So-net無料ブログ作成

「ジャコメッティ」展@国立新美術館 は12点の展示替えもあり、夏休みフェアも実施中 [広告] [美術 : 美術展、写真展紹介]

ScreenClip.png

★ 展示内容

WindamArtPRさんからの紹介による告知宣伝です。
国立新美術館 THE NATIONAL ART CENTER, TOKYOで開催中の「ジャコメッティ展」ですが、私はまだ見に行けていないんですよ。そうこうしているうちに、7/19に一部展示替えが12点が入れ替わっているそうです。あらら、私は何を見損ねたのだろうか。いや、新たな12点が観られるんだと、ここは前向きに考えておきましょう。

まだ観ていないという、私のような人に向け、簡単に内容を紹介。公式サイトの説明によると、
スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収したジャコメッティは、1935年から、モデルに向き合いつつ独自のスタイルの創出へと歩み出しました。
ジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918-1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。
本展覧会には、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎつつ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、132点が出品される予定です。
とのこと。
あの、ひょろひょろっとしたボディの彫刻は、見ると忘れられないフォルムですよね。サルトルはあのフォルムを称して、現代の人間の実存だと言ったとか。我々はあんなにもか細く、弱々しい存在なのかな。でも、それでいて文字通り“芯が通っている”存在なのかも知れません。

● 夏休みフェア実施中

7/21(Fri)から、ジャコメッティ展の図録を含むグッズ3,000円以上(税込)お買い上げの方に、B3ポスター(非売品)をプレゼントするフェアを開催中。ポスターがなくなり次第終了とのこと。欲しい人は急ぐべし。
ちなみにグッズとしては、
  • 展覧会図録 2,800円(税込)
  • Tシャツ 2,900円(税込)
  • トートバッグ 1,900円(税込) or 2,200円(税込)
  • かりんとう(なんで???) 700円(税込)
  • ブックマーカー 280円(税込)
  • 缶バッチ 250円(税込)
などがあります。とりあえず(?)、図録に缶バッチをつければポスターがもらえるという訳ですな。

★ 美術展情報

「ジャコメッティ」展は下記の通り、開催中。





nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0