So-net無料ブログ作成

2017秋 京都一人旅:北野天満宮、御室仁和寺を市バスと嵐電を乗り継いでグルグル [旅行 :旅日記]

DSC03811.jpg


秋休みを取って、ぶらりと京都を一人旅してきました。
まとめページはこちら : 2017秋 京都一人旅:まとめページ

★ 北野天満宮

二日目、朝から向かったのは北野天満宮。菅原道真を祀った、天満宮・天神社の総本宮。今さら説明するまでもなく、学問の神様として有名なのですが、実は他にも色々と御利益があるそうで、公式サイトの説明によると、
  • 農耕の神:天神様と言えば雷。雷は雨をもたらすので。
  • 正直・至誠の神:道真さんがとっても真面目な人だったと言うことで。
  • 冤罪を晴らす神:道真さんの冤罪が晴れたと言うことで。ただ、死後ですが。。。
  • 学門・和歌・連歌の神:天童、秀才だったからですね。でも、さすがに英語や物理・化学、世界史などは専門外では?!
  • 渡唐天神:伝説では、道真さんは唐に渡って禅の奥義を授かった、と言われているそうで。
  • 芸能の神:境内で田楽・能・狂言などが披露され、出雲の阿国が歌舞伎踊りを初上演した場所なので。
  • 厄除けの神:平安京の乾(北西)の守り神として。
などなど。道真さん、大活躍ですな。

と言うことで、修学旅行生にも人気。朝から多くの学生さんたちがお参りに来ていました。
DSC03819.jpg


参道を進んで行くと立派な楼門が。寺院の仁王門だと、左右に金剛力士像が厳つい顔をして門番の役割をしているんですが、神社では穏やかな、束帯姿の老人(の像)が座ってお出迎え。ベンチのようなものに座った姿なのですが、そのベンチ(?)がなかなかお洒落でした。
DSC03828.jpg


天神様と言えば牛。なぜ牛がリスペクトされているかは諸説あるようですが、平安貴族には牛(牛車)のイメージがありますから、納得感があるかな。
お稲荷さんだと赤い鳥居が奉納されるところですが、ここでは牛の像。参道の両側にいくつもの牛の像が並んでいました。
IMAG1718.jpg


そして、手水舎にも牛。さすがに牛の口から水が出ている訳ではないですが(涎がダラダラ、というイメージを嫌った?)。
DSC03901.jpg


本殿も立派。
DSC03890.jpg


すごい数の絵馬。この五倍、いや、十倍はあったかな。
IMAG1732.jpg


北野天満宮といえば梅園が有名ですが、広い庭園内は他にも見どころが色々。
御土居(おどい)の跡が残っているのもその一つ。御土居とは、秀吉が造らせた、京都の街をぐるっと囲む城壁(土塁)です。高さは5mほどだそうで、新幹線ホームがその御土居(の跡)を利用したなんて話もあります。もちろん、近代になってほとんどが取り壊され、宅地となっていった訳ですが、部分的に残っているのです。その一部が北野天満宮の庭園に。
御土居の上に道ができていて、散歩にピッタリ。
DSC03837.jpg


御土居の下に降りていくと、その姿が見えてきます。御土居の断面は台形で、底面は20mほどだったそうですから、横から見るとこんな感じ。
IMAG1728.jpg


御土居を降りたところには川が流れていました。朱塗りの太鼓橋が掛かり、河岸には紅葉が。残念ながら私が行った時はまだこの通りに青々とした状態でしたが、今頃は色づいていて、いい雰囲気になっているんじゃないでしょうか。
DSC03858.jpg

★ 世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺

北野天満宮からちょっと歩くと、嵐電北野線(らんでんきたのせん)の北野白梅町駅があります。嵐電は、江ノ電や東急世田谷線を思い浮かべればいいでしょうかね、あんな雰囲気ののんびりとした電車です。北野線としては烏帽子の辻駅が終点。ここで嵐山本線に乗り換え、嵐山まで行けます。
IMG_20171106_105927.jpg


私は途中下車。降りたのは御室駅(おむろえき)。門構えが立派な駅舎です。といっても、門しかなくて、すぐにホームですが。。。
DSC03908.jpg


その駅舎の門からぐるりと回れ右して反対側を見ると、道の端に見えるのは世界遺産 真言宗御室派総本山 仁和寺の仁王門。周りに高い建物のない、京都の住宅街にあるため、かなり目立ちます。
DSC03911.jpg


仁王門を守るのは、もちろん金剛力士。柵の合間から見える顔が凜々しい。
IMAG1738.jpg


書院や神殿を見るには拝観料が必要。仁王門をくぐってすぐ左手に受付があります。
御殿の入り口をくぐり、書く書院を巡っていくのですが、途中にはこのような白砂青松の庭園が。こちらは南庭(なんてい)。石庭の砂利がまぶしいくらいに白い。
観光客、特に海外からの訪問者が急増中の京都。どこに行っても混雑で大変なのですが、この庭園では参拝客が多いにもかかわらず、静けさが広がっていました。誰しもこの庭を見ると穏やかな心持ちになるのでしょう。それは洋の東西を問わない感覚なのかも。
DSC03921.jpg


ふすま絵などももちろん美しいのですが、このような古色を帯びた金具類にも惹かれます。錆びていく金属の色合いにも侘び寂びを感じてしまうな。
DSC03932.jpg


御室仁和寺と言えば桜。遅咲きの御室桜が有名です。土壌のせいで余り生育できず、低木なのが特徴とのこと。目線に合った高さなので、より一層、“一面の花”という印象を与えるのでしょうか。
もちろん、今の時期は枯れ葉もハラハラと落ちている状態。春に訪れたことがないので、いつかは見てみたい桜です。
DSC03951.jpg

★ 素通りしちゃった嵐山

仁和寺からは嵐電でももちろん、嵐山に行かれるのですが、市営地下鉄・市バスの一日乗車券を買ってしまっていたので、バスで向かいます。
初めて乗った路線ですが、途中には“日本で一番”と言われているらしい京都 / 宇多野ユースホステルなんてのもありました。車窓からチラッと見ただけですが、ユースホステルとは思えない趣でしたよ。

途中、“山越中町”というバス停で乗り換え。名前からしていかにもって感じですが、確かに周りには何もないところ。でも、乗り換え場所では、ここでも色んな国の人で一杯。
そして嵐山へと向かったのですが、山越を越えて嵐山に近づくにつれて辺りには人が。嵐山周辺では道に人があふれかえっている感じ。人気のエリアではあるんですが、こんなにもすごいとは。これでは原宿の竹下通りや、鎌倉の小町通りと何の違いがあるのって雰囲気。結局、バスを降りずにそのまま素通りしてしまいました。バスはそのまま乗っていると、四条河原町(京都の繁華街)まで連れて行ってくれます。

折角なので、バスの窓から渡月橋をパシャリ。
IMAG1747.jpg


いやぁ、京都は本当に人が多すぎ。観光誘致ももう少し整備していかないと、そのうちに旅行客も、出迎える方も疲弊してしまいそう。

★ KYOTO NIPPON FESTIVAL

さて、今回の京都旅行ですが、一番の目的はこれ。「KYOTO NIPPON FESTIVAL」で行われている「伊藤万理華の脳内博覧会」を観に行くことだったのでありました。十月に渋谷のパルコギャラリーでやっていたのですが、抽選に外れて見られなかったんですよ。なので、京都まで出掛けていったのでありました。

行ってよかった。「はじまりか、」観られて良かった。
IMAG1734.jpg


京都では12/3までやっています。福岡のパルコでも写真展示・ショートムービー上映だけの「伊藤万理華の脳内博覧会mini」として、こちらも12/3までやっているそうですよ。
IMAG1722.jpg


旅は続きます。
楽天トラベル
;

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】
;




nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 2

JUNKO

仁和寺は好きなとこれで何度も訪ねています。
by JUNKO (2017-11-20 19:07) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
学生の時以来だったので、数十年ぶりでした。一面の桜、観てみたいです。
by ぶんじん (2017-11-20 19:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント