So-net無料ブログ作成
検索選択
ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ
前の3件 | -

HTCの新フラッグシップ スマホ HTC U11 は握ってシャッターを切るカメラが斬新 [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170518_205801.jpg

★ 実はすごいぞ、HTC

HTC サポーターズ クラブのキックオフミーティングに参加して、最新機種のHTC U11などの話を聞き、実際に触ってみたりしてきました。

以前、Smartphonography by HTC Jなんて言うサイトを作って(今は「Smartphonography Club」として再スタートしてます)、HTC社のスマートフォンで撮った写真を紹介していたりした私は、そこそこのHTCファンなのではないかと自負しています。

そんなHTC社ですが、スマートフォンの世界では先駆者というか、いつも先頭を走っているアグレッシブな会社なんです。意外と(?)知られていないのですが、
  • タッチスクリーンを最初に使ったスマートフォン
  • 最初のAndroidスマートフォン
  • 4G対応スマートフォンの初号機
などは、実は実はHTC社によるものなのでした。
IMG_20170518_194043.jpg

★ 満を持してHTC U11 登場

そんなHTC社の新たなフラッグシップ機がHTC U11なのでした。先日、HTCの本社がある台湾で大々的なお披露目が行われ、色々な場でもニュースになっていましたね。日本でもこの夏に登場予定のようです。
そんなHTC U11がどうすごいのか、色々と話を聞きました。
IMG_20170518_194248.jpg


大きな特徴は以下の三つ。
  1. EDGE SENSE & CAMERA : エッジ・センスとカメラ
  2. U SONIC : ユー ソニック
  3. SENSE COMPANION : センスコンパニオン

● EDGE SENSE & CAMERA : エッジ・センスとカメラ

タッチパネルを採用したスマートフォンを最初に世に送り出したHTC社ですが、新たな操作性を持たせた機種を登場させました。その機能がEDGE SENSE(エッジ・センス)。それは、スマートフォンの筐体をスクイーズして(握って)操作するというもの。

スリープモード(画面が消えている待ち状態)のスマートフォンをぎゅっと握ると、パッと起動され、画面が表示され、カメラがスタンバイ状態になるのです。そう、ぎゅっとするだけで、もう写真を撮れる体制になるんですね。これならばシャッターチャンスを逃すことも減るでしょう。

さらには、ぎゅーっという感じで長押しならぬ“長握り”すると、Googleの検索画面が出てきます。もう、人前で「オーケーGoogle !」と、恥ずかしいセリフを言わなくていいんですよ!これはシャイな日本人にとってはとてもありがたい話。

もちろん、ぎゅっや、ぎゅーーで呼び出す機能を変更することも可能です。
IMG_20170518_194812.jpg


ぎゅっとするエッジ・センスの操作ですが、スリープモードからカメラを立ち上げたら(カメラモードになったら)次はシャッターに早変わり。ぎゅっとするだけでパシャッと写真が撮れるのです。つまり、これはシャッターチャンスだ!と思ったら、ぎゅっとしてカメラを立ち上げ、ぎゅっとしてシャッターを切れば良いんです。決定的瞬間をモノにする可能性が高まりますね。
もちろん、オートフォーカスの機能も向上しているので、このような、ぎゅっとしてぎゅっとしてパシャ、という流れで撮ってもフォーカスが追従してくれるのでした。
さらには、F1.7(数字が小さいほど、暗いところでも撮影できる)という明るいレンズなので、暗い場所でも安心でしょう。
これは期待できますよ。
IMG_20170518_195123.jpg


動画で威力を発揮するのがマイク。動画の場合は音声も重要ですよね。HTC U11四つのマイクを内蔵して音を立体的に捉え、周囲の音を全方位的に録音することも出来るし、逆に音声フォーカス機能によって特定の(方向の)音だけをクローズアップすることも可能になってます。
IMG_20170518_195229.jpg


DxOMark by DxO - DxOMarkというカメラ、レンズ、スマートフォン(のカメラ)のスコアリングサイトによると、。HTC U11は単独首位のスコア“90”をマークしています。ちなみに二位も三位もHTC社製のスマートフォンがランクインしています(DxOMark Mobile - DxOMark 2017/05/20付)。三位は同率で他社製品も並んでいますが。

● U SONIC : ユー ソニック

もう一つの特徴は音へのこだわり。今や音楽を聴くデバイスと言えばスマートフォンという人が多いんじゃないでしょうか。そんな期待に応えるべく、HTC社はこれまでも有名処のヘッドセットメーカーとコラボしたり、音響システムと採り入れたりしてきました。
今回はU SONICと名づけたシステムを搭載。附属ヘッドセット(イン・イヤータイプ)でありながら、ノイズキャンセリング機能はもちろん、ユーザー一人ずつの耳に合わせたカスタマイズ機能も実現しています。
カスタマイズ機能ですが、耳にヘッドセットを装着して“測定”をすると、モニター音が鳴って、それによって(その反響?)その人の耳の穴の形状を把握し、最適なイコライズ(高音・低音を強調したり、弱めたり)を自動で設定してくれるというもの。
ハイレゾ音源は元より、普通の品質の曲でも“聞き易く”なりますよ、これ。タッチ&トライで実際に聴いてみたんですが、オン・オフすると確かに変わります。実感できます、その違い。
IMG_20170518_195512.jpg


繋げたところを写真撮るの、忘れちゃいました。ヘッドセットは本体下部にあるUSB-C端子に接続する形になります。
IMG_20170518_205554.jpg

● SENSE COMPANION : センスコンパニオン

Google Home – Made by Googleや、Amazon Alexaが最近、世間を賑わしています。AI機能を搭載した、音声で色々コントロールできちゃうデバイスで、日本でももうすぐ売り出されるのではないかと言われています。
HTC U11ではそれらで使われているAIシステムを採り入れちゃって、センスコンパニオンとしてシステム化しています(Amazon Alexaは日本語化ができ次第、あとからソフトウェアアップデートで提供)。
天気予報や道案内(ナビ)はもはや当たり前。さらに色んなシーンで助けてくれるみたいですよ。あと、陰の力餅としてAI君(達?)はバッテリー消費のコントロールもしてくれるようで、面倒な設定をしなくてもいい感じでバッテリーの減りを少なくしてくれるのでした。これ、いいですね。

● 日本市場を意識した機能も拡充

最近は海外でもニーズが増えてきているようですが、特に日本市場を意識して
  • IPX7レベルの防水(水没させても大丈夫)
  • おサイフケータイ(Felica:楽天EdyやSUICAなど)
の各機能を実現しています。これ、いいですね。
IMG_20170518_200211.jpg


グローバルではあんまりカラーバリエーションがないようなのですが、日本市場向けには
  • サファイヤ ブルー
  • アメイジング シルバー
  • アイス ホワイト
  • ブリリアント ブラック
の四色で展開するそうです。
IMG_20170518_200242.jpg

★ 使ってみた

二~三十分程度でしたが、実際に触って試してみることも出来ました。

なんか、箱からしてお洒落。
IMG_20170518_205512.jpg


今回の筐体は「リキッド・サーフェース」と名づけられたガラス素材のもの。側面も湾曲させたガラスを使っていて、名前の通りに液体のようにキラキラとしています。見ての通り、かざした手のひらがこんな感じで写るくらいのキラキラ具合。

ただ、残念なことにこのコーティング、やたらと指紋が付きやすいんです。ちょっと触っただけで汚れちゃう。元がキラキラな分、余計に汚れが目立つ結果に。うーん、これは改善すべき点ですね。
IMG_20170518_205611.jpg


エッジ・センスによるカメラの起動と撮影(シャッター切り)も試してみました。これはいいですよ。すごくいい。片手で操作できてしまう。これまでも片手操作可能という意味では音声シャッターなんてのがありましたが、街中で声を出すのって意外とハードルが高いもの。これならば無言で(笑)片手操作できるのがグッド。いいですねぇ。この機能だけで、欲しい、と思わせてくれました。
IMG_20170518_205801.jpg


ちょいと元気をなくしていたように見えたHTCですが、またまた面白い機種を出してくれましたね。さすがです。うーん、欲しくなってしまいましたよ。あのエッジ・センス、慣れちゃうと離れられなくなりそう。大手キャリアの夏モデルとしてラインナップされ、もうすぐ発表されるでしょうけど、悩ましいなぁ。欲しいなぁ。



U-NEXT はただの見放題動画サービスじゃない。最新作もポイント制で見られます [ガジェット : 面白いもの色々]

U-NEXT1.png


★ U-NEXTとは

オンデマンド(見たい時に見たいものを選んで見られる)の動画配信サービスは、hulu楽天SHOWTIMEdTVauビデオパスAmazonプライム・ビデオ、そしてNHKや民放各社のサービスなどなど、どれを選んでいいのか、どんな違いがあるのかも難しいくらいの百花繚乱状態。
それもそのはず、市場規模は2016年で1,600億円、2020年には2,200億円と予想されているそうです。

私も、hulu楽天SHOWTIME、そしてAmazonプライム・ビデオを利用しています。一つで良いようなものですが、やっぱりそれぞれに違いがあるので、複数利用となってます。

● U-NEXTの特徴

そんな中、先日、バリューコマースのセミナーでU-NEXTのサービスについて話を聞いてきたので、ここでご紹介。
U-NEXT2.png

オンデマンドの動画配信サービスと言っても、上記の各社がそれぞれに特徴を持っていて、サービス内容も色々。U-NEXTの特徴を列挙すると、
  • 業界二位(U-NEXTと、運営をU-NEXTが行っているアニメ放題を合わせた売上)
  • 2007年サービス開始の老舗(?):当時は“GyaoNEXT”の名称でサービス
  • 見放題+ポイント式レンタルの組み合わせ
  • 最新作がラインナップ:ポイント利用形式のメリット、レンタル店よりも先行公開するものもあり
  • 民放各局の地上波ドラマの追っかけ配信もあり
  • 海外、韓流ドラマの一気見が可能。特に、韓流ドラマは充実
  • アニメの充実度No.1、キッズ向けも充実
  • NHKオンデマンド配信開始:大河ドラマ、大相撲、オリンピック、紅白歌合戦、ブラタモリなどが見られます
  • アイドル関連のオリジナル作品が充実。アップリンク、ハロプロなどと提携
  • 電子書籍も扱っている (20万冊以上)ポイント使用可能、大人向けコミックも
  • 雑誌読み放題サービス付き 70誌以上
  • ファミリーアカウントあり:ペアレンタルロックも可能
などなど。
最大の特徴は、動画だけではなく電子書籍・雑誌のサービスも組み込まれていることでしょうか。どっちも楽しみたい人には、別々のサービスに入ることなく、一つで済んじゃいます。
また、ポイント制によるレンタルも組み合わされているので、最新作が見られるのも特徴。例えば、今だと「シン・ゴジラ」や「バイオハザード:ザ・ファイナル」などなどが配信中。

また、別料金にはなりますが、音楽配信サービスも併設しています。

● 料金体系

気になる料金は、
  月額1,990円(税抜き)+レンタル(ポイント式:有料):毎月1,000ポイント加算
となっています。

単純に月額だけ見ると、他に比べてだいぶ高め。でも、その中にはビデオレンタルおよび電子書籍で使えるポイントが1,000ポイント分、含まれています。大雑把に言えば、990円でビデオ見放題+雑誌読み放題を利用し、合わせて最新作のビデオや電子書籍を毎月1,000円分楽しめると言うこと。

● 各社サービス比較

私が利用しているサービスと、簡単ですが比較してみました。
U-NEXT hulu 楽天SHOWTIME
見放題動画 ×
最新作映画 ×
ドラマ追っかけ配信 △:日テレ中心
電子書籍サービス × ×
読み放題雑誌 × ×

こう見ると、上記の通り、電子書籍サービスが一緒になっているのが最大の特徴ですね。

★ 試してみた

今なら誰でも、ピッタリ31日間の無料トライアルが可能です。申し込んだ月の終わり、ではなく、きちんと31日間というのが律儀。ただ、この無料トライアルには1,000ポイントは付与されないので、見放題・読み放題の作品のみ利用可能です。


バリューコマースのセミナーを受けた人は特別に、ポイント制の作品も観られるトライアルライセンスを発行してもらえました。なので、早速話題の作品を視聴。
  • 「シン・ゴジラ」
  • 「バイオハザード ザ・ファイナル」
  • 「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」
  • 「AVATAR」
  • 「チャイルド44」
などなどをチェック。新しい作品から、ちょっと前の作品まで、色々揃ってました。新作が見られるってのがいいですね。レンタルビデオ店に全く行かなくなりそう。

電子書籍サービスはコミックが充実している感じ。私は漫画を読まないので、品揃えの良し悪しはわからないのですが、各種揃っているようです。

ということで、おすすめのサービスです。



3Mのガラスフィルム ファサラ はオフィスの会議室やホテルのロビーをお洒落にしてくれそう [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170414_135759.jpg


★ 3M[トレードマーク] ファサラ[トレードマーク] ガラスフィルム とは

自動車の中にも3M製品が一杯使われてました。 10th ざ・3Mセミナーに参加 #3mjp」などの記事で紹介しているように、何度か3Mジャパンさんのブロガー向けイベントに参加させてもらっています。しかし、今回はちょっと毛色が違っていて、プレス向け新製品発表会にお邪魔。なので、いつもの(?)ノリとは異なる、真面目な会なのでした。

さて、今回発表されたのは、3M コンストラクションマーケット事業部(内装仕上げ材・ガラスフィルムなどを取り扱う部署)が送り出す ガラスフィルム 「ファサラ」シリーズの新製品33種。これで、トータル112種類の製品ラインナップとなったそうです。
DSC03274.jpg

で、ファサラガラスフィルムってなに?という話ですが、
ガラスの質感を活かしながら、空間に新たな表現を与えるガラス装飾用デザインフィルム
だそうです。
ガラスに貼るフィルムというと、熱を遮るためのものだとか、割れないような強化用だったりとかありますが、このファサラはデザイン性重視。商業施設やホテル、オフィス、大型マンションなどで採用されている、“プロ向け”の商品です。そのため、販売経路は特約店経由の販売のみです。

3Mとしては、東京オリンピックまでにガラスフィルムのビジネスを1.5倍に伸ばしていこうとの目標を持って取り組んでいるとのこと。今回の新製品もそれを目指した一環。
DSC03256.jpg

★ ガラスがこんなに色々な表情を持つように

ファサラ シリーズのコンセプトは
  • 自然素材を活かした新しい切り口 : 木や石などをモチーフにしていて、汎用性を向上
  • デザイン性を高める色の展開 : シャンパンゴールド、パールホワイト、スモーキーブラウンなどなど、これまでにない色合い
  • 鏡のような視覚効果を使った演出 : アルミ蒸着によるハーフミラー的な、透ける鏡
これまでにあったガラス素材に対する「反射がいや」、「見え過ぎちゃう」、「デザイン性に乏しい」などの不満を一気に解消し、建設会社の設計者・デザイナーに向けて新たな提案が可能になったのでありました。

さて、その提案のために見本帳(カタログ)も用意されている訳なのですが、正直言ってこれだけ見ても「で、実際にはどんな雰囲気なの?」ってなってしまいそう。
IMG_20170414_214844.jpg

今回の新製品発表会では、そんなファサラガラスフィルムを貼ったガラスを何枚も吊り下げ、実際に試用されている状況を想像できる形で展示されていました。

なるほど、これは木目ですね。「風の谷のナウシカ」で、腐海の森の中、毒素を取り込んでガラス化した樹木がパリンと音を立てて砂になっていくシーンがありましたが、そんな感じ。
DSC03282.jpg


ストライプだけど、線の太さが一定ではないし、向きも微妙。なかなか味があります。
向こう側に手をかざすとこんな感じ。そこそこ遮蔽感がありますね。光は取り込みたいけど、目隠しもそれなりにしたい場合はこんなのがいいかも。
DSC03261.jpg


こちらは細かい網目状の模様。意外と透過性はいいようで、手の形がはっきりわかります。
最近、会議室をオープンな雰囲気にしようと言うことで、ガラス張りにするのが流行っています。が、会議をしていると意外と周りの動きが目について気が散ることも。この程度の目隠しフィルムが貼られているとそれも緩和されるんじゃないかな。
DSC03263.jpg


これ、大理石のような風合い。高級感が出てます。こうやって写真で見ると、磨りガラスのようにも見えますね。透過性は低く、あちら側を隠す時に良さそう。
DSC03270.jpg


フィルムなので、色々な形に切って貼ることももちろん可能。例えばこんな風にすれば、ここが「第2会議室」だってのがすぐにわかる、なんて感じで使えます。これ、分かり易くていいかも。会議室がずらっと並んでいると、どこがどこだか分からなくなってしまうもの。これくらい大きく書いてくれればグッドです。
DSC03284.jpg


ちょっと変わった使い方としては、ガラス天板のテーブルに貼ってしまうと言うもの。ガラスなのに木目調。不思議な雰囲気に早変わり。
DSC03293.jpg

★ 六本木のAXIS GALLERYでイベント

さて、今回の新製品発表会は六本木のAXISにあるGALLERYで開催。ここに来るのは三回目くらいですが、お洒落なビルですね。入っている店もカッコいいのばかり。
DSC_0346.jpg


展示スペースはこんな風になってました。
DSC03255.jpg

このスペースをデザインしたのはTORAFU ARCHITECTS トラフ建築設計事務所。その昔、表参道に期間限定でオープンした“3M store”も手がけたのだとか(「「3M store」 in 表参道」の記事を参照願います)。その鈴野さんが発表会ではトークもされて、さらには展示しているファサラ シリーズについても実際にみんなで見ながら解説。建築デザイナーってのはこういう視点でものを見ているのかと勉強になりました。


デザイン性の高いガラスというと、その昔はガラスそのものに工夫を凝らさねばならなかったわけで、だれもが手にする・利用できるというものではなかったでしょう。極端な例ですが、「東京都庭園美術館 「皇帝の愛したガラス」展 ブロガーご招待に参加してきました。」の記事で紹介したガラス”作品”は皇帝・女帝だからこそ手に入れられたもの。それが、ガラスとは素材は違うものの、また別の形でよりデザイン性の高いものを安価に利用することができるようになったのだから、ある意味、革命的な出来事なのかもしれません。

いつもとは違ったイベントでしたが、普段では余り見ないだろうものを見られて楽しめました。うちの会社でもこれ、会議室に使わないかな。提案してみるか?!



前の3件 | - ガジェット : 面白いもの色々 ブログトップ