So-net無料ブログ作成
検索選択

中国語も、ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンで始めちゃいました [語学]

単語.png


★ ロゼッタストーンとは (再び)

ソースネクストさんからライセンスを提供していただき、語学学習ソフト ロゼッタストーンの中国語も始めちゃいました。
ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語、始めました」の記事を書いたばかりなんですが、実は中国語も一緒に始めてたんです。ロゼッタストーンの中では、英語に続いて人気の言語がこの二つらしいですよ。まあ、人気にあやかろうって訳ではないですけどね。あ、フランス語よりドイツ語の方が上だったかな?

以下、ロゼッタストーンのことをちょっとだけ復習。
米国 Rosetta Stone 社が開発した語学学習ソフトがロゼッタストーン独自メソッドのTOTALe Basicを活用。子供が言葉を覚えていくように、単語⇒フレーズ⇒文章⇒会話と自然に学んでいけるメソッドとなっていて、それでいてしっかりと会話、ライティング、文法も学べるようになっています。全くの初学者、未知の言語でも大丈夫。
また、発音の波形比較による発音判定技術によって、独習ながら自分の発音をチェックし、正しく矯正できるようになっているのも特徴です。

そんなロゼッタストーンは、日本ではソースネクストが販売を行うようになり、現在、下記の24カ国語がラインナップされています。
英語(アメリカ), 英語(イギリス), 中国語(マンダリン), ドイツ語, フランス語, イタリア語, ベトナム語, 韓国語, スペイン語(スペイン), スペイン語(ラテンアメリカ), アラビア語, ロシア語, ヒンディー語, フィリピン語(タガログ語), トルコ語, スウェーデン語, 日本語, ポーランド語, ポルトガル語(ブラジル), ヘブライ語, ギリシャ語, オランダ語, アイルランド語, ペルシア語(ファルシ語)
さらには、販売開始を記念して、30万本まで4,980円(税抜き)で提供中。定価が27,593円ですから、かなりお安くなってます。

どれも、「日常会話ができるようになる」のがゴール。120-200時間分のコンテンツボリュームとなっています。
PC二台までインストール可能で、五人分の“学習者”を登録でき、それぞれに学習履歴を残すことができます。

ということで、復習終了。
さて、上の言語のリストでは「中国語(マンダリン)」とあります。マンダリンとは、中国の公用語・標準語のことです。なんでもその昔、北京の官吏の間で使われていた言葉を、欧米人が「官吏(マンダリン)の言葉」と呼ぶようになったのが名前の由来だとか。世界で十数億人が喋る言葉です。日本語なんて、一億人強しか使っていないのだから、そのパワーの差はかなりなものですね・・・。

★ 言語の切り替え

ソフトのインストール・設定はどの言語でも同じなので割愛。「ソースネクストの語学学習ソフト ロゼッタストーンでフランス語、始めました」を見てください。

さて、二カ国語以上をインストールしても、ロゼッタストーンのアイコンは一つだけ。いつもそこから起動します。中国語だとこんな画面が最初に出てきます。まあ、フランス語でも一緒です。
中国語メイン画面.jpg

で、上のスクリーンショットに注釈を入れてある通り、上の方にある言語の名前(コース名)の横にあるボタンを押すと、言語セットを切り替えることができます。これをポチッとすると、こんな画面が出てきます。
言語の選択.jpg

今は二カ国分なので二つだけですが、もちろん、他にも追加していけばこのリストに挙がってきます。
この画面で言語を選択すると、その言語のメイン画面(コース進捗画面)に移ります。

独自メソッドのTOTALe Basicは中国語でも一緒。例によって、日本語は一切出てきません。
ちなみに、使われている写真はフランス語と中国語で同じものが多いかも。まとめて何カ国語かやるときには親しみやすくていいかも?!
写真は共通.png

★ 中国語レッスン、始めてます

本来、中国語は漢字(中国だと、日本の漢字より木簡略化された簡体字)表記が基本です。でも、日本語のローマ字表記と同じような使われ方で「拼音(ピンイン)」というものがあります。発音表記でもありますし、パソコンやスマートフォンでの“日本語のローマ字入力”と同様の、ピンイン入力(そして簡体字への変換)のための体系にもなっています。漢字に馴染みのない欧米人は元より、我々日本人にとっても、発音を理解するのに分かり易い・馴染み易い表記と言えましょう。
ロゼッタストーンでは、中国語の表記を三種類、切り替えることができます。このピンインだけの場合、簡体字だけの場合、簡体字にピンインのふりがなを振ったものです。画面下の切り替えボタンで、いつでも切り替えられます。
表示切り替え.jpg

ピンイン+簡体字からピンインだけに切り替えるとこんな感じ。
ピンイン.jpg


ぱっと見て意味が理解しやすいのは簡体字。形状はだいぶ異なるものの、そこは漢字の一種。我々日本人には馴染みがありますから。
ただ、発音はピンインの方が分かり易い。というよりは、簡体字だけだと知らないと全く分かりません。
ということで、一番イージーかも知れないけど、私は両方並記のこのモードで取りあえず勉強を始めています。慣れたら簡体字だけにしようかな。
簡体字.jpg


ただ、ライティングの時は、ピンイン入力方式になります。キーボードで入力するにはこれでしょう。母音は、四声の発音記号(右側に配置されているキー群)を選んでからアルファベットキーを打つ形で入力します。
キー入力.png


さて、そんなこんなで始めた中国語ですが、なかなか手強いですな。簡体字ならば意味がなんとなく分かる、と上では書いたものの、全てがそうとは限りません。サンドイッチはたぶん、日本語のカタカナ語のように、音から入ったのでしょう。なので「三明治」となってます。こりゃ分からん!
あと、ものの数え方も日本語と同じような違うような。一人二人、一匹二匹、一個二個のあれです。中国語でもものによって数え方が異なっています。概念的には馴染みのある話ですが、パターンを覚えるのが大変。犬や猫、馬、自動車、そして人なんかが出てくるんですが、みんな異なってます。こりゃ、慣れるしかないですね。
あと、当然ながら(?)発音も苦戦中。四声(上がったり下がったりの発音(イントネーション?))の違いはやっぱり分かりにくい。

ですが、ぼちぼち頑張ってます。こちらも少し進歩したらまた報告します。


購入はこちらからどうぞ。少なくとも今日(2017/07/12)はまだ4,980円でしたよ。いつ、三十万本行くのだろうか。
ロゼッタストーン



ソースネクスト













nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 10

コメント 2

JUNKO

何か国語目の挑戦委なるのでしょう。確かフランス語も始められていましたよね。
by JUNKO (2017-07-13 11:21) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
たまたま、モニターの時期が重なってしまって・・・。でも、交互にやると飽きなくて良さそうです。
by ぶんじん (2017-07-13 15:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。