So-net無料ブログ作成

「パリ・グラフィックーロートレックとアートになった版画・ポスター展」 [美術 : 美術展、写真展紹介]

DSC04144.jpg

三菱一号館美術館で開催中の「パリ[ハート]グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター展」のブロガー内覧会に参加してきました。
例によって、特別の許可をもらって写真撮影しています。普段は一部エリアを除いて撮影禁止です。

★ 展示内容

まずは学芸員の野口さんと美術ブロガーのTakさんのトークショーがあり、今回の企画展の狙いや、当時の版画・ポスターに関して話を聞きました。以下、その概要。

「ヴァロットン―冷たい炎の画家」展 ブロガー特別内覧会 : 一人の人が描いたと思えないくらい多彩な作品」の記事で紹介したヴァロットン展で共同したゴッホ美術館と今回もコラボ。アムステルダムで春に開催した企画展の巡回展となってます。パリにおける十九世紀後半の版画を概観するもの。特徴としては、ジャポニズム、特に浮世絵の影響が随所に見られること。

サブタイトルの「アートになった・・・」とは、古くは絵画のコピー手段に過ぎなかった版画が、それ自体が芸術として認知されてきた時代だったことを表したもの。商業芸術として発展し、ポスターとして誰もが観られる身近な存在になっていった。
一方で、上流階級向けには“コレクターズ・アイテム”的な、より希少価値の高い、そしてテーマも私的なものを題材にした版画作品が多く製作された。このように、版画は芸術として二つの方向へと分化していった時代でもあった。

この流れを推し進める原動力となったのが、リトグラフの技法。この技法が開発されたことにより、彫りがいらない、より画家の筆のタッチが活きる作品が生み出されていった。
ただ、原板は石なので、あまり大きなものはできない。大判のポスターを作成する際は何枚かをつないでいった。

現在まで残っているものは、実際に街角に貼られていたものなども多く、汚れていたり、宣伝文句などが上書きされたものがほとんど。だが、三菱一号館美術館ではデッドストック版とも言える、ロートレック本人が保管していた、上書きの文字がない、折り目がない、とてもきれいな作品を集めている。
そんな中の一枚、展示No.18「ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ」はロートレックのポスター作品のデビュー作。最初の作品で既に数々の表現方法を用いていて、その完成度は高い。この作品でいきなり人気が出た。彼は正規の美術教育を受けていないが、ボナールなどと同じく、この時代には油彩も版画も同等の価値を認められていて、画家として評価に差がなかった。
現在で言うと、ネットで作品を発表していきなり人気となった人たちのような感じ。当時のパリでは、版画は最新メディアだったと言える。


と言うことで、展示構成は以下の通り。分かり易く、前半は大衆向けのポスターなどを中心にした作品、後半(こちらの方が数は多いです)が“コレクターズアイテム”的な作品群。
  • はじめに 高尚(ハイ)から低俗(ロー)まで
  • 第 1 章 庶民(ストリート)向けの版画
  • 第 2 章 知的階層(エリート)向けの版画


ケースに入っているのがリトグラフの原板。まさに石版です。
ちなみに、最近はこの石材も希少なものになってしまったので、現代の版画家は金属板を使っているそうです。
右上のケースに入っているのは木版の原板。これで刷られた作品が展示No.83「洗濯」です。
DSC04194.jpg


ポスターや商品のカタログなど、商業ベースに乗って版画作品は人々の間に一気に広まって行き、その芸術的な価値・地位を確立していった。
DSC04163.jpg


“芸能人”も作品のモチーフになることが増えてきた。ショーや劇場のポスターはもちろん、彼ら・彼女ら自身が主人公になることも。
DSC04160.jpg




一方で、エリート向けにはかなり私的なモチーフも多い。ちょっと考えさせる“知的”なものや、エロチックなものまで色々。
DSC04176.jpg


ジャポニズムも大きな特徴の一つ。特に浮世絵は同じ版画と言うこともあるのか、その影響を受けた画家は多数。
DSC04179.jpg


これらは、かのゴッホがコレクションしていた浮世絵作品群。彼はこれらを観て、そこからインスピレーションを得たり、構図を真似てみたりした。
DSC04241.jpg


ヴァロットンの作品も多数、展示されていました。
DSC04201.jpg


今で言うと“トレーディングカード”なのかな。ポストカード付きの版画集も販売されていた。もちろん、部数限定。
DSC04228.jpg

★ 感想

デザイン画のルーツ的な、この時代の版画・ポスターは馴染み深い。これまでも、色々な美術展で観てきた作品がある。だが、このようにまとまって並べられると、なるほどそこに流れがあり、この時代の潮流というものが感じられた。

ロートレックの作品に絵が描かれた俳優、踊り子たちは、なんとも意地悪そうな表情をしている。また、それほど美男・美女でもない。だからこそ、親近感が沸き、惹きつけられるのだろう。そして、彼ら・彼女らが出ていた舞台を観てみたい、と思わせてくれる。さすがはロートレック、二十一世紀の今でも人々を惹きつける力は衰えていないんじゃないだろうか。

それらと対比しての“エリート向け”作品は何とも隠微。大人のコレクションとしていいですな。前回の企画展でファンになってしまいましたが、ヴァロットンの作品、いいです。怪しげな男女、いかにも“訳あり”。そこに色んな物語を妄想させてくれます。“大人の萌え作品”ですね。

“一部、撮影可能エリア”の件ですが、この一角がそう。作品はもちろん、それを飾る壁面も当時のパリの街角を写した写真で飾られています。ジャン=ウジェーヌ・アジェの作品なのかな。
街角に貼られたポスター、カフェに集う芸能人たち、と言う雰囲気を醸し出してます。
DSC_0865.jpg


三菱一号館美術館ではお馴染みの(?)セルフィーコーナーもあります。自分がロートレックのポスターのモデルになれるという趣向です。
DSC04159.jpg


そうそう。こんな部屋もあって、今回の企画展の図録や、以前の企画展のものがじっくりと読めるようになってます。ここで一休みしながら、図録を確認してください。購入は一階のショップでどうぞ。
DSC04189.jpg


見慣れた感のあった版画・ポスターですが、こうやって並べられると壮観。確かにこれら自体で芸術的な価値があるぞ!と思わせてくれました。そして、改めて勉強もできたかな。今回もおすすめです。
いやぁ、面白かった。

★ 美術展情報

「パリ[ハート]グラフィック―ロートレックとアートになった版画・ポスター」展は下記の通り、開催中。






nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 13

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント