So-net無料ブログ作成

ソースネクスト 「筆王」 は、写真好きな人にぴったりの年賀状作成ソフト [PR] [ガジェット : 面白いもの色々]

HomePage.jpg


★ 筆王とは

リンクシェア・ジャパンのイベントに参加し、ソースネクストさんから年賀状作成ソフト「筆王Ver.21」の試用ライセンスをいただき、試してみました。

ボチボチ年賀状の季節ですね。と言いつつ、私は毎年、大晦日にやっとポストに投函する感じなのですが。。。そうならないためにも、今から準備しておきましょう。
年賀状は手書きに限る!という方もいらっしゃるでしょうが、撮った写真を使って一年の流れを紹介したりするにも、宛先の管理をするにも、やっぱり年賀状作成ソフトは便利。私も、マイクロソフト(日本だけだったのかな)が作成・販売していた奴を使っていたのですが、それがなくなってしまい、そのあとはふらふら。ここ四、五年は「筆まめ」に落ち着いているかな。

さて、そんな状態ですが、せっかく手に入れた「筆王Ver.21」なので、中身を確認してみました。

筆王Ver.21は、箱入りでお店でもネットショップでも売っていますし、ダウンロード版もあります。
公式サイトによると、特徴としては
  • 簡単 : 映像と音声で年賀状作成の一通り操作がわかるガイドムービー(30分)や、詳しい手順を解説したガイドブック(カラー版)を同梱
  • きれい : 宛名面は長い住所も自動で美しくレイアウト。デザイン面は家族写真をよりきれいにする、充実した画像編集機能を搭載
  • お得 : より多彩な年賀状やはがきが作れるソフト2本(ラベル印刷ソフト「ペタット ラベル印刷 2」、手書き風フォント作成ソフト「までる手書き for 筆王」)搭載。さらに5台のパソコンで使えるなどお得がいっぱい
とのこと。
同一家庭内だと一本で五台まで使えるってのはいいですね。我が家も、買い換えやら何やらで増えた数台のパソコンが動いているので、家族がそれぞれ使えるのがグッド。娘は、自分の友だち用の年賀状を自分で作りたいでしょうから。

それから、分かり易いように“年賀状作成ソフト”って言っちゃっていますが、もちろん、どんなものでも作れます。暑中見舞いや引っ越しの連絡状などなど。年賀状と同様にテンプレートが揃っていて、ささっと作成可能です。

やっぱり手書きの味わいがいいなぁ、と仰る方向けの手書き風フォント作成ソフト「までる手書き for 筆王」は、自分で紙に書いた文字をフォントとして使えるというもの。筆王自体には147ものフォントが登録されているのですが、自分の手書き文字に限る、と言う場合に使いましょう。
これらおまけソフトや、追加のフォントは、筆王本体とは別にインストールが必要です。本体を起動したメイン画面の左下にある「機能拡張」ボタンを押してください。「オプションのインストール」を選んで、進みましょう。
オプションのインストール.jpg

★ 試しに使ってみた

本番のデータを使うと個人情報満載なので、ダミーを使ってとりあえず一通りの流れを試してみました。
基本的な操作方法やできることは、他のソフトとそれほど変わりはなさそうです。なので、他のソフトに慣れている人ならば移行は簡単でしょう。以下、他のソフトでいつもやっている流れをベースに試した結果です。実はもっといい方法、違うやり方があるかも知れませんが、まずは慣れたやり方でやってみた結果のご紹介。
(なので、初めて使ったんですが「いつもこうやってます」という説明口調になってます 笑)

メイン画面はこんな感じ。左端に縦に並んでいるのが大きな区分け。まずは「住所録」を作り、宛名のデザインをする「表面」、手紙の文面側をデザインする「裏面」、そして「印刷」となっています。
その右隣に並んでいるのが、それぞれのサブメニュー。「住所録」だと、宛先の追加や編集、検索、差出人(自分の名前・住所など)の登録・編集ができるようになっています。
メイン画面.jpg

● 住所録


とりあえず、自分の名前・住所を差出人として登録しようと、画面を開いてみました。こんな画面が現れるので、それぞれ入力して保存しましょう。
差出人情報.jpg


宛先追加はこんな感じ。
他のソフトでも同じですが、個人用・仕事用などと分類しておけたり(その分類ごとにデザイン面を変えることもできます)、連名追記できたりします。
宛先追加.jpg


この住所録を作っておけるのが年賀状作成ソフトの大きなメリットだと私は思っています。もちろん、ほかにも住所録というか、コンタクトリストはGoogleのサービスで作っているんですが、ネット上の知り合いなども多く、年賀状を出すプライベートな相手だけの管理(連名情報なども大事)は有用だな、と。
さらには年賀状を出したか、もらったかを記録しておくこともできるので、正月になって年賀状を受け取り、「この人に出したっけ?」と悩まなくて済みます。さらには、喪中葉書をくれた人に間違って年賀状を送ってしまうことも防げます。これ、必須機能です。
送受記録.jpg


住所録データをクラウドに保存してくれるサービスも付いていました。ソースネクストのユーザー登録と、製品の登録をしておく必要がありますが、住所録をクラウドストレージに保存しておいてくれるので、パソコンを変えたとき、ハードディスクが壊れてしまったときでも安心。一度、クラウドに保存するようにセットすれば、次回から自動的に保存しておいてくれるのもグッド。
クラウド保存.jpg

● 写真を使ってデザイン

さて、デザイン面作成もしてみました。
年賀状や暑中見舞い、その他の手紙用にたくさんのテンプレートが用意されています。ササッと作りたいときにはここから選べばOK。もちろん、そこに一手間加えるのも自由です。写真を挿入するフレーム付きのテンプレートも一杯ありますから、子どもの写真を貼り付けて近況報告風年賀状もすぐにできます。
素材パレット:デザイン.jpg


フリーでデザインする場合も、“部品”として使えるアイテムが一杯。干支の絵だったり、「謹賀新年」の文字だったり。私はいつも、自分で撮った写真をメインにし、一言添えるスペースにこれらパーツを並べてそれっぽく仕上げています
素材パレット:パーツ.jpg


フリーのデザインで写真を挿入する場合、最初にハガキのどの部分まで写真で埋めるかスペースを指定します。その後、写真の選定。ファイルマネージャーが出てきますので、お気に入りの写真を選びましょう。もちろん、コントロールキーを押しながら選べば、複数枚を同時に選んでこられます。
写真の配置を次に選びます。整列させたり、一枚をメインにして大きく表示したり、バラバラだったり。
写真一枚ごとに、表示させる範囲を変更することもできます。並んでいる一枚をクリックして選択し、マウスでドラッグ(マウスボタンを押したまま動かす)すると、表示範囲を変えることができます。人物の顔が切れちゃっているときなどはこの方法で修正しましょう。
コラージュ作成.jpg


パーツの特別版として「ハンコ」も作れます。
はんこメーカー.jpg


一言挨拶や干支の絵、そしてハンコのイメージを貼り付け、こんな感じで出来上がり。それっぽくできましたね。あとは相手に合わせて、手書きで一言添えて完成です。
完成.jpg


写真をそれなりにきれいに並べるのって意外と大変。センスが問われます。でも、このデザインツールならばサラッと、それっぽく仕上げてくれました。十分もかからず、サラサラッとできてしまった感じです。

★ 改善希望する点

さて、そんな便利な筆王Ver.21ですが、使ってみて改善希望点も出てきました。以下、要望です。

● 「筆まめ」からの住所録取り込みに関して

最初に書いた通り、私は他社製品の「筆まめ」を使っていました。もちろん、そこで住所録も作り上げています。筆王Ver.21では、他社ソフトからの住所録取り込み機能が備わっているんですが、残念ながら筆まめの最新版(のフォーマット)には対応していないようです。「筆まめからの取り込み」メニューはあるものの、実際にファイルを指定すると“対応していません”と言われてしまいます。
回避策としては、筆まめの方で“ContactXML”形式などで出力し、そのファイルを読み込むというもの。筆まめ側で別形式で書き出しが必要な分、面倒です。まあ、とは言えこれで取り込みは可能なのでボチボチ。ただ、送受記録などは渡されないので、それが不満。やはり、ネイティブ形式に対応してほしいものです。
別ファイルから取り込み.jpg

● 写真レイアウト機能に関して

写真のレイアウトを小綺麗に、自動的にやってくれるわけですが、その中の「ランダム」配置だけはいただけません。五、六枚選んでやってみたところ、そのうちの二枚だけがドンと大きく配置され、他がほとんど隠れて見えません。もちろん、一枚ごとに位置やサイズを変更できるのですが、最初にもう少しいい具合に配置してほしいものです。
コラージュ作成:ランダム.jpg



と、何点か改善要望はあるものの、使い易さはかなりいいですね。書き忘れましたが、ほとんどのコマンドで音声による説明も付いていますので、どうやるんだっけ?と悩むことなく作業がサクサク進みました。コストパフォーマンス的に見ても、かなり高いのではないでしょうか。
さて、これで私も今年の暮れはさっさと年賀状作りを終わらせることができるかな?まあ、こればかりはソフトの良し悪しではなく、性格の問題だから何とも言えませんが。。。

Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する


直販サイトはこちら。
ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王


リンクシェア レビュー・アフィリエイト



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 8

コメント 2

JUNKO

私も「筆まめ」を使っています。新しいものの方が便利なのでしょうが移動が大変だと困ります。何とか今のままで継続するつもりです。
by JUNKO (2016-11-21 11:41) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
「筆まめ」も毎年、バージョンアップしていますから、便利になっているはずです。私も数年前のものを使い続けてますが。
by ぶんじん (2016-11-21 18:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0