So-net無料ブログ作成
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | -

HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 は音にこだわったタブレット。動画・音楽を楽しむのにグッド [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20171123_001208.jpg

★ MediaPad M3 Lite 10 タッチ&トライに参加

先日、Huawei Japan - ファーウェイ・ジャパン主催のイベントに参加し、HUAWEI MediaPad M3 Lite 10の話を聞き、実際に触ってみました。また、期間限定で試用もさせてもらいます。
Huaweiのスマートフォン、絶好調ですよね。私も(一世代前のですが)HUAWEI P9を使ってます(Smartphonography Clubを見てくださいな。)。でも、タブレットは別のメーカーのものを使っていて、HUAWEIのは触ったことがありませんでした。今回の話を聞いて、タブレットも悪くないねぇと思い始めてます。

ということで、イベントで聞いた話から。
HUAWEIのタブレットは「MediaPad」という名前で展開されています。名前から想像するとおり、音や映像を楽しむためのデバイスを指向しているのでありました。特徴は
  • ファッショナブルなデザイン
  • エンタメを楽しくする音と映像へのこだわり
  • 指紋認証センサーなど、充実した機能と性能
  • Microsoft Office for Android Tablet搭載
とのこと。
IMG_20171117_194025.jpg


中でも気合いを入れているのが。スピーカーが四隅に配され、専用パワーアンプによる迫力あるサウンド再生が可能。独自サラウンド技術SWS3.0によってさらにリアルな音となっています。
IMG_20171117_194721.jpg


そして、シドニー・ハーマン博士が創業した、世界的に有名な音響メーカーHarman Kardon by HARMANによる音響チューニングも施されていて、その証しとして背面にはしっかりと“harman kardon”のロゴが入っています。

イベントでは、“他社製品との比較”として、三台並べて順番に音を聴いてみるなんてデモンストレーションもありました。確かに違いましたね。私も何台かタブレットを使ってきたので、それぞれに違いがあるなぁと言うのは分かっていました。が、このように比べてみると差は歴然。パワーが違います。この薄さでこれだけ音を鳴らせるなんて流石ですな。他の機種の音が薄っぺらく感じちゃいました。
IMG_20171117_194814.jpg


バッテリーが大容量なのもうれしい。出先で動画を観ていたり、音楽を聴いていて、途中でバッテリー切れは寂しいですから。6,660mAhあれば、一日中、気にせずに使えそうです。
IMG_20171117_195016.jpg


Microsoft純正のOfficeアプリ(PowerPoint, Word, Excel, Outlook)が標準で入っているので、ちょっとした資料作成にも使えそう。実際、私もMicrosoftの折りたたみ式Bluetooth接続キーボード Universal Foldable Keyboard をいつも持ち歩いていて、タブレットでブログの下書きなんぞをしています。そんな使い方をする時など、Officeアプリがあれば頼もしいですね。
IMG_20171117_195206.jpg

★ スペックを見る

公式サイトの説明によると、詳細スペックは以下の通り。
スペック
サイズ 約240x173x7.1 mm、重さ:約460 g
ディスプレイ 10.1 inch, WUXGA(1920x1200), IPS
CPU Qualcomm MSM8940 オクタコア, (4xA53@1.4GHz + 4xA53@1.1GHz)
OS Android 7.0 Nougat / Emotion UI 5.1
Memory RAM 3GB / ROM 32GB / microSDカード(最大128GB)
通信速度・モード(LTEモデルのみ) 下り(受信時)最大:150Mbps (LTE)、上り(送信時)最大:50Mbps(LTE) FDD- LTE : Band 1/3/5/7/8/19/20
TDD- LTE : Band 38/40/41
W-CDMA : Band 1/2/5/6/8/19
GSM : Band 2/3/5/8
無線 Wi-Fi : 802.11a/b/g/n/ac 準拠 (2.4 / 5GHz)、Bluetooth 4.1
SIM(LTEモデルのみ) nano SIM x 1
カメラ In:800万画素、Out:800万画素
オーディオ SWS 3.0サラウンドシステム、4スピーカー
バッテリー 6660 mAh (一体型)
センサー 指紋認証センサー / 加速度 / 照度 / 電子コンパス / ジャイロ(LTEモデルのみ)
同梱品 ACアダプタ / USBケーブル / クイックスタートガイド



LTEモデル
Omni7


Wi-Fiモデル
Omni7

★ 感想&期待すること

この機種に限ったことではないですが、10インチの画面はやっぱりいいですね。私はタブレットで「Kindleの本・雑誌を読む」、「HuluやYouTubeの動画を観る」、「Google Play Musicの音楽を聴く」のが主な使い方。あとは上でも書いたように、キーボードを繋げてちょこっとレポートやらブログの下書きやらを書くのに使っています。
大きな画面だとグッド。特に雑誌を読むには8インチだとちょっと文字が小さいなと感じてしまうんです。もちろん、映画を観るのにもいいです。
こんな使い方をしようと思ったとき、このHUAWEI MediaPad M3 Lite 10は期待が持てそうです。画もきれいだし、音もいいし、ちょっと試しただけですが、動きも軽やか。良さそうです。

あと、LTEモデルがあるのもいい。最近はWi-Fiのサービスがあるカフェなども多いですが、回転率を上げるためか(?)そうでない店もあり、そんな時にはSIMが挿せて自分で通信できるのは頼もしい。


この値段(3万円前後)なので、全ての機能をのぞむのは無理でしょう。でも、敢えてスペックからだけですが、注文を付けるとすると、
  • 防水対応にして欲しい
  • Bluetooth接続ヘッドセットに対してももっとフォローを
の二点。
風呂にタブレットを持ち込んで、Huluでドラマを観る、ってのが習慣になってしまってます。なので、タブレットは防水であって欲しいな、と。

あと、外で動画や音楽を楽しむときには、Bluetooth接続ヘッドセットを使う訳ですが、LDACやaptX HDに対応してくれているとベター。

私としては、とりあえず防水機能が付いたら即、買います。


でも、P10も出たところだし、P9から乗り換えたいなぁ。。。なんて思ったりもして。
IMG_20171117_205251.jpg


あと、スマートウォッチも使っていた奴が壊れてしまったので、ぼちぼち次を選びたいとも思っていて、物欲フツフツ。HUAWEIブランドで揃えちゃいますかね。。。
IMG_20171117_205302.jpg



今、実機を貸し出してもらって試用中なので、実際に使ってみた感想をまた書きます。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

HP EliteBook は法人向けPCとしてグッドチョイス。東京生産の高品質、MIL規格準拠の堅牢さ [PR] [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20171116_174801.jpg


リンクシェア主催のパソコン・デジタルフェアで色々と見てきたので、面白そうなものをご紹介。

★ HP EliteBook Folio G1

パソコンのシェアを世界市場で見ると、HPレノボ(Lenove)が争っている感じです。「世界PC出荷、2017年第1四半期はHP Inc.が堅調 - ZDNet Japan」の記事によると、HPは好調のようですね。
そんなHPは一般コンシューマー向けと、法人向けと、両方のパソコンを取り揃えています。今回紹介するのは法人向けのノートパソコン。まずは「HP EliteBook Folio G1」です。
HPはユーザーの様々なニーズに応えるべく、“軽いやつ”、”高級感のある奴”などなど、色々なラインナップを取り揃えています。その中でEliteと名づけられたシリーズは
  • 丈夫・頑丈
  • 東京生産による高い品質
  • サポートが充実
が特徴。
丈夫・頑丈さですが、米軍調達基準(MIL-STD-810 - Wikipedia)に準拠。“MIL規格”ってやつですね。過酷な環境でも使用できる・壊れにくい製品として、米軍が認めたと言うことです。低温・高温・振動・落下などの耐久性をテストするものですが、ビジネスシーンでも丈夫であることは望ましいですよね。特に、ノートパソコンを持ち歩いて仕事をしている人にとっては、振動や衝撃で壊れてしまって、客先で使えないとなったら信用問題にもなりかねません。

高い品質に関しては、コンシューマー向けパソコンが主にアジアの工場で委託生産されているものが多いのに対し、このシリーズは東京で生産されています。もちろん、最近はアジア各国のEMSも品質の高い生産を実現しているので、一概によろしくない、とは言えませんが。
東京生産と言うことで、丁寧に造っているのと、サポートとの関連性も含めて安心感が持てるのが特徴でしょう。故障が多くて、しかもすぐに直してもらえないとなると、仕事に使うのは躊躇ってしまいますから。そんな心配が低いと言うことです。

そんなEliteBookシリーズにあってHP EliteBook Folio G1は軽さとコンパクトさがウリ。端子類も最小限にしてあり、軽量化を図っています。結果、
  フルHDディスプレイタイプ: 約970 g
  タッチパネルフルHDディスプレイタイプ:約1,070 g
となってます。
IMG_20171116_174817.jpg


端子類は
  右サイド:USB Type-Cポート×2
  左サイド:コンボステレオヘッドフォン / マイクジャック
というスリムぶり。
IMG_20171116_174856.jpg

もちろん、別売りですがドッキング ステーション(HP USB-C トラベル ドック)が用意されていて、USB-C経由で接続し、VGA、HDMI、RJ45(有線LAN)、USBx2(USB 3.0x1、USB2.0x1)が利用できるようになります。
item_02.jpg

あと、本体キーボード右上に「無線LAN オン/オフボタン」が付いているのも特徴ですかね。このボタンを小まめに押して、セキュリティ確保のため、必要なときのみにOnにして、不必要にFree Wi-Fiに繋がらないようにできます。

スペックですが、ベースとなる機種は四種類。各々、カスタマイズも可能です。最小構成が92,000円(税抜き)からになっていて、どれも20万円未満での購入が可能。
  • ディスプレイ : 12.5インチ Full HD 1920x1080 タッチ対応有り・無し
  • CPU : Intel Core M3 または M5
  • メモリー : オンボード 8 GB
  • ストレージ : 128 GB M.2 SSD
  • 無線 : IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2x2) + Bluetooth 4.2
  • バッテリー : 約11.5時間
となっています。

★ HP EliteBook x360 1030 G2

もう一つのシリーズがHP EliteBook x360 1030 G2。こちらは、“360”と名前にある通り、ディスプレイが360度回転し、タブレットモードでも使えるタイプ。
IMG_20171116_175817.jpg


このシリーズは、
  • 丈夫・頑丈
  • 拡張性
  • マルチタッチ対応ディスプレイ
が特徴。
こちらも米軍調達基準(MIL-STD)準拠の頑丈さ。
そして、本体に多くの端子を設けていて、単体で拡張性充分。
右サイドには
  • 電源コネクター
  • USB3.1ポート
  • HDMIポート
  • セキュリティロックケーブル用スロット
  • USB Type-Cポート(Thunderbolt 3、USB Power Delivery対応)
  • Micro SDカードスロット(SD/SDHC/SDXC対応)
があり、左サイドには
  • 電源ボタン(LED付き)
  • USB3.1ポート(パワーオフUSB充電対応)
  • コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック
  • 音量大小ボタン
  • スマートカードリーダー
を備えています。これだけあれば拡張ドックは必要ないでしょう。
IMG_20171116_180008.jpg


ちょっと面白い機能が「内蔵型プライバシースクリーン」。カフェやらなんやらで仕事をする時、のぞき見を防ぐためにシートをディスプレイに付けている人は多いと思います。あれ、のぞき見防止はできるんだけど、画面が暗くなって自分自身も見えにくくなっちゃうんですよね。あと、かさばって邪魔だし。。。それが、(ちょっと分かりにくいけど)ファンクションキーの二番目の奴(FN+F2)ボタンを押すだけで、左右から見ると白濁する状態にできるのです。これ、便利そう。トグルボタンになっているんで、On/Offも簡単。いいですよ、これ。
IMG_20171116_175956.jpg


こちらもベースとなる機種は四種類。各々、カスタマイズも可能です。最小構成が139,800円(税抜き)からになっていて、どれも20万円未満での購入が可能。
  • ディスプレイ : 13.3インチ Full HD 1920x1080 10点タッチ対応
  • CPU : Intel Core i5 または i7
  • メモリー : オンボード 8 GB DDR4
  • ストレージ : 128 GB(SATA-3) or 256 GB/ 512 GB PCIe Gen3x4
  • 無線 : IEEE802.11 a/b/g/n/ac(2x2) + Bluetooth 4.2
  • バッテリー : 約13時間
となっています。

★ 購入はこちら

EliteBookシリーズを始めとして、法人向けPCの購入サイトは以下のバナーからどうぞ。
HP Directplus -HP公式オンラインストア-


今、会社から支給されて使っているノートパソコン、キーボードのキーが外れたりして、ちとイライラさせられています。やっぱり、堅牢さは重要だなと痛感。次にはこれにしてもらえないかな。。。




nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ソースネクスト年賀状ソフト 筆王、筆まめ、宛名職人 そろい踏み。選ぶポイントはこれ [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20171025_185007.jpg


★ ソースネクスト年賀状ソフトとは

ソースネクスト社のイベントに参加して、年賀状ソフトの話を聞いてきました。
ソースネクストでは現在、三本もの年賀状ソフト(正確には、年賀状だけではなくて、色んなハガキやチラシを作ることができます)を販売しています。それが筆王、筆まめ、宛名職人です。それぞれに通常版やら乗り換え・アップグレード版やらありますが、全部を合計すると年賀状ソフトの中でシェアが70%を越えているそうです。ほぼほぼ、ソースネクスト製品で決まりですね。かく言う私も、「ソースネクスト 「筆王」 は、写真好きな人にぴったりの年賀状作成ソフト [PR]」の記事で紹介したように、筆まめ筆王を使って年賀状を作ってます。

でも、改めて三者の違いを聞かれると、よく知らなかったのですが、今回のイベントでその辺りを確認できました。以下、順に紹介していきます。

● 筆王

Windows用です。一番の特徴はリーズナブルな価格。定価3,980円で、11/12までならば10%offの3,580円(ダウンロード版)。しかも、5台のパソコンにインストールOK。家族それぞれが、自分のパソコンにインストールして使える、ということです。
素材数は30万点以上、フォント数は152書体。文例は1,511文例となっています。
最新版のVer.22を購入すると、2019/3/Eまで、電話・メール・リモートでサポートが受けられます。
IMG_20171025_185015.jpg


パッケージ版だと、オールカラーのガイドブックが付いているのも、他にない特徴。ダウンロード版だとPDFファイルでの提供になります。
IMG_20171025_202652.jpg

● 筆まめ

Windows用です。定価5,200円。旧バージョンや他の年賀状ソフトからの乗り換えならば3,480円(ダウンロード版)。さらに11/12までならば3,180円(ダウンロード版)です。
素材数は45万点以上、フォント数は147書体。文例は2,724文例となっています。
最新版のVer.28を購入すると、2019/3/Eまで、電話・メールでサポートが受けられます。

ちなみに、赤箱が通常版、緑箱がアップグレード版になってます。どんなソフトがアップグレード版の対象になるかは筆まめのサイトで確認願います。
IMG_20171025_185021.jpg


格調高い年賀状が簡単に作成できるのが大きな特徴。イマドキのデザインだけではなく、シニアの要求にも応える素材が揃っています。
ユーザー登録をすると、1/31までの期間限定となっていますが、日本伝統の美「日本三大友禅」(京友禅・加賀友禅・東京手描友禅)のデザインが素材として提供されます。
同じく、葛飾北斎の富嶽三十六景をデザインした素材も提供。こちらは、色を抜いた“塗り絵”タイプのデザインもあり、そのまま送るもよし、特別な相手に対して彩色をして送るもよし、特別な一枚が出来上がります。最近、大人の塗り絵が流行っているし、なかなかいいんじゃないでしょうか、これ。
IMG_20171025_202529.jpg

● 宛名職人

Mac用というのが一番の特徴。名前の通り、元はきれいに宛名を印刷するためのソフトとして生まれたようですが、今ではMac用年賀状ソフトの定番となっています。
定価は7,980円。11/12までならば5,380円(ダウンロード版)。しかも、5台のMacにインストールOK。
素材数は15万点以上、フォント数は151書体。文例は306文例となっています。
最新版のVer.24を購入すると、2019/3/Eまで、電話・メールでサポートが受けられます。
IMG_20171025_185034.jpg


住所録がiCloudと連携したのも大きな特徴。Macユーザーにとってはかなり使い勝手がよくなるんじゃないでしょうか。

★ 今年はどれを使う?

気が付けば十月もおしまい。今年も残すところ二ヶ月。日本郵便株式会社の公式サイトには「2018(平成30)年用年賀葉書の販売開始イベントの開催」の案内が載っていて、開催は11/1だそうです。
私の場合は例年、年末ギリギリにならないとやり始めない年賀状作りですが、住所録のメンテナンスだけは早めにやっておこうかな。
そう。普段はメールやFacebookなどで連絡を取ることがほとんどなので、住所を把握している・使うことってほとんどありません。Googleなどの連絡先にも住所まで登録している人はほとんどいないかも。ましてや、年賀状をやり取りする程度のお付き合いの人だと連絡先は普段、全く・・・。となると、この年賀状ソフトの住所録が重要な位置を占めているんです。「引っ越しました」「住所が変わりました」連絡を受けた時も、まずはこの住所録を直しているかも。
さらには、筆王、筆まめ、宛名職人のどの住所録でも、「送受記録」が管理できるのがグッド。誰から年賀状をもらったか、誰に出したか、そして喪中葉書をくれたのは誰かを年ごとに記録できるんです。これ、かなり便利。というか、これがないと誰に出したか全く分からなくなってしまうでしょう。喪中葉書をくれた人に間違えて年賀状を出してしまうこともなくなりますし。
デザイン作成や宛名印刷はもちろんですが、この送受記録、年賀状ソフトの必須機能でしょう。
送受記録.png


実際に年賀状を作り始めるのはもうちょっと先でも良いですが、どうせならば安売りしているうちにソフトはゲットしておきましょう。

Dropbox Pro


EVERNOTE


ロゼッタストーン


ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王


VEGAS Proシリーズは、ソースネクストで


ソースネクスト




nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ