So-net無料ブログ作成

Bose Connect アプリで、誰でも簡単にBoseのヘッドホンとBluetooth接続できちゃいます [ガジェット : 面白いもの色々]

ConnectToTablet.png


Bose社からQuietComfort 35をいただき、試用しています。
BOSE (ボーズ) まとめページはこちら

★ Bose Connectとは

Bose QuietComfort 35 wireless headphones を使ってみた : スタバで静寂を手に入れた午後」の記事で紹介した通り、Bose QuietComfort 35 wireless headphones[Black]をスマートフォンに接続して使ってます。

さらに、新しいデバイス(Androidタブレット)にも繋げようと思い、どうせならばと、Bose社から提供されている便利ツールのBose Connect ( Google Play の Android アプリ )を使ってみたのでありました。(iOS版もあります : Bose Connectを App Store で
Screenshot_20160820-215523.jpg

Bluetooth接続って、慣れてしまえばそれほど面倒なものではないのですが、たまにしかしないし、ましてや初めてだと戸惑うことも。
スマートフォンヤタブレット、そしてPCでBluetooth対応の機器(今回の場合はヘッドホン)を使おうとした時、最初に一度だけ「ペアリング」という設定が必要になります。この設定、どこにそのメニューがあるのか探したり、どのボタンをいじれば良いのか慣れないとあたふたしてしまうもの。そんな面倒をなくして、画面の説明を観ながら誰でも簡単にできるようにしたのがBose Connectアプリです。

Google PlayやApp Storeから“Bose Connect”で検索してもすぐに見つかります。ダウンロード&インストールしてください。
アイコンはこんな感じ。この模様は何をイメージしているのでしょうかね。「耳」なのかな?!
BoseConnect.png

★ つなげてみた

早速、動かしてみました。

繋げたいヘッドホンの電源を入れ、Bose Connectを立ち上げてください。すると、接続可能なヘッドホンのイメージが現れます。今回はBose QuietComfort 35 wireless headphones[Black]しか出てきていませんが、もちろん、Bose SoundSport wireless headphonesなども、使える状態であれば同様にイメージが出てきます。
Screenshot_20160821-230430.jpg


接続させる場合、画面の指示通りにイメージ(ヘッドホンの絵)を下にドラッグ(指で引っ張る)してください。すると、自動的に接続設定になります。
この操作は、初めて接続する時だけで大丈夫。二度目からはヘッドホンの電源を入れると自動的に接続してくれます。もちろん、スマートフォン側のBluetoothをONにしておく必要がありますが。
Screenshot_20160821-230440.jpg


最初に接続させようとした時、ヘッドホン側が接続設定準備の状態(ペアリング設定状態)になっていないと、設定ができません。その場合、下の画面のようにヘッドホン側をペアリング設定状態にしろ、とメッセージが出ます。見ての通り、イメージに指示されたように、ヘッドホン側のボタンを操作してください。Bose QuietComfort 35 wireless headphones[Black]の場合は、電源ボタンをさらにスライドさせ、ちょっと(数秒)そのままにしてから手を離してください。ペアリング設定状態になると、ヘッドホン側のランプが点滅し始めるのですぐに分かります。
Screenshot_20160821-230615.jpg


ペアリング設定が完了すればOK。
繋げたヘッドホンに名前を付けておくことも可能です。一台しかヘッドホンを持っていないならばあんまり意味はないでしょうが、何台かある時にはパッと見分けが付いていいかも。
デフォルトでは、ヘッドホンの製品名が設定されています。問題なければそのままどうぞ。
Screenshot_20160821-230655.jpg


接続されるとこんな感じで表示されます。音量を示すバーがあるくらいのシンプルな画面ですね。
歯車のアイコンは、いつもの通りの「設定」呼び出しボタンです。
Screenshot_20160821-230830.jpg


設定画面はこんな感じ。
Screenshot_20160821-230905.jpg


設定の「音声ガイド」をオンにしておくと、ヘッドホンのスイッチを入れた時やバッテリー切れの時など、その名前の通り、音声でアナウンスしてくれます。起動時にはバッテリー残量や、どのデバイスに接続されたかなどを教えてくれるので便利ですよ。
最初、英語モードになっているかもしれません。日本語に変えたい時には設定画面で変更できます。対応している言語のリストが出てくるので、日本語を選択してください。
Screenshot_20160821-230854.jpg

ちなみに、例えばこの音声ガイドの言語設定変更は、ヘッドホン本体だけの操作でも(もちろん)可能です。
    • 音量ボタンの+と-を同時に長押しする。
      音声ガイドが流れ出したら、+または-ボタンを押していくと言語が切り替わる。
      設定したい言語が聞こえたら、マルチファンクションボタン(+-音量ボタンの真ん中にあるボタン)を押す。
  • というもの。マニュアルにはちゃんと書いてあるんですが、まあ、覚えられないですよね。。。
    ということで、Bose Connectアプリの登場。一度、Bluetoothのペアリング設定をしてしまえば、普段は必要のないアプリになってしまいます。が、設定の時はあると便利。Boseのヘッドホンを購入した時や設定変更したい時に思い出してもらい、インストールして使ってみてくださいな。

    Bose QuietComfort 35 wireless headphones





    nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
    共通テーマ:パソコン・インターネット

    nice! 11

    コメント 0

    コメントを書く

    お名前:[必須]
    URL:[必須]
    コメント:
    画像認証:
    下の画像に表示されている文字を入力してください。

    Facebook コメント

    トラックバック 0