So-net無料ブログ作成

語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語 レベル1ユニット3 終了 舌が回らなくなってきた?! [語学]

フランス語.png



★ 進捗状況

ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語、始めました」の記事で紹介したように、ソースネクストから販売されている語学学習ソフトのロゼッタストーンでフランス語の勉強をしてます。

レベル1 ユニット3が終わりました。今、レベル1の最終ユニット(ユニット4)に進んでいます。
色んな表現も出てきましたが、一番苦労しているのは発音・イントネーション。普段使わない口や舌の筋肉を使わないといけないので、文字通り、舌が回りません。発音チェック機能を使ってみるんですが、なかなか“正解”にならないんですよね、これが。例えば、“Vendredi(金曜日)”だけで何度もNG出してます。いやぁ、厳しい。

★ こんなフレーズを覚えました

そんなこんなですったもんだやってますが、何とか進んでます。

「どうして?」「なぜなら・・・」の表現。表現自体はすぐに理解できて、文法構造も想像が付いたんですが、これを発音するのが大変。発音しない文字が一杯あるんですが、文章が長くなるとよく分からなくなっちゃうんですよね。リエゾン(単語を繋げて発音すること)するところとそうでないところもなんだかねぇ、って感じ。まあ、慣れるしかないですね。そして、ロゼッタストーンはまさにそのための教材なので、信じて頑張ってます。
なぜ.png


「教える」の表現。
教える・学ぶ.png


「美味しい」「不味い」、「いい匂い」「臭い」の表現。あと、名刺と同じ形で、「味見をする」や「匂いを嗅ぐ」という動詞としての使い方もあるようで、最初は戸惑いました。「匂いを嗅ぐ」のと、「いい匂いがする」という、他動詞と自動詞の違いもあるのかな。この辺りも、同じ表現が何度か出てくるので、初めは戸惑ったものの、何とか理解できました。
味.png


やっと、春夏秋冬(季節)も言えるようになりましたよ。”printemps(プランタン)”って、「春」って意味だったんですね。
季節.png


数字は着実に覚えていきます。でも、なんで16までと、17以降で表現方法が変わるんでしょうね。英語は12までと、13以降で違ってますが、日本語だと機械的だからなぁ。国によって数字の捉え方も違うんですね。
そんな、文化的背景までは分かりませんが、とにかく、大きな数字も言えるようになりました。
数字.png


暦の表現も出てきました。「日」、「週」、「月」、「年」。これだけ分かれば、カレンダーは制覇できたかな。でも、まだ月の名前を言えないか。曜日は覚えたけど。
暦.png


その他、こんな単語も出てきました。
単語.png

★ ロゼッタストーン 感想update

読まない(発音しない)文字が一杯ある、フランス語の単語。これ、読むのも大変だけど、書くのもなかなか覚えられないんですよ。ライティングは一度で合格(間違いなし)となることは皆無。綴りがピンと来ません。これも慣れてくると勘が働くようになるのかな。残念ながら、まだその域には達していません。

細々とですが、何とか続けています。これもロゼッタストーンの気軽さのお蔭ですかね。教材もなんもかも揃っているので、いつでもできるのがグッド。
正月休みは無理として、春休みにフランス語圏に旅行しようという方には、今からでもおすすめです。私はちょぼちょぼしか進めていませんが、集中してやれば春までにかなりのレベルまでいけるのでは?旅先で少しでも現地の言葉が分かると便利だし、楽しさも増しますよ。今月いっぱい(2017/12/E)までキャンペーンもやっているようなので、始めるには良いチャンスでしょう。

購入はこちらからどうぞ。
ロゼッタストーン


ソースネクスト





nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

語学学習ソフト ロゼッタストーンで中国語:レベル1 ユニット3 終了 「今晩は」「おやすみなさい」なんてのを学びました [語学]

中国語.png



★ 進捗状況

中国語も、ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンで始めちゃいました」」の記事で紹介したように、ソースネクストから販売されている語学学習ソフトのロゼッタストーンで中国語の勉強をしてます。

やっとこさ、レベル1 ユニット3が終わりました。今、レベル1の最終ユニット(ユニット4)に進んでいます。

出てくる単語も増えてきましたし、他動詞・自動詞の使い分け、Why-Because(どうして? なぜならば・・・)の質問・答えなどなど、の表現が出てきました。少しは会話っぽくなってきたかな。

★ こんなフレーズを覚えました

例によって、日本語での解説や訳文などは出てくないのですが、写真を見てなんとなくこういう意味だろうと分かってくるという仕組みです。

「朝」、「昼過ぎ」、「夜」、「夜中」なんて単語が出てきました。日本語だと、昼に対してその前(午前)、その後(午後)という順序を表す表現です。中国語ではなぜか上下の関係なんですね。太陽信仰との関係があるのかないのか。なんか、そんなことも考えさせてくれる単語たちです。
時刻.png


それぞれの時刻・時分に合わせた挨拶の表現も出てきました。「好(ハオ)」が基本のようです。
夜中だけは「おやすみなさい」のイメージなのかな。でも、夜中に人に会ったときにはなんて挨拶するのだろうか?「晩上好」でいいのだろうか。
挨拶.png


新しく出てきた単語も色々。日本人の感覚からすると、中国語の単語って“大仰な”表現が多いですよね。歯も「牙歯」ですから。歯ブラシや歯磨き粉も「牙」ブラシや「牙」膏ですし。
歯.png


教える・学ぶの対表現。英語・中国語・アラビア語を教えたり、学んだり。“アラブ”などの固有名詞は、だいぶ日本語の発音・イントネーションと違いがあるので、ちと違和感が。「あ」「ら」「ぼ」と一オンずつ区切って発音している感じ。
教える・学ぶ.png


家族の日常、って感じでしょうか。お母さんは娘を起こし、お父さんは顔を洗い、息子は歯を磨く。日常描写ができるようになりましたかね、これで。
動作.png


「靴下が臭い」だの、「牛乳が臭い」だの。。。まあ、これも日常で使うかな。
形容詞をこんな風に使うときは動詞がない(省略される?)のが、日本語と似たところがあって分かり易い気がします。
匂い.png


生後 XX日、 XX週、 XX月、そして何歳と、年齢に関する表現も出てきました。日・週・月の場合は、単位(?)が「大」なんですね。これはどこから来た表現なのだろうか。
年齢.png


「なぜキッチンにいるの?」「なぜなら、皿を洗うため」なんて感じで、理由を問うやり取りも学びました。懐かしいですね。中学生の時に英語で“Why・・・?”、 “Because・・・”の文章を習った時、なんかカッコいいなぁと、思ったんですよ。論理的な会話ができるようになったぞ、ということなのかな。
理由.png

★ ロゼッタストーン 感想update

単語ならば、初めて出てきたものでも、写真を見れば何のことかはすぐに分かります。でも、さすがに「なんで?」「なぜなら・・・」なんてのは初めて出てきた時はピンとこなくて・・・。でもでも、例によって繰り返し例を変えて同じ表現が出てくるので、「ああ、そういうことね」と合点がいくのでした。独自メソッドのTOTALe Basicって奴です。少しは慣れてきたかな。この方法、“Aha !”と閃いた時(気づいた時)に印象に残るというか、記憶に残るという仕組みのようです。


今年いっぱい(2017/12/31)までロゼッタストーン史上 最大のまとめ買い割引き実施中。期間中に購入し、年明けから始めてみるのはいかが?

購入はこちらからどうぞ。
ロゼッタストーン


ソースネクスト





nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

語学学習ソフト ロゼッタストーンで中国語:レベル1 ユニット2 終了 [語学]

Score.png



★ 進捗状況

中国語も、ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンで始めちゃいました」」の記事で紹介したように、ソースネクストから販売されている語学学習ソフトのロゼッタストーンで中国語の勉強をしてます。

現在、レベル1 ユニット2 が終わり、レベル1 ユニット3に入ったところです。
語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語:レベル1 ユニット2では挨拶やら国の名前やら出てきました」の記事ではフランス語の進捗状況を紹介しましたが、基本的に中国語も同じスピードで進めています。交代交代でやっている感じ。頭の中がごっちゃになってしまうかなと不安でしたが、そうでもないみたい。

★ こんなフレーズを覚えました

ユニット2になると、多少“文章”っぽい、ちょっと長めの文が出てきました。単語も色々。そう、覚えることが急に増えた感じ。

国の名前が馴染みがないので覚えるのが大変。アメリカが「美国」、フランスが「法国」って、どこから来ているんでしょう?
都市の名前もなかなか。こちらは音(読み)から来ているのかな。でも、その分、使っている漢字がやたらと難しい物ばかり。日本語での漢字表記ともまた違うので、ごっちゃになりそう。徐々に覚えていくしかないですね。
街.png


イタリアは「意大利」で、こちらは音(読み)から来てます。が、読み方がこれまた違うんですよ。雰囲気としては「い~た~り~」っといったところでしょうか。最初は何かピンとこなくて。。。これまた慣れが必要そう。
国名.png


色の名前はほぼほぼ、日本語と同じ。なので、割と楽に覚えられました。
ピンクだけかな、この中で要注意は。「粉」の色なんですね、ピンクは。頬紅辺りから来ているのかな。
色.png


逆に、“部屋”の名前は「厨房」くらいかな、日本語と同じなのは。あとはだいぶ違っているので、覚えるのが大変でした。助数詞も色々と異なっているので、面倒くささ倍増。
部屋.png


「あなたの名前は何ですか?」「私はXXXです。」の表現も学びました。その後に続く、「初めまして(よろしく)」は決まり文句らしいので、丸覚えするしかなさそうです。
例によって、発音だったり、会話だったり、何度か同じ表現が別のレッスンで出てくるので、その間に覚えていく感じ。もちろん、それでも厳しかったら、必要な箇所を“復習”で補っていきました。何度か戻ったかな。
名前は.png


「暑い?」「喉渇いていない?」など、状態を聞く表現も出てきましたよ。YesとNoの場合の答え方も併せて覚えました。
他にも、「元気?」に対して「元気です」、「病気なんです」なんて流れもでてきました。
元気.png

★ ロゼッタストーン 感想update

見ての通り、まだピンインと簡体字の並記パターンでやってます。慣れてきたら簡体字だけにしようと思いつつも、まだまだ慣れなくて。さて、どのタイミングで切り替えようかな。

中国語でも、復習のし易さがロゼッタストーンの良さだと感じてます。レッスン単位で振り返りができるので、単語や表現を忘れちゃった時にはさっと戻ってやってます。
学生の頃は、ノートなどに何度も単語や文章を書いて英単語を覚えたものですが、この“気軽な復習”もやり方としては良さそうです。目と耳で覚えるのは、指(手)を動かして覚えるのと遜色なさそうです。




購入はこちらからどうぞ。
ロゼッタストーン


ソースネクスト





nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び