So-net無料ブログ作成
検索選択

「宣教師ザビエルと被差別民」 宣教の歴史から見えてくる日本中世・近世の被差別民の姿 [読書 : 読んだ本の紹介]

DSC_0077.jpg

★あらすじ

イエズス会を立ち上げたフランシスコ・デ・ザビエルとイグナティウス・デ・ロヨラは共に(スペインの)バスク地方の出身。バスク地方は、古くはローマ人・西ゴート族、フランク王国、そしてイスラム勢力からの侵攻を受け続け、それでも独立を保ち、ナバラ王国を築き上げた。だが、スペインに併合されてしまう。ザビエルの兄たちは、ナバラ王国再興のためにスペインと戦い、一時期、国を追われてしまう。
キリスト教世界も宗教改革の激動の時代となっていた。しかし、ザビエル達はカトリックに留まりながら、この時代をいかに生きるべきかを求め、イエズス会を結成したのだ。布教活動と社会奉仕活動とが一体となった活動方針がその特徴だ。かくして彼らは、神の福音を広めるため、「地の果て」まで進んで行ったのだ。

インドのゴアや、マラッカなどに布教のためにやって来たザビエル。そこで、アンジローという日本人と出会う。アンジローは鹿児島生まれ。殺人事件を起こしてしまい、ポルトガル船に乗り込んで国外逃亡を図る。船長に気に入られた彼はポルトガル語もしゃべれるようになっていく。そんな時、ザビエルと出会った。片言のポルトガル語での会話だったが、日本の事情をアンジローからザビエルは得ることが出来た。そして、日本に渡って布教をすることを決意した。

ザビエルは、島津氏の治める鹿児島に上陸する。南蛮貿易での利益を期待した領主によって布教を認められ、ザビエルらは百人余りをキリスト教に転向させることが出来た。そこでも、ザビエルと共に日本に戻ったアンジローの功績は大きかったようだ。
そして、各地に布教拠点ができると、そこで重病人や「癩者」らの救済を始める。当時の日本で「癩者」は、穢れの概念による触穢思想から不浄視され、地域共同体からも排除されていたのだ。かつてイエスは、進んで貧しい窮民や罪人の家を訪れ、法で禁じられていた重病人や「癩者」の居住区に出入りして彼らの心身を癒やすことに努めた。ザビエルら宣教師達も同様の使命を感じていたのだろう。
かくして、老弱者・孤児・病人、漂白の遊芸民や賎民層からの入信者が少なくなかったのだった。

★基本データ&目次

作者沖浦和光
発行元筑摩書房(筑摩選書)
発行年2016
ISBN9784480016478

  • 第1章 “宗教改革”と“大航海時代”の申し子・ザビエル
  • 第2章 ザビエルを日本へと導いた出会い
  • 第3章 ゴアを訪れて
  • 第4章 ザビエルが訪れた香料列島
  • 第5章 戦国時代の世情と仏教
  • 第6章 ザビエルの上陸とキリスト教の広がり
  • 第7章 戦国期キリシタンの渡来と「救癩」運動
  • 第8章 オランダの台頭
  • 第9章 賎民制の推移
  • 第10章 「宗門人別改」制と「キリシタン類族改」制



★ 感想

映画「沈黙 Silence」(「沈黙 Silence」 原作をとても丁寧に映像化している。そして窪塚洋介は、日本のユダを見事に演じていた)を観たこともあって、ぴったりのタイミングで出たこの本。積ん読書庫に入れることなく、買ってすぐに読んだのでありました。

宣教師というと、自分のところの(国の・宗教の)価値観を他国に押しつけ、文化破壊をすると共に、植民地へと変えていく尖兵、というイメージが私にはありました。そのやり方は、文化的テロリストと呼んでも良いんじゃないかと思ってます。ザビエル自身も、異端者排斥は厳しく行ったようです。
とは言え、そんなことを差し引いても、貧民救済活動は確かに偉大な行為だったのでしょう。信者獲得のためとは言え、重病人の救済活動は楽ではなかったでしょうし、無理解から危険な目に遭うこともあったはず。宗教の持つ、社会へのプラスの面は否めません。もちろん、私は神も仏も信じていない(いらない)ですが。

ザビエルら宣教師達の活動を通し、当時の(いや、今も続く)社会問題(被差別民)を追っていくというアプローチが興味深かった。なぜ、彼らは差別されるようになったのかや、日本の宗教家達はこの問題に対してどのようなことをしたのか(もしくは、しなかったのか)が本書では語られていて、非常に面白かった。為政者達の歴史ばかりが語られるのが普通だが、このような形で民衆の、いやその民衆の枠からもはみ出す存在だった人たちの歴史を知ることができるのは意味深い。断片的ながら、ザビエル達の書簡や日記などから「アンジロー」なる人がいたんだということが知れたのだから。

映画『沈黙‐サイレンス‐』を観たり、原作「沈黙」を読んだりしたあとにこれを読むと、迫害を受けながらも信仰を捨てなかった彼らの理由(の一端)が分かるかも。おすすめの一冊です。
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する



書評・レビュー ブログランキングへ





nice!(20)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 20

コメント 2

TaekoLovesParis

アンジロー、キチジローと音も似てるから、2人はイメージが重なります。アンジローはきっと罪滅ぼしのために何でも一生懸命、ポルトガル語も早く習得できたんでしょうね。
「癩者」の救済は、自分の命と引き換えになるかもしれないので、布教のための情熱の大きさが伝わってきますね。面白そうな本です。
by TaekoLovesParis (2017-02-12 15:24) 

ぶんじん

TaekoLovesParisさんへ:
記録に残りにくい、“普通の人々”の歴史が語られていて、その点だけでも興味深いものでした。おすすめです。
by ぶんじん (2017-02-12 16:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0