So-net無料ブログ作成
検索選択
イベント ブログトップ
前の3件 | -

乃木坂46 Merry Xmas Show 2016 アンダー単独公演 観劇。そして感激! [イベント]

IMG_20161207_111223.jpg

★ がんばっている子たちはみんな、輝いている

● Merry Xmas Show 2016

二年連続で紅白歌合戦出場を決め、最新シングル「サヨナラの意味」が出荷枚数100万枚を超えた、人気絶頂のアイドルグループが乃木坂46です。
その彼女たちが毎年、クリスマスシーズンに行っているのが“Merry Xmas Show”。今年は12/6-9の四日間、武道館で公演を行いました。その最終日に私も“参戦”してきたのでありました。

今年のMerry Xmas Showは例年と異なり、選抜メンバーとアンダーメンバーとが完全に別れ、それぞれ二日ずつ単独公演を行ったのでした。選抜メンバーは12/6, 8、アンダーメンバーは12/7,9。つまり、私が行ったのはアンダーメンバーの単独公演。
選抜メンバーの単独公演も申し込んだのですが、チケットの抽選に漏れ、行かれなかったのです(涙)。武道館ではもう、狭すぎるんですね、彼女たちの人気からすると。

● 選抜・アンダーとは

さらっと書いてしまった「選抜」、「アンダー」という“用語”ですが、知らない人には何のこっちゃ?かも知れません。簡単に説明を。

ライバルグループのAKB48と同様、乃木坂46も、複数の子たちが所属するアイドルグループです。現在、一期生から三期生まで合わせて47名が在籍しています。そうそう、加入時期によって、XX期生と呼ばれてます。そのうち、三期生はまだ養成期間という状態で、本格的な活動はこれからです。
また、“卒業”という形でグループから脱退する人もいますので、人数は時期によって変わっています。来年二月に橋本 奈々未さんが卒業(&芸能界引退)するという話はニュースにもなっているので知っている方も多いかな。

乃木坂46はこれまでに16枚のシングルCD(と2枚のアルバム)を発売しています。一回のリリースで、新曲を6、7曲発表し、CDに入れるんですが、そのうちのメインの曲が“表題曲”と呼ばれ、CDのタイトルにもなります。また、歌番組などで披露するのも、ほとんどの場合がこの表題曲です。最新シングルは「サヨナラの意味」です。
表題曲は、参加メンバー全員で歌うわけではありません。TV番組に、毎度毎度、数十人で出演するわけにもいかない、という理由からかも知れませんが、毎シングルごとに「選抜」メンバーが選ばれ、そのメンバーが表題曲を歌います。毎回、十五人程度が選ばれます。当然、TV番組に出るのもこの「選抜」メンバーです。
さらには、「選抜」メンバーの中でも“立ち位置”があり、これまたTVの画角に収めるためか、横一列に並ぶわけにはいかないので、三列になっています。一列目の方がTVに映る率・時間が高い・長いのです。さらにさらにその楽曲で中心になって歌うのが“センター”ポジションに選ばれたメンバーです。その表題曲の、そしてグループの顔になる訳ですね、センターの子が。
誰が「選抜」になるのか、そしてどのポジションになるのか、センターは誰かは毎回のシングルごとに変わっていきます。その時の各メンバーの人気だったり、スキルだったりで選ばれているようですが、選考基準は明かされていません。

「選抜」にならなかった子たちが「アンダー」メンバーです。元々は、「選抜」メンバーが病気やら別の仕事で“欠席”した時に、そのポジションに入って替わりにTV番組に出てパフォーマンスする役割が主でした。
でも、数年前から、それまでのコンサート・ライブが乃木坂46全員参加のものだけだったのが、この「アンダー」メンバーだけで行うライブ「アンダーライブ」が始まったのです。TVなどに出る機会が少なかった彼女たちにとっては、自分のパフォーマンスを披露でき、知ってもらえる大きなチャンスの場となったのです。そのためか、各メンバー共にかなり気合いが入っていますし、団結力も強くて、ライブパフォーマンスとして迫力あるステージが観られる・聴けるのです。コアなファンの中には、乃木坂46全体のライブよりもアンダーライブの方が面白いという言う人もいるくらい。
日本人の好きな判官びいきというか、自分が応援している子が“坂を上っていく”姿を見たいというRPGもしくは育成ゲーム的感覚というか、そんなフィーリングも相まって、アンダーライブは観客の側も“団結力”が強く、盛り上がり方も熱いものがあります。そんな場の感じも、ファンを惹きつける魅力なのでしょう。

ということで、説明が長くなりましたが、今年のMerry Xmas Showは、見習い中の三期生を除いて、「選抜」メンバーだけの公演、「アンダー」メンバーだけの公演を交互に行うという、バトル的要素もちょっと感じられる構成になったのでした。

★ Merry Xmas Show 2016 アンダー単独公演

武道館は、音響的にはあまりよろしくない会場で、音が変に反響して聞き苦しいことが多い気がします。ただ、見やすさはグッド。最上階の席でもステージがよく見えるので、その点はいい会場。去年はほぼ最後列だったんですが、それはそれで楽しめました。
そして今回はなんとアリーナ席。ステージから見て二段目のブロック。ステージの奥のポジションでも肉眼で誰が誰だかちゃんと分かる距離です。いやぁ、グッド、グッド。ちなみに、乃木坂46のライブチケットは全席指定で、値段も一緒。どの席(エリア)になるかは抽選です。

「アンダー」公演ですが、歌やダンスでストレートに勝負!というのが基本になっています。また、選曲も表題曲よりは、カップリングの「アンダー」メンバーが歌っている曲や、そのシングルごとの“企画”としてのユニットによる曲を中心に構成されています。ただ今回は、これまでに出したシングルが16枚、「アンダー」メンバーが同じ16人と言うことで、一人一曲ずつ、センターポジションで表題曲を歌う、というコーナーもありました。同じ乃木坂46ではありますが、歌うメンバー、特にセンターポジションの子が変わると、その曲の雰囲気もがらりと変わります。そんなところを楽しむ企画でした。もちろん、センターポジションを経験したことのない子も、担当となった曲ではセンターに立てる訳で、真ん中でファンにアピールできる晴れ舞台という意味合いもあります。贔屓の子がセンターを担当している局では、それぞれのファンもボルテージがさらに上がるというもの。会場は大盛り上がりでした。

あと、更なる企画として今回は「乃木團(のぎだん)」と呼ばれる、メンバーが楽器やボーカルを担当するバンドが結成されているんですが、その乃木團による演奏も。さらには、乃木團が演奏し、他のメンバーが歌やダンスを披露するという、乃木坂46のメンバーだけでのステージもあり、これまたさらにさらに歓声が上がっていました。いやぁ、才能のある子たちは、何をやってもできちゃうんですよ。すごいものです。

ちなみに、私のお気に入りの伊藤 万理華さんは今、「選抜」メンバー。なので、今回は二番目に気に入っている(業界用語?で“二推し(におし)”と言うそうです)山崎 怜奈さんの応援グッズを持って参戦したのでありました。今春、慶應義塾大学に入学した才女で、歴史好きってのが惹かれます。
IMG_20161211_193221.jpg


いやぁ、それにしても見応え、聴き応えがありましたよ。いいライブでした。ますますファンになってしまったのでありました。

★ BSスカパー!で独占完全放送

そんなMerry Xmas Show 2016 アンダー単独公演ですが、スカパー!で放送決定。
  • 乃木坂46 Merry Xmas Show 2016 12.9~アンダー単独公演~ 独占完全放送
  • 放送日時 : 12/23 (Fri) 16:00~
  • 放送チャンネル : BS 241 BSスカパー!
  • 注意 ※BSスカパー!はチャンネルまたはパック・セット等のご契約により無料でお楽しみ頂けます。 ※本番組は「2週間お試し体験」対象外番組ですのでご注意ください。
となっています。
どのチャネルを契約しても“おまけ”で観られるBSスカパー!なのですが、「2週間お試し体験」では観られないのでご注意を。下記サイトから加入が必要です。


Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する




nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

東京食肉市場まつり2016は大盛況 やっぱり安いからね。みんな、今夜はステーキかな? [イベント]

IMG_20161015_103414.jpg

★ 東京食肉市場まつりとは

2010年にも「東京食肉市場まつり2010 & いばらきフェスティバル + 八天堂」の記事で紹介したことのある東京食肉市場まつりにまた行ってきました。

IMG_20161015_103141.jpg

東京都中央卸売市場のサイトの説明によると、東京には中央卸売市場が11カ所あるそうです。そのなかで、肉類を扱っているのは品川にあるこの食肉市場のみ。牛や豚の屠畜解体(最近は屠殺とは言わなくなったようですね・・・)と、生産された肉類のセリが行われています。築地(場外)市場とは違い、普段は一般の人は入れません。でも、年に一度開催される「東京食肉市場まつり」では、一般に開放され、肉類をはじめとして関連製品や、地域の物産(年によって変わります。今年は千葉県でした)が展示即売されるのです。もちろん、一般販売価格よりもかなりお得な値段設定になっています。また、無料の試食会もあり、毎年大盛況。
2016-10-14.jpg

★ 天気も良くて、大盛況

今年は10/15(Sat), 16(Sun)の二日間の開催。初日の土曜日は晴天に恵まれ(ちょっと暑かったかな)、そのためかかなりの人出。場内は大混雑でした。
仲卸業者なのかな、場内の各店舗で即売をしているんですが、どこも外まで行列ができていて、入るだけで大変。最近は人気がさらに上がっているみたい。
IMG_20161015_104945.jpg


扱っているものが生ものですから、冷凍・冷蔵設備はしっかりしています。当たり前ですね。そのお蔭で、すごい人出ではあるのですが、建物の中は涼しくてちょっと助かります。
近所の商店や企業もブースを構えているところがありました。ドイツワインのピーロート・ジャパンはこのすぐそばに本社があるので、今回も無料試飲&販売をしていましたよ。ドイツワイン、甘めなのが多くて私はちょっと苦手なんですが、しっとりとした感じは悪くなかったですよ。
IMG_20161015_105408.jpg


屋台も何軒か出ていて、そこでランチや、ベーコンなんぞを肴にビールなんてこともできます。テントを張って、テーブルを用意してくれているのですが、お客さんの数に比べるとまだまだ足りない感じ。まあ、天気がいいので、その辺で立ち食いも悪くないですが。
IMG_20161015_105137.jpg

★ 狙いは革製品

今年も、私のお目当ては革製品。歴史的にも皮革加工業との関連が深いと言うことでしょう、色々なブースが出ていました。
革ジャンも格好いいんだけど、私の体型では似合わないからなぁ。痩せたら買うかな。
IMG_20161015_104543.jpg


本命はやはり今年もブックカバー。文庫本サイズで600円、新書サイズ700円、単行本サイズ1,000円という安さ。本革でかなり丈夫なので、これまでにも何枚も買っているんですが、今年も追加購入。
IMG_20161015_103657.jpg


単行本サイズと新書サイズを二枚ずつ、購入してきたのでありました。いやぁ、なんともカラフル。大胆に加工してますね。あんまり他では見かけないので、グッドです。
IMG_20161015_152624.jpg


新書サイズ(と文庫サイズ)には栞も付いています。これ、以外と便利。
単行本、サイズが色々ですからねぇ。このカバーに合う本はあるかな?先日のブックフェア(東京国際ブックフェア TIBF 2016 : 書籍の展示販売が中心になり、スッキリ。楽しく物色できました)で購入した本には残念ながら合わなかった。まあ、なんかに使えるでしょう。
IMG_20161015_152659.jpg


今年も楽しめた「東京食肉市場まつり」でした。来年はダイエットして革ジャンを買い込み、ステーキ肉をドンと買いたいものだな。



nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ネオ・ポテンシャリストが消費をリードする アメリカン・エキスプレスの新キャンペーン イベントに参加 [イベント]

IMG_20160905_193821.jpg

★ Realise the potential

アメックスのイベントに参加し、新しいキャンペーンについて話を聞いてきました。
アメックスさんのイベントに参加するのは、「「アメリカン・エキスプレス ブロガーミーティング」に参加しました」の記事で紹介して以来だと思うので、五年半ぶり? この時は、日本国内だとアメックスのカードが使えない(他は使えるのに)って店が多いという印象だったんですが、日本支社の社長さん以下、みなさんが頑張られ、今ではクレジットカードが使える店ならばどこでも(ほぼ)アメックスが使えるようになったそうです。

この方が日本の社長さん。今回、自ら登壇され、話を聞かせてくれました。自分でも、どんな店に行ってもまずはアメックスのカードでの支払いを試みて市場チェックをしているとのこと。「コンビニでも使えますよ。(試してみて!)」と仰っていたのが印象的。
IMG_20160905_190222.jpg


そんなアメックスさん、さらに次のステップに進もうと言うことで、今回、新たなブランド広告によるキャンペーンをスタートさせました。もう、既にTVコマーシャルなどでもガンガン流れているので、目にされた方もいらっしゃるかな。市川海老蔵さんがナレーションをしているCMで、メインメッセージは

Realize the Potential


リアライズ ザ ポテンシャル、潜在的可能性を現実化せよ って感じですかね。アメリカン・エキスプレスが提供する特典やサービスを、お客様に最大限に利用してもらい、生活を向上させて欲しいという想いが込められているメッセージだそうです。
どこでも使えるのが当たり前になったので、さらに使い倒して欲しいってことですね。
IMG_20160905_190402.jpg

★ Neo Potentialist

さて、そんなアメリカン・エキスプレスが描く顧客像とは?ここで社長さん、日本の消費動向五十年を総括。
前回の東京オリンピックがあった頃は高度経済成長期。三種の神器に憧れ、マイホーム・マイカーを持とうと必死に働いた時期。そしてバブルが到来。誰もが海外旅行に行き、ブランド品を買いまくり、消費を謳歌した時期。
しかし、バブル崩壊後は“失われた二十年”と言われた時代。日本はもうダメなんじゃないかと自信を喪失し、デフレが進んで物価は下落。消費も停滞した。
だが、ここに来て我々も自信を取り戻しつつあり、以前に比べると働く意味や生活に求めるもの、幸福感が大きく変わって来ている。リーマンショックや大震災の経験もそこには影響しているのだろう。仕事とプライベートと両方に新たな価値を見いだし、ワークバランスやエコを大事にする人たちが増えてきたのだ。
IMG_20160905_190652.jpg


さて、そんな今の時代に消費をリードしているのはどんな人たちなのか。アメリカン・エキスプレスでは大規模なリサーチをして一つの答えを見いだした。それが

Neo Potentialist


ネオ・ポテンシャリスト。新たな、可能性を持った人、って感じかな?
IMG_20160905_191536.jpg

仕事ももちろんしっかりするけど、自分や家族、コミュニティも同様に重きを置き、流行に流されることなく、自分の価値観をきっちりと持っている人。それがネオ・ポテンシャリスト。そんなネオ・ポテンシャリストの消費動向の特徴は次の三つなのだそうです。
  • パーソナル : 自分の考えやこだわりを持ち、大事なものが明確。質の良いものを見極めて購入。
  • ソーシャル : モノよりコミュニケーションに投資。特に家族との時間への投資に熱心。
  • デジタル : 全員がオンラインショッパー。使うお金も実店舗とオンライン半々のハイブリッド派。デジタルを駆使し、食品・飲料など日用品も購入。移動中にスマホで買い物をすることも。

これ、まさにブロガーのみなさんのことそのままじゃないの?とおもってしまいました。まあ、家族を大事にしているかは人それぞれかもしれないけど、それ以外はぴったりでしょう。ちょっと前には「オタクが経済を引っ張る」みたいな話を聞いたことがありますが、今やブロガー的な人たちが消費の中心に踊り出してきたようです。

自分をふり返ってみるに、オンラインショッパーなのは確か。毎日、宅配便が届く感じかも。楽天のポイントが貯まればコーラやトマトジュース買っているし。米も最近はネットで申し込むふるさと納税でゲットしている。うむ、ネオ・ポテンシャリストの末席に入っているかもしれないですね。

★ American Express Card

そんなネオ・ポテンシャリストに対して生活向上を図ってもらおうとアメリカン・エキスプレスが考えて用意した特典・サービスのポイントがこれら。

● パーソナル

  • カード利用履歴や会員属性など100以上のデータを元にしてここのお客様に最適の特典をおすすめする「アプリ内オファー提示」。
  • 15もの航空会社のマイルに交換できるポイントプログラム。100円=1ポイントから貯まります。
  • 過去の利用履歴・問い合わせ履歴を元にした、卓越したカスタマー・サービス。

レコメンドシステム(過去データ解析によるおすすめ提示)、Amazonなんかではいいな、と思ってます。知らなかった本を紹介してくれて、確かに面白そうだったりしますし。それで買っちゃったこともあります。どれくらいのデータが貯まったら(アメックスのカードで買い物をしたら)上手い具合におすすめしてくれるようになるのかな。質問してみれば良かった。
IMG_20160905_191956.jpg

● ソーシャル

  • シェアしたくなる体験を提供するカードメンバー限定イベント開催。
  • 驚きと感動を与える体験型ポイントプログラムが充実。
  • バゲージサービス、ラウンジ提供、付帯保険などのトラベルサービス。

付帯保険など、旅行の際にはとても助かります。まあ、幸か不幸かこの手のサービスを実際に利用するようなトラブルに会ったことはまだありません。でも、明日は我が身。安心して旅行できるのはなによりのサービスだと思います。

限定イベント、面白そうなんだけど、人気のある奴は抽選だろうから、当たるのかな。あと、タイミングが合うかどうかもあるし。利用するのがなかなか難しそう。コンセプトには大賛成ですが、運用上もお客さんに満足を与えられるかがポイントですね。
IMG_20160905_192718.jpg

● デジタル

  • 数々の機能・性能(指紋認証、支払いのプッシュ通知、友人紹介プログラムなど)を充実させたモバイルアプリサービスの実現。
  • 事前にカード情報をオンラインで登録するだけで、オンラインショッピング利用でキャッシュバック

割引クーポンやら事前登録制のポイントアップなど、他のカードや通販サイトでも良くやっています。楽天市場が目立つかな。でも、毎度毎度登録したり、使う時にクーポンを引っ張り出してこなきゃならなかったりで、かなり面倒なのも確か。アメックスルはその点、ずいぶんと簡素化して、事前に登録しておけば買い物時には普通に支払いするだけでOK。あとから特典が付いてくるという仕組みだそうです。これは良いですね。
IMG_20160905_193030.jpg


ということで、ネオ・ポテンシャリストのニーズに応えるべく、アメリカン・エキスプレスでは様々な取り組みをしているのでありました。

★ Hospitality

さて、今回のイベントは恵比寿のお洒落なレストラン(パーティールーム?)で開催されました。ガーデンプレイスはよく来るけど、近所にこんなのがあったのね。知りませんでした。
IMG_20160905_182716.jpg


アメックスケーキが振る舞われたりでしばしの懇親会。社長さんと直接お話しする機会もありました。さすがはアメックスのおもてなし。
IMG_20160905_195258.jpg


色んな話を聞き、アメリカン・エキスプレスに対するイメージがだいぶ変わりました。納得感があるし、何よりもどこでも使えるというのは良いこと。これを機に考えてみようかな。





nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の3件 | - イベント ブログトップ