So-net無料ブログ作成
グルメ :美味しいもの紹介 ブログトップ
前の3件 | 次の3件

セブンイレブンの新作スイーツかき氷はクリーミーでしっとり。毎日食べたくなります [グルメ :美味しいもの紹介]

IMG_20170508_190812-COLLAGE.jpg

セブンスイーツアンバサダーの試食イベントに参加し、スイーツかき氷を堪能してきました。

★ フローズンスイーツが熱い

かき氷と言えば夏の風物詩であったのは過去の話。今やかき氷は年中、スイーツの新たな定番として供されるようになってます。かき氷専門店は、当たり前ですが、一年中開いていますし、レストランや洋菓子店でもメニューに取り入れられてます。ケーキのようにしっとりしていたり、フルーツたっぷりだったり。
LRM_20170508_194433.jpg


そのトレンドをさらに加速させたのがセブンイレブンのフローズンスイーツでしょう。専門店のかき氷が美味しいのはもちろんなのですが、かなりいいお値段なのも確か。それをリーズナブルな価格で、しかもコンビニで買えるようにしてしまったのですから。去年の「ティラミス氷」、私もリピートして買ってました。
新商品もどんどん出てきて、フローズンスイーツの一つの潮流になっているでしょう。セブンイレブンの担当者は各メーカーと共同で新たな商品を開発していき、突っ走ってます。
DSC_0427-COLLAGE.jpg

★ アイスマン福留さん登場!

その流れをさらに熱く盛り上げているのがアイスマン福留(@iceman_ax)さん。日々、アイスクリームを食べ歩いているそうで、もちろん(?)コンビニのフローズンスイーツもチェックを欠かさないそうです。そのアイスマンさんが今回の新商品を熱く語ってくれました。
LRM_20170508_194742.jpg


今回試食する五品全てについて一つずつ、その特徴や美味しさの秘密を教えてくれました。
セブンイレブンの公式サイトにも「スイーツなかき氷、めしあがれ|セブン‐イレブン~近くて便利~」として、アイスマンさんの解説が載っているんですが、会場ではその何倍も語っていましたよ。
(話を聞くのもいいけど、早く食べたいなぁ・・・と思いつつ聞いていたのは内緒)
LRM_20170508_194918.jpg

★ スイーツかき氷五種を試食

理屈はどうあれ、食べてみないとその美味しさは分かりません。ということで、このイベントでは五種類のスイーツかき氷を試食させてもらいました。もう販売が開始されているものもあれば、これから、しかも地域限定の商品もありと、一度に食べられるのはなかなか貴重な体験だったかも。
例によって、味の感想は私の好みによるものです。自分にとって美味しいか否かは実際に食べてみて判断してください。

● クレームブリュレ氷

映画の「アメリ」じゃないけど、あのパリパリのカラメルをスプーンでパリパリと割る時、幸せな気分になれますよね、クレームブリュレ。

かき氷になったクレームブリュレは、カラメルソースの上にカラメルのチップを載せ、味の濃厚さを出すと共に、カリカリ感も表現していました。いつものとは違っているけど、こちらのパリパリ感もグッド。クリームの甘さと、カラメルのほろ苦さは本家のクレームブリュレと同じ感じ。
美味しいです、これ。
LRM_20170508_195136.jpg


● おしるこ氷

結論から言うと、これが一番気に入りました。凍っているのに、餅(白玉?)も餡子も柔らかく、特に餅はちゃんと伸びるくらいの弾力性を持ってました。技術の進歩の賜物なのでしょう。
モチモチ感は食べ応えもあるし、餡子と合いまった甘さはまさにお汁粉。白い氷の部分もクリーミーで、ほどよい甘さ。それでいて、全体として甘さがくどくなく、かき氷ならではのさっぱり感も持ち合わせています。 Good Job !
でもこれ、関東と名古屋だったかな、供給地域が限定されてしまうそうです。出会ったらラッキー。見つけたら食べるべきですよ、これ。おすすめです。
LRM_20170508_200302.jpg

● チョコミント氷

いきなりのむかし話でごめんなさい。私が子供の頃、下北沢に31アイスクリームの店がオープンしたんですが(今と違って、西口を出た鎌倉通り沿いにありました)、そこで生まれて初めて"ミントチョコ"のアイスクリームを食べたのでした。世の中にこんなに美味しいものがあるのか?!と、子供ながらに夢中になった記憶があります。それ以来、アイスクリームのフレーバーでもっとも好きなのはチョコミント。思い入れが強いのでありました。

そんな拘りがあるせいですかね、ちょっと物足りなかった。ミント感はなかなかなのですが、チョコチップが小さすぎてあまり歯応えがなく、チョコレート味も微妙。チョコチップの粒をもっと大きくして欲しいな、これ。
LRM_20170508_201357.jpg

● いちご練乳氷

かなりイチゴの果肉感を感じられます。断面を見ると分かるのですが、イチゴ部分の層が厚いからなのでしょう。そして、練乳は濃厚。これも美味しかった。
一般的なイチゴシロップのかかったかき氷とは全くの別物です。
LRM_20170508_202229.jpg

● ティラミス氷

去年もありましたね。そして今年はそのバージョンアップ版が登場。チーズソース、コーヒーソースがブラッシュアップされ、さらに美味しくなっていました。
氷の部分にコーヒーソースが隠されているんですが、その部分と、そうでない部分の味が違うのも食べていて飽きさせません。今回の試食、これで五個目のかき氷なのですが、それでも美味しく食べられちゃいました。

敢えて難を言えば、上に載っているココアパウダーがどうしてもこぼれ易いこと。多い目のスプーンで食べる分には大丈夫かも知れないけど、お店でもらえる小さいプラスチックスプーンだと跳ね飛ばして服やテーブルを汚しそう。てか、この時もちょっとテーブルを汚してしまいました。
本物のティラミスでも同じなのですが、この点を何とかしてくれればさらにうれしいのですが。
DSC_0444.jpg



五個、あっという間に完食しちゃいました。いやぁ、どれも美味しかった。どれもかき氷とは思えないクリーミーさで、まさにスイーツですよ、これら。しかも、どれも二百円未満で買えてしまうんですから、ありがたい。
だいぶ気温も上がってきた今日この頃、今年も一杯食べちゃいそうです。





nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

丸亀製麺の 牛とろ玉うどん は、スルスルッと食べられるのにボリューミー [グルメ :美味しいもの紹介]

IMG_20170424_194744.jpg

またまた、丸亀試食部として、讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺さんのイベントに参加し、初夏の新メニューを試食してきました。

★ 牛とろ玉うどんを食べネバ

先日までやっていた 春のあさりうどん はよく食べたな。あさり百匹(百個?)は食べたと思います。満足満足。と思っていたら、もう次の新商品が登場。
今回試食したのは、4/25から販売開始されている 牛とろ玉うどん (並 690円なり) です。

通常メニューに「とろ玉うどん」があるのはご存じでしょうか。とろろ(トトロじゃないよ!)と温泉卵がトッピングされたうどんメニューです。
IMG_20170424_183849.jpg

そして、今回の 牛とろ玉うどんは、その名前の通り、さらに牛肉がたっぷり(130gって言っていたかな。ちょっと自信なし)載ってます。しかも、丸亀製麺ではお馴染みの、甘めでとろみのある感じに仕上がってます。

東京では桜の季節も終わり、汗ばむような陽気の日もボチボチ。急に気温が上がると、プチ夏バテになっちゃうんですよね。さらには五月病って言葉があるくらい、ちょいとテンションも下がってしまうことがある今日この頃。そんな時には、食べ易くて、それでいてちゃんと栄養にもなるものがうれしいのであります。そう、そんな時にピッタリという気がします、今回の牛とろ玉うどん。

とろろって、スルスルっと食べられて、食感(喉越し?)はグッド。滋養強壮にも良いと昔から言われてますし、この季節にはピッタリの食品でしょう。
IMG_20170424_194415_1.jpg


牛肉は、こんな感じで一杯分ずつ、目の前で調理してくれます。トレイを持って待っている時、この光景に食欲が刺激されるんですよねぇ。美味しそう!
ボリュームも見ての通りです。かなり満足できますよ。
IMG_20170424_194446.jpg


そして、今回のCMももちろん、檀れいさんが主演。女将役がもう自然すぎ。
そうそう。丸亀製麺の公式サイトでは、歴代のCMを見ることができます。そしてさらに、いわゆるメーキング映像なんてのも見られるようになりました(テレビCM|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺)。うどん屋を丸々一軒、いやその前の通りやらなんやらも含め、巨大なセットを組んでの撮影だそうです。それよりも驚きなのが、檀れいさんが実際にうどんの調理をしていること。リアリティの追求と言うことなのでしょうが、さすがです。しかも、手際がいい。一見の価値ありです。
IMG_20170424_193610.jpg

★ 食べてみた

と言うことで、試食。
IMG_20170424_194700.jpg

やっぱり、ねぎのトッピングは欲しいですよね。私もバサッと盛ってしまいました。まあ、色合いもこの方がいいでしょう。もちろん、栄養のバランスも良くなるでしょう。
この写真ではまだ温泉卵に箸を付けていない時。黄身の部分を箸で割ってトロッとさせ、さらには全体をよくかき混ぜて食べるのがおすすめ。写真写りはちょっと落ちてしまうので、SNS用にはその前にちゃんと撮っておきましょうね。でも、味はよく混ぜた方が美味しくなると思います。

とろろがいい感じに絡まって、ツルツル・スルスルと食べられちゃいます。とろろ、美味しいですね、やっぱり。うどんはもちろん、出汁も全て完食してしまいました。ごちそうさま!
とろろのさっぱり感と、甘めの牛肉の取り合わせは絶妙。飽きることがないです。うどんは、冷やがおすすめかな。

ワンポイント足すとしたら わさび がおすすめ。甘いのが苦手だ、と言う辛党の人には特にいいかも。そのままだと甘さが後味として残る感じなのですが、そこにわさびを足せばキリッと、ピリッと引き締めてくれるでしょう。もちろん、食欲もいい具合に刺激してくれるし。
丸亀製麺では、パックのお寿司によく付いてくる、小さな袋入りのわさびが用意されてます。

★ 各店舗で粉から麺を打っているこだわり

さてさて、試食部で、そして日頃の食事にお世話になっている讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺さん。あちこちで店舗を見かけるようになっていますが、うどんに対するこだわりは創業当時から変わらぬ頑固者(?)。その一つが、麺は全て店舗で作り、作りたてを提供するというもの。
お昼時には行列もできる店舗が多いのに、それでも手間をかけて麺作りにこだわっているんですね。この日も厨房の奥では麺打ち機(圧延機)で黙々と麺を作ってました。
IMG_20170424_183735.jpg


時期によって変わるそうですが、今は北海道産の小麦を使用。製麺機のそば、店舗の脇に小麦粉の袋が積まれていました。なるほど、粉からちゃんと作っているんだなと、これを見ても分かります。
IMG_20170424_183835.jpg

すでに海外にも二百店舗近く出店している丸亀製麺さんですが、海外でも「各店舗で麺打ち」をしているそうですよ。いやぁ、恐れ入ります。

と言うことで、今回も楽しい、美味しい試食会でした。
牛とろ玉うどん、もう販売開始されています。次に店で食べる時は、わさび多めでピリリとさせて食べてみようかな。
IMG_20170424_183311.jpg





nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スマホ労眼対策サプリメントの ファンケル 「スマホえんきん」 を試す [グルメ :美味しいもの紹介]

DSC_0336.jpg




★ スマホ労眼にこれ

まあ、老眼のせいってのが強いんでしょうが、目の焦点を合わせるのが辛くなる時があります。
パソコンのディスプレイを毎日、見続けているし、移動中もスマートフォンやタブレットをいじっているという、絵に書いたようなネット依存症状態。そりゃぁ目も疲れますね。

一時期流行った(今も?)“ブルーライトをカットする”というメガネも試したことがありますが、色合いが違って見えるんで、返ってそれを脳内で補正しようとするのか、余計に疲れてしまいました。私には合わなかったみたい。

ってことで、こんなのに頼ってみたのでありました。目の疲れを緩和するのに効果があると言われている“アントシアニン”が、1日の摂取目安量である2粒の中に562mg入っているんだそうです。
疲れ目対策には、目を休めるのが一番なのでしょうけど、それができれば苦労しない訳で、サプリメントも悪くないでしょう。
DSC_0337.jpg


スマホえんきんは1日2粒でいいそうなので、摂りやすいのがいいかな。小粒なので飲みやすいし。一袋14日分入っていて、初回のお試しセットは二袋28日分なので、約一ヶ月、続けてみます。さて、効果はどうかな。
パソコン・スマホのあとも疲れ目知らず?スマホえんきん

★ 労眼サプリを飲んでみた

ということで、まだ二日目ですが、飲んでます。
DSC_0339.jpg


飲みながらもこうやってブログを書いているので、効き目があることを切に願うところ。




nice!(14)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の3件 | 次の3件 グルメ :美味しいもの紹介 ブログトップ