So-net無料ブログ作成
演劇の感想 ブログトップ
前の3件 | -

「近松心中物語」二組の男女の物語。そのズレが面白い。 [演劇の感想]

IMG_20180217_100740_1.jpg

★ あらすじ

飛脚屋の養子忠兵衛は、義母とともに真面目に働き、遊ぶことなどなかった。だが、ある用事で出向いた色街で遊女の梅川を見かける。いわゆる一目惚れだ。その時以来、忠兵衛は夜に店を抜け出し、梅川の元へと通い詰めるようになる。同業者で友人の弥兵衛も最初は面白がっていたが、さすがに気になりだして「遊女に本気になってはいけない」と忠告する。だが、二人の中はそんな言葉も通じないほど、深いものになっていたのだ。

そんな二人をさらに“奥へ奥へ”と進めてしまう事が起きた。梅川の身請け話だ。ある商家の金持ちが梅川を見初め、身請けの手付金として既に五十両を支払ったというのだ。
思い詰めた忠兵衛は、幼なじみの与兵衛へ金の無心に行く。与兵衛は小道具屋の婿養子となっていたのだ。与兵衛は家の金庫を壊してまでして五十両を貸してしまったのだ。
かくして、与兵衛は家を出奔するしかなくなった。だらしのない与兵衛を、お嬢さま育ちの嫁お亀は深く深く愛していた。自分が一緒にいないと夫はダメだと信じている。

そんな二組の男女。彼らをさらに窮地へと追い込む難題が持ち上がってしまった。そして、彼らを逃避行へと向かわせることになってしまうのだった。

★ キャスト&スタッフ

  • 出演 : 堤真一、宮沢りえ、池田成志、小池栄子、市川猿弥、立石涼子、小野武彦、銀粉蝶、他
  • 演出 : いのうえひでのり
  • 脚本 : 秋元松代

★ 感想

蜷川幸雄の演出で有名な作品だと言うのは知っていたのですが、さして芝居に縁のない私は蜷川作品は全く観てません。なので、過去の作品・演出との比較はできません。

元々が数百年前の、ゴシップ記事のようなものですから、話の流れは単純。遊女との関係にはまってしまった男が、店の公金に手を付けてしまい、死の逃避行に追い込まれるというもの。だが、話はそれだけではなくて、もう一組の男女(夫婦)もこの事件に巻き込まれ、これまた逃亡を余儀なくされる。その二組の交差する物語と、色街の賑やかさとがそれぞれに対称を成して、深みを出そうとしている。

男女のゴタゴタと、世間のしがらみという課題は、江戸時代から多少は技術や産業が進歩した現代にあっても、普遍的な変わりのない、馴染み深いものなのでしょう。だからこそ、この作品でも、歌舞伎でも“心中もの”は人気。
その点では忠兵衛・梅川の末路は“予想通り”・“期待通り”。でも、与兵衛・お亀はちょっと違う。そこに面白みがありましたね。前者だけだと余りにステレオタイプすぎて、さすがに今さらそれだけで芝居を作ることは難しいでしょう。悲喜劇を交互に見せることによって、どちらも振幅が徐々に加速されていく感じを狙ったのかな。涙も笑いも、どっちも大きくしていこうという仕掛けなのでしょう。

小池栄子さんは、こういうエキセントリックというか、そんな役が得意ですね。

★ 公開情報


IMG_20180216_181200_1.jpg

★ 参考書「曾根崎心中 冥途の飛脚 心中天の網島」






映画(全般) ブログランキングへ





nice!(13)  コメント(0) 

「堀内夜あけの会 未来のファンタジー」 [演劇の感想]

未来のファンタジー.png

★ あらすじ

堀内健の頭の中に浮かんだ物語を再現したものだ。そのため、ところどころつじつまが合わなかったり、そもそも意味不明な箇所もあったりする。でも、それがこの物語なのだ。

広告業界の寵児、スーパーメディアクリエイターの未来健一郎は、その才能を余すところなく発揮し、次々とヒットを飛ばしてく。彼の携帯電話は鳴りっぱなしだ。「次の新幹線のデザインを考えて欲しい」、「ビールCM続編のキャストはどうしたらいいか?」などなど、クライアントからの依頼・相談は止むことがない。

そんな彼の元に弟子入りを志願する若者(足立とおる)がやってきた。未来健一郎は彼の弟子入りを許可する。そんな二人が仕事場としているのは、客足が鈍くて経営危機に陥っているカフェだった。
そのカフェの店員ナターシャのことを未来健一郎は気に入っていたのだった。だが、パキスタン生まれのナターシャとの意志疎通は今一つうまく行かない。また、カフェの雇われ店長は地区マネージャーの“てしがわら”と衝突している。
さらにはその店に、未来健一郎を追い抜こうと張り切っている新進気鋭のクリエーター 電通太郎(でん・つうたろう)も仕事をしにやってくる。

そして二人のバトルが始まった。勝負は、このカフェをリニューアルして客を呼び込み、経営危機から抜け出せるというもの。そのためのプランを二人が競って考えるというものだ。
さぁ、二人の戦いの行方はどうなるのか。

*************
と、真面目に“あらすじ”を書いたけど、実際はかなりハチャメチャ。もちろん、ストーリーはあるんだけど、そんなことはお構いなしに各シーンを楽しみ、大笑いすればいいんじゃないかな。

★ キャスト&スタッフ

  • 出演 : 堀内健、出川哲朗、能條 愛未(乃木坂46)、松浦司、伊藤修子、佐藤真弓、浦島こうじ、THE石原
  • 演出 : 村上大樹
  • 脚本 : 堀内健、村上大樹
  • 音楽 : 楠瀬拓哉

★ 感想

乃木坂46でも演技力、そして歌唱力、さらにはバラエティ力にも定評のある能條 愛未(のうじょう あみ)さんが出演すると言うことで目に留まりました。さらには、我が街下北沢の下北沢 本多劇場で上演されると知り、これは行ってみようと思った次第。ということでGWの初日、奥さんと一緒に初の観劇@本多劇場してきたのでありました。

ホリケンの舞台と言うことで、もっとハチャメチャなのかと思っていたんだけど、意外としっかりとしたストーリーがあって、しかも劇中劇(?)的なひねりが加わったりしてそこでも楽しませてくれました。
もちろん、ポイント、ポイントで繰り出すギャグはシュール。そして、たぶん、かなりアドリブでこなしている。と言うか、めちゃブリされてみんなひねり出している感じ。
アイドルのはずの能條愛未さんもモノマネを振られて頑張ってました。いやぁ、すごいものですね。振られた“お題”に関しての知識がないと、ギャグのセンス以前に固まって無言になっちゃうでしょうし。そんな心配もなく、彼女はしっかりと応えて客席を笑わせていました。さすがだなぁ。

松浦司さんもかなり張り切っていて、ブレークダンスだのなんだので見せ場を作りつつ、しっかり笑いもとっていてグッド。「ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー (Wikipedia)」では勇者の役だったそうですが、これからも色々なところで目にしそうですね。有望、有望。

出川哲朗さんはさすがですね。いるだけで面白いし、笑ってしまう。スーパーメディアクリエイターって、あり得ないだろう?と、設定からして笑えます。業界人ってこんな感じ?というステレオタイプの上を行くあり得なさ。いやはや。

いやぁ、楽しいですね、コメディ。笑えました。見ている間、終始、頬がほころんでいる感じ。また行きたいな。

ちょいと残念だったのは、本多劇場の席(の幅)が狭かったこと。うーん、ちょいと“基準値が古い”のかな。改善希望。

★ 上演情報


DSC_0401-COLLAGE.jpg


映画(全般) ブログランキングへ




「墓場、女子高生」 人の死を受け入れ、自分の中で昇華させること。それは誰もが体験しなければならないこと [演劇の感想]

IMG_20161020_211959.jpg

★ あらすじ

とある高校の合唱部に所属する少女たち。今日も学校の裏(?)にある墓場に集まって、ワイワイと戯れている。授業をサボっては、他愛もないお喋りやゲームをして過ごしていた。時々、先生に見つかって怒られるけど、悩みなんてものは微塵もない感じであった、あの日までは。

それからしばらく立った(一年くらい?)頃の墓場。彼女たちは相変わらず、授業をサボって戯れていた。だが、ビールを飲んで吐くまで酔っ払ったり、男の子の取り合いをしてケンカしたり、オカルトにハマって怪しげな儀式をしたり、以前とはちょっと様子が違ってきていた。
その墓場には疲れたサラリーマンがなぜかいつも墓参りに来ている。さらには、彼女たちの教師はやたらとヒステリックになり、さらには“日野家”の墓石を壊そうとして騒ぎを起こす。

墓場には別の三人組もいつもたむろっていた。女子高生の日野陽子と、山高帽の紳士風の身なりをした男、そして山彦(やまびこの妖怪)だ。そう、彼女たちは幽霊・妖怪なのだ。でも、人を恨んだり、現世に未練があって化けて出てきているわけではない。山高帽が言うには、誰かが彼らのことを忘れずに想ってくれているので、自分たちはここに存在しているのだと。


あの日、合唱部の日野陽子は自殺した。桜の木で首つり自殺したのだ。残された少女たち、教師は、なぜ彼女が自殺したのか全く分からなかった。だが、彼女は死んでしまった。
受け入れがたい友人の死。ビールを飲んで酔っ払ったり、さらにオカルトに走ったり、ただただ騒いだり。彼女たちはそうやって無理矢理に死を受容し、忘れ去ろうとしていたのだ。彼女らの教師ですら、責任を感じなければならないと思い込んで、やたらとヒステリックになるしかなかった。

そんなある日、オカルトに走った少女たちが日野陽子を生き返らせようと言い出す。それが彼女たちにとっての、死の受容だったのだ。表面上はその死を忘れようとしてた他の少女たちも、うちに閉じ込めようとした感情が一気に吹き出してしまう。だが、結局はその蘇りの儀式に参加してしまうのだ。そして、あろう事か日野陽子は生き返ってしまった。

だが、日野陽子は自殺の理由を語ろうとはしなかった。

★ キャスト&スタッフ

  • 出演 : 伊藤純奈、伊藤万理華、井上小百合、斉藤優里、新内眞衣、鈴木絢音、能條愛未、樋口日奈、 みのすけ(ナイロン100℃)、加瀬澤拓未、柿丸美智恵、もう中学生
  • 演出 : 丸尾丸一郎
  • 脚本 : 福原充則

★ 感想

昨年の『すべての犬は天国へ行く』「すべての犬は天国へ行く」悲劇と喜劇は狂気となって。伊藤万理華、意地悪役を熱演)に引き続き、乃木坂46のメンバーが出演した演劇です。もちろん、私の推しメンである伊藤 万理華さんも出ています。というか、彼女が主役の“日野陽子”を演じています。

私の場合、小学校や中学校の同級生がもう三人、自殺してこの世を去っています。葬式に出て、元担任や同級生たちと話をしても理由は分からず。傍目からは、勝ち組とまでは言わないけど、順風満帆の人生を送り始めていた感じだったのに。
高校生だった頃に友人が突然、この世を去ったらどう感じただろうか。残念ながら神も仏も、天国も地獄も信じていない私は、日野陽子のように幽霊として楽しく(?)時を過ごしているとは思えなかったでしょう。
自殺は特殊なケースではないほどに死因として多いし、自殺ではないにしても事故や事件で突然に知り合いが亡くなることもある。そして、家族の死はいつか訪れる。誰も死からは逃れられない。そして誰かが残される。
Memento mori(死を忘れるな : 人は誰もがいずれ死す)。

心に闇や不安、困惑、怒りを秘めながらも、友だちとバカ騒ぎをする。全ては時が解決してくれる。実際はそんなところなのかもしれません。でも、この少女たちはその答えを見つけようとしてしまう。あるきっかけで、秘めていた感情が爆発してしまったから。
そんな難しい役どころを演じる彼女たち。乃木坂46のファンという目線を忘れて、普通に芝居を観られるまでにそのクオリティは上がっていました。芝居に初挑戦の鈴木 絢音さん(1999年生まれ!)も、現役高校生だからだけではない自然さが感じられ、やっぱり選ばれた少女たちなんだなぁと納得してしまいましたよ。
もちろん、我らが伊藤 万理華さんは、ドロドロとした感情を隠した笑顔、なんていう難しい表情をサラッと見せてくれる貫禄の演技。自分の自殺について語るシーンでは、ひねくれたオジサンも泣かされてしまいました。

そうそう。ちょこちょこ小ネタが仕込まれているようで、例えば映画「台風クラブ」で少年が飛び降り自殺する前に喋ったのと同じ台詞が使われていたりしたな。他にも、引っかかるものがあったんだけど、思い出せない。もう一度、観たいなぁ。
去年の『すべての犬は天国へ行く』は、その後の配信やDVD化がされていないんですよ。乃木坂46のメンバーだけが出ている「じょしらく」はHuluで配信中なのですが。権利関係やらがクリアできないのかな。
何とか頑張って配信なりなんなり、もう一度観られるようにしてほしいものです。そう思えるほどに面白かったから。

★ 公開情報






前の3件 | - 演劇の感想 ブログトップ