So-net無料ブログ作成
グルメ :美味しいもの紹介 ブログトップ
前の3件 | -

ベイシア(Beisia)の Molinos de Dulecinea スパークリングワイン試飲 [PR] [グルメ :美味しいもの紹介]

DSC_1072.jpg


★ Molinos de Dulecinea スパークリングワイン

ベイシア(Beisia)の Molinos de Dulecinea は気軽なテーブルワインとして、渋みの苦手な人におすすめ [PR]」の記事では、手頃な値段で楽しめるワインを紹介しましたが、このブランド(Molinos:モリノス)では白とロゼのスパークリングワインも出しています。こちらも498円(税別)というお手頃価格。スパークリングワインというと、フレシネで1,300円程度モエ・エ・シャンドンだと6,000円程度はするでしょうか。もちろん、レストランなどで飲めばその倍程度かも。グラス一杯でも1,000円くらいはします。なので、食前酒として“最初の一杯”を飲む程度。あとはワインに切り替える感じです。
でも、500円程度で一本買えるのであれば、食事中もずっとスパークリングワイン、と言う贅沢が気軽に味わえるでしょう。
DSC_1074.jpg


Molinos de Dulecineaはスペイン産のワインです。
DSC_1076.jpg


ベイシア楽天市場店


ベイシア公式サイトではなぜかスパークリングワインを扱っていないみたい。

★ ロゼを飲んでみた

試食会でも一口、試飲したのですが、その後、ベイシアさんからお土産でいただいて、改めて自宅で飲んでみました。
今回はロゼをお試し。

スパークリングワインなので、コルク栓の締結もきちんとしています。こんな風に縛り付けていないと、ガスの圧力でポンとコルク栓が飛んでしまいますから。
そんなスパークリングワインの蓋ですが、開ける方法は簡単。右利きの人でしたら、まずは左手でコルク栓を上から覆うように、瓶の口と一緒にしっかり持ってください。そして、右手で瓶の太い部分を持ちます。回すのは右手(瓶)の方。そう、てこの原理を使って、それほど力をかけずに回すことができるのです。ゆっくり回してくださいね。そして、中のガスが栓の隙間からすーっと抜けたらOK。拭きこぼすことなく、抜栓できます。
派手にポンと抜きたい時は、ガスがシューッと吹き出してきたらすぐに左手を離せばOK。あとは内部のガスの圧力でコルク栓が吹き飛びます。飛んでいく方向に気をつけてください。天井の照明器具に当たったら大変。注意して楽しんでください。
DSC_1079.jpg


はい、抜けました。
DSC_1081.jpg


スパークリングワインなんて、そうそう、家では飲まないのでグラスも持っていません。まあ、気軽に飲めるモリノスのスパークリングワインですから、そんな体裁にこだわることはないでしょう。グラスにたっぷり注いで、ごくごく飲んでも大丈夫。
甘めの味で、炭酸の助けもあり、軽めです。香りはその分、強いかも。どんな料理でもいけそうです。私はドライな方が好きですが、家族で飲むのには良さそうです。アルコールは強くない娘や奥さんと一緒に飲んだのですが、「飲みやすくて美味しい」とのこと。
DSC_1084.jpg


クリスマスや暮れ・正月、家族が家で気軽に飲むのにおすすめです。楽天市場店だとダース単位の販売。ベイシアの店舗が近所にある方は(もちろん)一本から買えます。
ロゼ




ついでに、クリスマスケーキもいかがでしょうか。





nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ベイシア(Beisia)の Molinos de Dulecinea は気軽なテーブルワインとして、渋みの苦手な人におすすめ [PR] [グルメ :美味しいもの紹介]

DSC04282.jpg

★ ベイシア(Beisia)

株式会社ベイシア主催のブロガー向け試食会に参加して、プライベートブランドの商品を色々といただいてきました。そこから美味しかったものをご紹介。

ベイシアグループは、中核のスーパーマーケット「ベイシア(Beisia)」を運営する株式会社ベイシアや、ホームセンターのカインズコンビニのセーブオン作業服のワークマンなどを傘下に持つ、群馬県前橋市に拠点を持つ企業グループ。
カインズやワークマン、セーブオンの名前は知っていたんですが、ご本尊のベイシアを私は知りませんでした。それもそのはず、都内では青梅にしかベイシアのスーパーマーケット、ないんだそうです。ただ、今後は都内や神奈川での出店計画があるようなので、うちの近所にもできるかな?

そんなベイシア、プライベートブランドの格安商品を一杯出していて、どれも値段に驚き。牛乳やアイスクリームなどの乳製品、お菓子、お酒(ワイン・チューハイ・日本酒)、それにウィンナーまで。
最近のPB商品、安いだけじゃなくて、味も品質も良いものが多いですからね、期待できます。

これらの商品は、都内出店まで待たなくても、ネットでも購入できるようになってました。
ベイシア楽天市場店

★ Molinos de Dulecinea(モリノス) ワイン

そんなPB商品の中でいいなと思ったのがワイン。Molinos de Dulecinea(モリノス)がそれで、スペイン産のワインです。赤・白ともに、750ml入り一本298円(税別)なり!
DSC04274.jpg


産地や銘柄、シャトーの名前などを明らかにしていない、普及価格帯のワインをテーブルワイン、デイリーワインなどと呼びます。フランスだともっとちゃんとした分類の法律があるようですが(AOCじゃないのがテーブルワイン(VdT)?)、普段、気兼ねなく楽しめるワインと言うことです。
このモリノスはまさにそのテーブルワイン。一本三百円ですから、特に何かある訳ではない、日常の食卓に出すのに優しい値段。
DSC04276-Edit.jpg


ラベルには、
さわやかな果実味、穏やかな辛口。パスタ、ピザ、チーズ、洋食、和食との相性がよい。
とあります。
DSC_0920.jpg

★ 飲んでみた

試食会ですからね、しっかりと味見させてもらいました。その時にメモした感想は
  • 赤:とてもライト。タンニンの渋みはほとんど感じられない。タンニンが苦手な人にはグッド。軽い口当たりは日本酒のよう。これからの季節だと、おせち料理に合いそう。
  • 白:甘さ控えめ。酸味が強い。フレッシュな感じで、色んな食事に合いそう。酸味があると言うことで、寿司なんかにいいかも。
という感じ。
DSC04278.jpg

どっしりとした感じの味が好みの人にはおすすめしませんが、そんなワインが苦手という人には逆に向いてます、これ。赤の方は際だった特徴がない分、どんな料理にも合いそう。ラベルにはパスタやビザに合うとあるけど、もうちょっと軽い味の料理の方がいいかも。となると、和食にピッタリかな。なので「おせち料理に合う」とメモしたんだと思います。

白の方は酸味が特徴的。ワインは同じ味わいの料理に合わせるのがいい、なんてことを聞いたことがありますが、その理屈からするとお酢を使った料理、例えばお寿司がいいんじゃないかなと思ったのでありました。
DSC04282.jpg



なにせ三百円ですからね、気軽に試してみてはいかがでしょうか。楽天市場でも買えます。
《赤ワイン》モリノス 750ml×12本【1本あたり321円】_8437006405478_77


《白ワイン》モリノス 750ml×12本【1本あたり321円】_8437006405461_77





nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

玉露園 オール北海道産昆布茶 は、とろっとした舌触りと、濃厚な香り。ほっと一息つくのにピッタリ [グルメ :美味しいもの紹介]

IMAG1646.jpg

★ 玉露園 オール北海道産昆布茶とは

モニプラのイベントで、玉露園 オール北海道産昆布茶を試飲しました。
玉露園ホームページによると、昆布茶は大正時代初期に製品化され、それ以来、ずっと製造・販売を続けているそうです。来年(2018)は百周年です。確かに、子供の頃から馴染みのある飲み物でしたが、それよりもずっと長い歴史を持っていたんですね。

玉露園『減塩梅こんぶ茶』モニター体験」の記事で紹介しましたが、だいぶ前に別の昆布茶を試飲させてもらいました。今回は“正統派”の昆布茶なのかな。
公式サイトの説明+裏書きによると、
  • 標準小売価格 378円(本体価格 350円)
  • 内容量:50g
  • サイズ:160×100×35
  • 原料にこだわり、北海道産原料だけを使用した昆布茶です。
    化学調味料、保存料は無添加です。
    当社比で、塩分も控えめ。
    お茶としても、お料理にも合う、こだわりの昆布茶です。
  • 北海道産羅臼昆布、オホーツク海の塩、北海道産甜菜糖(砂糖)、乾燥マッシュポテトパウダー &馬鈴薯澱粉も北海道産
  • 100g中 カルシウム192mg, ヨウ素28.5mg
だそうです。
料理だと、スパゲッティや湯豆腐、炊き込みご飯、スープ、サラダ、煮物の隠し味などに合うそうです。なにせ昆布ですから、出汁の元として有能そうです。
IMAG1645.jpg

★ 試飲してみた

料理はできそうにないので、ストレートにお茶として飲んでみました。
作り方は簡単。
  テースプーン半分(約2g)を茶碗に入れ、90℃の熱湯を100cc注いでかき回す。
以上です。
まあ、説明するまでもないですね。

100ccだとちょっと寂しいので、倍の量で作ってみました。
香りがいいですね、まず気が付くのは。袋を開けた時から昆布のいい香りがしてますが、お湯を注ぐとそれがパッと広がるので、それだけで心落ち着く感じ。出汁の香りというとオーバーですが、そんな雰囲気です。子供の頃から慣れ親しんだ香りなので、それが安心感というか鎮静作用を持っているのかも知れません(医学的に実証された訳ではなく、個人的感想って奴ですが)。
IMAG1651.jpg


マッシュポテトパウダーや澱粉も使われているので、かなり“とろみ”があります。風邪まではいかないけど、喉の調子が悪くなりがちな、乾燥するこれからの季節。こういう感じはとてもありがたい。喉に優しい飲み物、グッドです。
味はもちろん昆布。仄かな甘みが懐かしい。そして、美味。
IMAG1653.jpg


美味しゅうございました。いつもはコーヒーばかりですが、たまに昆布茶も良いものだなと再認識したのでありました。



玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中






nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - グルメ :美味しいもの紹介 ブログトップ