So-net無料ブログ作成
検索選択
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | -

Bluetooth接続スピーカー BOSE SoundLink 三機種を比較 [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170723_143404.jpg


ボーズ・オンラインストア


BOSE社からBose SoundLink Color Bluetooth speaker IIBose SoundLink Revolve Bluetooth speakerBose SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerをお借りし、試用してます。

BOSE (ボーズ) まとめページはこちら

★ SoundLinkシリーズ

BOSEのBluetooth接続タイプのスピーカーがSoundLinkシリーズです。
(Wi-Fi & Bluetooth接続スピーカーの、SoundTouch 10 wireless speakerなどのSoundTouchシリーズもあります。)
スマートフォンやタブレットなどとBluetooth接続し、防滴機能を活かしてアウトドアシーンで使ったり、半身浴のお供にしたりと重宝します。
もちろん、BOSEのスピーカーですからね、コンパクトなボディながら迫力のあるサウンドが響きます。これ、電気屋さんやショールームなどで聞いてみて欲しいですね。へぇ、となると思いますよ。

そんなSoundLinkシリーズ三機種を借りて使ってみた様子をそれぞれ記事にしたのがこれら。それぞれ、特徴があるので見てみてください。

★ スペック比較

さて、そんな三機種のスペックを一覧表にしてみました。
Bose SoundLink Color Bluetooth speaker II Bose SoundLink Revolve Bluetooth speaker Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speaker
サイズ 127 mm W x 131 mm H x 56 mm D 82 mm W x 152 mm H x 82 mm D 105 mm W x 184 mm H x 105 mm D
重さ 540 g 670 g 910 g
連続再生時間 8時間 12時間 16時間
価格(税込み) 16,200円 27,000円 37,800円
カラーバリエーション アクアティックブルー
コーラルレッド
ソフトブラック
ポーラーホワイト
ラックスグレー
トリプルブラック
ラックスグレー
トリプルブラック

部屋の中で、一人で使うならばBose SoundLink Color Bluetooth speaker IIで充分な迫力のサウンドを楽しめると思います。
アウトドアで、しかも複数人で聴くならば、パワーと360°広がるサウンドのBose SoundLink Revolve Bluetooth speakerBose SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerがおすすめです。もちろん、大は小を兼ねるところはありますが、値段もその分、いい感じですから、ここはBose SoundLink Revolve Bluetooth speakerかな。音の迫力はもちろん、大きい方がいいですが。


ボーズ・オンラインストアで発売中です。
ボーズ・オンラインストア


Amazonでも買えます。









BOSE SoundLink Revolve+ は、丸一日(16時間)アウトドアで使えるBluetooth接続スピーカー [ガジェット : 面白いもの色々]

DSC_0611.jpg


bose_soundlink_revolve


BOSE社からBose SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerをお借りして、試用しました。

BOSE (ボーズ) まとめページはこちら

★ BOSE SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerとは

Bose SoundLink Revolve+ Bluetooth speakerは、「BOSE SoundLink Revolve は、360度全方位楽しめる、アウトドア派御用達のスピーカーだ」で紹介したBose SoundLink Revolve Bluetooth speakerの兄弟機。“+”と付いているこっちが“お兄さん”です。自然な360°サウンドが拡がる信じられないほど重厚、かつパワフルなサウンドを実現したポータブルBluetoothスピーカーです。しかも、IPX4に対応した防滴仕様なのでBBQなどアウトドアでも置き場所を気にせずBGMを楽しめます。ハンドル付きの持ち運びしやすいコンパクトなデザインがアウトドアのお供にピッタリです。

簡単接続音声ガイドでBluetoothペアリングも簡単にできますし、「Bose Connect アプリで、誰でも簡単にBoseのヘッドホンとBluetooth接続できちゃいます」で紹介したBose Connectアプリを使えばさらに簡単に接続、設定できますよ。ど同時に二台と接続可能です。また、ペアリングは八台まで登録できるので、パーティーやBBQの場で、みんなで繋げて順にお気に入りを再生、なんてことも可能です。

スマートフォンと接続していれば、マルチファンクションボタンを長押しすると、SiriやGoogle Nowを呼び出せるので、音声入力でこれからの天気やら、帰りの電車の時刻表確認なんかもできます。
もちろん、通話も可能です。電話がかかってくると、相手の電話番号を読み上げてくれるので、なかなか便利。

ワイヤレス通信距離は最大9 mで、満充電で最大約16時間の連続再生可能。そして、カラーバリエーションは、私が借りた ラックスグレー と、トリプルブラックの二色です。
定価¥37,800(税込み)なり。

★ 外観チェック

兄弟機だけあって、外観は似ています。大きさが違うかな。もっとも違うのは、一枚目の写真にある通り、布製の取っ手が付いていること。これ、かなりグッド。持ち易いです。ひょいと持って運べるので、大きさ・重さを余り感じることなく扱えます。

天面に操作ボタンがまとめられています。円周に配されたボタンはお洒落だし、操作し易い。
操作パターンはBOSEのヘッドセットに共通。時計の文字盤で言うと、12時が電源、6時がマルチファンクションボタン、4時・8時が音量ボタン、10時がBluetoothボタン、2時は入力モードボタン。
入力モードボタンで、言語の切り替えなんかができます。
三つの穴はマイクです。
DSC_0608.jpg


端子は3.5 mm外部入力端子とMicro-B USB端子。USB端子で充電できます。こちらは横に並んでますね。兄弟機と見比べるとちょっと楽しいかも?!
DSC_0610.jpg


底面にはクレイドル用の端子が付いています。別売りのSoundLink Revolve charging cradle 充電クレードルを使って、カシャッと置いて充電もできます。クレードルは兄弟機で共通です。
DSC_0609.jpg


Manfrotto ミニ三脚 PIXIシリーズ PIXI EVO ボール雲台 レッド MTPIXIEVO-RDを付けてみました。BBQの時、テーブルにセットするにはこれくらいの脚の長さで充分かな。
IMG_20170708_091834.jpg


本体サイズ・重さは 105 mm W x 184 mm H x 105 mm D 0.91 kg となってます。兄弟機に比べると重いんですが、取っ手がある分、持ち運びの時にはこの重さは気になりません。
スマートフォン(XPERIA XZ)と比べるとこんな感じ。スマートフォンよりも一回り大きい感じかな。
IMG_20170716_172254.jpg

★ 使ってみた

BOSEの技術を詰め込んだデュアルパッシブラジエーター、トランスデューサー、360°の音響デフレクターによって、この大きさながら迫力のサウンド。屋外でもしっかりと伝わります。タブレットに接続して、BACHのオーボエ協奏曲なんぞを流してみましたが、高音・低音共にきっちりと再現してくれています。朝の公園で聴くクラシックも良いものですな。
IMG_20170709_092555.jpg


三脚を付けてみました。いい感じですね。テーブルからの反響を気にするならば、ちょっと持ち上げた方がいいのかな。
振動に関してはどうでしょうね。でも、しっかりとした三脚なので、少なくとも私の耳では聞き分けられないほどの差でした。
IMG_20170709_092733_1.jpg


でも、防滴機能を活かして、やっぱり一番よく使うのは入浴時。バッテリーの持ちが16時間ですからね。一回充電すれば、入浴だけだったらかなりの日数、そのまま使い続けられます。いい感じ。
風呂場がコンサートホールになります。おすすめ。

ボーズ・オンラインストアで発売中です。
ボーズ・オンラインストア


Amazonでも買えます。





BOSE SoundLink Revolve は、360度全方位楽しめる、アウトドア派御用達のスピーカーだ [ガジェット : 面白いもの色々]

DSC_0571.jpg


bose_soundlink_revolve


BOSE社からBose SoundLink Revolve Bluetooth speakerをお借りして、試用しました。

BOSE (ボーズ) まとめページはこちら

★ BOSE SoundLink Revolve Bluetooth speakerとは

Bose SoundLink Revolve Bluetooth speakerは、360度自然なサウンドが広がる、重厚かつパワフルなサウンドを実現したポータブルBluetoothスピーカーです。
見ての通りの円筒形スタイルは、まさに聴く方向を選びません。パーティーではテーブルの真ん中においてみんなで音楽を楽しんだり、IPX4に対応した防滴仕様なのでBBQなどアウトドアでも置き場所を気にせずBGMを楽しめます。

簡単接続音声ガイドでBluetoothペアリングも簡単にできますし、「Bose Connect アプリで、誰でも簡単にBoseのヘッドホンとBluetooth接続できちゃいます」で紹介したBose Connectアプリを使えばさらに簡単に接続、設定できますよ。ど同時に二台と接続可能です。また、ペアリングは八台まで登録できるので、パーティーやBBQの場で、みんなで繋げて順にお気に入りを再生、なんてことも可能です。

スマートフォンと接続していれば、マルチファンクションボタンを長押しすると、SiriやGoogle Nowを呼び出せるので、音声入力でこれからの天気やら、帰りの電車の時刻表確認なんかもできます。
もちろん、通話も可能です。

ワイヤレス通信距離は最大9 mで、バッテリー寿命最大12時間。そして、カラーバリエーションは、私が借りた ラックスグレー と、トリプルブラックの二色です。
定価¥27,000(税込み)なり。

★ 外観チェック

天面に操作ボタンがまとめられています。円周に配されたボタンはお洒落だし、操作し易い。
操作パターンはBOSEのヘッドセットに共通。時計の文字盤で言うと、12時が電源、6時がマルチファンクションボタン、4時・8時が音量ボタン、10時がBluetoothボタン、2時は入力モードボタン。
入力モードボタンで、言語の切り替えなんかができます。
三つの穴はマイクです。
DSC_0580.jpg


端子は3.5 mm外部入力端子とMicro-B USB端子。USB端子で充電できます。
DSC_0577.jpg


充電用のUSBコードとAC電源が付いているので、すぐに充電できます。
DSC_0581.jpg


底面にはクレイドル用の端子が付いています。別売りのSoundLink Revolve charging cradle 充電クレードルを使って、カシャッと置いて充電もできます。もちろん、載っけたまま使えばバッテリーを気にせずにずっと音楽を楽しめますね。
DSC_0579.jpg


底面の真ん中のネジ穴は三脚用。こんな感じでカメラ・ビデオの三脚を取り付けることができます。
DSC_0584.jpg


本体サイズ・重さは 82 mm W x 152 mm H x 82 mm D 0.67 kg となってます。ちょっとずっしり感があるかな。でも、それ故に安定感は充分。三脚がなくても、転がって困るなんてことはないですよ。
スマートフォン(XPERIA XZ)と比べるとこんな感じ。シルエットはほぼ一緒です。
IMG_20170709_135543.jpg

★ 使ってみた

防滴仕様を活かして入浴時に使ってます。いい音しますよ、これ。やっぱりBOSE。このサイズなのにしっかりと低音も響いて、風呂場がホールになります。BOSEの技術を詰め込んだトランスデューサー、デュアルパッシブラジエーター、360°の音響ディフレクターが“いい仕事”をしてくれています。
と、格好を付けて言ってみたけど、その機能はあんまり分かっていないんですけどね。音を上手く共鳴させて、コンパクトなボディながらこの音量を作り上げているのだそうです。

仕組みはさておき、360度どこからでもって風呂場でも重要。湯船に浸かっているとき、シャワーを浴びるために洗い場に出たとき、どこにいても大丈夫。これ、いいですよ。



さて、せっかくなので外に連れ出してみました。近所の公園に備え付けのテーブルがあるんで、“それっぽく”置いてみましたよ。こうやって見ると可愛らしいサイズですね。

8 inchタブレット(左の赤い奴)に繋いでみました。周りに遠慮しつつ、ボリュームを絞って音を鳴らしたんですが、それでもいい感じ。きちんと耳に届きました。ボリューム下げると聴きづらくなっちゃうスピーカーやヘッドホンって多いんですが、そこはBOSEですから、大丈夫。
IMG_20170709_092458.jpg


ということで、アウトドアのお供にぴったりのBose SoundLink Revolve Bluetooth speakerなのでありました。

ボーズ・オンラインストアで発売中。
bose_soundlink_revolve


Amazonでも買えます。





前の3件 | - ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ