現実派の散歩」は、当時、東京へ飛来したドイツの飛行船ツェッペリンにインスパイアされたのか、宙に浮いた不思議な男が月を捉えようとした姿が印象的だ。
IMG_20170919_183121.jpg


フェティッシュな作品も多く、その中でも「手術室」が代表的。病室、裸体、(ナースの)制服、黒い靴下というアイテムが際立っている。
IMG_20170919_183237.jpg


この頃は絵画だけではなく、舞台装置や室内装飾、そして本の装丁や挿絵も手がけるようになる。
普通選挙法が施行され、啓蒙の時代であった当時は美術全集が何万部も売れる時代だった。そしてお洒落で知的な雑誌が多数、出版されていた。
IMG_20170919_183203.jpg


こちらはジャン・コクトーの「恐るべき子供たち」の挿絵。併せて、本の装丁も手がけている。
IMG_20170919_183353.jpg


この頃からレオナール藤田と百貨店を飾る作品などを描くようになる。
そんな中の、京都 丸物百貨店を飾った共作も今回、藤田の作品と共に展示されている。
(残念ながら藤田の作品は著作権の関係上、写真撮影NGでした)

その後も東郷青児は大衆向けに作品を多く描くようになる。百貨店などのパブリックなスペースだけではなく、個人でも自宅に東郷の作品を飾りたいと思う人が増えていったのだ。
彼の人気は高く、竹久夢二が描く女性を“夢二美人”と呼ぶのに対し、彼の作品の中の女性達も“青児美人”と呼ばれるようになった。

戦後は、モダン文化を蘇らせるべく、二科展再興に尽力し、さらにはホテルや百貨店の大壁画までも手がける。

「望郷」は日本国際美術展で大衆賞を受賞し、一般市民からの人気は絶大であった。
IMG_20170919_183753.jpg

★ 感想

私にとって東郷青児というと、京都の喫茶店 ソワレ [食べログ]がまず、思い浮かぶ。学生の頃、この喫茶店に飾られていた東郷青児の作品が印象的だったからだ。その前から東郷青児のことは知ってはいたが、その作品を観たのはこの喫茶店が最初だったと思う。

若い頃からとても才能のある人だったんだなと再認識。そして、その頃はずいぶんと画風が違っていたんだなあと、初めて知りました。キュビズムとも違いそうだし、なんと言うんでしょうね。東郷青児オリジナルと言うことなのかな。
当時はとてもモダンで前衛的なイメージだったんでしょうが、今の時代から見るとどことなくノスタルジックな雰囲気もする。色合いもそうだし、キュビズムと言うにはだいぶ“丸み”を帯びた造型がそんな感じを抱かせるのでしょうか。「サルタンバンク」、いいですね。気に入りました。

「手術室」のフェティッシュ感、好きです。この調子で(?)谷崎潤一郎の本の装丁をしちゃっているんですからたまりませんね。ツボです。
とは言え、さすがにこのテーマだとパブリックな場所に飾るのは気が引けそう。東郷青児さんもそう思ったのか、バルビゾン派風の農婦のドレスだったり、ギリシア神話の女神のようだったりと変えていったんですね。
でも、ホテルの壁を飾る大壁画を描いていたことも知りませんでした。時代の寵児だったんだな。


普段は写真撮影禁止ですが、一枚目の写真の通り、“フォトスポット”がしつらえてあります。東郷青児の描く女性と並んで記念写真を写せますよ。彼の描く女性ならばきっとインスタ映えすることでしょう。

ミュージックショップでのグッズも華やか。トートバッグ、お洒落ですな。
IMAG0034.jpg


もちろん、図録も売ってます。2,200円なり。
IMAG0036.jpg



ということで、みなさんも新宿で“モダンガール”と再会してくださいな。

★ 美術展情報

「生誕120年東郷青児展」展は下記の通り、開催中。






nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「深海 2017」展 @国立科学博物館 不思議生物、宝の山、そして地震の巣 まさに深海ワンダーランド [美術 : 美術展、写真展紹介]

深海2017.png

★ 展示内容

国立科学博物館で深海をテーマに企画展をするのは、2013年以来。その時は、ダイオウイカの展示が話題を呼んだ。あれから四年を経て、今回は新たな発見の成果や、東日本大震災のメカニズムを明らかにすべく行われた調査から分かったことなど、さらに“ディープ”な内容を詰め込んだ展示となっている。

展示構成は以下の通り。
  1. 発光生物
  2. 深海の巨大生物
  3. 超深海
  4. 深海に囲まれた国、日本
  5. 深海底から見えてきた巨大災害
  6. 深海に眠る資源
  7. 深海調査で活躍する機器
前半は、深海の不思議な(見慣れない)生物たちを紹介。次に、地震や津波が起きた時の海底の動きを明らかにし、最後は資源の宝庫でもある“宝の山”としての深海の様子や調査方法の紹介となっている。

水深200mよりも深い海を深海と呼んでいる。もっとも深い海は水深10,000mを越える。200mを越えると光もほとんど届かない。そこは深い闇の世界だ。
そんな深海では発行する静物が数多く存在する。獲物をおびき寄せるため、逆に捕食者を威嚇するためや、光る物質を吐き出して囮とするため、などと理由は様々。深海は決して暗黒の世界ではなかった。
残念ながら保存液に浸かった標本たちはもう光ることをやめてしまっている。だが、その“生前の姿”は深海探査艇などによって映像として捉えられているのだ。

深海魚で人気なのは“デメニギス”。一枚目のイメージ図に載っているやつだ。おどけた顔をしているように見えるが、目と思われがちなのは鼻の穴。実際の目はその上の緑の奴だ。頭全体が透明になっていて、普段は真上を向いている(前を向くことも可能)。上から降ってくる餌を待っているのだろう。

深海には見慣れない連中が住んでいるのだ。
IMAG1497.jpg


お馴染みのサメも深海の生き物だ。深海に住むサメたちは大型のものが多い。サメに限らず、深海では捕食者に食べられないために身体を大きくする傾向があるようだ。あのダイオウイカも然り。
このオンデンザメも7mを越える大きさになる。
IMAG1505.jpg


水深6,000mを越えると超深海と呼ばれるようになる。海面や浅い海から降り注ぐ餌(生物の死骸が主)も、超深海に到達する前に途中でほとんど食べられてしまう。そのため、超深海に住む生物たちの食生活はかなり異なっている。
世界最深部で発見されたカイコウオオソコエビは、体内にセルロースを分解する微生物を住まわせている。このえびは、途中で食べられてしまうこと無く超深海に降りてくる植物の破片を餌としているのだ。
偶然、魚の死骸などにありついた時は、そちらの方が栄養豊富と言うことなのだろう。美味しくいただいてしまう。節制モードと切り替えられる食生活をしているのだ。
IMAG1511.jpg


そんな深海・超深海の生物たちの活きた姿をカメラに捉えたのが、数々の深海探査機器だ。このフルデプスミニランダーは、マリアナ海溝の水深8,000mより深い深海で魚類の姿を映像に捉えることに成功した探査機だ。正確には8,178mで、魚類の確認された最深記録。
IMAG1509.jpg


こちらは有人潜水調査船「しんかい6500」JAMSTEC (海洋研究開発機構 | ジャムステック)の誇る探査艇で、三人乗り。しょこたんこと、中川翔子さんもこれに乗り込んで、芸能人としては最深記録となっている6,000mを越える深海を探検したことで知られている。
IMAG1517.jpg


「しんかい6500」の、人が乗る部分はこんな感じ。水圧に耐えるため、球形をしていて、小さな窓もいくつかあり、肉眼でも観察ができるようになっている。
IMAG1539.jpg


あの東日本大震災は、深海底が大きく動いたことによってもたらされた大災害だった。そのメカニズムを知るべく、調査が続いている。断層部分を掘り進み、内部がどうなっているか調べるのだ。
IMAG1523.jpg


得られたサンプルや、プレート内部の温度測定などにより、摩擦係数(滑りやすさ・滑りにくさ)がとても小さい(滑りやすい)状態にあったことが分かった。また、大きく動いた場所では摩擦熱で温度が周囲よりも高くなっていることも分かった。
IMAG1526.jpg


日本は海に囲まれた島国。しかも、かなりの深海がすぐそこに存在する。というより、深海に囲まれた国なのだ。資源が乏しいと言われる日本だが、その深海の海底には貴重な資源が豊富に眠っている。
海底資源調査は未来の我々の、いや、我々の子孫の生活のために重要な活動なのだ。
この写真は、南鳥島沖に眠るマンガンノジュール(マンガンやニッケル、コバルトなどを含んだ岩石片(が丸く固まったもの)。
IMAG1528.jpg

★ 感想

【公式】特別展「深海2017」(@shinkai2017)さん | Twitterのつぶやきを日々、チェックしている。夏休み期間や休日にはものすごい混雑となり、整理券が配られていることを知り、行くのをためらっていたのだ。が、意を決して行ってきた。開場前に上野に着いたのだが、それでもこの行列。整理券は30分後の入場というものだった。いやぁ、本当にすごい人気です。
観終わって出てきた時も、同じくらいの行列ができてましたよ。みなさんもこれから行くならば公式Twitterアカウントをチェックすると共に、とにかく早めに行かれることをおすすめします。
IMAG1483.jpg


会場の中も大混雑。特に、最初の方のコーナーは人の流れが滞留してました。途中からボチボチ流れるようになったんですけどね。それでも全部観て回るには二時間弱はかかったかな。でも、やっぱり観に行って良かった。
深海生物の実際の標本も貴重だけど、見た目には脱色されちゃってちょっと・・・という感じ。だけど、今回の展示はその標本と共に、探査艇などによって撮られた映像が一緒に流されているんです。そこには生きた彼らの姿があり、カラフルな様子や、そして優雅とも言える動きを知ることができるんです。その映像を観てから改めて標本を見ると、その意味も変わってきます。なるほど、映像で見たものの本物がこれなのか、と。
発光するクラゲやイカは美しい。ウミグモは胴体がどこだか分からない、脚だけに見える。グソクムシの脚は一体何本あるんだろうか。口も消化器官もなくしてしまったハオリムシは“動物”なのだろうか。
色んなことを考え、妄想しながら観て回れた。

TVで見たり、本で読んだりしていて知っていることも多かったが、やはり実物を見ると感激するものだ。


しょこたんがナビゲーター(声の出演)をしている音声ガイド(520円税込)を借りることをおすすめします。混雑している中でも、とても聞き易い声でグッド。内容も分かり易かったし、彼女の深海に対する“愛”が感じられ、聞いていて楽しくなれましたよ。
そうそう。彼女が深海の様子を描いた絵画が五、六点、展示されてました。著作権上、写真を載せていいか分からないので割愛しますが、デメニギスなどを描いた絵はキュート。深海生物たちに“カワイイ”を感じさせてくれる作品になってますよ。こういうのはいいですね。子どもも大人も、“カワイイ”から科学に興味を持ってもらえるんじゃないでしょうか。


会期はあとちょっとですが、見るべきですよ、やっぱり。強くおすすめします。

★ 特別展情報

「深海2017」展は下記の通り、開催中。






nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「浅井忠の京都遺産」展 @ 泉屋博古館分館 : デザイナー育成にかけた晩年 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170907_173925.jpg

住友コレクション 泉屋博古館分館で9/9から開催される特別展「浅井忠の京都遺産」展のブロガー内覧会に参加してきました。
例によって、特別な許可をいただいて写真撮影しています。

★ 展示内容

以下、学芸員さんによるトークイベントの内容を盛り込んでの説明です。

浅井忠は工部美術学校でイタリア人画家フォンタネージに師事し、日本の初期洋画界の代表的画家の一人となる。フォンタネージはバルビゾン派の画家であったため、浅井忠の描く作品も重厚なものが多かった。そのためか、新しい印象派の技術を身につけて帰国した黒田清輝の方が評価が高くなり、新たに設立された東京美術学校の教授就任も数年の後れをとる。
転機が訪れたのは、パリ万博視察。浅井忠はその場で、京都高等工芸学校設立準備をしていた岩澤と知り合う。岩澤から教授就任と、併せて学校の学生達向け教材としての美術品買い付けを依頼され、これを引き受けた。

今回の展示は、浅井忠がパリ万博から持ち帰った品々、画家としての作品、そして京都高等工芸学校でのデザイナー・デザイン教授に関連した作品から成っている。展示構成はその順に、以下のようになっている。
  • Ⅰ はじまりはパリ、万国博覧会と浅井忠
  • Ⅱ 画家 浅井忠と京都洋画の流れ
  • Ⅲ 図案家浅井忠と京都工芸の流れ
  • 特別出品(住友家第15代当主春翠が審査員を務めた、日本の勧業博覧会出品作品を展示)

当時のヨーロッパはアールヌーボーの時代。デザインの“教材”となる作品は多数あった。中でも有名なものは、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語の発音だとアルフォンス・ムハ)の「椿姫」などのポスター。
LRM_20170907_182240.jpg


パリから(船旅で)持って帰らねばならなかったこと、教材として数多くの作品が必要だったことも有り、買い付けた作品は小品が中心だった。
その中から、ショワジー・ル・ロワの陶芸作品、ルイス・C・ティファニーのガラス器などが展示されている。
IMG_20170907_182820.jpg

IMG_20170907_182858.jpg


印象派の黒田清輝に比べて“暗い”イメージの作品が多かった浅井忠だが、フランスで訪れたグレー村の明るい、牧歌的な風景に感化されたのか、作風も変わっていった。
現地で写生した作品が並ぶ。
IMG_20170907_183501.jpg


京都高等工芸学校では主にデザインを教えていたが、宮内省(?)から東宮御所を飾る作品の製作を依頼される。実際の作品はタペストリーで、浅井忠はその原画を担当した。
ヨーロッパの貴族の間では、騎馬像、狩猟像をを飾るのがステイタスとなっていた。それに倣い、皇室の威厳アップを意図して騎馬武者の絵を描いた。白髪の老武者を含め、三人の武者が並ぶ図は、祖父・父・息子をイメージし、皇統が長く続くようにとの意味を込めたものだ。
LRM_20170907_183353.jpg



デザインを教えるにあたり、フランスからムハ(ミュシャ)のデザイン画帖を持ってきたり、自らデザイン集を作っている。
京都高等工芸学校からそれらを引き継いだ現在の京都工芸繊維大学では、当時の学生達の作品も多く収蔵されている。その一部も今回、展示されていて、そのレベルの高さも分かる。
LRM_20170907_185516.jpg


浅井忠のデザイン画はオリジナリティが高い。フランスで身につけた技術を元に、題材は日本の、京都の文物・文化・風俗に求めたものが多い。
LRM_20170907_185531.jpg


猪をモチーフにした螺鈿の飾り箱。そのデザイン画と共に展示されている。
IMG_20170907_185630.jpg

★ 感想

黒田清輝の名前は私でも知っているけど、浅井忠は今回の企画展で“久しぶりに思い出した”レベル。明治初期の洋画家というイメージでした。なので、デザイン家・デザインの先生としての浅井忠に関してはお初。

京都でデザインを教えていたというのがなるほど、という感じ。京都と言えば、水力発電所を国内で初めて造り、それによって西陣の繊維工業を一気に近代化した、産業革命の地でもある。ハード面だけではなく、西陣織やその他の工芸品に対してのソフト面(デザインなど)にも力を入れていたんですね。流石です。
そう思うと、急に浅井忠(とその作品)が身近に感じられるようになった。誰もがフランス留学して勉強できる訳ではないのだから、教育体制を整えるのは重要。自ら“教材”買い付けまで行い、教科書(デザイン画集)を作成して教育に臨んでいたのだから、美術の世界だけではなく、産業界に対しての貢献度は非常に高い。

それにしても、それまで日本の“伝統”工芸品ばかり見ていた学生達は、ヨーロッパの作品を実際に目にした時はどんな風に感じたのだろうか。しかも、実際に手に取ってじっくり観察もできただろうから、舐め回すように観察したんだろうな。
展示されている、いかにもアール・ヌーボーって感じの、草花をテーマにした学生のデザイン画を見ると、すぐに技術や“感性”を吸収し、自分のものにしていったことが分かる。みんな、頑張って勉強したんだろうなぁ。

今回の企画展は、芸術品の作品を観られるのももちろん、そんな産業革命の歴史も学べる一挙両得(?)なのでした。
会期が一ヶ月ほどしかないので、Don't miss it ! です。

★ 美術展情報

「浅井忠の京都遺産」展は下記の通り、開催中。






nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の3件 | - 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ