So-net無料ブログ作成

「月光ゲーム Yの悲劇 '88」 大自然の中に密室出現 私には犯人、分からなかった・・・ [読書 : 読んだ本の紹介]

月光ゲーム.jpg

★あらすじ

主人公の有栖川有栖は推理小説好き。京都の大学に入学し、推理小説クラブに入部した。部長の江上の他、部員は二名。アリスを入れて四人の男だけのクラブだ。そんな彼らが合宿と称し、キャンプをすることになった。やって来たのは矢吹山。昔はキャンプ場として賑やかだったが、今は寂れてしまっている。
だが、彼らが麓までやって来ると、東京の雄林大学、そして神戸の神南学院短大からもキャンプをすべく、学生達が集まっていた。行き先は同じ。彼らはすぐに意気投合した。

キャンプ場ではそれぞれのチームがテントを張ったが、食事やレクリエーションは一緒。最初の夜には盛大にキャンプファイヤーが行われた。余興として催されたのは、アリス達の“指導”によるマーダー・ゲーム。犯人当てのゲームだ。彼らは大いに盛り上がった。

だが、楽しかったのはその夜だけだった。翌朝、矢吹山が突然、噴火したのだ。火山弾・火山礫が飛んでくる。火山灰で空が覆われてしまう。そして、崖崩れがそこら中で起きる。彼らの登ってきた道は塞がれてしまう。山頂のキャンプ場は孤立してしまい、彼らは大自然が造った“密室”に閉じ込められてしまったのだ。

そして、悲劇は続く。噴火の少し前、神南学院短大の山崎小百合が書き置きを残して姿を消していた。さらに次の朝、雄林大学の戸田文雄が刺殺体で発見された。“密室”で起きた殺人事件だ。まさに推理小説の世界。「犯人はこの中にいる」という状態になってしまったのだ。ミステリー好きの推理小説クラブの四人だが、流石に自分たちが話の登場人物と同じ立場になるとは思っても見なかった。

そして、小説さながらに次の犠牲者が出る。連続殺人だ。自分たちの仲間の中に殺人犯がいる。そして、火山の噴火で逃げ場のない状態。噴火は断続的に続いている。
彼らは無事に下山できるのか。そして犯人は彼らの中にいるのだろうか。。。

★基本データ&目次

作者有栖川 有栖
発行元東京創元社(創元推理文庫)
発行年1988

  • プロローグ
  • 第一章 マーダー・ゲームの宵
  • 第二章 驚愕の朝
  • 第三章 恐怖の夜
  • 第四章 疑惑の日
  • 第五章 下山の時
  • 読者への挑戦
  • 第六章 別れの夜明け
  • エピローグ
  • あとがき

★ 感想

多少のネタバレあり、です。

久しぶりに推理小説らしい、推理小説を読みました。いや、聴きました。耳で読む本、オーディオブックのFebeでこの作品の配信が始まったので、通勤途中で“読書”しようと思ったのでありました。
この作品は、一人のナレーターによる朗読ではなく、複数の話者がそれぞれの役を演じているので、ラジオドラマを聞いている感じでした。自然に聞けますね。

著者の名前は知っていたものの(一度聞いたら覚えちゃいますね)、その作品を読んだことはこれまでなく、初めましてでした。なるほど、推理小説が好きなんだなぁというのが良くわかりますね。この作品がデビュー作だそうですが、往年の名作へのリスペクトに溢れていて、楽しんで書いていそう。でも実際は苦労して出版にこぎ着けたようですが、その辺りはあとがきで著者が語っています。

それにしてもデビュー作にしてスケールがでかいですね。密室を作らんがために火山を噴火させてしまうんですから。そして、そんな極限状態故に、連続殺人犯の“動機”に対しても同時に納得感を持たせています。そうでなければ、キャンプしてワイワイ楽しもうという大学生が何人もの人を殺すなんて、なかなか納得行かないもの。
もちろん、最近は「動機に納得のいかない」事件が実際の世の中で頻発していますけど。でも、それを真似ては、サイコサスペンスかホラーにはなるけど、推理小説ではなくなってしまいそう。

言葉遣いが大仰なのも気に入りました。空のことを「蒼穹(そうきゅう)」と呼んでみたり、「貪婪(どんらん)」なんて言葉は久しぶりに聞いた。他の作品を知らないのでみんなこの調子なのか分からないんですが、独特の雰囲気を醸し出していていいですね。舞台というか、ベースになっているのが京都の大学というのがまた合ってます。著者は同志社大学卒なのかな。あの、御所の北に広がるキャンパスが目に浮かぶ感じが。


推理小説、やはり面白いですね。特に、犯人捜しのパターンは色々と考えながら読めるので(聴けるので)、楽しさ倍増です。
この登場人物たちでシリーズ物になっているようなので、続編も読んでみようかな。


オーディオブック版



電子版






書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント