So-net無料ブログ作成
イベント ブログトップ
前の3件 | -

「2018国際ウエルディングショー」で 溶接技術の最先端に触れる [PR] [イベント]

ホームページ.jpg


ブログスカウトの掲載企画でこの記事を書いています。

★ 国際ウエルディングショー とは

東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される展示会・見本市には、公私ともにちょこちょこ行きます。例えば国際ブックフェアだとか。でも、2018国際ウエルディングショーのことは全く知りませんでした。
そもそも、“ウエルディングって何?”というレベルからなのですが、つまりはこれ、「溶接」のこと。一般に、金属と金属とを溶かして圧着し、溶融・一体化させること。Wikipediaによると(溶接 - Wikipedia)、古くは銅鐸の製造にも用いられた技術なのだとか。となると、二千年近い歴史があるんですね。

そんなウエルディング技術や関連製品の展示会・見本市が2018国際ウエルディングショー。とりあえず開催概要を先に書いておくと、
  • 会期:2018/04/25(Wed) - 28(Sat)
  • 開催時間:10:00~17:00 (最終日4/28は16:00まで)
  • 会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
  • テーマ:「溶接接合技術がつなぐ ものづくりと人づくり」
    世界の三大ウエルディングショーのひとつとして、溶接・接合技術ならびに関連分野における最新の製品と先端溶接加工システム技術を一堂に結集し、商取引や技術習得、内外交流の場として活用するわが国最大の溶接・接合展示会。
  • 入場料:1,500円 (団体・学生500円)事前登録により無料
  • 公式ホームページ:2018国際ウエルディングショー
となっています。
東ホールの1~3を使って、二百社以上がブースを出すそうなので、かなり大がかり。
floor_map_2018_jpn.jpg


もちろん、講演会・セミナーの類も色々。流石にこちらはビジネス用途ということで値段的に気軽には参加できませんが、なかなか面白そう。
色々あるけど、気になったのはこれ、「非破壊検査フォーラム」。溶接の難しいところは、ちゃんとくっついているかのチェック。見た目ではちゃんとしていても、内部では一体化が不充分でポロッととれちゃったなんてことも。でも、中を見る==壊すことになっちゃう訳で、それでは意味がない。なので“非破壊検査”になる訳ですね。最先端技術の検査方法ってどんなものなのでしょうか。人間というか、炭素や水でできているものならばMRIなんぞで中を見られるでしょうが、金属となると難しそう。ちょっと聴いてみたいな、このフォーラム。
非破壊検査フォーラム.png


大昔に観た映画「チャイナ・シンドローム」は原発事故の話だったんですが、その事故の原因が手抜き工事。あれも、溶接がちゃんとされていなかった、いや、検査をごまかしてしていなかったと言うような筋書きだったと記憶しています(違ったらごめんなさい)。検査って大事だなとその時に思ったのだけは覚えてます。

★ ウエルディング(溶接)の今

溶接というと、火花を散らして金属同士をくっつけるというイメージなのですが、最近はセラミックをくっつけたりもできるのだそうです。どういう仕組みなのかサッパリ分かりませんが、新たな素材が生まれてくるんだなということは期待できるでしょう。
ウエルディング女子の未来は明るい。
weldingshow_001.JPG


展示品には工作用(溶接用)ロボットも多数。出展社リストを見ると、会社名のところに「実演あり」マークが一杯。会場では数々のロボットが唸りを上げているのでしょう。いや、最近は静音性も重視されているだろうから、すーっ、すーっとスムーズに、静かに動くロボットたちが見られるのかも。
もちろん、匠の技ってのはあるでしょうし、きっちりと伝承されていっているのでしょう。そんなノウハウがあってのロボットですからね。逆に言えば、ロボットに教えられるくらいの技術を人がその手に持っているんだということですから。
weldingshow_002.JPG

★ なんか、面白そう

出展社リストを見ているとなんか面白そうな品物も出てきます。

これはカッターの刃(ヤスリになっているのかな)ですが、ネーミングがすごい。「雷鳥」だの「つるぎ」だの、これはどこから来るのでしょうか。つるぎは剱岳のことかな?とすると、どちらも北アルプスに関係あり。それとウエルディングとの関係は依然として謎ですが・・・。
X1135_01.jpg


ファンを内蔵した作業着や、溶接時に飛び散る金属粒子(スパッタ)が接着部ではない箇所にくっついてしまうのを防止するスプレー(「霧美人」って名前だそうで)など。
確かに、高熱下での溶接作業には冷却は重要だし、ゴミ(スパッタ)が周りにくっついてしまったら、あとからとるのは大変そう。重要なポイントでしょう。
X1003_01.jpg


それにしても、この手の商品のネーミングで“独特”なのが多いですね。小さな会社だと社長さんの趣味だったりするんでしょうか。他にどんなのがあるか聞いてみたい気がします。

自分の専門や仕事と直接関係ないものがテーマの展示会・見本市も面白いものですね。思わぬ発見がありそう。









nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

デル アンバサダー1周年記念サンクスパーティーに参加 [イベント]

IMG_20180302_184153.jpg


★ デルアンバサダーとは

Dell アンバサダーは、簡単に言えば、パソコンメーカー デル(DELL)のファンクラブのようなもの。XXXアンバサダーって色々ありますが、デルアンバサダーはかなり活動的。こんな立派なサイトを作っているし、今回のパーティーもそうですが、イベントも積極的に行っています。
それもそのはず。デル社員がみなさん、“熱い”んですよね。社員紹介ページの「デル社員紹介 01 叶 茂也 | - Dell Japan」、「デル社員紹介 02 福永 志保 | - Dell Japan」を読んでいただければその“熱量”がよくわかります。

今もアンバサダーは随時募集中。上記のサイトに行って登録してください。デルのユーザーはもちろん、どこのパソコンにしようか迷っている人も試用のチャンスがありますから、選定の参考になると思います。かく言う私も、以前はデルのユーザーだったのですが、マウスコンピューターやASUSユーザーですから。。。。

★ 1st Anniversary Party

そんなDell アンバサダーですが、2016年末に立ち上げ、一年ちょい経過。今や四千名弱のデルファンがアンバサダーとして登録しているそうです。
そして先日、一周年を記念してのパーティー(デル アンバサダー1周年記念 サンクスパーティー)が開催され、私もこっそり(?)参加させていただきました。

そうそう。社員のみなさんが熱い!と書きましたが、その筆頭がこの方です。マーケティングの部長さんで、アンバサダープログラムを引っ張っている方。
DSC04543.jpg


アンバサダー代表のみなさんからのプレゼンもあり。ノートパソコン(XPS)のモニターになったり、その後の座談会に参加したりと、活発に活動していった体験記を語ってくれていました。
やっぱり、実際に触って・使って見ないと良さ・悪さは分からないですからね。そして、その体験を他のアンバサダーと語り合うことでより深く商品を知れるという仕組み。もちろん、デルの側でも貴重な“ユーザーの声”をじっくりと聞ける訳で、互いにWin-Winって奴です。
DSC04544.jpg


アンバサダーの中にはミュージシャンさんもいらっしゃって、デルのパソコンとの共演を披露してくれました。
DSC04557.jpg


デルがオフィシャルスポンサーになっている自転車のレーシングチームのみなさんも登場。自転車にもF1のレーシングカーのように各種センサーが仕込まれていて、レース中もリアルタイムにモニタリングしているのだそうです。そう、そこでもデルのパソコンが活躍。自転車もハイテクになっていたんですねぇ、知りませんでした。
DSC04553.jpg



今回はデル アンバサダーのイベントでしたが、それと独立して、デルのゲーミングパソコン Alienware(エイリアンウェア)のアンバサダーも始まったそうです。ゲーマーのみなさんはこちらに登録したらいいことがあるのでは?!
サイトは ALIENWARE アンバサダー です。
DSC04547.jpg

★ もちろん、タッチ&トライ コーナーもありました

パーティーといっても、デル アンバサダーの集まりですから、もちろんタッチ&トライもできました。

目玉はNew XPS13_9370(2018/1/26発売)。そう、人気シリーズ XPS の新モデルです。
前の機種よりもさらにディスプレイ周りのフレームが細くなり、いまや 4 mm しかないそうです。結果、従来の11インチサイズの筐体なのに、13インチ ディスプレイを実現。
DSC04522.jpg


New XPS13_9370(2018/1/26発売)は小型・薄型化しただけじゃなく、ディスプレイ自身も進化。4K UHD(3840x2160)でCorning社のGorilla Glass 4を採用。下の写真からも、映像がきれいなのが分かるんじゃないでしょうか。
DSC04524.jpg


小型化して気になるのがキーボード。キーを無理に小さくされちゃうと打ちにくくってしょうがないですから。その点、見ての通り、キーボードは通常サイズ。その心配はありませんでした。押した時の印象も悪くないです。柔らかすぎたり、カチャカチャしたりはなし。
DSC04525.jpg


惜しむらくはキーボード右側のキー。特にエンターキーがちょっと小さい。左側のCapsLockやら左Shiftキーなどがやたら大きいのに比べて、右側のキーは小さくなっちゃってます。これはいかんですな。右手小指に負荷が掛かってしまいます。この点は改善を望みます。
DSC04523.jpg


今回は黒と白のカラーバリエーション。軽量化するため、材質にもかなりこだわりを見せてました。
黒のボディはカーボン素材採用。軽さとともに、網目模様が見た目にお洒落。
DSC04559.jpg


一方、白はグラスファイバー製。黄ばみ防止のUVコーティングや防汚加工もされていて、耐久性もあるとのこと。
この白のボディならば、スタバでどや顔して使うのにピッタリですよ?!
DSC04560.jpg


こちらは底面。アルミの削り出し。なかなか手の込んだ造りになってますね。
DSC04561.jpg

★ こんな展示もありました

ALIENWARE アンバサダーでなくても欲しくなってしまう製品も展示されてました。NEW ALIENWARE AREA-51ゲーミングデスクトップです。カスタマイズにも依りますが、この展示品はお値段 60万円超 だそうです・・・・。ゲームチャンピオンになるためにはそれくらいの投資は当たり前?!
DSC04532.jpg


斜めにボード類が配されているのがカッコいい。
DSC04534.jpg


このNew ALIENWARE 17ゲーミングノート(2016/9/23発売)ならば手が届くかな。FF-XIV推奨モデルだと、最低構成で23万円。
DSC04536.jpg


ハイエンドからローエンドまで、バリエーション豊かなラインナップを揃えているのがデルの特徴。
そんなデルがVRビューワーを出しました。“後発”ということもあり、その分、価格が抑えられているのが一番の特徴かな。
Amazonだと、コントローラーもセットになって五万円を切る値段になってます。ヘッドマウントディスプレイ Dell Visor with Controllers VRP100がそれ。
DSC04563.jpg

★ 会場はアンダーズ東京

デル アンバサダー1周年記念サンクスパーティーですが、会場は虎ノ門ヒルズ51階のアンダーズ スタジオ。夜景がきれいでした。その雰囲気につられて、久々に泡のワインを何杯もいただいてしまいました。
DSC04504.jpg


ということで、楽しいパーティでした。さて、次はデルのPCにするかな?!



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

CP+2018 ちょこっとレポート [イベント]

IMG_20180302_100332.jpg


パシフィコ横浜で開催中のCP+2018 カメラと写真映像のワールドプレミアショー「CP+(シーピープラス)」を今年も覗いてきました。
以下、面白いなと思ったブースをご紹介。

★ マウスコンピューターのDAIV

私も、そして私の娘も使っているマウスコンピューターのブース。カメラと写真映像の展示会と言うことで、出品していたのはクリエイター向けブランド 「DAIV」のパソコン。「マウスコンピューターのDAIV-NG4500 :写真・動画の作品作りを現場でも」の記事でも紹介した、写真や動画の加工・編集に適した作りになっているパソコンです。強力なグラフィックエンジンを積んでいて、ディスプレイを何台も繋げることができるインターフェースを備え、デジカメからデータを取り込み易いようにカードリーダーも完備しているというもの。
私も、次に買い換える時はこの機種にしたいな、と思っているのでありました。
IMG_20180302_100539.jpg


写真・動画の処理に強いDAIVのパソコンはVRにも強かった。なるほど、その通りですね。
ドローンで撮影された360度ぐるりと見渡せる映像が体験できるようになっていましたが、鳥になった気分。
IMG_20180302_100653.jpg


ビューワー(メガネ)はHTC VIVEが使われていました。VRビューワーとしては定番化していますね。DAIVを購入したら、こちらも併せて欲しくなってしまう。
IMG_20180302_100808.jpg


マウスコンピューター/G-Tune

★ Vixenの単眼鏡

望遠鏡でお馴染みのビクセン Vixenで目に付いたのが単眼鏡。「マルチモノキュラー」シリーズが特に注目。これ、美術鑑賞にいいですよ。なんと言っても、ピントの合う最短距離が25 cm。美術館で使うにはこれくらい対称に近づけないといかんです。私も単眼鏡を持っているんですが、安物のためか数メートル離れないとピントが合わないんです。
これ、いいな。
IMG_20180302_110007.jpg


ちょこっとそれっぽいディスプレイがされていて、実際に単眼鏡を試してみることができました。おお!いいですよ。細かな細工もしっかりと確認できます。
倍率が4倍、6倍、8倍のバリエーションがあるんですが、気に入ったのは6倍。倍率は高い方がいいんですが、8倍になると手ぶれが気になってしまう。なにせ、至近距離で観るので、倍率が高いとその分、手ぶれが影響しちゃいます。そのバランスのいいのが6倍の奴でした。
4倍、6倍はボディが赤のバリエーションもあるようです。なかなかお洒落。
IMG_20180302_110024.jpg



★ Lomographyのインスタントカメラ

Lomographyのブースにも行ってきました。
LOMO'INSTANTで散歩写真 いつもの景色が違って見える、かな」でも紹介した通り、Lomographyのインスタントカメラを持っているんですが、どんどんと新しいのが出てきちゃって、、、。
中でも、最新のインスタントカメラがLomo'Instant Square。真四角の写真が撮れるやつです。肝心の本体の写真を撮り忘れちゃったんですが、なかなかギミックな動きをするところがお洒落。折り畳み式で、ガチャッとレンズを引き起こして撮るんですが、レトロな雰囲気がいいんですよ。
FUJIFILM スクエアフォーマットフィルムを使うので、入手しやすいのもグッド。
IMG_20180302_104742.jpg

★ Adobe Lightroom

私も契約して使っているAdobeのLightroom CC。そのセミナーをAdobeブースでやっていたのでちょこっと覗いてみました。Lightroom CCもクラウドベースのバージョンと、これまでのもの(Lightroom CC Classic)と分かれてしまっていますが、新しいLightroom CCの話でした。Adobeとしてはこっちに徐々に移行していくんでしょうかね。機能としてはまだまだギャップがありますが、スマートフォンのアプリとの連携などの新しい機能は便利そう。
ただ、ストレージがAdobe専用のものを使わねばならないのが私にとってはネック。Dropboxをメインに使っているので、また新たに有料のストレージは増やしたくないな。
IMG_20180302_112529.jpg







nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - イベント ブログトップ