So-net無料ブログ作成
検索選択

「浅井忠の京都遺産」展 @ 泉屋博古館分館 : デザイナー育成にかけた晩年 [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170907_173925.jpg

住友コレクション 泉屋博古館分館で9/9から開催される特別展「浅井忠の京都遺産」展のブロガー内覧会に参加してきました。
例によって、特別な許可をいただいて写真撮影しています。

★ 展示内容

以下、学芸員さんによるトークイベントの内容を盛り込んでの説明です。

浅井忠は工部美術学校でイタリア人画家フォンタネージに師事し、日本の初期洋画界の代表的画家の一人となる。フォンタネージはバルビゾン派の画家であったため、浅井忠の描く作品も重厚なものが多かった。そのためか、新しい印象派の技術を身につけて帰国した黒田清輝の方が評価が高くなり、新たに設立された東京美術学校の教授就任も数年の後れをとる。
転機が訪れたのは、パリ万博視察。浅井忠はその場で、京都高等工芸学校設立準備をしていた岩澤と知り合う。岩澤から教授就任と、併せて学校の学生達向け教材としての美術品買い付けを依頼され、これを引き受けた。

今回の展示は、浅井忠がパリ万博から持ち帰った品々、画家としての作品、そして京都高等工芸学校でのデザイナー・デザイン教授に関連した作品から成っている。展示構成はその順に、以下のようになっている。
  • Ⅰ はじまりはパリ、万国博覧会と浅井忠
  • Ⅱ 画家 浅井忠と京都洋画の流れ
  • Ⅲ 図案家浅井忠と京都工芸の流れ
  • 特別出品(住友家第15代当主春翠が審査員を務めた、日本の勧業博覧会出品作品を展示)

当時のヨーロッパはアールヌーボーの時代。デザインの“教材”となる作品は多数あった。中でも有名なものは、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語の発音だとアルフォンス・ムハ)の「椿姫」などのポスター。
LRM_20170907_182240.jpg


パリから(船旅で)持って帰らねばならなかったこと、教材として数多くの作品が必要だったことも有り、買い付けた作品は小品が中心だった。
その中から、ショワジー・ル・ロワの陶芸作品、ルイス・C・ティファニーのガラス器などが展示されている。
IMG_20170907_182820.jpg

IMG_20170907_182858.jpg


印象派の黒田清輝に比べて“暗い”イメージの作品が多かった浅井忠だが、フランスで訪れたグレー村の明るい、牧歌的な風景に感化されたのか、作風も変わっていった。
現地で写生した作品が並ぶ。
IMG_20170907_183501.jpg


京都高等工芸学校では主にデザインを教えていたが、宮内省(?)から東宮御所を飾る作品の製作を依頼される。実際の作品はタペストリーで、浅井忠はその原画を担当した。
ヨーロッパの貴族の間では、騎馬像、狩猟像をを飾るのがステイタスとなっていた。それに倣い、皇室の威厳アップを意図して騎馬武者の絵を描いた。白髪の老武者を含め、三人の武者が並ぶ図は、祖父・父・息子をイメージし、皇統が長く続くようにとの意味を込めたものだ。
LRM_20170907_183353.jpg



デザインを教えるにあたり、フランスからムハ(ミュシャ)のデザイン画帖を持ってきたり、自らデザイン集を作っている。
京都高等工芸学校からそれらを引き継いだ現在の京都工芸繊維大学では、当時の学生達の作品も多く収蔵されている。その一部も今回、展示されていて、そのレベルの高さも分かる。
LRM_20170907_185516.jpg


浅井忠のデザイン画はオリジナリティが高い。フランスで身につけた技術を元に、題材は日本の、京都の文物・文化・風俗に求めたものが多い。
LRM_20170907_185531.jpg


猪をモチーフにした螺鈿の飾り箱。そのデザイン画と共に展示されている。
IMG_20170907_185630.jpg

★ 感想

黒田清輝の名前は私でも知っているけど、浅井忠は今回の企画展で“久しぶりに思い出した”レベル。明治初期の洋画家というイメージでした。なので、デザイン家・デザインの先生としての浅井忠に関してはお初。

京都でデザインを教えていたというのがなるほど、という感じ。京都と言えば、水力発電所を国内で初めて造り、それによって西陣の繊維工業を一気に近代化した、産業革命の地でもある。ハード面だけではなく、西陣織やその他の工芸品に対してのソフト面(デザインなど)にも力を入れていたんですね。流石です。
そう思うと、急に浅井忠(とその作品)が身近に感じられるようになった。誰もがフランス留学して勉強できる訳ではないのだから、教育体制を整えるのは重要。自ら“教材”買い付けまで行い、教科書(デザイン画集)を作成して教育に臨んでいたのだから、美術の世界だけではなく、産業界に対しての貢献度は非常に高い。

それにしても、それまで日本の“伝統”工芸品ばかり見ていた学生達は、ヨーロッパの作品を実際に目にした時はどんな風に感じたのだろうか。しかも、実際に手に取ってじっくり観察もできただろうから、舐め回すように観察したんだろうな。
展示されている、いかにもアール・ヌーボーって感じの、草花をテーマにした学生のデザイン画を見ると、すぐに技術や“感性”を吸収し、自分のものにしていったことが分かる。みんな、頑張って勉強したんだろうなぁ。

今回の企画展は、芸術品の作品を観られるのももちろん、そんな産業革命の歴史も学べる一挙両得(?)なのでした。
会期が一ヶ月ほどしかないので、Don't miss it ! です。

★ 美術展情報

「浅井忠の京都遺産」展は下記の通り、開催中。






nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

nice! 8

コメント 4

JUNKO

10月中旬上京予定なのでだめですね。残念。
by JUNKO (2017-09-10 23:23) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
ちょっと会期が短いんですよね、残念ながら。京都工芸繊維大学の博物館(?)ではいつも見られるのかな?
by ぶんじん (2017-09-11 18:56) 

TaekoLovesParis

浅井忠の持ち帰ったものを学生が一生懸命、見て、倣って、<舐め回すように観察> いい表現ですね。御所を飾るタピストリーも見たいし、グレーでの風景画も。行きます!
by TaekoLovesParis (2017-09-17 08:46) 

ぶんじん

TaekoLovesParisさんへ:
当時の学生さん達は、時代やら地元の期待やらを背負っていて、気合いが違っていたんでしょうね、きっと。
by ぶんじん (2017-09-17 11:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント