So-net無料ブログ作成
検索選択

「おくのほそ道(全) (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス) 」 旅に出たくなるなぁ [読書 : 読んだ本の紹介]

おくのほそ道.png

★あらすじ

時は永遠の旅人であり、月も日も始まりと終わりを繰り返しながら歩み続ける。私も人生は旅だと自覚している。
白河の関を越え、みちのくへと旅だった。仲間が千住まで見送りに来てくれたが、別れを惜しんで涙を流した。
 行く春や鳥啼き魚の目は涙
これを旅の句の最初として出発した。

未だ心が落ち着かずに日数ばかりたつうちに白河の関(福島県)に入ったが、ここでやっと心が決まった。昔、平兼盛や能因法師、源頼政の歌に出てくる白河の関だ。今の時期、卯の花や白い茨の花が咲いていて、雪に包まれた関を越えるような気分になっている。

奥州藤原氏三代に渡って築いた栄華も儚く消えた。平泉にあった秀衡の館は今は田野に変わってしまっている。笠を敷いて腰を下ろし、悲劇を懐古しながら涙に暮れた。
 夏草や兵どもが夢の跡
 卯の花に兼房見ゆる白毛かな 曾良

最上川は山が覆い被さるように迫り、樹木の生い茂る中を船が下っていく。川の水は満々とみなぎり流れ、船を下すのが危険なほど速い。
 五月雨をあつめて早し最上川

★基本データ&目次

作者角川書店 (著, 編集)
発行元KADOKAWA / 角川学芸出版
発行年2011

  • はじめに
  • 本文
  • 解説
  • 附録
  • コラム

★ 感想

本書の各章の構成は、
  • 訳文:他書だと注釈に回されるような、人名・地名・引用された和歌の表現などの説明を、余り違和感なく織り込んだ“訳文”になっていて、とても読み易い。
  • 原文:現代かなに直した原文。本来の文章の持つ語感や調子を知ることができる。
  • 解説:本文では書ききれなかった語句の解説や、芭蕉や曾良の句、関連する和歌の説明が為されている。
という調子。本文と注釈とを行ったり来たりする必要がないので、とても読み易い構成になっています。これはGood!
例えば、原文では
十一日、瑞巌寺に詣づ。当寺三十二世の昔、真壁の平四郎、出家して入唐、帰朝の後開山す。
となっているところを、
五月十一日(陽暦録画国十七日)、伊達家菩提寺の瑞巌寺(臨済宗)に参拝した。この寺は、創建から三十二代目の昔に、法身こと俗名真壁平四郎が、出家して中国に渡り、帰国後に開いたものである。
という感じに“訳して”います。
逆に、当時の人々はこんな解説がなくて理解できたんですかね。だとすると、古典に対するかなりの知識がないと無理でしょう。かなりのインテリ向けの書物だったんでしょう。

そんな「おくのほそ道」、冒頭の「月日は百代の過客にして行き交う人もまた旅人なり」は知っていたものの、ちゃんと読んだのは初めて。これまた私にとって「題名は知っているけど、読んだことない」シリーズの一冊でした。
いやぁ、俳句っていいもんですね。月やら山やら花やらの実際に目に映る景色と、悲しいだの寂しいだの切ないだのの心象とが、あの短い言葉の中に折り重なって語られているのですから。良くできたものです。自然と自己との一体感というか、連結というか、そんな感じ。
そして、俳句をそこまで昇華させたのが芭蕉さんだったと改めて知りました。それまで、和歌をリスペクトした、いや、パロディにした滑稽さ、奇抜さが俳句のトレンドだったのを、一気に芸術の高見へと持ち上げたのですから。
そんなことが可能だったのは、芭蕉さんの才能は元より、実際に自分の脚で旅をして周り、目で見て、耳で聴いて、自然を、景色を自分のものにしていったからなのでしょう。そしてその過程がこの「おくのほそ道」に記されているのだなと、勝手に納得。

「題名は・・・」の“シリーズ”、なんでもっと早く読まなかったのだろうかと思うことしばしば。今回もまさにそれです。
ということで、おすすめの一冊。

うむ、旅に出たくなったなぁ。。。

電子版
Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する



文庫版
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する



書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。