So-net無料ブログ作成
グルメ :美味しいもの紹介 ブログトップ
前の3件 | -

玉露園 オール北海道産昆布茶 は、とろっとした舌触りと、濃厚な香り。ほっと一息つくのにピッタリ [グルメ :美味しいもの紹介]

IMAG1646.jpg

★ 玉露園 オール北海道産昆布茶とは

モニプラのイベントで、玉露園 オール北海道産昆布茶を試飲しました。
玉露園ホームページによると、昆布茶は大正時代初期に製品化され、それ以来、ずっと製造・販売を続けているそうです。来年(2018)は百周年です。確かに、子供の頃から馴染みのある飲み物でしたが、それよりもずっと長い歴史を持っていたんですね。

玉露園『減塩梅こんぶ茶』モニター体験」の記事で紹介しましたが、だいぶ前に別の昆布茶を試飲させてもらいました。今回は“正統派”の昆布茶なのかな。
公式サイトの説明+裏書きによると、
  • 標準小売価格 378円(本体価格 350円)
  • 内容量:50g
  • サイズ:160×100×35
  • 原料にこだわり、北海道産原料だけを使用した昆布茶です。
    化学調味料、保存料は無添加です。
    当社比で、塩分も控えめ。
    お茶としても、お料理にも合う、こだわりの昆布茶です。
  • 北海道産羅臼昆布、オホーツク海の塩、北海道産甜菜糖(砂糖)、乾燥マッシュポテトパウダー &馬鈴薯澱粉も北海道産
  • 100g中 カルシウム192mg, ヨウ素28.5mg
だそうです。
料理だと、スパゲッティや湯豆腐、炊き込みご飯、スープ、サラダ、煮物の隠し味などに合うそうです。なにせ昆布ですから、出汁の元として有能そうです。
IMAG1645.jpg

★ 試飲してみた

料理はできそうにないので、ストレートにお茶として飲んでみました。
作り方は簡単。
  テースプーン半分(約2g)を茶碗に入れ、90℃の熱湯を100cc注いでかき回す。
以上です。
まあ、説明するまでもないですね。

100ccだとちょっと寂しいので、倍の量で作ってみました。
香りがいいですね、まず気が付くのは。袋を開けた時から昆布のいい香りがしてますが、お湯を注ぐとそれがパッと広がるので、それだけで心落ち着く感じ。出汁の香りというとオーバーですが、そんな雰囲気です。子供の頃から慣れ親しんだ香りなので、それが安心感というか鎮静作用を持っているのかも知れません(医学的に実証された訳ではなく、個人的感想って奴ですが)。
IMAG1651.jpg


マッシュポテトパウダーや澱粉も使われているので、かなり“とろみ”があります。風邪まではいかないけど、喉の調子が悪くなりがちな、乾燥するこれからの季節。こういう感じはとてもありがたい。喉に優しい飲み物、グッドです。
味はもちろん昆布。仄かな甘みが懐かしい。そして、美味。
IMAG1653.jpg


美味しゅうございました。いつもはコーヒーばかりですが、たまに昆布茶も良いものだなと再認識したのでありました。



玉露園ファンコミュニティファンサイト参加中






nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

カルビー ポテトチップスクリスプ はプチサイズで食べ易い。この塩加減、グッドです [グルメ :美味しいもの紹介]

DSC_0809.jpg


★ カルビー ポテトチップスクリスプ とは

「カルビーの、ポテトチップス ♪」ってCMのナレーション、最近も流れているのかな。耳に残りますよね、あのメロディ。そんなカルビーのアンバサダーに選ばれたということで、ポテトチップスクリスプ うすしお味を試食しました。

いただいたチラシによると、「筒入りポテトチップスを対象にした味覚調査」の結果、
  おいしさ No.1 、 食感No.1 、 じゃがいもの風味No.1 、 塩味の好みNo.1
になったそうです。

ジャガイモをスライスして揚げたチップスももちろん好きですが、成型して形の揃った筒入りタイプは食べ易いのが好きです。サイズが揃っていて持ち易いし、油でベタベタすることもないし、カウチポテトじゃないけど、なんかしながら食べるのにはピッタリ。

公式サイトでは、新しいキャラクターの名前を募集しているようですが(カルビーとつながるファンサイト「カルサポ!」 | カルビー株式会社)、昔からのこのポテト君の名前はなんて言うんでしょうね?存在自体は知っているし、こうやってよく見かけるんですが、名前を知らないなぁ。
DSC_0813.jpg


美味しさのポイントは
  1. 独自のパリッと食感
  2. こだわりジャガイモを使用
  3. 絶妙な味バランス
とのこと。
IMAG1596.jpg

★ 食べてみた

何はともあれ、試食。まあ、普段から食べてますけどね。一応、改めまして。

手のひらサイズというか、小さめサイズ。競合製品のプリングルス等に比べると一回り小さい感じ。一口でパクリとするのに丁度いい大きさ。口の小さな人出も大丈夫でしょう、これなら。
IMAG1594.jpg


封を切った時に、すでにいい香りが。なかなか食欲をそそります。
うすしお味とある通り、しつこくない味。お酒のつまみだともっと濃い味でもいいのかも知れませんが、普段食べるならばこれくらいがいい塩梅。何枚食べても大丈夫。いや、食べ過ぎ注意か?
食感は柔らかめ。しっとりした感じで、口の中で溶けていく雰囲気。これまた食べ易くていいな。

キャップも付いた筒に入っているので、食べ残しても大丈夫。でも、ついついパクパクと食べちゃうんですよね。すぐになくなってしまう・・・。

秋の夜長、読書に、映画鑑賞に丁度いいお供です。美味しゅうございました。おすすめです。
Omni7





nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

牛すき釜玉うどん が今年もやって来ました。丸亀製麺のうどんでお月見気分 [グルメ :美味しいもの紹介]

IMG_20170904_195105.jpg

またまた、丸亀試食部として、讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺さんのイベントに参加し、秋の新メニューを試食してきました。

★ 牛すき釜玉うどんの季節になりました

東京も急に涼しくなり、今年の秋は早いのかと思わせる今日この頃。秋と言えば食欲の秋。しっかりとお腹を満たしてくれるメニューが丸亀製麺に今年もやって来ました。

   牛すき釜玉うどん 並640円なり 9/5から販売開始

去年も人気のメニューでした(「丸亀製麺の牛すき釜玉うどんは、丸亀史上最幸肉量、しかも 二度うま うどんだった」)が、再登場です。
今年のキャッチコピーはかなりストレート。檀れいさん扮する女将さんは「満月より、満腹でしょ」とおっしゃってます。うどんの上、いや、うどんに載った牛すき肉の上にポンと置かれた玉子の黄身を中秋の名月に見立てての台詞です。
並サイズだと、うどんは約250gだそうで、そこに牛すき肉が約100g載ってます。そして玉子の黄身。なかなか食べ応えがありますよ。満月を愛でながらでも、そうではなくても、女将の言うとおりに満腹にさせてくれそうです。
IMG_20170904_200956.jpg


ちなみに、国立天文台のサイトによると(「中秋の名月(2017年10月) | 国立天文台(NAOJ)」)、今年の中秋の名月は10/4だそうです。太陰暦の8/15の月のことを指す言葉だそうで、そのために、必ずしも満月という訳ではないそうです。あら、勘違いしていた。満月は二日遅れの10/6だとか。サイトをチェックしておいて、牛すき釜玉うどんを食べながら蘊蓄を語りましょう。

★ そもそも、釜揚げうどんとは

「牛すき釜玉うどん」ですが、正確には「牛すき肉が載った、釜揚げうどん 玉子の黄身添え」ということになるでしょうか。では、そもそも「釜揚げうどん」とは何者でしょう?蘊蓄続きではないですが、試食会で説明があったのでご紹介。

ぶっかけうどんなどは、麺を茹でたあとに“水で締める”作業が入ります。これによって引き締まった歯応えとなると共に、冷たくいただける麺が出来上がります。
それに対して釜揚げうどんは、茹でたうどんを釜から引き上げ、それをそのまま饗するスタイル。歯応えがずいぶんと違ってきます。そして何よりも麺が熱々。猫舌の私は、かなりフーフーやらないと食べられないくらい。
ということで、急に冷え込んだ晩にいただくならば、釜揚げがおすすめです。
IMG_20170904_193846.jpg


ご存じの方も多いでしょうが、今回の季節限定メニュー「牛すき釜玉うどん」の他にも、定番メニューの釜揚げうどんとしては「釜玉うどん」、「明太釜玉うどん」などがあります。
「釜玉うどん」は、備え付けの特製醤油をぐるっと回すようにかけて食べるのがおすすめスタイル。さらには、回す回数は二周半がベストだそうですよ。もちろん、そこからアレンジもOK。私はおろし生姜とねぎを入れちゃいます。
IMG_20170904_194708.jpg

★ 美味しくいただきました

丸亀試食部のイベントでは、試食の前に広報担当の方から新商品のコンセプトやCMの紹介などの話が聞けるんです。うどん作りにこだわる丸亀製麺さんは、CM作りにもかなり、かなりこだわっているなと言うのがよくわかる楽しい話が聞けました。

でも、今回は話を聞いている間にお腹が空いちゃって。。。いい匂いがしてくるんですよ、厨房から。ほんと、食欲をそそる甘い匂いでした。
LRM_20170904_194845.jpg


さあ、待望の試食タイム。と言っても、ブロガーは写真を撮らないうちは食べ始められません。うむ、最後の我慢。
写真では上品に玉子を割ってますが、実際に食べる時はしっかり混ぜ合わせてからの方が好みです。
LRM_20170904_195239.jpg


一年ぶりの“再会”ですっかり忘れていましたが、牛肉のボリューム感はたっぷりでした。甘めの味付けは丸亀製麺ではお馴染みですが、玉子の黄身とも絡まってさらに味は濃厚。食べ応え感が、実際の量以上に増加してました。
好みで、ネギをたっぷり載せたり、刺激を求めて七味唐辛子を振りかけたりのアレンジもグッドでしょう。

肉をちょっと取り除けておいて、別注文のご飯に載せて食べる、なんて“技”も去年教わったのですが、これまた忘れて、やめられない止まらない。あっという間に完食してしまったのでありました。

美味しゅうございました。


★ 今年は「得」サイズもあります

さて、私は並サイズで“満月のごとくに満腹”になったのですが、それじゃあまだまだという方もいらっしゃるでしょう。丸亀製麺ではこの夏から、これまでの「大」サイズに加えて、超大盛り(というか、単純に二倍!)の「得」サイズが選べるようになっています。
「大」サイズではうどんが1.5玉に増量されるのに対し、「得」サイズではうどんは二玉、そして載っける具材も二倍になるんです。つまり、並を二杯頼んだのと同じこと。いや、これならば文句なしでしょう。
ちなみに、牛すき釜玉うどんでは「得」サイズにしても玉子の黄身は真ん中に一つ。あれ?と思ったら、もう一つは事前にうどんに絡めてあるのだとか。“満月”のような見た目にこだわったための策なのでした。

さすがにそんなには食べられないけど、もうちょっと肉が食べたい!・・・という方向けに、「肉まし」も登場。うどんの量はそのままに、牛すき肉だけ三割増しになっているそうです。私も、次に食べる時はこれかな?
IMG_20170904_201019.jpg


まあ、Instagramにアップするのにインパクトがあるのはやっぱり「得」サイズでしょうけど。
今回は指でウサギを作って写真を撮るのがおすすめだそうです。その時も「得」サイズだと、手の大きさとの対比が際立って、さらに“インスタ映え”するんじゃないでしょうか。
お腹を空かせて挑戦してみてくださいな。
IMG_20170904_195026.jpg


今回も、楽しい、美味しいイベントでした。ごちそうさま。



nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の3件 | - グルメ :美味しいもの紹介 ブログトップ