So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行 :旅日記 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

娘と京都プチ旅行 その4 : 哲学の道から南禅寺、水路閣、そしてインクラインへ [旅行 :旅日記]

IMG_20170107_143352.jpg


まとめページ(目次)はこちら : 娘と京都プチ旅行 : まとめページ

★ 哲学の道を静かにそぞろ歩く

娘と京都プチ旅行 その3 : やはり銀閣寺は渋かった。そして、謎の砂山(?)は健在でした」で、銀閣寺を参拝したあとは、のんびり散歩コースへ。私が学生だった頃、よく歩いた散歩道の一つです(その他には、下鴨神社の糺ノ森やら、御所やら)。そこまで有名処ではないかも知れないけど、自分の娘と歩くのも悪くないなと思い、付き合わせたのでした。

善の研究」などで知られる、京都帝国大学教授で哲学者の西田幾多郎田邊元がこの琵琶湖疎水沿いを思索にふけながら(?)散歩していたのにちなんで名づけられたそうです。

銀閣寺橋。ここで疎水は南北から東西へと流れが大きくカーブします。この橋の右側が銀閣寺。そして、この橋が「哲学の道」のはじまり。ここから若王子橋まで、こんな感じの散歩道になっています。
IMG_20170107_143407.jpg


昔は民家や寺社しかなかった疎水沿いも、やたらとお洒落な店が増えてました。ここは外国からの観光客をターゲットにした店なのかな。
娘と二人、並んで同じこの風景の写真を撮ってました。
IMG_20170107_143525.jpg


こんな場所、昔はあったかな? お地蔵さんや庚申様とおぼしき石仏・石像が一杯。十字路や村(街)の外れにかつては祀られていたんでしょうが、ここに集められてしまったのかな。
IMG_20170107_143859.jpg


suumoのページ(銀閣寺荘/京都府京都市左京区の物件情報|SUUMO物件ライブラリー)を見ると、1968年に建てられた“レトロマンション”だそうです。確かに、昔からあったな。間取りが1Kで、2.5万円/月か。渋い。。。屋上に出られるのかな。送り火の大文字が目の前に見られるんだろうか。であれば、一部屋借りておくのも悪くないかも?!
IMG_20170107_143943.jpg


私が学生の頃からあって、たまに入った喫茶店「若王子」。数々の時代劇に出演していた(いる)栗塚旭さんが経営していた店。今もこの土地にお住まいだとか。残念ながら閉店となってしまってました。父親が京都に遊びに来た時に、一緒にこの店に行き、栗塚さんともお話しさせてもらった想い出が。
昔はこの店くらいしかなかったんですよ、哲学の道にお茶出来るようなところは。娘と一緒にお茶したかったな。残念。
IMG_20170107_150048.jpg


今も猫君たちにとっては憩いの場となっているようです。
IMG_20170107_150102.jpg


我が、青春の想い出。

★ 絶景かな、南禅寺三門

哲学の道の脇にもたくさんの神社・仏閣があります。谷崎潤一郎や河上肇などが眠る法然院や、新島襄の墓がそばにある熊野若王子神社などなど。残念ながら時間がないので、今回はスルー。そして、鹿ヶ谷通りに出て、紅葉の永観堂もさらにスルー。季節が良ければ立ち寄ったんですが。

そのまま鹿ヶ谷通りを進み、野村美術館や、湯豆腐の奥丹を見ながら歩いて行くと、そこはもう臨済宗大本山 南禅寺の境内。次の目的地がここです。でも、本堂の方までは行かず、見たのはこの三門。かの石川五右衛門が「絶景かな」とこの三門に登って叫んだとか。
IMG_20170107_153459.jpg


拝観料500円なり。ちょいとお高い気もしますが、高さがこれだけあればこの値段も高くない?!
そう、この三門は登れるんです。いやぁ、確かに絶景、絶景。 「見ろ! 人がゴミのようだ!」と、叫んでみたくなるかも。
IMG_20170107_151917.jpg


瓦、こんな風に組んであるんですね。
IMG_20170107_152007.jpg


さて、南禅寺(の境内)で見るべきもう一つのポイントがこちら。水路閣です。琵琶湖疎水を通すための水道橋。ここは古代ローマか?と思えるような景色。
数百年の歴史を持つ寺院や三門が建っている同じ敷地にこんなのを作ってしまうんだから、京都の人たちの新しもの好き(かつ、古いものを残す意識)には感心させられますよ。
この先の蹴上には水力発電所があるんですが、これ、日本初の水力発電所だそうです。しかも、その電気を使って日本で初めて路面電車を走らせたのも京都。いや、面白い街です。
IMG_20170107_152743.jpg


そんな、歴史的建造物である水路閣なんですが、それよりも色んなドラマや映画で殺人事件が山のように発生し、さらには何百人・何千人もの犯人がここで自白した現場として有名でしょう。向こうに見える人影が犯人か?!
IMG_20170107_152829.jpg


この水路閣、昔は上を歩いて通れました。そして、疎水沿いに蹴上まで通り抜けられたんです。でも、残念ながら今は工事中で通行止め。上から覗くことが出来ませんでした。
仕方なく、蹴上まで別の道を進むと、今度は赤レンガのトンネルが。実はこのトンネルの上が、あのインクラインなんです。いつもは上を通るんで、こんなトンネルがあるとは知らなかった。
インクラインとは、高低差がありすぎて直接結ぶことの出来なかった二本の疎水の間に設けられた“線路”のこと。疎水を進んできた船を、積み荷ごと台車に乗せ、坂道に敷かれた線路でもう一方の疎水にまで運ぶんです。そうして市内側の疎水に渡った船は、そのまま街中を進み、織物で有名な西陣までたどり着いたのでありました。
台車を動かすのも、蹴上発電所の電気を使ってました。さすがです。戦後まで現役で活躍していたそうですよ、インクライン。
IMG_20170107_154021.jpg


銀閣寺からインクラインまで、距離にすれば大したことないけど、五百年の歴史を辿ってきたと思えばすごいこと。京都ならではの散歩コースです。

旅は続きます。

楽天トラベル株式会社




nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

娘と京都プチ旅行 その3 : やはり銀閣寺は渋かった。そして、謎の砂山(?)は健在でした [旅行 :旅日記]

IMG_20170107_140937.jpg


まとめページ(目次)はこちら : 娘と京都プチ旅行 : まとめページ

★ 渋いなぁ、銀閣寺

娘と京都プチ旅行 その1 : 久しぶりの金閣寺はキラキラ輝いてました」で書いたように、まずは金閣寺を見学。その後、金閣寺道のバス停から 急行102 のバスに乗り、銀閣寺道へ。昔は“急行”なんてのはバス路線になかったのに、便利になったものですねぇ。京都の西から東まで何カ所も停まらずにスッと行けちゃうんですから。

金閣寺を見たんだから、やはり銀閣寺も見ておこうというのがチョイスした理由。対称的ですから、両者は。方や、室町幕府の絶頂期に贅を尽くして建てられた寺院。一方は、応仁の乱やら何やらで財政難に陥った幕府・将軍(足利義政)が無理して建てた寺。上り坂・下り坂をどうしても感じてしまう。
IMG_20170107_140634.jpg


特に裏側に回ると“渋さ”が際立ってます。あちらは金箔が貼られてピカピカ光っていたのに、こちらは板壁がちょいと剥げかけているし。まあ、これは保存上の問題でしょうが。でも、わびしさを感じてしまうな。娘も「これが侘び寂びの世界か」とぽつりと感想を口にしたのでありました。
IMG_20170107_142740.jpg


池に反射した月明かりに照らされると銀色に輝いて見えるという話もありますが、残念ながら昼間はそんな“夜目遠目”効果はなし。
と言いつつ、私は銀閣寺、好きです。静かに佇む姿は品のいい趣味をしているし、静かに学門にふけるにはこんな家が相応しいんじゃないかと思えるし。隠居暮らしするには良さそう。
IMG_20170107_140954.jpg


また、創建当時はもっと多くの建物が並んだ立派な寺院だったそうです。残念ながら多くの建物が姿を消し、今はいくつかしか残っていないのだそうです。

こちらは本堂。扉に描かれた絵も渋い。
IMG_20170107_141236.jpg


そして、室町時代建築の国宝建造物である東宮堂。一見、よくあるような感じの建物なんですが、焼失を免れて今に残っている建物ですからね、そりゃ国宝にもなるでしょう。
でも、こちらもやっぱり渋い。
IMG_20170107_141343.jpg

★ 庭園ぶらぶら

回遊式の庭園も銀閣寺の見所。江戸時代の改修で今の形になったそうで、創建当時はだいぶ違っていたようです。でも、これはこれでアリですよ。
そして、そんな庭でまず目を惹くのがこの向月台(こうげつだい)。月見のための施設らしいんですが、どう利用したんでしょうね。この上に乗って月を眺めた、との話もありますが、そんなことしなくても月は見えるよって気もするし、謎です。
IMG_20170107_141035.jpg


こちらも謎の銀沙灘(ぎんしゃだん)。月の光をきれいに反射させる施設だという話ですが、なんでこんなストライプ模様になっているんでしょうね。庭の真ん中を占める、かなり大きな・広いスペースに広がっています。
IMG_20170107_141247.jpg


東山から湧き出る水。義政さんもちゃんとお茶を点てるための湧き水を確保していました。そうそう、上記の東宮堂には四畳半茶室の原型となった部屋があるんだとか。「書院の茶」を確立していった人でしたから、足利義政さんは。
IMG_20170107_141903.jpg


東山の麓を歩き回る散歩コースが出来ていました。そんな散策路の周りにはこんな景色が広がっていました。緑の苔が一面に生え、なんとも渋くて美しい。竹林とともに、いかにも京都だなぁという景色です。癒やされる風景だ。
IMG_20170107_142318.jpg


それにしても、東大路から銀閣寺へと続く参道、賑やかになりましたねぇ。お土産屋だけではなく、お洒落なレストランやカフェなんかもできていて、私が学生の頃とは様変わりしていました。まあ、それもまた京都の良さ。そして、千年変わらないものと、日々新しくなっていくものが混在しているのが京都の面白さ。楽しい街です。

旅は続きます。

楽天トラベル株式会社




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

娘と京都プチ旅行 その2 : 花巻屋の手打ち蕎麦はモチモチでボリュームもたっぷり [旅行 :旅日記]

IMG_20170107_132356.jpg


まとめページ(目次)はこちら : 娘と京都プチ旅行 : まとめページ

★ 京の手打そば処 花巻屋

娘と京都プチ旅行 その1 : 久しぶりの金閣寺はキラキラ輝いてました」で書いたように、朝、東京を発って、新幹線で京都についてすぐに金閣寺へ向かいました。なので、拝観を済ませた頃、ちょうどいい昼の時刻に。
IMG_20170107_121639.jpg


娘はそんなにガツガツ食べる方ではないので、昼は蕎麦をチョイス。金閣寺そばの花巻屋です。
金閣寺を出て鞍馬口通をそのまま進み、西大路通を渡ってさらにちょっと入った左側にあります。金閣寺の出口から数分。境内を歩き疲れた身にはありがたい近さです。

店内に入ると、トントンと蕎麦を切る包丁の音が響いてました。手打ち蕎麦はこういうパフォーマンスも大事ですよね。期待が高まります。
手前がテーブル席、奥には座敷もあり、私たちのように気軽にランチとして利用するにも、落ち着いて一杯やりながらもいいかも。ただ、営業時間は11:30~16:00で、夜は予約をしないと利用できないようなのでご注意を。

★ 花巻とにしん蕎麦

蕎麦のメニューは、
  • にしんそば : 1,200円
  • 山かけそば : 1,180円
  • 天ぷらそば : 1,500円
  • 京風花巻そば : 1,480円
  • 自家製つくねの鴨なんばん : 1,780円
  • 天丼 : 1,500円
等となっていました。

私が選んだのは、にしん山菜そば1,400円なり。京都と言えばやっぱり“にしんそば”かな、と。その昔、新鮮な海産物が手に入りにくい頃、干物にしたにしんはそんな京都ではごちそうだったようです。そんな身欠きにしんの甘露煮をかけそばに載せたのがにしんそば。
さすがににしんだけだと寂しいかなと思い、山菜も加えた奴をチョイス。これ、グッドな組み合わせでした。にしんの甘さと、山菜の歯応えとが蕎麦を引き立ててくれた感じ。
そう、その蕎麦ですが、手打ちらしく太さが微妙に不揃い。これがいいんですよね。そして、普通よりもモチモチ。見た目以上に食べ応えがありました。
薬味はなく、山椒を好みでかけて食べるんですが、これもよかった。山椒の香りはにしんに合いますね。
いやぁ、美味しゅうございました。そして、お腹も満足。
IMG_20170107_125945.jpg


娘が選んだのは京風花巻そば。花巻蕎麦というと、かけそばに焼き海苔を揉んでパラパラと掛けた奴を想像していたんですが、京風はだいぶ違ってました。エビ天と大根おろし、そして梅干しが入っていたそうです。深めの丼で、見た目以上にボリュームあり。これもおいしそうだったな。
IMG_20170107_130007.jpg


蕎麦にちりめん山椒ごはんを付けることもできたようで、これも魅力的。ちりめん山椒、死んだじいさんが京都みやげによく買って来ていたので、懐かしの味です。次回、来店することがあればさらにお腹を空かせておいて、ちりめん山椒ごはんも一緒にいただきたいと思います。

★ 食べログのページ

こちら、食べログのページです。



楽天トラベル株式会社








nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | 次の3件 旅行 :旅日記 ブログトップ