So-net無料ブログ作成
検索選択
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

Bitdefender BOX はIoT時代の家庭内LANをネットワークごと守る必須アイテムだ [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170302_191908.jpg


★ Bitdefenderとは

「Bitdefenderのユーザーミーティング」に参加しました。
済みません。例によって(?)Bitdefender社のことはこのイベントで初めて知りました。
以下、チーフセキュリティ リサーチャー(CSR)のAlexandru Balanさんのプレゼンによるご紹介。

Bitdefender社は2001年にルーマニアで設立されたサイバーセキュリティ分野のグローバルリーディングカンパニー。現在、世界150カ国以上で5億台以上のコンピューターを保護しています。
従業員の半数が研究開発部門に所属し、年間研究開発予算の25%を将来のイノベーションに向けた“ムーンショットプロジェクト”に投入しています。
専任のサイバー犯罪調査チームはNATO、Europol、Interpolなどの警察組織と協力体制を構築しています。
アンチウィルスソフトのBitdefenderシリーズは、他社製品と比較して、最高の保護性能、最高のパフォーマンスをマーク。
IMG_20170302_204518.jpg


AV-Comparatives Independent Tests of Anti-Virus Software - AV-Comparatives(独立系セキュリティソフト評価団体)のテストでも最高スコアを獲得しています。
IMG_20170302_201716.jpg


とのことです。
いやぁ、知りませんでした。勉強不足。

★ IoT時代のセキュリティ

さて、今回のイベントはBitdefender社が新たに投入したセキュリティ商品のBitdefender BOX (無防備な家庭のネットワーク全体を守る!IoT時代の新しいセキュリティ)の紹介がメイン。
そのBitdefender BOXはIoT時代には必須になってくるとのことで、まずはIoT時代にはセキュリティ上のどんな脅威があるのか、どうすれば守れるのかのお話から。

ところで、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)ってなんのことでしょう? パソコンやスマートフォンがインターネットに繋がっているのは常識ですが、今や様々なデバイスがインターネットに繋がり、様々な情報をやり取りしているのです。スマートウォッチは私も持っているので馴染みがありますが、電球や温度計、コーヒーメーカーにヨガマット(!)、さらにはバービー人形までもがネットに繋がっている時代なのでした。こう見ると驚きですね。
IMG_20170302_202537.jpg


「私は、変なメールは開かないので大丈夫」、「怪しいサイトなんか見ません」と思っている人は多いかも。でも、今や普通のサイト(正規のサイト)に、知らない間にウィルスが埋め込まれていて、そこを見た人が感染してしまうんです。
IMG_20170302_195023.jpg


さらには、これはメーカーの責任も大きいのでしょうが、IoT機器にはセキュリティ上の対策が余り施されていないものが多いとのこと。パソコンやスマートフォンなら頻繁にOSのバージョンアップがあって、発見された弱点もすぐに修正されます。でも、IoT機器ではその頻度もかなり低い、もしくは全くされないことも。さらにさらに、IoT機器に使われているOS・ソフトウェアは何年も前の古いバージョンであることがあり、かなり狙われやすくなっているんだそうです。
下の写真は、監視カメラに入り込み、その画像データを自分のスマートフォンに映し出すという“実験”。簡単にできてしまうそうです。最近、監視カメラも街中に増えてきましたが、これは怖いですね。実際、バービー人形が乗っ取られて、家族の会話が筒抜けになった、なんてこともあったそうです。
IMG_20170302_203548.jpg


しかも、さらに怖いのは、そんな乗っ取られてしまった機器が犯罪に使われること。知らないうちに加害者(もしくは共犯者?)にされてしまうんです。
国や企業のサーバーに大量のアクセスをかけ、サーバーをダウンさせてしまうDDoS(Distributed Denial of Service)攻撃という“犯罪”がありますが、乗っ取られた機器がこの攻撃を仕掛けるのに使われるんです。あなたの家の冷蔵庫や防犯カメラ、そしてバービー人形が犯罪の片棒を担ぐことになっちゃうんです。

「我が家はルーターで家庭内LANを作っているので、外からの侵入はあり得ません」と安心してはいけません。ルーターは、外からの侵入は防いでくれますが、内から外に出て行くものは基本的にスルー。なので、何らか乗っ取られたIoT機器があるとルーターを素通りして“犯罪”を実行してしまうのです。
IMG_20170302_200125.jpg


パソコンやスマートフォンだったら、乗っ取られてDDoS攻撃なんかに使われたら異常な負荷が掛かるので「何か遅いな?」「いつもと違うな?」と分かるでしょうけど、IoT機器だと気が付かないでしょうねぇ・・・。

★ Bitdefender BOXがネットワークごと守る

と言うことで、真打ち登場!それが「Bitdefender BOX」です。
日本ではBBソフトサービス株式会社が販売・サービス・サポートを提供。

これがBitdefender BOXです。これを、家庭内LANの大元のルーターに繋げて使います。
スペックは以下の通り。
  • サイズ: 約8.9×8.9×2.8 cm
  • 重量: 92 g
  • カラー: 白
  • 管理アプリ: iOS 7.0以降、Android 4.0以降
  • Wi-Fi: 802.11 b/g/n 2.4 GHz
  • 帯域幅: 100 Mbps

IMG_20170302_191930.jpg


さて、このBOX君は何をしてくれるのでしょうか。この10cm四方に満たない小さな箱が、様々なセキュリティ対策をしてくれるのです。
  1. LANに繋がっている、IoT機器も含めた全デバイスの検出と脆弱性診断
    パスワードが初期設定のままだったり(クラウド側にDBを持っているようです)、強度が足りないものがあれば警告を出してくれます。新しい機器が繋がれた時も自動的に検出してチェック。
  2. マルウェア、フィッシング詐欺、オンライン詐欺などをブロック
    オンライン上の脅威を確実にブロック。
  3. 不審なアクティビティを検知し、アクティブ脅威制御
    ブラックリストにもまだ載っていない未知の脅威に対しても、その挙動を見て検知。
  4. スマートフォン(モバイル)のアプリによるネットワーク管理
    外出先からでもホームネットワークにアクスして、LAN上のデバイスを制御可能。
  5. パソコンやモバイル機器用のクライアントセキュリティ
    クライアント用のソフト「Bitdefender Total Security Multi Device」が同梱されていて、Bitdefender BOXと連係してWindows, Mac OS, Androidデバイスを保護。
ということで、LANをまるごと面倒見てくれる訳です。
これで、希望小売価格が 14,800円(税別)、次の年から9,000円/年 という価格。パソコンやスマートフォン用のアンチウィルスソフトを契約するだけでもこれくらいはすぐに掛かっちゃうことを考えれば、かなりコストパフォーマンスは良いんじゃないでしょうか。

P.S.
Amazon.co.jpでも購入できるようになったとのこと。



イベント参加者は実際に試用させてもらうことになりましたので、使ってみた感想をまた報告します。

★ おまけ:ルーマニア料理初体験

Bitdefender社がルーマニアの会社だと言うことで、イベントではルーマニア料理が饗されました。初めて食べましたが、美味しかった。
名前をメモしなかったので、なんと言う料理家は、今となっては全く分からないのですが、どれもグッド。
ローストビーフ(?)にかかっているホワイトソースはかなりニンニクが効いていて、かなりピリ辛。スプーンが刺さっているのはラタトゥイユ風ですが、こちらは逆に甘いんです。ザッハクラウトにはクミンシードなのかな、香辛料がかなり効いてます。やっぱり国によって違いますねぇ。
IMG_20170302_190900.jpg


機会があったらどこかでまた食べてみたいな。ごちそうさまでした。




東芝 dynabook VZ72 を試す 一日持ち歩いても苦痛にならない軽さ。仕事に趣味に使えます [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170218_132110.jpg

★ 軽くて、持ち歩きにピッタリ

東芝 dynabook Vシリーズ 発売 : 東芝の技術を詰め込んだ2in1 コンバーチブルPC登場」の記事で紹介した東芝から新たに登場した2-in-1パソコンのdynabook Vシリーズのうち、dynabook VZ72/B Webオリジナル 型番:PVZ72BM-NJBをちょっとの間だけだったんですが試用させてもらいました。

「本体の厚さ(薄さ?)は15.4 mm。重さは約1,099 g。バッテリー駆動時間は約17時間(!)。さらには急速充電機能で、30分の充電で7時間の駆動が可能」ということで、これは外に持ち出して使うものだと思ってました。カバンに入れて持ち歩いても、この薄さ・軽さならば苦にならないでしょう。しかも、バッテリー切れの心配はまずないし。

● まずは普通にパソコンとして

ある休日、このdynabook VZ72を連れて、某スタバに陣取っていじってみました。グランデサイズのソイ・ラテを買い込んでチェック開始です。
いつも通り、バックパックにPCやらなんやらを入れてペタペタと歩いてきたんですが、この軽さならば確かに問題なし。

写真で見てもディスプレイがきれいだなってのが分かりますね。「タッチパネル付き 12.5型ワイド (16:9) FHD、高輝度・広視野角 TFTカラー LED液晶(省電力LEDバックライト)、1,920×1,080ドット」というスペックです。
IMG_20170218_132635.jpg


いつもは外出先でもマウスを持ち歩いて、使うんですが、今回はタッチパッドで挑戦。「ジェスチャーコントロール機能付きクリックパッド(タッチパッド)」だそうです。マイクロソフトの公式サイトのWindows 10 のタッチパッド ジェスチャのページによると、Windows 10では
  • 対象を選択する: タッチパッドをタップします。
  • スクロールする: 2 本の指をタッチパッドに置き、水平方向または垂直方向にスライドします。
  • 拡大または縮小する: 2 本の指をタッチパッドに置き、つまむように操作します。
なんてことができます。慣れるとマウスと同じような操作ができるようになりますよ。私は“対象を選択する”、“スクロールする”くらいしかパッとできないですが。
IMG_20170218_132644.jpg


このあと、blogの下書きなんかをしたんですが、その程度のタスクならばサクサク動いてストレスフリーって感じ。なかなかいいですね。

● タブレットモードで手書きもいけます

ノートPCとして優秀だというのは分かりました。まあ、試すまでもなくこれは良さそうだというのは想像できましたけどね。

次に、タブレットモードにして、普段はやらない“手書きモード”にトライしてみました。
dynabook VZ72にはアクティブ静電ペン PADPN004が標準で付いてきます。が、慣れていることもあって今回は自前のやつを使いました。
キーボードをパタリとディスプレイの裏側に回せばタブレットモードに移行。キーボードに触っても反応しなくなります。
IMG_20170218_134835.jpg


使ったアプリはマイクロソフトのOneNote。静電ペンを使ってこんな風に文字やら図形やらを描くことができました。例えば立った姿勢でメモを録らねばならない時、キーボードが使えない状況でもdynabook VZ72ならばタブレットモードにして手書きメモで切り抜けられそうです。
IMG_20170218_135043.jpg

● 音楽を楽しむ

スタバでは音を出すことが出来ないので、実際は家に帰ってから試してみました。写真はそれっぽく、スタバで撮ったものですが。
音に関しては「インテル[レジスタードトレードマーク] ハイ・デフィニション・オーディオ準拠 、harman/kardon[レジスタードトレードマーク]ステレオスピーカー、デュアルマイク」というスペック。Harman Kardon by HARMANは高級な音響機器のブランド。カッコいいですよね。
IMG_20170218_140539.jpg


さすがにノートPCでクラシックを聴こうとは思いませんが、確かにちゃちなPCよりはベター。底面手前にこんな感じでスピーカーが付いてます。なので、ステレオ感もある音が出せる仕組み。少人数相手ならば、プレゼンの時にこれで音を聴かせればグッドでしょう。
底面.png

★ 改善希望点

そんな、なかなかよろしいdynabook Vですが、改善希望点もありました。
それが下記写真に見られるキーボードの(一部)キーの大きさ。
キーの押し具合(打鍵感)はなかなかいいんですよ。押したよって感覚がしっかりあって、ミスタッチが少ない。良く押すスペースキーやエンターキーの配置、大きさ、形状もグッド。押し間違いがありません。
ただ、エンターキーなどのキーの大きさ、配置場所を確保するためなのでしょうが、エンターキー“周辺のキー”が他のキーよりも小さくされてしまっています。これらキーはアルファベットの割り当てはなく、記号が割り当てられたものだけなのですが、括弧(「」)などはそれなりに使います。
これら変形キーを打つ時、最初、かなりの違和感がありました。他のキーの並びと間隔も微妙にズレているので、押し間違いしそうになることも。

本体サイズを小さくするのは歓迎ですが、全てのキーをちょっとずつ小さくするとか、してくれた方がよかったかな。この点、改善希望です。
キーボード.png



ということで、ちょこっといじっただけですし、改善希望点もありましたが、なかなかいい機種だと思ったのでありました。
東芝ダイレクト




上腕式血圧計 HEM-7600T を使って、自宅で継続血圧測定中 なるほど、これが普段の値か [ガジェット : 面白いもの色々]

DSC_0158.jpg

オムロン ヘルスケア オフィシャルレポーターのイベントで、上腕式血圧計 HEM-7600Tを自宅で試用させてもらっています。

★ 自宅で血圧測定

さて、前回の記事「オムロンの上腕式血圧計 HEM-7600T は見た目クールだけど、使い易くてフレンドリー」で書いたように、自宅で継続的に血圧を測定することは大事なことだと知りました。
私の場合は、病院などで測定すると、普段よりも高めの値が出てしまう「白衣高血圧」のようです。なので、自宅での測定が真の(普段の)状態を知るのに必須という訳。

実はこれまでも、毎日という訳ではありませんが、家で血圧測定をやってました。その時に使っているのがこれ。某通販サイトで購入した、中国製の品(Buy 1.7" LCD Pulse Scanning Wrist Watch Blood Pressure Monitor -Silver (2 x AAA))。なんとお値段が1,500円未満! 手首に巻いて測る奴で、まあ、それっぽくは作動していました。なにせこの値段なので、正確でなくても、ある程度の傾向が分かれば良いかなと思っていたのです。
DSC_0161.jpg


でも、前回のイベントでの話を聞き、やはり家でもきちんと測定して、しかもちゃんと記録しておいた方が良いなと思い始めた次第。医者の話でも、手首での測定だと、測定時の腕の高さ(心臓との高低差になるのかな)が変化しやすいので、測定にもばらつきが出てしまうことが多いとのこと。ここはもっとちゃんとした血圧計で測るべきですね。

★ 上腕式血圧計 HEM-7600Tを使い始めた

ということで、早速使い始めています。と言っても、試用させてもらっている「オムロン 上腕式血圧計 HEM-7600T」の発売は3/1。そのため、まだスマートフォン用のアプリもリリースされていません。なので、今のところは普通に計測して、本体メモリーにデータを貯めておく形で日々、血圧を測ってます。
アプリがリリースされたらデータをまとめて転送するつもりです。

定期的に、条件をなるべく同じにして測定するのが理想的。なので、HEM-7600Tはケースにしまうことなく、ベッドの枕元に転がしてあります。で、寝る前に横になった状態で測定することにしました。姿勢も一定に保てるし、寝る前のルーティンとして忘れることも少ないでしょうし。
本当は、寝る前だけではなく、起きてすぐも測ろうと思ったんですが、平日の明後日そんなに時間の余裕もないし、気分がせいていると血圧も上がっちゃいそうだし、辞めてしまいました。なので、今のところは一日一回、寝る前に測定。
DSC_0156.jpg


測定は簡単。本体ごとこのように腕に巻き付け、スタートボタンを押すだけ。あとは測定が終わるのを待つだけ。血圧と心拍数を同時に測って表示してくれます。その間、十秒程度ですかね。ストップボタンを押せば表示も消えて終了。たぶん、これでメモリーに記録もされているはず。その辺りは、アプリがリリースされたらしっかりと確認するつもり。
そうそう。腕を締め付ける強さ、見かけによらず強力です。初めて使った時はちょっとビビってしまいました。そのせいかだいぶ高めの値に・・・。でも、すぐに慣れます。二度目からは、たぶんこんなもんだなという値になっています。

うーん、とは言え、やはり高めですね。まあ、まずは測定を続けていって、傾向を見ることにしましょう。


次回は、アプリがリリースされたあとに(HEM-7600T発売開始後に)、アプリの使い勝手も含めてレポートします。



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | 次の3件 ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ