So-net無料ブログ作成
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | -

HUAWEI MediaPad M5 Pro : ペン書きが気持ちいい。もちろん、画がきれい、音もいい [ガジェット : 面白いもの色々]

IMAG0744.jpg

★ MediaPad M5 Proの外観チェック

HUAWEI MediaPad M5 Pro : ハイレゾ仕様が復活&ペンで遊べるタブレットに」の記事で紹介したHUAWEI MediaPad M5 Proを試用することができましたので、ご報告。詳しいスペックなどは上記の記事に書きましたので、そちらを参照願います。

まずは外観から。
後ろ姿。下端の穴はスピーカー。見て分かるとおり、左右対称に並んでいます。見えていませんが、同様に上端にも同じようにスピーカーが配されています。四つのスピーカーがあるので、ステレオ感ばっちり。そしてこれは重要ですが、縦向きにしてもちゃんと左右にスピーカーがあるので、ステレオ感がそのままです。他社のタブレットでは、横向きでは良かったのに、縦に置くと片方からしか聞こえなくなってしまうと言う、寂しい状況になっちゃうのも。しっかり四つあるって、重要です。言われてみれば当たり前ですが、使ってみないと気が付かないんですよね。重要なチェックポイントです。
IMAG0766.jpg


1300万画素(位相差AF)のアウトカメラ。タブレットでここまでちゃんとしたカメラが付いているの、余りないのでは? これならば普通にカメラとして使えそう。
ただ、見ての通り、ちょいと出っ張っているのですこし邪魔かな。後述の通り、ペン書きが売りなのですが、ぺたんとテーブルに置けないのが・・・。まあ、カバーを付けちゃえば問題ないんですけどね。
IMAG0772.jpg


HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp をお供に半身浴を楽しむ」等の記事で紹介した通り、一世代前のMediaPad M3 Lite 10 wpを愛用中。ということで、M5 Proと比べてみました。
M5 Proの方が一回り大きくなったんですが、それよりも大きな違いは“フチ”の造り。M3 Lite 10 wpは、多少の丸みはあるものの、平べったい直方体。なので、側面がしっかりと存在しています。
それに対してM5 Proは滑らかに湾曲していて“側面”や“角”を感じさせません。これ、かなりいいですね。持った感じもしっくりくる。
そして何よりも重要なのがボタン類の位置。分かるでしょうか、下になっているM3 Lite 10 wpではボタン類が側面に付いていて、飛び出している感じ。これ、縦に置いた時に間違ってボタンが押されちゃうことがあるんですよ。これまたカバーを付ければいいんですが、風呂場で使う時には外しているので、あれ?っとなっちゃうことがたまに。
それに対してM5 Proのボタンは斜めに付いていて、縦置きにしてもぶつかることがありません。ストレスフリー!
IMAG0780.jpg

★ 画がきれい! 音もいい!

ディスプレイの解像度が上がり(WQXGA(2560x1600))、さらに画がきれいになったこのM5 Pro。写真のビューワーとしても当然ながら優秀。Google Photoの画面のスクリーンショットですが、うむ、きれい! まあ、写真の出来は私の腕の問題もあるので、そこはご愛敬。
Screenshot_20180609-152712.jpg


暗い部分と明るい部分がきっちりと出てますね。これはいい。
Screenshot_20180609-152736.jpg


Huluでドラマを鑑賞。一枚目の写真も同様。画がきれいなのはもちろんですが、音もいいので外付けスピーカーなど必要ないのがいいです。ドラマや映画を一人で楽しむにはいいですね。まさにこれ一台あれば他は必要ないのがGood。
IMAG0741.jpg

画がきれいなのはいいですね。10インチの画面サイズですが、これだけくっきりと細かいところまで鮮明だと、映画の・ドラマの世界に引き込まれる感じで観ることができました。

★ ペン書き、いい感じ

M5 Proのもう一つの特徴が専用ペンが附属していること。筆圧4096段階に対応しているそうです。
と言うことで、カフェに持ち出して使ってみました。いつもならばBluetooth接続のキーボードで文字を書いているんですが、今回はペン書きに挑戦、と言う趣向です。
IMG_20180603_132622.jpg


ペン書きに“特に”対応したアプリが二つ、内蔵されてました。今回はこれらに挑戦。
Screenshot_20180609-151406.jpg

まずはMy Script Calculator。数式を手で書くと、計算してくれるというもの。確かに、数式は“段組”が複雑なので、普通のワードプロセッサなどでは簡単に書くことができません。でも、手書きなら大丈夫でしょう、と言うわけですね。
そうは言いつつ、あんまり複雑な数式は思いつかなかったので、こんな簡単なやつでお試し。
Screenshot_20180609-152409.jpg


数式を書き終えたら、右下の「計算」ボタンをポチッ。すると、こんな感じでまずは数式自体をちゃんと読み取ってくれ、その上で計算までしてくれるんです。普段は必要なさそうだけど、甥っ子の勉強を見てあげる時には使えるかな?!
Screenshot_20180609-152418.jpg


もう一つのアプリはNebo for Huawei。手書きメモ帳です。文字を書くのに特化している(絵を描いたりはできない)分、多くの言語に対応してます。
Screenshot_20180528-214951.jpg


こんな感じで手書きすると、書いているそばから読み取ってくれ、データ変換してくれるんです。
IMG_20180603_124730.jpg


私の字が下手なせいか、誤変換も。。。数字と英字が混ざっている部分が間違いやすいようです。
“M5”と書いたのに、“145”と解釈されてしまった。まあ、なんとなく気持ちは分かる誤変換ですけどね。何度やってもダメだったので、Mと5を離して書いて乗り切りました。
IMG_20180603_124644-2.jpg


そんな問題はあったのは、最初に「日本語」をメイン言語に指定したからかな。日本語を書く分には、こんなに下手な字でもちゃんと読み取ってくれました。
ペンの反応もいいので、ストレスなくメモ書きができそうです。変換も速いし、メモ帳にメモ書きする感覚で使えそうです。美術館のギャラリートークなどで、立ちながらメモすることがちょこちょこあるんですが、今はフリック式文字入力で頑張ってます。それよりはこっちのペン書きの方が良さそう。
IMG_20180603_124901.jpg


ファイルの格納にはクラウドストレージも使えるみたい。
Screenshot_20180609-151513.jpg


前の記事でも書きましたが、これで防水仕様になっていたら、今のM3 Lite 10 wpから買い換えちゃいそう。期待します。
そうそう。その時には顔認証対応して欲しいな。M3 Lite 10 wpですが、指紋認証には対応しているものの、濡れると反応が悪くなるんですよ。風呂場ではPIN入力しなければならなくなるのが面倒で。期待します。









nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

Microsoft Surface Book 2 を試す なるほど、ペン書きがたのしいかも。そして、ダイアルも便利 [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20180527_140901.jpg

★ Surface Book2 試用

Microsoft Surface Book 2 15 インチ は写真家、クリエイター御用達のスペック」の記事で、Microsoft社のイベントでMicrosoft Surface Book 2をちょこっと見て、触ってきました。
今回、Microsoft社から(一世代前の奴ですが)お借りすることができ、もうちょっと触ってみましたので、ご報告。

最新機のスペックなどは上記の記事に書いてありますので、そちらを見てください。

まずは外観チェック。
天面です。マイクロソフト社のロゴマークが真ん中にあり、あとはカメラのレンズだけ。シンプルなデザインですね。
カラーバリエーションはなく、シルバー一色のみ。
IMAG0671.jpg


8Mのリアカメラ。パソコンとして使用している時には、リアカメラってほとんど使わないでしょう。でも、このSurface Book2はディスプレイ部分を取り外して、タブレットとしても使えるので、その時にはリアカメラも出番があるかな。
IMAG0673.jpg


左側面の端子群。USB3.0の端子が二つに、SDカードスロットです。USB Type-Cがぼちぼち普及してきているけど、“過去の資産”としてのデバイスではUSB3.0端子が健在。現時点では実用的と言えましょう。
IMAG0674.jpg


右側面。USB Type-Cの端子が一つと、“Surface Connect”端子。Surface Connectは、通常は電源端子として、そしてSurfaceドックを繋いで拡張端子として使うものです。
IMAG0676.jpg


ディスプレイ側にヘッドセットジャックが付いています。
IMAG0677.jpg


電源ボタンと音量ボタンもディスプレイ側です。ディスプレイ部分がタブレットになるので、これらボタンやヘッドセットジャックがこっちに付いている訳ですね。
IMAG0681.jpg


附属のAC電源アダプター。大きさの比較用としてスマートフォン(HUAWEI P9)を置いてみました。これくらいの大きさ(小ささ)ならば邪魔にならないかな。
IMAG0691.jpg


これがSurface Connectに繋げる端子。磁石でペコッとくっつくタイプ。ケーブルに足を引っかけて、ノートPCも“道連れ”に・・・なんてことが減るかな。
IMAG0694.jpg

★ 使ってみた

いつものごとく、カフェに持ち出して使ってみました。
折角なので、Surface ペンSurface Dialも持参。あと、型は古いですが、マウスも自前のSurface Arc Mouseです。うむ、完全装備ですね!

これら三つのデバイスは、どれもBluetooth接続です。なので、ペアリングを最初に一度だけする必要があります。それができれば、次からは電源を入れると自動的に接続されるようになります。
Surface ペンは、ボタンをダブルクリックするとスクリーンショットが録れる、という機能が気に入っています。こんな風にブログを書く際、ちょこちょことスクリーンショットを録る必要があるんですが、これならばお手軽。
IMG_20180526_104512.jpg

Surface Dialですが、こちらもペン書きやらなんやらの場面だけではなく、Webサイトを閲覧している時のスクロールにも使えます。これ、意外と便利。クルクルッと回して、行ったり来たりできるのはいいですね。もちろん、マウスのホイール機能を使えば良いのですが、Surface Arc Mouseの“ホイール”は指をセンサー上でスライドさせるタイプ。どうも未だにこれだけは慣れなくて。
Surface Dialだとこんな感じです。


設定画面はこんな感じ。マニュアルを見なくても、これを見ればだいたい使い方が想像できますね。
2018-05-26_11h44_38.png


次はSurface ペンを試してみることに。
Windows inkワークスペース内のスケッチパッドを使ってみました。Windows inkって何?という方は、「Windows Ink を使う」を見てください。
IMG_20180526_113708.jpg


ディスプレイを一回外して、裏返し。そのままもう一度キーボードに挿すのが“スタジオ モード”。
私の絵心のなさは平にご容赦を。でも、確かにこれならば「絵を描くことができる」なと感じましたよ。ペンでスッと撫でたときも反応がとても良ろし。
IMG_20180526_115134.jpg


Surface Dialを使えば、こんな感じでメニューを呼び出し、選択できます。これはペンの色を変える時。絵を描いていて、色を色々取り替えながら描き続けられるの、便利です。
IMG_20180526_115149.jpg


あと、Surface ペンでスクリーンショットを録ったあと、こんな感じで“メモ”やらなんやらをささっと書き込めるのも便利。
screenshot.png


ペンが使い易いのはいいですね。今回はトライしてませんが、写真の編集もこれならば楽そう。マウスだと、写真の修正作業ってなかなか難しくて。細かい指定ができないんですが、ペンならば、そしてスタジオモードならばさらに簡単にできそう。

うむ、クリエイター御用達ですな、これは確かに。
Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)








nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

HUAWEI MediaPad M5 Pro : ハイレゾ仕様が復活&ペンで遊べるタブレットに [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20180525_190613.jpg

★ HUAWEI MediaPad M5 Proとは

HUAWEIのタッチ&トライイベントに参加しまして、HUAWEI MediaPad M5 Proの話を聞いてきました。

一つ前の機種の紹介イベントにも参加したんですが、その様子は「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 は音にこだわったタブレット。動画・音楽を楽しむのにグッド」の記事で紹介しています。その後、防水仕様のバージョンが出たんで、即買いしちゃいました。「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 wp をお供に半身浴を楽しむ」などの記事で紹介しています。

いや、早いですね。半年で次の機種が出てしまいました!それがHUAWEI MediaPad M5 Pro。公式サイトからスペックをチェックしてみると
スペック
サイズ 約258.7x171.8x7.3 mm、重さ:約500 g
ディスプレイ 10.8 inch, WQXGA(2560x1600), IPS
CPU HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x Cortex-A73@2.4 GHz + 4 x Cortex-A53@1.8 GHz)
OS Android 8.0 Oreo / Emotion UI 8.0
Memory RAM 4GB / ROM 64GB
無線&I/F Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5GHz) Bluetooth 4.2, microSDXC, USB Type-C
SIM(LTEモデルのみ) nano SIM x 1
カメラ In:800万画素 (FF)、Out:1300万画素(位相差AF)
オーディオ 内蔵クアッドスピーカ, 内蔵マイク, Harman Kardon チューニング,HUAWEI Histen 音響効果, ハイレゾ対応
バッテリー 7500 mAh (一体型), 急速充電 (9V,2A )対応
センサー 指紋認証 / 加速度 / 照度 / 電子コンパス / ホール / ジャイロ
同梱品 ACアダプタ / USBケーブル (Type-A to C) /USB Type-C to 3.5 mm ヘッドフォンジャックアダプタ / クイックスタートガイド /M-Pen / オリジナルスマートカバー

ちなみに、ディスプレイサイズが8.4インチの“MediaPad M5”(Pro が付いていないやつ)もほぼ、同じスペックで同時発売です。

★ ここが変わった・これが特徴

私が持っているM3からなぜか一つ飛びの”M5”になったのですが、スペックの変化はどうなったのでしょうか。以下、後方の方からの説明を元にまとめてみます。
変化点はこんなところ。
  • CPUのスペックが上がった
  • Android 8.0, EMUI 8.0
  • 2.5D 加工ディスプレイ
  • ハイレゾ対応(“再”対応?!)
  • 9V/2A急速充電対応
  • 専用ペン附属(筆圧4096段階)

CPUやOSは最新のものになっていて、これはまあ当然の流れですかね。

LTE対応。M3は対応していたんですが、私の持っているM3 wpは非対応なんですよ。
IMG_20180525_191004.jpg


デザインとしては、2.5D 加工ディスプレイになり、ボディ背面も”角が取れて丸くなった”。これによって、見た目はもちろん、持ちやすさも増しているとのこと。さらには、画像最適化ツール ClariVuによって、画像の再生能力もアップ。
IMG_20180525_192140.jpg


M3ではスピーカーが四つになったのはよかったけど、そのさらに前の機種にはついていた「ハイレゾ対応」機能がなくなってしまいました。それが今回のM5で復活。ヘッドセットでもいい音で聴けるようになったのでした。
Harman Kardonの音響チューニング + HUAWEIオリジナルのサラウンド技術 Histen搭載となっています。
IMG_20180525_190613.jpg


7500mAhのバッテリー、USB Type-C急速充電対応(三時間弱でフル充電)。
HUAWEI M-PEN附属。USB Type-Cで充電ができる。ショートカットとスクリーンショットに対応したボタン。
IMG_20180525_190814.jpg


あと、おまけで(?)スマートカバーが同梱されているそうです。これはこれでいいですね。外に持ち出しても使う機種ですから、どうせ、後で買うことになるし。

★ タブレットの音聞き比べ

イベント後半は、AV評論家の折原一也さんによるお話。前回も登壇されていて、またまたご登場です。
ポイントを要約すると、
  • HUAWEIは音作りにこだわったメーカーだ。パソコンやスマートフォンに対して、”立ち位置”の難しいタブレットだが、MediaPadは高音質の点で差異化を図っている。業界の人でも「タブレットならばHUAWEI」という人が少なくない。
  • Quad スピーカーは、縦置きでも横置きでもちゃんとステレオ。この薄い筐体でここまで聴かせる音を出すのは驚き。
  • ヘッドホンハイレゾ再生復活を歓迎。ハイレゾ対応ということは、それなりにちゃんとしたDACなどのデバイスを使っているということ。ハイレゾではない通常のCD音源の再生でも、他よりはいい音で再生してくれる訳
  • と言いつつ、要望も。ハイレゾ対応は歓迎だが、ヘッドホン端子がなくなり、USB Typc-C変換ケーブルでつなぐのは面倒だし、ケーブルをなくしそう。こちらも復活を希望する。
  • 比較するのは値段的に違うとはいえ、同時期に発表されたノートパソコンのMateBook X Proは”Dolby Atomos”対応。MediaPadも頑張ってくれるとさらにうれしい。
とのこと。
なるほど、ハイレゾ対応にはそういう意味もあったんですね。私もハイレゾ音源ってほとんど買ったことがなくて、いつもはGoogle Play Musicで音楽を楽しんでいるのですが、それでもハイレゾ対応は意味があるということですね。うむ、なるほど、なるほど。

説明の後、禁断の(?)「タブレット聴き比べ」実演。某アップルと、某アマゾンの機種との聴き比べでした。
これ、実際に聞いてもらわないと説明しにくいのですが、耳がそんなに良くない私でも「これは違うな!」と分かりましたよ。某アップルさん、かなり寂しい雰囲気でした。それに比べて、某アマゾンの奴はちょっとびっくり。あの値段(一万円台ですからね)でここまでちゃんとした音が出るならば、メディア再生機としては合格ですよ。
で、もちろん、MediaPad M5 Proは段違いの再生能力を発揮していました。私もM3でその音の良さを実感していて、入浴中にいつも動画や音楽を楽しんでいるわけですが、このM5 Proはさらにその上を行っている感じ。いやぁ、いいですねぇ。

今回も楽しいイベントでした。といいうことで、音楽や映像を楽しむためのデバイスが欲しいなと思っている、もしくは今の機種に不満を持っている人ならば、ちょっと試してみる価値はありそうですよ、この機種。店頭で実際に試してみてくださいな。


さてさて、防水版は出るのかな、どうかな?


おまけ。これが噂の(?)HUAWEI MateBook X Proです。すごい、いい音でしたよ。某マイクロソフトへの対抗意識メラメラな感じ?!
IMG_20180525_203136.jpg








nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の3件 | - ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ