So-net無料ブログ作成
Office 365 Solo ブログトップ
前の3件 | -

Office 365 Solo 体験記:まとめページ [Office 365 Solo]

インストール.png

MicrosoftOffice 365 Soloを使い始めました。その様子をちょこちょこ報告しています。

★ Office 365 Soloとは

ワープロの“Word”や、表計算の“Excel”、プレゼンテーション資料作成の“PowerPoint”、(超)多機能メモ帳の“OneNote”、そしてメールや予定表の“Outlook”などのツールをまとめたMicrosoftの製品です。
これまでと違うのは、“買い切り”パターンではなく、年間契約のバージョンアップと保守サービス付きの使い方がOffice 365で、さらには、その個人向け版がMicrosoftOffice 365 Soloです。

詳しくは、下記の体験記を見てみてください。

★ 体験記



★ Office 365 Soloを購入する・契約するには

マイクロソフトストアからプロダクトキーを購入できます。

価格は、一年間 12,744円(毎月払いより約16%off) もしくは 毎月1,274円。

一ヶ月間の無料試用が可能なので、まずはこちらで試してみて、良さそうだと思ったらそのまま本契約するのが良いと思われます。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


あと、Amazonでも購入可能。【購入者特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|カード版|Win/Mac/iPad対応からどうぞ。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)





nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Office 365 Solo 体験記:Amazon.co.jpで購入すると解説本PDF版がもらえます(期間限定) [Office 365 Solo]

solo_tokuten.gif

MicrosoftOffice 365 Soloを使い始めました。その様子を報告していきます。
まとめページはこちら:Office 365 Solo 体験記:まとめページ

★ AmazonでOffice 365 Solo購入者特典が付きます

ちょこちょこ紹介しているOffice 365 Soloですが、そのプチ情報を紹介。

期間限定 6/30 までとなっていますが、Office 365 SoloをAmazonで購入すると、PDF版の解説本がもらえるそうです。

解説本は197ページあり、なかなかのボリューム。目次は以下の通り。
  1. Office 365 Soloのインストール
  2. Office 2016の基本操作
  3. Word 2016の基本操作
  4. Excel 2016の基本操作
  5. Outlook 2016の基本操作
  6. PowerPoint 2016の基本操作
  7. OneNoteの基本操作
  8. OneDriveの基本操作
  9. Skypeの基本操作
  10. マルチデバイス版Office
ということで、全般的・網羅的に使い方の基礎が説明されてます。あると便利ですね。

この特典が付いてくる対象商品は以下のものになってます。それ以外はNGなので気をつけてください。

オンラインコード版はメールでライセンスコードが届き、カード版はライセンスコードが書かれたカードが届く物。中身はどちらも同じです。

オンラインコード1年版(新規/更新) となっていて、このコードでWord、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、Publisher、Accessが使えます(PublisherとAccessはWindows版でのみ利用可能)。
また、このライセンス一つで2台のWindows PCまたはMacと2台のタブレット(iPad、Android、Windows)、2台のスマートフォン、合計6台でご利用可能。さらにオンラインストレージサービスのOneDrive 1TB分が使え、Skypeの60分/月 通話プランも付いてます。なかなか盛りだくさん。

新規の人も、更新が近い人もいいんじゃないですかね。
アカウント設定.png

★ Office 365 Soloを購入する・契約するには

マイクロソフトストアからプロダクトキーを購入できます。

価格は、一年間 12,744円(毎月払いより約16%off) もしくは 毎月1,274円。

一ヶ月間の無料試用が可能なので、まずはこちらで試してみて、良さそうだと思ったらそのまま本契約するのが良いと思われます。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


あと、Amazonでも購入可能。【購入者特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|カード版|Win/Mac/iPad対応からどうぞ。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)





nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Office 365 Solo 体験記:Publisherって知ってます? 意外と使える奴だった [Office 365 Solo]

P_20171230_104012.jpg


MicrosoftOffice 365 Soloを使い始めました。その様子を報告していきます。

まとめページはこちら:Office 365 Solo 体験記:まとめページ

★ Office Publisherって何者?

Microsoft Officeを入れても、どうしてもよく使うのはWord, Excel, PowerPointになってしまいます。プライベートだとPowerPointも余り使わないかな。
そんな中、知られていないけど意外と使える奴なのが“Publisher(パブリッシャー)”。一枚ッペラの資料、チラシ、学級新聞、表彰状なんかを作るを目的にしたツールです。PowerPointでもできるのでしょうが、あちらが複数枚の資料によるプレゼンテーションアイテムを作るのに対して、こちらは一枚入魂!という感じです。

起動すると、例によってテンプレート集が出てきます。これを見ればPublisherが何をするものか、想像が付くと思います。音楽会のチラシや名刺、表彰状等など。
テンプレートだけじゃなく、これらを作るための部品や仕掛けが一杯用意されてます。
2017-12-30_09h48_43.png


子どもの学校やらなんやらの行事で、(なんちゃって)表彰状を作ることってないですか。まあ、ごくたまにでしょうけどありますよね。そんな時のためのテンプレートがこれ。それっぽい飾りが付いていて、文字の部分を書き換えれば出来上がり、と言う寸法。
出来上がったものが一枚目の写真です。これだけならば、ものの数分で出来上がりです。テンプレートを選んで、文字を書き換えただけですから。この簡単さがグッド。
2017-12-30_09h50_34.png

★ 新聞、作ってみる?

もうちょっと凝ったもののテンプレートや、そのための部品も用意されてます。今度は学級新聞だとか、商店のチラシ(商品の紹介)だとか、そんなもの。
例えば、「(商品の)写真とその説明文」だとか、「アピール力充分の宣伝文句用囲み文字」だのなんだの。そんな部品群を使って色々と作れます。学級新聞だったら、同じ部品が「スクープ写真とその説明文」として使えますね。
2017-12-30_10h15_59.png


適当に、手元にある写真データで作ってみました。「牛すき釜玉うどん が今年もやって来ました。丸亀製麺のうどんでお月見気分」などの記事でお馴染みの、丸亀製麺で食べた季節限定メニューの「満福かに玉あんかけうどん」を紹介する(しているフリの)チラシだと、こんな感じでしょうか。これも、用意された「部品」の写真と文字を入れ替えるだけ。それっぽくできますよね。
2017-12-30_10h27_09.png

★ 仕事にも使えます

商店のチラシなどを作ることもできるPublisherですが、仕事で使うのにさらに便利な機能も付いています。
仕事で文書や資料を作る時、会社の名前や住所、自分の部署名などを入れることも多いでしょう。そんなために、事前にそれらの情報を登録しておいて、そののち、各種テンプレート・部品にその値を自動的に挿入する(文字情報を入れ替える)ことができるのです。しかも、情報を修正すれば、作った資料の方も変更を反映させる(自動的に書き換える)こともできちゃいます。
部署名って、やたらと長くて入力するのも面倒な時がありますよね。社内文書ならば略称で良いんでしょうけど、対外的なものだとそうもいかず。そもそも、普段使っている略称は覚えていても、正式名称となるとあやふやだったり。ましてや、電話番号なんてすぐに覚えられません。組織変更後なんかは特にそうでしょう。私も、自分の名刺を見て確認することも。
意外とこの機能、使えそうです。
2017-12-30_10h00_04.png


こんな感じの「部品」が用意されていて、登録して置いたデータでぱっと置き換えが可能。レポートやら、FAXの送付状やらなんやら色々と作れそうです。
2017-12-30_10h10_45.png


以上、Publisherの紹介でした。

★ Office 365 Soloを購入する・契約するには

マイクロソフトストアからプロダクトキーを購入できます。

価格は、一年間 12,744円(毎月払いより約16%off) もしくは 毎月1,274円。

一ヶ月間の無料試用が可能なので、まずはこちらで試してみて、良さそうだと思ったらそのまま本契約するのが良いと思われます。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


あと、Amazonでも購入可能。【購入者特典付】Microsoft Office 365 Solo (1年版)|カード版|Win/Mac/iPad対応からどうぞ。


Microsoft Public Affiliate Program (JP)





nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | - Office 365 Solo ブログトップ