So-net無料ブログ作成
検索選択

アシェット 「日本の貨幣 コレクション」 高精度レプリカ貨幣を集めて、貨幣・紙幣の秘密を知ろう [PR] [読書 : 読んだ本の紹介]

Img1.png

[ PR by BLOGTIMES ]
ブログタイムズ
試供品をいただいてのレビューです。実際に発行される際は、レプリカ貨幣や、記事の内容が異なる場合があります。ご了承願います。

★ アシェット 「日本の貨幣 コレクション」

ものやらなんやらを集めるのって、なんで楽しいんでしょうね。子供の頃には切手を集めてみたり、仮面ライダーのカードを集めていたりしてました。今はPokemon GOでポケモンを集めているし。
コイン集めも人気のテーマでしょう。私も、“穴の開いていない五十円玉”や、昔の百円玉を集めていたな。もっと本格的なコレクションとなると、古銭も魅力的だし、大判小判なんて憧れだったんだけど、経済的に無理。何万円も、何十万円もしますからね。

そんな、憧れだった日本の貨幣を、お手軽にコレクションしようというのが「日本の貨幣コレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社」。あくまでも、レプリカであって、本物の貨幣ではないのでご注意願います。それでも、良くできていて、これはこれでコレクションするのが楽しくなりそう。

お馴染みの“分冊式辞典”です。毎号、貨幣のレプリカが付いてきて、その解説やお金に纏わる話が載っているマガジンとセットになっています。あと、貨幣(コイン)だけではなく、紙幣のレプリカが付いている号もあります。
全部で120号まであり、途中で専用バインダーも付いてくる形式です。
Img2.png

★ こんなレプリカ貨幣が付いてきます

では、どんな貨幣(のレプリカ)のコレクションができるんでしょうか。

Vol.1(特別号 特別価格 190円(税込))では「旧20円金貨 : 明治3年銘」が付いてきます。直径は約3.5 cm。明治新政府がお金の単位を「円」に決め、この金貨を発行したのだそうです。当時は40万円程度の価値があったそうです。今、本物はコレクターの間で500~600万円で取引されているとか。こりゃ、本物は絶対に手が届かないですね。
IMG_20170820_222014.jpg


Vol.2(価格 999円(税込))にはあの「和同開珎」が付いてきます。そう、教科書で習った“日本で最初の貨幣”です。教科書の写真では見たことがありましたが、こんな感じなんですね。サイズは今のコインとそんなに変わらないかも。和銅元年(708年)に鋳造されたのだそうです。こりゃ古い。当時は米四合と同じ程度の価値だったとか。物々交換が当たり前だった時代の人々は、「何、これ?」って感じだったようで、流通させるのにかなり苦労したそうです。現在の取引価格は18~550万円。
DSC_0754.jpg



紙幣のレプリカはこんな感じ。台紙に表面、裏面が並んで印刷されている形です。これは「改造一円」紙幣で、明治14年(1881年)発行。明治5年(1872年)発行の「明治通宝紙幣」が痛みやすかったため、それと交換するために造られたのだそうです。神功皇后の肖像画が用いられているものの、イタリア人デザイナーに描かせたために、かなり西洋人っぽい顔つきになってしまったようです。米375 Kg程度の価値があり、現在の取引価格は4~50万円。
江戸時代の紙幣は各藩が発行してた藩札が流通していたが、廃藩置県と共にこれらを廃し、統一紙幣を明治政府は発行したのでした。
サイズは131mm x 77mm。今のお札よりもちょっと小さめですかね。現在の日本の紙幣は世界的に見ても大きめだそうですが、西洋の印刷技術を用いて初めて作られたこの紙幣は欧米サイズだったのかな。
DSC_0750.jpg

★ 貨幣の色々が学べるマガジン

辞典としてのマガジンは、その号に付いてくる貨幣(のレプリカ)の解説はもちろん、お金に纏わる話が色々と載っています。
IMG_20170827_105306.jpg

いくつかのテーマがあって、各号でこの中から選ばれた記事が載っています。
  • 貨幣ガイド
  • 貨幣の歴史ミュージアム
  • それってハウマッチ
  • 日本の「金」人物伝
  • 世界の貨幣図鑑
  • お金何でも大辞典
  • 日本を動かしたお金と経済

それぞれ、図説入りで二ページが基本。冊子から剥がして、バインダーにはめることを想定して、“一枚”単位になっているようです。

Vol.2の「貨幣の歴史ミュージアム」は“富本銭”の話。「最古の貨幣は和同開珎」と習った、と上で書いたばかりですが、その後(1991年)、この富本銭が発見され、教科書が書き換えられたのでした。富本銭は和同開珎よりも25年ほど前に鋳造されてます。ただ、この富本銭は呪術の際の道具であって、いわゆる通貨として流通していたかは疑問があるそうです。

Vol.3の「それってハウマッチ」は日本刀の値段。当時、どの程度の価値があったのかの話なのですが、時代によってずいぶんと違っているのが面白い。鎌倉時代は、まさに戦争のための消耗品だったのか、一振り20万円程度だったそうです。室町時代になると応仁の乱でさらに需要は増し、供給もそれに応じて大量生産体制となり、値段は5~6万円程度に。ところが、戦国時代を通して刀は贈り物(戦功を挙げた者への褒美など)の意味も出てきて、値段は上がり、500万円なんてものもあったそうです。さらには江戸時代になると文化財的なものとなり、数千万円から一億円の値が付くものも。

Vol.1の「世界の貨幣図鑑」では、“南極ドル”と“北極ドル”が紹介されています。どちらも国が発行した法定貨幣ではなく、いわば“お土産”的なもの。どちらもデザインがカラフルで、ペンギンやらシロクマやらが描かれていて、コレクションアイテムとして楽しそう。北極ドルはインターネットでも購入できる、と書かれています。

と、こんな感じの記事が載ってます。
どれもなかなか興味深い話。ただ、数ページの解説なので、正直、物足りないものもあるかな。面白いと思ったらこれを機会に他を調べてみよう、と言うことなのでしょう。

★ 購入方法

サイトの説明によると、
最新号はお近くの取り扱い書店にてお求めになれます。売り切れの場合、弊社倉庫に在庫がある場合は書店を通してご注文が可能です。創刊号は、特別価格190円(税込)です。第2号以降は通常価格999円(税込)です。お届け商品ごとの請求となります。
とのこと。
日本の貨幣コレクション:ホーム | アシェット・コレクションズ・ジャパン株式会社のサイトで 定期購読の申し込みが できます。
マガジン用、貨幣用バインダーは何回かに分けて、どれかの号と一緒に送られてくるそうですが、定期購読するとさらに特典があるそうです。
定期購読特典.png

8/30 (Wed) 創刊で、9/12(Tue)までの申し込みで、上記の定期購読特典が付くそうです。

ちなみに、定期購読の解約もサイトから簡単にできるようになってます。
  定期購読契約 解約申し込み 入力画面 | Hachette Collections Japan
のページの解約フォームで必要事項を入力すればOK。
この辺りがちゃんとしていると安心できますね。申し込みは楽だけど、解約はとても大変、なんてサービスも世の中にはありますから。

120号全部揃えようとすると、なかなかいいお値段になるのも確か。定期購読するとして、どこまで続けるかは興味と財布と相談しながら決めるのがいいかと思います。





nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント