So-net無料ブログ作成
Office 365 Solo ブログトップ

Office 365 Solo 体験記:OneNoteを使ってみよう。Outlookとの連携がグッド [Office 365 Solo]

OneNote.png


MicrosoftOffice 365 Soloを使い始めました。その様子を報告していきます。

★ Office 365 Solo使ってます

Office 365 Solo 体験記:まずはインストールしてみた。Office製品が一通り、すぐに使えます」で書いた通り、会社だけではなく、家でもOffice 365(正確には、個人用のOffice 365 Solo)を使い始めています。年間料金を支払って使う、いわゆるサブスクリプション形式で、いつでも最新版が使えるという奴です。
Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどが使えるので、家でも仕事ができちゃいますね。といっても、私の勤めている会社ではセキュリティ上、個人アカウントとの連携はNGなので、会社と家では別々のアカウントですが。

まあ、ここら辺のソフトは今さら説明する必要もないでしょう。なので、これらに比べるとちょいとマイナーな存在の、それでいて実はかなり使える “OneNote(ワンノート)”をご紹介。

★ OneNoteのすすめ

簡単に言うとEvernoteみたいな奴です。どちらもノートとあるように、メモ帳機能が基本で、Webのサイトをそのまま取り込めたり、ファイルやURLを埋め込んだり、手書きでメモできたり。さっと起動して、すぐにメモ書きを始められる軽快さがグッドです。

こんな感じで、手書きでも使えます。流行りの2-in-1パソコンや、タブレットで使うと威力を発揮するでしょう。Office 365 Soloの契約だと、二台のPCで利用可能なので、自宅のデスクトップパソコンと、外出用のノートPCもしくはタブレットで使えるので、気兼ねなくOneNoteを利用しましょう。
OneNoteでは写真(イメージデータ)を貼り付けたりもできるので、ビジュアルなメモ書きができます。ブログの下書きにもいいですよ、これ。Webからの取り込みも簡単なので、資料を集めておいてそれを見ながら書く、なんてことも可能。
OneNoteXPS.png


Chrome用にも拡張機能で“Clipper(クリッパー)”が提供されていますが、IEもしくはEdge用にもWindows StoreからClipperがゲットできます。こちらは無料。
インストールが完了して、Edgeで使えるようになったら、こんなページが表示されました。使い方の説明ですね。
Evernoteと違って、イメージデータとしてクリップするので、再利用性は落ちます。が、見た目は完璧(イメージですからね)。これはこれで使えるでしょう。必要に応じて、元のページのリンクを辿ればいいことですし。
WebClipper.png


こちらが、上のWebページをOneNoteにクリップしたもの。こんな感じで資料としてストックすることもできるので、お気に入りのレシピ集を作ったり、旅行先のガイドを自分なりに組み立てたりもできてしまいます。そして、そこに自分のメモも書き加えられるので、さらに便利。
Clipped.png


Evernoteでもチェックボックスを設定することはできます。OneNoteも同様に、買い物リストをサラッと作って出掛ける、なんてことも可能。
さらにOneNoteの場合は、Outlookとの連携性がとても高いのが特徴であり、ウリです。例えばToDoリストをOneNoteでメモ書き的にサラサラッと作り、そこに“旗印”のマークを付けます。これ、旗の色によって「今日中」、「明日まで」「今週中」などの期限を示すことができるのです。しかも、この旗印を付けたToDoリストは自動的にOutlook側にも登録されるのです。
連携.png


Outlookを開いてToDoリストを見るとこんな感じ。OneNoteで箇条書きしたアイテムが旗の色ごとに締め切り日を設定されてリストアップされているんです。
旅行の準備をメモに列挙して、それに旗を付けていく。明日までにホテルの予約をしなければ、だとか、今週中にはスーツケースを買おう、などなど。Outlookにも登録されるので、そのまま予定表確認で、「ああ、今日はスーツケースを買いにいかねば!」と分かる仕組みです。これ、かなり便利ですよ。
ToDo.png


会社では、会議の設定・出欠確認などをOutlookでやっているところも多いでしょう。今度はカレンダーに登録された会議の議事録をOneNoteで書くと、予定と連動しているので出席者にすぐに配布(Outlookでメールとして送付)することもできるんです。そして、会議で決まって議事録に書かれたToDoはOutlook上で各担当者のToDoリストにセットされるんです。いや、便利。
まあ、家庭でOffice 365 Soloを使っている分にはそこまでの連携は必要ないかも知れないですが。

ということで、使い慣れるととても便利なOneNote。Office 365 Soloを契約したならば使わないともったいない。おすすめのツールです。

★ Office 365 Soloを購入する・契約するには

マイクロソフトストアからプロダクトキーを購入できます。

価格は、一年間 12,744円(毎月払いより約16%off) もしくは 毎月1,274円。

一ヶ月間の無料試用が可能なので、まずはこちらで試してみて、良さそうだと思ったらそのまま本契約するのが良いと思われます。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


あと、Amazonでも購入可能。【購入者特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|カード版|Win/Mac/iPad対応からどうぞ。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Office 365 Solo 体験記:まずはインストールしてみた。Office製品が一通り、すぐに使えます [Office 365 Solo]

インストール.png

MicrosoftOffice 365 Soloを使い始めました。その様子を報告していきます。

★ Office 365 Soloとは

マイクロソフトのOffice製品については改めて説明することもないでしょう。ワープロの“Word”や、表計算の“Excel”、プレゼンテーション資料作成の“PowerPoint”、(超)多機能メモ帳の“OneNote”、そしてメールや予定表の“Outlook”などのツールをみなさんも使っていると思います。
これまでは、各ツール一つずつだったり、Office Personal 2016の用にまとめてパッケージになったものを買ってくる、もしくはパソコンを買うとプリ・インストールされている。で、次のバージョンが出たら買い換える、という感じで使っていたんじゃないでしょうか。もちろん、バージョンアップせずに古いものを使い続ける、なんて話も良くあります。

そんな、“買い切り”パターンではなく、年間契約のバージョンアップと保守サービス付きの使い方がOffice 365なのです。さらには、その個人向け版がOffice 365 Soloです。最近、流行りですよね。Adobe社のCreative Cloudなんかもこのパターンになっていて、私も契約しています。と言うことで、どうせOfficeツールを使うならばこっちにしようと思ったのでした。

さて、Office 365 Soloですが、基本的には契約形態の違いだけで、ツールそのものは同じなようです。つまり、今だとOffice 2016そのものが手元のパソコンにインストールされます。
無料のWebブラウザー上で使えるOffice Online(Word, Excel, PowerPoint, OneNote, Outlookと一通り揃ってますね)ってのがありますが、あれは別物です。私もなんとなく混乱してました。

では、通常の買い切り版Office 2016とはなにが違うのでしょうか。Officeの最新版が使えるだけではなく、“オマケ”サービスも色々と充実してました。
  • Office最新版(Windows / Mac)の利用:パソコンにインストールして
  • Officeのバージョンアップ:セキュリティパッチだけではなく、契約期間中にリリースされた最新版を、追加料金の必要なく(再)インストールすることができます。
  • 1TBのOneDrive利用:クラウドストレージ“Microsoft OneDrive”が1TB分、使用できます。これだけあれば、“マイ ドライブ”を丸ごとOneDrive上に持てるかも知れませんね。
  • Skype 60分/月無料:Skypeを使った通話が60分、毎月使えるようになります。国内はもちろん、国際電話も可能です。
  • タブレット版Officeの提供:二台のタブレット(Android / iOS / Windows)にインストール可能です。
となっています。常にオフィスの最新版が使えるのはいいですね。
また、OneDriveの1TBも魅力的。タブレット版Officeと合わせて使えば、自宅のパソコンで作業をしたファイルが、出先でタブレットを使って人に見せたり、編集もできたりする訳ですから。
Skypeの60分通話も、データ通信だけのSIMを挿しているスマートフォンやタブレットで通話ができるようになる訳で、これまた便利。私も、愛用のHUAWEI P9には楽天モバイルのデータSIM(SMS付き)を入れているんですが、いざという時にはこれで自宅電話や家族の携帯電話にかけることができるのでありました。
サービス一覧.png

★ Office 365 Soloをインストールする

何はともあれ、パソコンにインストールしてみました。その様子をご紹介。

買い切り版と一番異なっているのは、アカウント登録が必要なこと。このアカウントに対して、Office 365 Soloの契約登録をする、という仕組みです。これによって、バージョンアップやらOneDriveのサービスなどが受けられるようになるわけです。
もちろん、このアカウントでタブレットにインストールしたOfficeアプリにログインすると、OneDriveを介して同じファイルにアクセスできるようになるのです。
ということで、マイクロソフトのアカウントを作っていない人はここで作成しましょう。
アカウント設定.png


Office 365 Soloを購入する(契約する)と“プロダクトキー”と言うものが手に入ります。そいつを次に入力してください。
プロダクトキー入力.png


間違いなくプロダクトキーを入力すれば、めでたく認証され、契約成立です。
確認.png


あとは、インストーラーの置いてあるページに移動し、ダウンロードする形でOfficeの最新版をパソコンにインストールします。これは良くやる作業ですよね。
インストールページ.png


あと、案内に沿ってOneDriveとSkypeの登録もしてください。

これで準備OK。
ぼちぼち使っていき、またその様子を報告したいと思います。まあ、Officeツールの使い方なんて今さらという感じもしますが、クラウド経由での連係やらあんまり使ったことのないツールやら、少しは面白い話が出来るかなと思ってます。

★ Office 365 Soloを購入する・契約するには

マイクロソフトストアからプロダクトキーを購入できます。

価格は、一年間 12,744円(毎月払いより約16%off) もしくは 毎月1,274円。

一ヶ月間の無料試用が可能なので、まずはこちらで試してみて、良さそうだと思ったらそのまま本契約するのが良いと思われます。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


あと、Amazonでも購入可能。【購入者特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|カード版|Win/Mac/iPad対応からどうぞ。

Microsoft Public Affiliate Program (JP)





nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
Office 365 Solo ブログトップ