So-net無料ブログ作成

α6000とぶらぶら 久しぶりに、旧朝倉家住宅にお邪魔 座敷を吹き抜ける風が爽やかでした [散歩写真]

DSC03465.jpg


小型デジタル一眼カメラ“α6000”を持ってブラブラ散歩写真。

★ 旧朝倉家住宅とは

旧朝倉家住宅は、渋谷区猿楽町にある、重要文化財に指定されている歴史的建造物です。代官山の駅からだと歩いて五分程度でしょうか。建物と庭園が一般公開され、大人100円で見学することができます。

説明書きによると旧朝倉家住宅は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって建てられた私邸。彼(の家)は大地主で、さらには精米業で財を成したとのこと。大正時代に建てられたこの建物は、その後の関東大震災や戦災でも軽微の被害で済み、ほぼ当時のままの姿で残っている貴重なもの。
戦後になって売却され、旧経済企画庁の渋谷会議所として使われていたが、現在は文部科学省(文化庁)の所有となり、管理は渋谷区が行っているそうです。

★ お屋敷内部

玄関で靴を脱ぎ、見学開始。順路が指定されているので、その通りに回りましょう。

一階玄関そばにあるのは応接間。床の間がしつらえてあって、いかにもという感じ。戦前、当主の朝倉虎治郎氏はここで要人を出迎えたのでしょう。
DSC03416.jpg


応接間の跡、順路は二階へ。ギシギシと音のする階段は、子供の頃の家を思い出させてくれます。我が家の階段はもっと暗くて、おっかない感じでしたが。
DSC03419.jpg


格子天井に五玉のライト。渋い。
DSC03425.jpg


所々にこんなランプもしつらえてあって、暗がりのない、明るい室内だったのだろうと思わせます。
DSC03427.jpg


いい具合に使い込まれた感じ。
DSC03432.jpg


中庭。陽射しを隅々まで通すと共に、風通しも良くしていて、汗ばむような陽気でしたがいい風が室内にも吹いてました。
DSC03435.jpg


板目も自体も美しい。
DSC03440.jpg


ちょっと変わった床の間。床は一枚板ですね。なかなか面白い造りになってます。
DSC03444.jpg


渋い!渋すぎる!!こういうの、好きです。
DSC03450.jpg

★ 庭園

旧朝倉家住宅では庭園を巡ることもできます。周りはマンションやら大使館やらが建て込んでいるんですが、この空間だけは往時を感じさせてくれる静かな時が流れています。

庭へと続く門。周りには紅葉が植わっていて、秋には華やかな装いとなるのでしょう。
DSC03458.jpg


檜皮葺きってやつかな。手入れが大変そう。でも、徐々に朽ちていくのもまた一興。この雰囲気、惹かれます。
DSC03463.jpg


新緑の季節は庭中が鮮やかな緑に覆われています。
DSC03462.jpg


これだけのお屋敷を建てた朝倉家、土蔵も立派です。
DSC03470.jpg


久しぶりに来ました、いいところですね。吹く風も気持ちよかった。ふらっとまた来ようっと。

ソニーストア





nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 2

JUNKO

静かに見学ができるようでいいですね。
by JUNKO (2017-06-11 16:46) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
そのはずだったんですが、元気なマダムのみなさんがいらっしゃいまして。。。(笑)
普段はとても静かなところなんですけど。
by ぶんじん (2017-06-11 17:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0