So-net無料ブログ作成
検索選択
美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ
前の3件 | -

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」 インドの現代アート作家の不思議な世界 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170211_151554.jpg


今回の展示作品は、以下のライセンスの元、写真撮影可能でした。
以下の写真(作家:N・S・ハルシャ)は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。
by-nc-nd.png

★ 展示内容

公式サイトによると、
N・S・ハルシャは1969年、南インドの古都マイスールに生まれ、現在も同地に在住し活動しています。インドの現代アートは近年の急速な経済成長や都市化とともに、国際的な注目を浴びていますが、N・S・ハルシャもこの10年間、世界各地で開催される国際展に数多く参加し、作品を発表しています。その一方で、南インドの伝統文化や自然環境、日々の生活における人間と動植物との関係など、自らを取り巻く「生」と真摯に向き合いながら、独自の立ち位置を確立してきた作家でもあります。
とのこと。

今回の企画展は、そんなN・S・ハルシャの個展になり、1995年以降の主要作品からピックアップして展示されています。

「私たちは来て、私たちは食べ、私たちは眠る」
N・S・ハルシャの作品には、とにかくたくさんの人々(人だけではなく、ヒンドゥーの神々だったり、動物だったりもするが)が描かれる。そして、一人ずつが異なった表情をし、それぞれの役割を持っているようだ。この一枚で制作期間は二年かかっているとのこと。
この作品は三部作となっていて、これは人々が食べている姿を描いている。インド、特に南インドの習慣だろうか、バナナの葉っぱの上に載せられた料理を手で(もちろん、右手)食べている。
IMG_20170211_140530.jpg


「マクロ経済は日給30ルピーか60ルピーかで論争する」
1990年代になってインドは経済の自由化によって大きく発展する。農村の生活は大きく変化し、ビジネスマン達がスーツ姿で畑へと入り込んでいった。
IMG_20170211_141523.jpg


作品中にタイトルというか、メッセージがダイレクトに文字で書かれているのも特徴の一つと言えそうだ。それは中世キリスト教の宗教絵画を見るようでもある。
IMG_20170211_141532.jpg


N・S・ハルシャの作品は絵画だけではない。彫刻も然り。これはインド神話のハヌマーン(猿の顔をした神)だろうか。
なお、同じモチーフの作品が六本木ヒルズの66広場(あの“クモ”のいる広場)にも展示されていたので一緒に記念写真を撮るのもいいかも(あれを見よ - Smartphonography Club)。
IMG_20170211_143154.jpg


「ネイションズ(国家)」
足踏みミシンがずらっと並んでいる。一台ずつに各国の国旗が掛かっている。人々の労働によって国が成り立っていること、そして工業化の象徴として足踏みミシンが選ばれたそうだ。
IMG_20170215_182939.jpg


「レフトオーバーズ(残り物)」
食べること、寝ることに拘るN・S・ハルシャ。日本の食品サンプルに触発され、それを作品に採り入れたのがこれら。というか、食品サンプルメーカーとのコラボレーション作品。
これが二十人分程度、並んでます。どれもが食べかけだったり、食べ終わっていたり。人が食べているところを想像させる造りになっています。
IMG_20170211_143820.jpg


「持たざるままに」
何もせずに、ただ座っている人々を描いた作品。表情の乏しい人々は何を考えているのだろうか。“空席”があるのも何かを考えさせてくれる。
生まれた土地を離れ、暮らす人々の姿を現しているそうだが、よその土地では誰もが空虚感を感じているのだろう。
IMG_20170211_144711.jpg


「探し求める者たちの楽園」
マクロな視点とミクロな視点。それを端的に表しているのが、作品に描かれる望遠鏡と顕微鏡。人々だけではなく、神々や動物たちまでもが望遠鏡・顕微鏡を覗いている。彼らにはこの世界はどのように見えているのだろうか。
IMG_20170211_145129.jpg


「夢見るバングル」
オーストラリアのアーティストとの共作。写真だとちょっと分かりにくいですが、部屋の真ん中に立つ柱を挟んで、椅子(型のオブジェ)が二客、向かい合っている。互いの姿は柱に邪魔されて直接は見えない。でも、その椅子は繋がっている。コミュニケーションをイメージしているのだろうか。
IMG_20170215_183250.jpg


「タマシャ」
こちらもハヌマーンかと思いきや、N・S・ハルシャのアトリエを覗き込んでいた(本物の)猿がモデル。
この猿たちはその手で何を示しているのだろうか。
IMG_20170211_145454.jpg


N・S・ハルシャ展、見学の際には足元に注意してください。食べかけの食品(サンプル)があったり、こんな風に寝ている人がいたり?!
IMG_20170211_145515.jpg

★ 感想

とにかくインパクトのある作品がずらっと並んでいます。一枚の絵に、何人が描かれているんでしょうか。百人?いや、もっとかな。その一人ずつが個性を持っていて、見入ってしまいます。曼荼羅のような宗教画のような雰囲気があったり、ヒエロニムス・ボスやブリューゲルのような風刺画のようだったり。描かれる一人一人の持つ意味を考えさせる感じ。

私が仕事でインドを何度か訪れたのは十年ほど前(「久しぶりのインド・バンガロール出張」を見てください)。最先端のIT産業と、街をのんびり歩く牛たちの姿がこの国のイメージ。異なる文化が一変に混ざり合うと、やはり色々と矛盾は生じてくるのだろう。神々とスーツ姿のビジネスマンとが一緒に描かれているN・S・ハルシャの作品は、ちょっとコミカルな雰囲気を持ちつつも、淡々と語っている。
これからもインドはますます発展(変化)していくだろう。もう十年たった時にN・S・ハルシャは何を描くのだろうか。


無料で貸し出してくれる音声ガイドの声は細野晴臣さん。YouTubeでも聴くことができますよ。森美術館|音声/動画 コンテンツからチェックしてください。

森美術館ならではの企画展。おすすめです。

★ 美術展情報

「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2017/2/4(Sat) - 6/11(Sun)
  • 開館時間 : 10:00-22:00(火曜は17:00まで)入館は閉館の30分前まで
  • 休館日: 会期中無休
  • 料金 : 一般 1,800円、学生(高校・大学生) 1,200円、子供(4歳ー中学生) 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
  • 公式サイト : N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅 | 森美術館
  • 図録 3,024円 (税込)、発売日:2017年2月下旬(予定)
  • 参考ページ : NS Harsha | Victoria Miro





nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

静嘉堂文庫美術館 『「超・日本刀入門」~名刀でわかる・名刀で知る~』展 鑑賞ポイントから学べます [美術 : 美術展、写真展紹介]

DSC_0027.jpg

★ 静嘉堂文庫美術館とは

静嘉堂文庫美術館で開催されたブロガー内覧会に参加してきました。
例によって、特別の許可を得て撮影をさせてもらいました。通常は、撮影NGです。

この美術館、初めて。でも、私が知らなかっただけで、実はすごいところだった。公式サイトの説明によると、
静嘉堂は、岩﨑彌之助(1851~1908 彌太郎の弟、三菱第二代社長)と岩﨑小彌太(1879~1945 三菱第四代社長)の父子二代によって設立され、国宝7点、重要文化財84点を含む、およそ20万冊の古典籍(漢籍12万冊・和書8万冊)と6,500点の東洋古美術品を収蔵しています。静嘉堂の名称は中国の古典『詩経』の大雅、既酔編の「籩豆静嘉」(へんとうせいか)の句から採った彌之助の堂号で、祖先の霊前への供物が美しく整うとの意味です。
とのこと。二子玉川駅から歩いて二十分ほどの、住宅地の真ん中にある、“お屋敷”と呼ぶのに相応しい佇まいの美術館でした。そして、なによりも世界に3点しか現存していない中国・南宋時代の国宝「曜変天目(稲葉天目)」を収蔵していることで知られています。これを聞いて、「ああ、ここがそこだったのね!」と私も納得。
IMG_20170121_144928.jpg


そんな静嘉堂文庫美術館で今、開催されているのが『「超・日本刀入門」~名刀でわかる・名刀で知る~』展です。
刀剣の収蔵品はなんと百二十振り(日本刀は「一振り、二振り」と数えるそうです)もあり、その中から選りすぐりの三十振りが展示されています。その中には国宝一振り、重要文化財八振りが含まれています。

とは言え、正直言って「日本刀って芸術品だというのは分かるけど、鑑賞のポイントが分からない」し、そもそも「鞘(ケース)や柄(つか:グリップ部分)は違いが見れば分かるけど、刀身(刃、本体)だけだとどれも同じに見えちゃう」という感じです。
でも、今回の企画展は、そんな私のような素人にも“鑑賞のポイント”から教えてくれる“超入門”編となっているのです。例えば、観賞の手引きや刀剣の各部の名称などがパネルになって最初に貼られているので、まずはそれを見れば大丈夫、と言うもの。

そして、今回のブロガーイベントでは、館長の河野さん(真ん中)、本展企画担当学芸員の山田さん(右)、そして美術系blog「青い日記帳」でお馴染みのTakさん(左)によるトークショーや、山田さんによる展覧会の説明などもありました。
河野さんは「「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」展トークイベントはアートと歴史ミステリーと江戸文化論と盛りだくさん」でもお話を聞き、そのパワフルさに驚かされたんですが、今回も然り。
IMG_20170121_163735.jpg


刀剣の鑑賞ポイントは会場に行って見て欲しいんですが、そもそも日本刀には「太刀(たち)」と「刀(かたな)」と、大きく二つの種類があるということを今回のイベントで改めて知りました。
「太刀」は、平安時代から室町中期までの日本刀で、刃を下にして左腰に吊り下げる形で携行したものです。
方や「刀」は刃を室町時代から登場した日本刀で、刃を上にして腰に挿す形で携行したものだそうです。(江戸時代が中心の)時代劇で出てくるぶしが腰に挿しているのは全て「刀」なんですね。
そのため(?)、美術館などで飾る時も、太刀は刃を下にして、刀は刃を上にして展示されています。なので、刃がどっち向きかで「ふむ、これは古い時代の「太刀」だな」なんて分かってしまうのでした。これだけでも知ると、ちょっと興味が湧きますね。

他にも色々とあるんですが、私もこれから勉強して行くので、みなさんも会場で見てくださいな。
IMG_20170121_162615.jpg


日本刀は“道具”でもあった訳で、となると製作者が誰かと言うことと共に、“誰の所持品だったのか”、“誰が使ったのか”も気になるところ。
今回の展示品の中には、織田信長が滝川一益に賜った一振り(号(ごう:ニックネーム)「滝川高綱」)や、ちょっと前の大河ドラマで人気の出た直江兼続の愛刀(号「後家兼光」)などが展示されています。

知っている武将の持ち物だったと思うと、それもまた興味を惹きますよね。最近はゲームやらコミックで“イケメン”として武将が描かれることが多いせいか、そこから日本刀に興味を持つ人も多いのだとか。そういうのも、もちろんアリでしょう。
IMG_20170121_162830.jpg

★ 展示内容

刃を下に展示しているので、これらは「太刀」です。
国宝の「手掻包永太刀(てがいかねながたち)」や、重要文化財の「伯耆安綱太刀(ほうきやすつなたち)」、「古備前行光太刀(こびぜんゆきみつたち)」などが展示されています。
名前もかっこいい。
IMG_20170121_170626.jpg


真っ赤な鞘(朱塗鞘打刀拵(しゅぬりざやうちがたなこしらえ)が目をひく一振りが、信長が滝川一益に賜った「滝川高綱」。いやぁ、これはきれいでした。もちろん、刀身も見事なのでしょうが、やっぱり朱塗りの鞘に目が行ってしまいます。
IMG_20170121_172603.jpg


「小太刀(こだち)」、「脇差(わきざし)」、「短刀(たんとう)」も展示されています。
IMG_20170121_172957.jpg


鑑賞ポイントは会場で勉強するとして、贔屓の武将の復習をしておくと、所縁の品を発見した時の喜びが倍増するかも。
IMG_20170121_173027.jpg

★ 感想

絵画や彫刻、そして工芸と、最近は色々見て楽しんで知るんですが、日本刀はノーチェックでした。真面目に見たのは今回が初めてかも。
鑑賞のポイントを一つでも二つでも良いので知ってから観ると、それだけでもかなり楽しめました。
例えば、刀身は強度を持たせるために材質の異なった金属を使っていて、その境目が手作りなので一振りずつ異なった模様になってます。それもまた美しさの一つになっていて、これも鑑賞ポイントの一つ。なるほど、よく見ると確かに色々な模様があります。あるものは、雨だれが垂れるような感じになっていたり、あるものはかなりきれいなはっきりした境目になっていたり。なるほど、こういうものが刀剣一振りずつの“個性”となっているんだなと実感できました。
そんな感じで色々と知って、また数を見ていくとさらに楽しくなりそう。

あと、静嘉堂文庫美術館自体もまた一見の価値あり。門を入ると、建物があるところまで、武蔵野の森って感じの園内を歩いていくですが、散歩するにもいいですよ、ここ。さすがは岩崎家、良い趣味してますな。

★ 美術展情報

「「超・日本刀入門」~名刀でわかる・名刀で知る~」展は下記の通り、開催中。




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「クインテットⅢ ‐五つ星の作家たち‐」展 @東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170115_131814.jpg

★ 展示内容

「クインテットⅢ ‐五つ星の作家たち‐」展 @東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 [PR]」の記事で事前告知した美術展にWindamさんから招待券をいただいて観にいってきました。
前に書いた通り、この美術展は珍しいことに写真撮影OK。なので、その場でもInstagramに投稿したりしましたが、ここでも写真入りで紹介します。

● 橋本トモコ

「明日の幻想」と名づけられたシリーズで、オシロイバナやツバキがモチーフになっている。ポスター画のごとく、色鮮やか。ピンクの花が目に鮮やか。とても印象的だ。と思えば、背景にはグラデーションが施され、これは空なのか、海なのか。
IMG_20170115_132810.jpg

写真にはないけれど、作品の中にはキャンパスの枠を飛び出し、会場の壁を使ったものもありました。これ、たまたま白い壁だからこうしたのか、設置場所も考慮した上で作られたものだったのかよくわからないが、なかなか大胆。キャンパス内には花が咲き、壁の上の方には太陽(?)が輝いている、そんなイメージだった。

● 木村佳代子

こちらも花がテーマ。橋本トモコさんの作品とは対称的に、花弁や雄しべ・雌しべがしっかりとリアルに描かれている。だが、背景は暗く、なんだろうか、花から何かがこぼれ落ちている。
花というと生命やヴァイタリティの象徴という感じがするものだが、木村佳代子さんの描く花は「死」のイメージがする。生と死と合わせ持った存在としての花。生きると言うことは死へのカウントダウンでもあるということか。
IMG_20170115_134330.jpg


花からこぼれ落ちたり、空に向かって染み出したり(?)している球体は何なのだろうか?水滴のように見えるのだが、この一枚はちょっと違っていた。核子の周りを回る電子のようなイメージ。物質を構成する単位。それが染みだしてしまっていると言うことは、やはりこの花は死にゆく存在なのだろう。
IMG_20170115_134659.jpg

● 川城夏未

赤い。このコーナーに脚を進めると、目の前が真っ赤。クラクラしてしまう。
でも、近寄ると分かるが、赤一色という訳ではない。暗い部分があり、それが枠になっていたり、画面を分割していたりする。
油彩画なのだが、絵の具を溶かすのに蜜蝋を使っているのだそうだ。
IMG_20170115_133111.jpg


そして、さらによく見ると、赤一色に見えたキャンパスに“絵”が描かれているのだ。これが蜜蝋のなせる技なのだろうか。じっと見ていると、真っ赤な世界の中に人の姿が見えてくる。私には母と子の姿のように思えた。赤い幻は、遠い記憶の中のイメージにも感じられた。
IMG_20170115_133413.jpg

● 堀由樹子

真っ赤な世界から打って変わって、堀由樹子さんの作品は緑が爽やかだ。また、夕陽に照らされた山の木々という感じの風景も印象的。ハイキングに行った時、山の上から眺める景色はこんな感じだろうか。私には懐かしささえ感じられた。
IMG_20170115_133834.jpg

● 横溝美由紀

墨壺の要領で、糸をピンと張り、そこに絵の具を付けてパチンとキャンパスに当てるとまっすぐな線が引ける。そのようにして制作したらしい。みると、数ミリ単位の幅で線がびっしりと描かれている。これは大変そう。その線上の所々に粒になった絵の具が転々としている。それが色を、模様を描き出している。ピエト・モンドリアンの「コンポジション」のようなものなのだろうか。あれの超細密版?
IMG_20170115_134846.jpg


こちらは銀紙が貼られたもの。豪華なふすま? 私には曇りガラスの壁のように思え、“向こう側”を歩く人影が見えるんじゃないかと錯覚してしまった。
IMG_20170115_135119.jpg

★ 感想

どの作家さんの作品も存在感あり、そして一見の価値ありです。さらには五人五色でユニークさがどれも際立ってました。同じ花を描いてもここまで違うんだなぁと感心。企画展全体として「自然」がテーマとなっているのですが、そのイメージも色々ですね。

新進気鋭の作家さん達をこうして紹介する企画、良いと思います。新鮮だし、“観たことない”絵が観られるし。
私としては木村佳代子さんの、あの死をイメージするような怪しげな花が気に入りましたが、みなさんはさて、どの作品がお気に入り? 自分好みの作品を見つける楽しみがありますね、この企画展。

と言うことで、おすすめです。

★ 美術展情報

「クインテットⅢ ‐五つ星の作家たち‐」展は下記の通り、開催中。
  • 会期 : 2017/1/14(Sat) - 2/19(Sun)
  • 開館時間 : 10:00 - 18:00
  • 休館日: 月曜日
  • 料金 : 一般600円 大・高校生 400円 中学生以下 無料
  • 公式サイト : クインテットⅢ | 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
  • アーティスト・トーク(当日参加自由)
    • (済) 1/14(Sat) 14:00 - : 橋本トモコ、堀由樹子、横溝美由紀
    • 1/21(Sat) 14:00 - : 川城夏未、木村佳代子





nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の3件 | - 美術 : 美術展、写真展紹介 ブログトップ