So-net無料ブログ作成

オンライン英会話のレアジョブ(Rarejob) :Evernoteで英単語帳作成して、無理なく暗記 [Rarejob英会話]

a0001_007819_m.jpg

オンライン英会話レアジョブさんの英会話講座を、モニター終了後も自費で続けています。

まとめページ(目次・インデックス)はこちら。
     オンライン英会話のレアジョブ(Rarejob) にチャレンジ : まとめページ

★ オンライン英会話のレアジョブとは:おさらい

最近、なぜかフランス語(ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語、始めました)や中国語(中国語も、ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンで始めちゃいました)の勉強も始めてしまったのですが、並行して英会話も続けています。気が付けばレッスン回数も1000回を超えていました。


さて、久しぶりのレアジョブ(Rarejob)の話なので、簡単におさらいを。
オンライン英会話のレアジョブは、Skypeを使って、海外(フィリピン)にいる講師とワン・ツー・ワンで英会話の授業が受けられるサービスです。「Skype英会話」、「ネット英会話」などとも呼ばれているます。
一回25分のレッスンを自分の"やる気"や都合に応じて受講できます。また、テキストもWeb経由で提供されるので、基本的にSkype以外に準備の必要がありません。
なんといっても、これまでの英会話教室とは段違いの低価格さが魅力でしょう。まずは誰でも無料で二回の体験レッスンが受けられるので、試してみたらいかがでしょうか。

無料体験50%増し(通常2回のところ、3回受講できます)や、初月無料などのキャンペーンをやっていることもあるので、詳しくは下のバナーでから飛んだ先のページを参照願います。


英会話初心者の人も、海外旅行に行くので最低限の会話力を身につけたいという人も、ビジネスで使うのでガッツリやりたいという人も、それぞれに合ったコース・教材が用意されています。
私も“中級”の文法や会話、TOEICコースを終えてます。その後は「Daily News Article」(ネット上のニュース記事をちょっとやさしくしたもの)を利用しています。 「Daily News Article」は毎日、新しいニュース記事が使われるので、飽きることなく続けられますよ。

★ Daily News Article を使ったレッスン

「Daily News Article」の構成はこんな感じ。
World’s Largest Aircraft Unveiled   英会話ニュース教材 Daily News Article.png


テーマは様々。スポーツや芸能、健康や教育、テクノロジー等など。レベルも、中級だとちょっと感嘆かなというものから、サラッと読んだだけではあれ?何を言っているんだ??っとなるものまで色々。
講師によって多少の進め方の違いはありますが、基本は
  1. タイトル確認(と肩慣らしの会話)
  2. 今日の単語・イディオム(Unlocking Word Meanings)の確認
  3. 本文確認と、内容理解確認の質問
  4. 討議ネタに沿って会話
という流れです。
サイトには、「分からない単語は事前に調べておこう」と、予習することを推奨しています。が、自分のレベルに合わせて対応するのがいいかなと思います。自信のある人は、予習をせずにその場でパッと理解できるような“瞬発力”の訓練にしてもいいでしょうし、きっちりと予習しておいて分からない・難しいと思った点を重点的に質問してもいいかも知れません。

私は予習をしておく派です。まずは本文を読んで“瞬発力”の訓練をし、その後に単語やイディオムを辞書で調べてノートに取ります(ここで EVERNOTE を使っています)。レッスンの際は、発音チェックや質疑応答・ディスカッションでの間違い指摘などを重点的にしてもらうようにしてます。
未だに“R”と“L”の発音が変だったり、文章で人称が合っていなかったり、冠詞を忘れたりしちゃってます。なかなか進歩しないものですねぇ。。。

★ Evernoteで英単語帳作成

さて、単語やイディオムですが、真面目にやるならば「今日の単語・イディオム」で出てきた奴をその日のうちに頭に刷り込む、と言うことをすべきなのでしょう。でも、そこまで頑張ってはいません。
今、やっているのは、「今日の単語・イディオム」に出てきた単語を EVERNOTE に一語一ノートとして登録し、オンラインの英英辞典・英和辞典を利用して、意味を併せて取っておいています(該当箇所をコピー)。手で転記すればかなりの勉強になるんでしょうけど、さすがにそこまではやっていません。大学入試の時にはしていたかも知れないけど。

私がお世話になっているオンライン辞書はです。

これがそのノートの例。
aggravate   Evernote Web.png

ポイントは、同じ単語・イディオムが出てきたら、新たなノートを作らず、文頭に例文を追記するだけ。
これが意外にいい効果を生んでいると思います。初めて出てきたときには無理して覚えることはしないのですが、二度・三度と同じ単語が出てきたら、さすがにこれはよく使うんだなと覚えるようにします。と言うか、何度も出てくるので自然と覚える感じかも。
例えば、健康問題のニュースで良く出てくるので覚えちゃったのがdiabetes(糖尿病)やdementia(痴呆)、ライフスタイルなどの話でちょこちょこ出てきた、建物の階層という意味でのstory(「お話」ではありません)などなど。確かに、普段、新聞やテレビなどで良く見聞きする単語です。でも、英語でなんと言うかしらないことが多いんですよね。そんな単語も、ニュースを題材にしているからこそ何度も出てくるので、自然と覚えてしまうと言う訳。

これ、初出じゃないの?と思って EVERNOTE で検索すると、ちゃんと登録されていた(何度目かの登場だった)のが分かり、ちょっと悔しい気分に。そういう時って、これは覚えねばという気にもなります。

ということで、役に立つか分からないけど、最近の活動報告と共に、私の勉強法を載せてみました。みなさんも自分なりの方法で頑張って勉強してみてくださいな。
学生さんはもうすぐ夏休みだし、新たな挑戦をしてみるのもいいのではないかなと思います。


あと、ソースネクストだと EVERNOTEの三年分契約がお安くできるので、こちらもおすすめです。
EVERNOTE




nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 11

コメント 2

JUNKO

日本語でさえどんどん忘れている毎日、新しい情報は入りません。
by JUNKO (2017-07-19 19:38) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
確かに、受験生の頃のような詰め込みはもう無理ですね。あの頃、もっと詰め込んでおけば良かった。
by ぶんじん (2017-07-19 21:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0