So-net無料ブログ作成
検索選択

Bitdefender BOX を自宅に設置。 我が家のネット環境を丸ごと守ります [ガジェット : 面白いもの色々]

IMG_20170318_093000.jpg

Bitdefender社からBitdefender BOXを提供していただき、試用しています。

★ Bitdefender BOXとは

Bitdefender BOX はIoT時代の家庭内LANをネットワークごと守る必須アイテムだ」の記事に書いた通り、先日、ルーマニアのセキュリティソフト会社のBitdefender社から、新製品のBitdefender BOXの話を聞いてきました。
簡単におさらい。Bitdefender社は2001年の設立以来、セキュリティソフトの分野で世界中に五億台の導入実績を持つ企業。今回の新商品であるBitdefender BOXは、家庭のネットワーク(LAN)を丸ごと守ろうというもの。これまでがパソコンやスマホ一台ずつにソフトをインストールしていたのと違い、ネットワーク(ルーター)に直接繋げて使います。これによって、これまではウィルス対策ソフトを(ユーザーが)インストールすることができなかった各種IoT製品(プリンター、冷蔵庫、監視カメラ、コーヒーメーカー、そしてバービー人形!)も保護することができるのです。

★ 開梱の儀

ということで、自宅のLAN環境にBitdefender BOXをつなげてみました。
まずは箱の中身をチェック。
入っているドキュメントは三種類。サービス&製品登録のためのオンラインコード付き手順説明書き(紙一枚)、簡単なマニュアル(クイック・スタート・ガイド)、そしてハードの保証書です。
IMG_20170318_093358.jpg


本体と、電源用のケーブル(USBケーブル)、ACDC電源です。
IMG_20170318_093427.jpg


電源はこんな感じ。
IMG_20170318_093532.jpg


本体はいたってシンプル。端子はこれだけ。左から電源用USB端子(上記のケーブルを繋いでください)、LAN側端子、インターネット側端子、リセットボタン。
IMG_20170318_093626.jpg


一番重要なのはこれ! 本体などが入っている黒い部分の裏に、実はネットワークケーブルが同梱されているのです。これ、気が付かずに捨てちゃう人、いるんじゃないかな?気をつけてくださいませ。
IMG_20170318_093827.jpg

★ LANに繋げる

箱を開けて中身を取り出したら、いよいよはLANへ接続です。

● ハードの接続


我が家のネットワークは、【So-net 光 コラボレーション】を使ってます。マンションなので、光ケーブルが繋がっているのは建物の一階まで。そこからは電話線を利用してのADSL接続。そのためのモデムが部屋にあります。そこにWi-Fiルーターを繋げ、あとはパソコンやらネット対応のプリンターやら、最近だと「話題のSpotifyをボタン一発で聞き始められる Bose SoundTouch 10がいい具合」の記事で紹介したBose SoundTouch 10 wireless music systemなどがWi-Fiで繋がってます。

このパターンの場合、Bitdefender社から、新製品のBitdefender BOXはWi-Fiルーターにぶら下げる形で接続します。BOX側は“LAN接続”側の端子に繋げます。間違えて“WAN側端子”に繋げないように注意しましょう。
これによって、Wi-Fiルーターに繋がっている他のデバイス保護が可能になるのです。
Bitdefender BOX.png


Bitdefender社から、新製品のBitdefender BOX自体がWi-Fiルーターの機能を持っているので、その機能を使うことももちろん可能。その場合はWi-Fiルーターを取り替える形になりますね。

● 製品登録

ハードの接続が済んだら、今度は製品登録です。最初、ちょっと迷ってしまったのですが、手続きは二段階になっています。最初が、日本でBitdefender BOXの販売・サービス・サポートをしているBBソフトサービス株式会社への登録になります。
その次に、Bitdefender社に製品登録する形。

まずは、同梱されていた「ご利用前の大事なお知らせ “アクティベーションコード”の取得について」の紙を用意してください。この指示に従って行います。
載っているサイトに接続すると、会員登録のページが出てきます。ここで必要事項を記入し、登録してください。
Screenshot_20170318-094508.jpg


記入するのはメールアドレスやらパスワードやら氏名やら。
Screenshot_20170318-094540.jpg


会員登録が終わると、製品の登録画面に進みます。ここで、紙に書かれている“オンライン登録コード”を入力してください。登録が済むと、“アクティベーションコード”が発行されます。
この先はBitdefender社のアプリをダウンロードし、それを使っての登録になります。発行された“アクティベーションコード”もその時に入力します。
Screenshot_20170318-094918-Edit.jpg


Bitdefender社のアプリが、スクリーンショット禁止になっていたので、ここからは画面のイメージなし。
アプリをインストールしたスマートフォンを、Bitdefender BOXが繋がっているLANにWi-Fiで接続します。ここでアプリを立ち上げると、Bitdefender BOXを探しに行きます。ネットワークの接続に問題がなければ、すぐに“発見”してくれますよ。

あとはアプリの指示通りに進んでください。途中、“アクティベーションコード”の入力を求められるので、先ほど発行されたものを入力してください。

さて、これで完成。我が家の環境の場合、意外と簡単でした。面倒なのは、登録が二段階になっていると言うことくらいかな。とは言え、最初の一回だけですから、それほど苦になるものでもありません。

さて、繋げたからと言っていきなり見える形で違いが出る訳ではないですが、ちゃんと働いてくれているはず。我が家のネットワークもこれでIoT時代の準備が完了したと言えましょう?!

しばらく使ってみて、その様子をまた報告します。


Bitdefender BOXはAmazonで購入できます。





nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0