So-net無料ブログ作成

語学学習ソフト ロゼッタストーンで中国語:レベル1 ユニット1 終了 好吃!が言えるようになったかな? [語学]

Chart.png


★ 進捗状況

中国語も、ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンで始めちゃいました」で紹介した通り、ロゼッタストーン フランス語と併せてロゼッタストーン 中国語(マンダリン)もやってます。まあ、二つ一辺になので、進み具合は普通の半分程度なのでしょう。

と言いつつ、レベル1ユニット1が終了しました。今、レベル1 ユニット2に入ったところです。
レベルは1~5の五段階あり、ユニットはレベルごとに4つずつ。つまり、全部で20ユニットあるので、先はまだまだ。

★ こんなフレーズを覚えました

さて、最初の最初、レベル1ユニット1ではどんなことを学んだかというと、ものや家族(構成)の名前、色の名前、数の数え方(フランス語と同様に、「6」まで)などなどを学びました。
ユニット2になってやっと「12」まで数えられるようになりましたよ。あと、「0」も!
数を数える.png


中国語の場合、日本語と同様に助数詞(~個、~杯、~匹など)があるので、これに手こずりました。まあ、これは慣れるしかないのかな。日本語でも難しいですからねぇ。
犬や猫、皿、茶碗、窓、ベッド、花などなど、どうやって数えるのか出てきましたよ(ユニット2になってからのもあったかな)。
助数詞.png


ボキャブラリーの充実としては、家族の呼び名。「父親」「母親」「息子」「娘」等などを覚えました。
そうそう。ユニットが進んでも、“おさらい”や“復習”のコーナーもあるので、そこで繰り返していく間に覚えられる感じかな。流石にこの歳になると一回では覚えられなくて。。。
家族.png


ライティングもやりましたよ。と言っても、漢字を直接入力するのは無理。日本語のローマ字変換と同じ理屈で、中国語にはピンインってのがあります。発音を四声(音の抑揚)も含めて表現することができる仕組みで、パソコンやスマートフォンで中国語を入力する時も使われる方法です。
ということで、ライティングはピンイン入力で行います。漢字の変換はない(されない)のですが。
ライティング.png

さらっと書きましたが、やっぱり四声の違いは難しい。これも覚えていくしかないんでしょうね。

聞き取りの中では漢字を覚える機会も出てきます。とは言え、今の時点だと知っていて当たり前のような文字ばかり。
でも、アルファベット世界の人にとっては難しいでしょうなぁ。牛と生だの、小と少だの、形が似ているものが多いから、慣れないうちは間違えてしまうのでしょう。
漢字.png

★ ロゼッタストーン 感想update

独自メソッドのTOTALe Basicはユニット一つ終わったところでもまだまだ面食らうことがあります。祖父・祖母なんて単語が説明なしにポンと出てきて、「どの写真のことを言っているのでしょう?」といった感じの質問が投げかけられます。まあ、これは間違えることで記憶に刻まれる、という効果もあるのだろうと思って、最初は素直に失敗してます。
もちろん、繰り返し同じカ所を復習・リトライできるので、反復練習あるのみ、です。

発音はボチボチ慣れてきましたかね。四声も含めたイントネーション、日本語にはない発音(吃 “ちー”)などなど、口が動くようになってきたかな? いや、まだまだか。。。


購入はこちらからどうぞ。
ロゼッタストーン


ソースネクスト





nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 12

コメント 2

JUNKO

中国語は耳に優しく響く言葉ですね。
by JUNKO (2017-09-11 20:55) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
あの抑揚、音楽的に聞こえますね。
by ぶんじん (2017-09-12 20:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント