So-net無料ブログ作成

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 (Fantastic Beasts and Where to Find Them) [映画の感想]

IMG_20161220_235804.jpg

★ あらすじ

主人公のニュート・スキャマンダーは、英国の名門魔法学校ホグワーツ(あの、ハリー・ポッターの母校)を卒業した魔法使い。ちょっと変わり者で、魔法動物の研究や調査にのめり込んでいる。彼は世界各地を歩き回り、魔法動物の生態調査をしたり、その保護をしていたのだ。しかも、何頭もの魔法動物を、彼のトランクの中で保護・飼育しているのだ。そんな彼が、調査の一環としてアメリカに渡ってくる。もちろん、愛用のトランクを携えて。

その頃のアメリカでは、魔法使いたちは人間界に紛れ込み、正体を隠して生活をしていた。だが、そんな生活から脱して、人間たちに自分たちの存在を知らしめようと目論む過激な魔法使いがいた。その魔法使いは、人間たちと戦争になることも辞さない“過激思想”の持ち主なのだ。

さて、ニューヨークにやって来たニュートだが、うっかりしてトランクから魔法動物たちを逃がしてしまう。ある魔法動物は、見た目はモグラか袋ネズミ。でも、そいつは光るもの、特に金貨や宝石を見るとすぐに盗んで、自分のお腹の袋に貯め込んでしまういたずら者だったのだ。そんな奴がニューヨークの銀行や宝石店でいたずらしまくったものだから街はたちまちパニックに。

さらには、そんな魔法動物とも違う、そして魔法使いの魔法とも異なった“何者か”が街で暴れ回り、家を壊し、未知を穴だらけにする騒動が頻発するようになる。人間たちは何事かと驚き、おびえ、魔法使いたちとの軋轢が強くなってしまう。

ニュートは、魔法省に務める姉妹や、偶然知り合いとなった人間と共に、逃げ出した魔法動物を探しているうちに、魔法使い対人間の争いにも巻き込まれていってしまうのだった。

★ キャスト&スタッフ

  • 出演 : エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル、サマンサ・モートン、エズラ・ミラー、他
  • 監督 : デイビッド・イェーツ
  • 脚本 : J.K. ローリング

★ 感想

ハリー・ポッターもロンも、ハーマイオニーも出てこない。しかも舞台はアメリカのニューヨーク。でも、世界観は確かにハリー・ポッターのそれそのものだった。「ホビットの冒険」を描いたJ.R.R.トールキンもそうだが、一つの世界を創造して、神話体系のようなものにまで堅固に構築していると(トールキン自身が、「神話を造りたかった」と言っていたそうだが)、こんな風にいくらでも派生作品・スピンアウト作品ができそう。ファンとしては喜ばしい限り。

確か、ハリー・ポッターがホグワーツ魔法魔術学校で使った教科書の一冊が、今回の「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の主人公のニュート・スキャマンダーが執筆したもの、という設定だったと思います。ハリーたちが魔法動物について、その教科書で学んだ訳ですね。そんな感じで“一つの世界”として繋がっているんです。ハリー・ポッターのシリーズを読んだ読者・映画を観た者としては、楽しくて仕方ない仕掛けです。

そんなハリー・ポッターのシリーズ、後半は宿敵ヴォルデモートとの戦いが話の中心になっていったので、どうしても暗い感じになってきてました。誰かが死んでしまったり、ホグワーツ城が壊されたり。今回の作品も、もちろんそんなダークな雰囲気も持っているのですが(それも魅力ですからね、このシリーズの)、だいぶ明るい感じになっていました。コメディ風な場面も多いし、なにより魔法動物たちが可愛らしい。シリーズとしては、ダークなイメージを一旦リセットした感じになっているのでしょう。

また、時代設定としてはハリー・ポッター達よりも過去の話ということで、直接的な関係はありません。なので、ハリー・ポッターのオリジナルシリーズを知らない、読んだことない、観たことないという人も素直に楽しめ、この世界に入っていけるようになってます。

ということで、またまたあの世界に帰ってくることができた感じ。おすすめです。

★ 公開情報


★ 原作本(脚本)


Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する


主人公のNewt Scamanderが書いたとされる本はこちら。
Amazon.co.jpで購入する
楽天Kobo電子書籍ストアで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する



映画(全般) ブログランキングへ

今ならHuluでハリー・ポッターのシリーズを全作観られます。吹き替え版ですが。





nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0