So-net無料ブログ作成
検索選択
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

格安SIM・格安スマホの IIJmio は家族でシェアするとさらにお得なようだ [ガジェット : 面白いもの色々]

個人向けSIM・インターネットサービスのIIJmio.jpg

VCの勉強会でIIJmioのサービスについて話を聞いてきたのでご紹介。

★ IIJmioとは

株式会社インターネットイニシアティブが展開する格安スマホ・格安SIMサービスがIIJmio(アイアイジェイミオ)。IIJと聞くと、企業向けインターネットプロバイダーの老舗、と言うのが私のイメージ。でも、このIIJmioを始めて、この二月でもう五周年だそうです。こちらも、格安SIM・格安スマホがブームになる前の、初期の頃からサービスを始めていたんですね。法人向けSIM・高速モバイル通信サービスのIIJモバイルと合わせて157万回線、三月には200万回線まで行きそうなな勢いだそうです。
格安スマホ・格安SIMも、当初はこの領域に知識のある人だけが享受していた感じ。でも、最近は節約したい主婦、家族、シニアの顧客も増えているそうです。また、大手キャリアによる学割が終わってしまった若い社会人が、(通常)料金の高さにビビって、慌てて(?)乗り換えるパターンも増えてきているとのこと。なるほどね、みなさん、考えてますな。

各社で多少の差はあるものの、改めて格安スマホ・格安SIMの良い点・悪い点を整理してみると
良い点
  • 料金が安い:IIJmioの場合、通話ができて、3GBの通信ができる最小パターンだと、1,600円/月
  • いわゆる”二年縛り”がない。いつでもやめられる。
  • 110/119の緊急電話、緊急地震速報も利用可能。
  • ナンバーポータビリティ(MNP)利用可能:ドコモやソフトバンクなどから乗り換えても電話番号はそのまま。

悪い点
  • 実店舗が少ない:量販店でも購入できるが、基本はネットショップ。保守サービスも電話・メールなどで。
  • ”キャリアメール”が使えない:Google(Gmail), Yahoo(Yahoo mail)などを利用することになる。ただし、 楽天モバイル などは独自のメールサービスを提供しています(@rakuten.com)

以前は、使えるスマートフォンの機種数が少ない、なんてこともありましたが、今や逆転しているかも。SIMフリーのスマートフォンは色々なメーカーから出ていて、一万円台で買えるものから、私が使っているHuawei P9のような高機能・高性能機種もあります。また、スマートフォン本体は家電量販店やネットショップでSIMとは別に買うこともできますし、IIJmio 楽天モバイル では端末とSIMとを併せて購入することも可能です。
また、SIMロックを解除したドコモやauのスマホがそのまま使えます。使っている回線は同じですから、この点は大丈夫。

★ IIJmioの注目ポイント

IIJmioは、ドコモとauの回線を使っています。だから、サービスエリアは各社と同じ。「格安スマホ・格安SIMは都市部じゃないと繋がりにくい」なんていうのは“都市伝説”でしかありません。

IIJmioでは3タイプのSIM(サービスプラン)を提供しています。
  • データのみ
  • データ+SMS(ショートメール)
  • 音声通話あり
がそれ。モバイルルーター用だったら「データのみ」、(通話の出来ない)タブレットだったら「データ+SMS」プランが良いでしょう。そして、いわゆる スマホ として普通に使うのだったら「音声通話あり」を選びましょう。

SIMのタイプを選んだら、次はデータ通信量を選ぶことが出来ます。こちらも3タイプから選択。
  • 3GB ミニマムスタートプラン
  • 6GB ライトスタートプラン
  • 10GB ファミリーシェアプラン
ゲームをガンガンやったり、動画サービスをいつも観ている、なんてことがなければミニマムスタートプランで大丈夫でしょう。もちろん、途中で変更も可能。ちなみに、「音声通話あり + 6GB ライトスタートプラン:月額2,220円(税抜き)」が一番人気らしいです。ネットショッピングやらなんやらしていると、そこそこデータ通信量も上がっていくのかな。
plan.png


IIJmioの一番の売りポイントは“家族でシェアするとさらにお得”という点。大手キャリアにも家族割りサービスがありますが、色々条件があったりして意外と面倒。その点、IIJmioだと、
  • 同一契約で複数枚のSIMカードを取得可能(“追加SIM”)。もちろん、電話番号はそれぞれ違いますよ。
  • 同一契約のSIM同士でデータ量をシェアできます。これは3GBでも6GB、10GBどれでもOK。
  • 同一契約のSIM同士の通話は20%オフ。これも、どのデータ量のプランでもOK。
  • また、定額通話オプションでも、同一契約のSIM同士の通話は一般よりも長く話せます。
となっています。こういう、分かり易い料金体系だってのも良いですね。
家族4人が「音声通話あり」SIMにして、(みんなで)10GBのデータ量のプランにした場合、月額は5,760円(税抜き)。通話定額オプション(月額600円)を人数分付加しても月額8,160円(税抜き)と、大手キャリアの一人分の値段と似たようなもの。これは確かに“格安”です。

と言うことで、IIJmioの紹介でした。

次回、実際にSIMを申し込んでみたので、その手続きの紹介をしたいと思います。








格安スマホ体験 : 楽天モバイル : 我が街 下北沢にも楽天モバイルの店舗がオープン [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170126_170210.jpg


格安スマホ アンバサダープログラム 楽天モバイルのモニターに選ばれ、Huawei honor6 plusを試してたり、Huawei P9を買って使ってます。
まとめページはこちら : 格安スマホ体験 : 楽天モバイル Huawei honor6 plus : まとめページ

★ 楽天モバイル 下北沢 ViTo 下北沢北口店 オープン

去年の暮れですかね、工事真っ最中の下北沢駅の通路に「楽天モバイル & ViTo が下北沢にオープン」なんていうでっかいポスターが貼られているのを見かけていました。でも、どこにあるのだろうか分からず、機会もなく年が明けてしまいました。

でも、ブラブラしてやっと見つけましたよ。ピーコックの裏の通り、前はカフェだったかな、ここは。ワッフル屋の隣と言ったらいいでしょうか。公式サイトに載っている店舗の正式名称は「楽天モバイル 下北沢 ViTo 下北沢北口店」だそうです。イタリアン・ジェラート屋さんの一角が展示コーナー&受付になっている感じ。外からもよく見えますし、入り口を入ってすぐのところにあるので気軽に立ち寄ることができるでしょう。
私が行った時にはASUS ZenFone3やHUAWEI P9 Lite、AQUOS SH-M04、そしてタブレットのHUAWEI MediaPad M3などが展示されていました。もちろん、どれも電源が入っていて、自由に触って試すことができましたよ。あとは、アクセサリー類の棚があったかな。
実店舗だと、店員さんに色々と質問できるのが良いですよね。「格安スマホって、ドコモやauと比べて、そもそも何が違うの?」なんて質問にも答えてくれるでしょう。あと、もちろん料金の比較なんかも確認できますよ。

HUAWEI Mate 9がおいてなかったのが残念。私のHUAWEI P9と比べてみたかったんですけどね。やっぱり売れているのかな。まあ近所だし、ちょこちょこ覗いてみたいなと思います。

2/1までの期間限定ですが、楽天モバイル:2016冬モデル割引キャンペーン!なんてのもオンラインストア、実店舗でそれぞれやっているみたいです。

★ イタリアン・ジェラートのViTo

併設されている、と言うか、スペース的にはこちらがメインですが、ViToはイタリアン・ジェラートのお店だそうです。公式サイトはこちら : ViTO|ジェラート・アイスクリーム「イタリアン・スイーツ」。福岡発のチェーン店なのかな。国内に二十店舗ほど展開していて、カンボジアや台湾、オーストラリアにも出店しているようです。素材に拘り、
  • ミルク : 熊本県阿蘇の酪農家から届くもの
  • ピスタチオ : 世界でも最高品質といわれるシチリア島ブロンテ産のもの
  • 抹茶 : 日本一の玉露生産地である福岡県八女市星野村の抹茶を使用
だそうです。

店内の様子はこんな感じ。Free Wi-Fiも使え、ジェラートを食べて頭に糖分補給しながら仕事も出来ちゃう雰囲気。
IMG_20170126_155808.jpg


でも、私が行った日はやたらと冷え込んでいて、ジェラートという雰囲気ではなかったんですよ。なので、ソイラテだけにしちゃいました。
でもでも、当たり前ですが店内はしっかり暖房が効いていて、読書しながらもついウトウトしてしまうほど心地良い状態。これならばジェラートを頼んでも良かったな。次回、リベンジしたいと思います。
IMG_20170126_155755.jpg


ジェラートを目当てに行くのもよし、楽天モバイルの新機種を触りに行くのもよし、楽しみ二倍の店舗となっていました。ここ、気に入りました。また来ようっと。





HUAWEI P9やhonor6 Plusなどのスマートフォンで撮った写真で綴るフォトブログもやってます。よかったら見てくださいな。

   Smartphonography Club



DELLの新2-in-1パソコン XPS 13 は世界最小。筐体は11インチのあちらとほぼ同じ大きさ [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170120_181158.jpg

★ New XPS 13 2-in-1とは

デル株式会社の新製品発表会に参加してきました。
昨年の夏モデル発表会でも「2-in-1パソコンが来ている!」との話がありました(「2-in-1 パソコンが売れてます : DELL新製品発表会に参加」を見てください)。その流れは変わらず、今回も新製品メインの一つが2-in-1パソコン。それがXPS 13の新モデルです。13インチの2-in-1パソコンの中で世界最小!という、分かり易い特徴を持っています。“11インチのりんごのやつ”とほぼ同じ大きさだそうですよ。
IMG_20170120_181913.jpg


フリップタイプで、ディスプレイが360度ぐるりと周り、“タブレット”としても使えるというもの。
IMG_20170120_182012.jpg


私の手がどの程度の大きさかってのはありますが、まあ、“比較”するとこんな感じの大きさです。
ディスプレイの周りの枠部分が極端に細いのが分かります。この分で、全体の大きさを絞っている感じ。
IMG_20170120_182101.jpg


ヒンジ部分はしっかりした作り。どんな確度にしてもきっちりと留まってくれるので安心感が持てます。
IMG_20170120_182208.jpg

★ 端子関係

なるほど、薄いですね。そんな薄い本体ですが、もちろん端子関係が並んでいます。
右サイドはこんな感じ。写真左から、電源ボタン、Micro SDカードスロット、USB 3.1 Type-C(DC-In/Powershare対応/DisplayPort兼用)、Nobleロックスロット となっています。
IMG_20170120_182235.jpg


左サイドも同様に写真左から、Thunderbolt[トレードマーク] 3(USB 3.1 Type-C/DC-In/PowerShare対応/DisplayPort兼用)、ヘッドセットジャック、バッテリ・ゲージ・ボタンおよびインジケータ(電池残り容量表示)。
IMG_20170120_182355.jpg


USB端子もとType-Cに移行していくようで、この機種も然り。電源供給が共通化されるのは歓迎です。

★ キーボードも改善。Enterキー、グッドです

筐体を小さくすると犠牲にされがちなのがキーボード。狭くなったエリアに無理矢理詰め込んだ結果、押しにくい変な格好にしちゃったり、そもそも小さすぎちゃったり、ろくなことになりません。
でも、今回のXPS 13はなかなかいい感じ。全体はこんな感じ。ぱっと見ても「なんだこれ?」ってのはありません。
IMG_20170120_182124.jpg


注目ポイントがEnterキー。以前の機種だと小さくしちゃってとても押しにくかったんですよ。とにかく多用する(押すことが多い)Enterキーですから、これが調子悪いとかなりフラストレーション溜まります。それが解消されたのがグッド。
IMG_20170120_182141.jpg


ちなみに、前の機種のキーボードがこれ。Enterキーを押すのに、右手小指がつりそうになります。
IMG_20170120_182642.jpg

★ こんなところにも拘りが

今回の機種はデザインにも凝っています。スリムさを強調するため、エッジを強調してみたりして、スッキリしたイメージ。
欲を言えば、カラーバリエーションがあっても良かったですね。真っ赤なボディだったり、キラキラなラメ入りなんて“攻めた”デザインがあってもいいんじゃないかな。持っていて、スタバで使って、目立つ奴が欲しいところ。

さて、デザインの拘りはこんなところにも。最近の機種ではこうなっているんだそうですが、底面に何か分からない“窓”が付いています。「XPS」の文字が入った蓋になっているんですが、さて、中身は何でしょう?
IMG_20170120_182421-Edit.jpg


実はこの中には、サービス用のタグが貼り付けてあります。普通は表にペタッと貼ってありますが、それだと無粋だと言うことでしょう。まあ、これだのものなのですが、こういう拘りってグッドです。
ちなみに右下のは展示用のタグなので、普通はありません。
IMG_20170120_182529-Edit.jpg


モバイル用ですから「最小」ってのは魅力的。進化したXPS 13、いいんじゃないかな。
DELLの2-in-1パソコンを買うならばこちら

デル株式会社





前の3件 | 次の3件 ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ