So-net無料ブログ作成

語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語:レベル1 ユニット2では挨拶やら国の名前やら出てきました [語学]

start.png



★ 進捗状況

ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語、始めました」の記事で紹介したように、ソースネクストから販売されている語学学習ソフトのロゼッタストーンでフランス語の勉強をしてます。

現在、レベル1 ユニット2 が終わり、レベル1 ユニット3に入ったところです。まあ、相変わらずのんびりとやっています。

★ こんなフレーズを覚えました

語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語:レベル1 ユニット1 が終わると 数を尋ねられるぞ」ではまだまだ余裕のある感じで報告をしましたが、ユニット2になったら新しい表現、単語がゴソゴソ出てきて、早くもピンチです。言葉を覚えるのもそうなんですが、発音というか、口が付いていかないことも。。。日本語とは違った音を発生しなきゃならないので、口や舌を動かすのにもいつもと違う筋肉が必要ですからね。いやぁ、厳しい。復習もしつつ、なんとか頑張ってます。

そうそう。復習といえば、途中途中で適宜、“強制的に”復習コーナーが出てきます。表現、単語、発音なんぞを振り返ることができます。これ、どういう基準で出てくるか分からないんですが、なかなかいいシステムです。
もちろん(?)、それだけでは足りないので、自分でも復習してますが。

さて、ユニット2ではこんな表現、単語を覚えました。
「調子はいかが?」「元気ですか?」って感じでしょうか。挨拶にも使うし、実際に調子の悪そうな人に対しても「大丈夫?」的な感じで使えるようです。“ようです”というのは、例によって解説がある訳ではないので、写真を見てそんな場面で使うのだろうと見て取った次第。
そして、そう聞かれた時に「元気ですよ!」だったり、「病気なんです」との返答も併せて学びました。
元気.png


こちらは初対面の挨拶・会話です。
「あなたの名前は?」「私の名前はXXXXです」「初めまして(よろしく)」という感じの流れです。
なんか懐かしいやり取りですね。英語だと、中学一年生でこんな感じの“会話”を習ったんじゃないでしょうか。
名前.png


国の名前が色々出てきました。そして、それに続いて国籍を問うたり、それに答えたりする表現も出てきましたよ。「私は日本人です」なんて感じです。とは言え、国名の読み方(発音)が英語とは違うので、知っている国でもちょっと戸惑ってしまいました。
あと、「この国は日本という名前です」だの「日本は中国の近くにあります」なんて表現も併せて学びました。
何人?.png


色も、ユニット1では赤白黒黄緑だけでしたが、ピンクに灰色、褐色(茶色)、紫などなど、だいぶレパートリーが増えてきました。
ピンクって“rose”なんです。薔薇というとなんとなく深紅のイメージがあるけど、フランスだとピンクの種類が多いんでしょうかね。あと、褐色(茶色)は“marron”。「栗」ですな。なんかお洒落です、フランス語。
色.png


他にも、「何をしているの?」だとか、「犬が家から離れたところにいる」といった表現も学びました。まだまだ“日常会話”にもならないレベルですが、頑張ってます。

★ ロゼッタストーン 感想update

気軽に復習ができるのはやはりいいですね。一度ですぐに覚えられるほどの記憶力もなくなってきたので、行ったり来たりしながら頭に刷り込めるのでグッドです。生身の先生に習うと、どうしても同じことの繰り返しってやりにくいものがありますが、ソフトウェア相手ならば何度でも気にせずできますから。この点は大きなメリットでしょう。そして、それがやり易いのが、このロゼッタストーンのいいところ。一つ一つのレッスンが短め(5分~15分程度)なので、ポイントごとに振り返りがやり易くなってます。


ロゼッタストーンといえば、Rosetta Stone Premium Club GINZA SIXなんてのができたそうで。ソフトウェアを使ってのレッスンと、実際の先生によるプライベートレッスンを組み合わせた勉強ができるみたい。場所柄、VIP向け、富裕層向けって感じがしますが、色々と“余裕”のある人はこちらもいいかも。
まあ、庶民の私は今まで通り、ソフトウェア相手に頑張ります。


購入はこちらからどうぞ。
ロゼッタストーン


ソースネクスト





nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント