So-net無料ブログ作成
検索選択

「名刀礼賛 もののふ達の美学」展 @泉屋博古館分館 武士達のコレクションアイテムだね、刀装具は [美術 : 美術展、写真展紹介]

IMG_20170531_184749.jpg

★ 展示内容

住友コレクション 泉屋博古館分館(六本木)で開催中の「黒川古文化研究所+泉屋博古館連携企画特別展 名刀礼賛 もののふ達の美学」展ブロガー内覧会に参加してきました。
例によって、特別な許可をいただいて写真撮影させていただきました。

黒川古文化研究所は、兵庫県の西宮にある美術館&研究機関です。証券業で財を成した黒川家のコレクションを中心に展示・研究を行っているそうで、特に刀剣・刀装具(とうそうぐ)は国宝・重要文化財も多数収蔵。
そんな逸品ぞろいの中から今回、三十振り余りの刀剣が初めてまとまって東京で展示されたのです。そして、そこに住友コレクションが加わり、今回の企画展となっています。

展示の構成は以下の通り。
  • 刀剣
    • 中世京都の刀工
    • 備前刀
    • 刀剣目利きの本阿弥家と名物刀剣
    • 刀剣の伝来と付属資料
    • 新刀
  • 拵えと鐔・刀装具
    • 家彫 ―御用彫物師・後藤家―
    • 町彫の祖・横谷宗珉と江戸の彫物師
    • 生写・一宮長常と京の彫物師
  • 絵画 ―武士が描いた絵画

中世の京都は、台頭した武士達が闊歩する都となった。そのため、刀の需要も高く、供給者(刀工たち)もこの街に集まっていた。
彼らの造る刀・太刀は細身で腰ぞり(グリップの部分で急にそりが強くなるもの)、波紋(刀身の波形紋様)も穏やかなものが多く、優美さを感じる。
IMG_20170531_181917.jpg


戦乱の世になっていき、刀の需要が高くなっていくと、京都の街では手狭になり、各地で刀の生産が盛んになっていく。そんな中で一大産地となったのが備前。
丁字乱れの波紋と呼ばれる、波形が荒々しく変化する波紋が特徴の一つで、はばき(グリップ(柄)に刀身をはめて固定するための金具)に彫刻を施したりして装飾性も高くなっている。
IMG_20170531_182754.jpg

IMG_20170531_182947.jpg


装飾性が高くなっていくと、刀は単に武器であるばかりではなく、装飾品であり、贈答品としてもよく使われるようになる。武士同士が贈り物(主人が家来に授けたり、その返礼だったり)として使うようになると、それがどれほどの価値のある品なのかが重要になる。そう、お返しとしていくらくらいのものを贈ればいいのか見極めねばならないのだから。これは、現代で言えばお中元・お歳暮が送られてきた時と同じような感覚なのだろう。
そこで珍重されるようになるのが鑑定士による鑑定と、そのお墨付きとしての鑑定書。中でも本阿弥家は鑑定士としてメジャーとなり、彼らの発行する鑑定書(「折り紙」と呼ばれた)や、カタログ(留帳)は権威あるものとなっていった。「折り紙付き」というフレーズはここから生まれたそうだ。
IMG_20170531_185053.jpg


刀装具も華やかなものとなっていく。戦国時代では、朱塗りだったり、螺鈿だったりの華美な鞘が流行っていたそうだ。
IMG_20170531_184041.jpg


だが、江戸時代になると華美な鞘は禁止となる。質素倹約が励行されたからだろう。それでも好き者達はあれやこれやで刀を飾り立てる。鐔(つば)や目抜き(柄に刀身を留めるピン)、笄(こうがい:鐔を留めるピン)など、小物類をこっそりと(?)飾り立てるのだ。小さなその部品に細工を施していく。
IMG_20170531_184520.jpg


たかが刀の鐔と侮るなかれ。中には重要文化財に指定されているものもあるのでした。
IMG_20170531_184542.jpg

★ 感想

今年の初め、静嘉堂文庫美術館でも日本刀の企画展が開催された(「静嘉堂文庫美術館 『「超・日本刀入門」~名刀でわかる・名刀で知る~』展 鑑賞ポイントから学べます」を見てください)が、日本刀ブームが来ているのでしょうか?!お蔭で、そんなに詳しくなかった私も、少しずつですが日本刀の知識が増えてきました。太刀と刀の違いなんてのも覚えましたしね。あと、刀身の波紋の“鑑賞ポイント”もぼちぼち。知らないで観ると、それぞれの違いに全く気が付かないんですよ。それが、紋様にも色んなパターンがあると知ってから観ると、その違いが分かってくる。いやぁ、面白いものです。「認識なき直感は無意味である」と言うことでしょう。

自分が普段身につけているものにデザイン性を求め、美しさや精巧さを持たせて自慢する。いや、たしなみ深い武士たちは、あからさまな自慢はせずに、一人悦に入っている感じなのでしょうか。それは現代人のお洒落でも同じ間隔。ブランドものが好かれたり、奇抜なデザインが流行ってみたり。元々は人を殺めるための武器ではあるのだけれど、そんなことを忘れて工芸品として見入ってしまいます。なるほど、日本刀って美しいものですね。

とは言え、何度も研がれたのか、かなり細身になっている刀身も展示されていて、これはかなりの回数を“実戦”で使用されたのだろうなと思い起こさせてくれるものもあったり。ふとそれに気づいて、ドキッとしてしまいます。


刀装具、本当に小さくて、細工が細かい。じっくりと目を凝らして観賞してください。武士たちの粋と、職人の技を感じさせてくれます。
でも、なんでこの刀の鐔が重要文化財で、こっちは違うのか、まだまだ違いが分からないのでありました。うむ、奥が深い世界です。

ということで、黒川古文化研究所のお宝、一見の価値ありです。

★ 美術展情報

「名刀礼賛 もののふ達の美学」展は下記の通り、開催中。

刀装具はかなり小さなものですし、そこに細かな細工が施されています。なので、単眼鏡の貸し出しもしてくれるそうです。これ、いいですね。私もマイ単眼鏡を持っているんですが、いざという時に忘れてしまうことが多く、その場で貸し出してもらえるとグッド。
IMG_20170531_184016.jpg






nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。