So-net無料ブログ作成

オンライン英会話のレアジョブ(Rarejob) : 成果確認のため、TOEIC S&Wテストを受けてみた [Rarejob英会話]

SpeakingWriting.png

オンライン英会話レアジョブさんの英会話講座を、モニター終了後も自費で続けています。

まとめページ(目次・インデックス)はこちら。
     オンライン英会話のレアジョブ(Rarejob) にチャレンジ : まとめページ

★ TOEIC S&Wテストとは

オンライン英会話レアジョブを初めて一年ほど立った昨年末、自分の実力がどんなものかを試すためにTOEIC|TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト(以下、S&Wテスト)を受けてみました。
TOEICのテストというと、マークシート方式で、短文を読んで設問に答えたり、会場に流れる音声を聞いて質問に答えるパターンを思い浮かべると思います。これによってReading & Listening力が測れるわけです。でも、英語を使う場面では喋ったり、書いたりすることも必要。そこで、S&Wテストが新たに設けられたのでありました。
詳しくは公式サイトを見ていただきたいのですが、簡単に説明すると、
  • 受験者は一人一台のパソコンに向かい、受験します。
  • Speakingテストでは、マイク付きヘッドセットを付け、自分の言葉でしゃべり、それが録音される仕組みです。
  • Speakingテストでは、パソコンに映し出された写真を見て説明をしたり、あるシチュエーションが想定された場面で応える、という感じでした。(私が受けた時には)
  • Writingテストでは、メールの返信文をパソコンに入力したり、あるお題について小論文を書いたり(パソコンに入力)しました。(私が受けた時には)
という感じのテストです。
TOEICなので、“仕事でよくある場面”が題材になっている感じです。Speakingテストでは、自分がコールセンターの担当者になって、お客さんからの問い合わせに答える、なんて調子です。

なるほど“実戦的”で、普段やっていることがそのままって感じでしょうか。逆に言うと、仕事として応対をしたり、メールを読み書きしたり、自分の考えをまとめる、といったことを普段からしていないと、英語以前の問題としてとっつき難いかもしれません。小論文なんて日本語でも苦手、となると、英語ができる・できないと関係なく、点数を取ることはできないでしょう。
TOEICが考える「使える英語」というのがこういうもの、という思想というか、考え方がより現れた問題設定になっていると言えます。

さて、偉そうなことを言った私ですが、結果はこんな感じでした。
日頃、仕事やブログなどで文章を書くことが多いので、その点はいいのですが、やはりボキャブラリの貧困さはWritingテストの結果に出ているようです。
さらに、Speakingの方はこんなもの。オンライン英会話レアジョブで日々、チェックされているの、これでも良くなった方だと思います。仕事も変わって、さらに英語で会話する機会がなくなってしまったので、なんとか現状キープしている、というところかな。うむ、もう少し頑張らねば。
TOEIC SQUARE.png


TOEIC SQUARE[テスト受験や英語学習のサポート]に登録しておくと(無料です)、TOEICの各種申込みがWebでできますし、結果もWebで確認できるので何かと便利です。また、参考書などの情報も載っているので、TOEIC受験を考えている方には登録をおすすめします。

もちろん、試験結果は郵送でも送られてきます。上の写真のように、かなりご立派。良い点数をとったら、額に入れて飾りたくなるかも?!

★ レアジョブでもスピーキングテストやってます

TOEIC S&Wテストですが、受験料が一万円強となっています。受験者数もまだ少ないようですし、マークシート方式と違って採点やらなんやらでコストがかかるからでしょう。でも、一度は受けてみて実力チェックをするのもいいと思いますよ。

とは言え、いきなりは厳しそうだし、もうちょっと気軽に実力チェックできないかな、と思われる方にはこちらをおすすめ。実はレアジョブでもスピーキングテストを実施しています。詳しくは「スピーキングテストについて」を見てください。こちらは2,980円(税抜き)で受験できます。また、安心パックに入っていれば980円(税抜き)なり。
いつものレクチャーと同様に、Skypeを使って質問に答えるパターン。時間は20-30分です。結果は10日ほどで戻ってきて、詳しい採点はもちろん、今後の学習のアドバイスも有ります。また、TOEICや英検のレベルとの比較表もありますので、それら受験に向けての目標設定にも使えるでしょう。


TOEICのS&Wテストにせよ、レアジョブのスピーキングテストにせよ、まずは自分のレベルを知るのは今後の勉強のためにも良いこと。試しに一度、受験されることをおすすめしますよ。


無料体験50%増しや、初月無料などのキャンペーンをやっていることもあるので、詳しくは下のバナーでから飛んだ先のページを参照願います。




nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 15

コメント 2

JUNKO

テストと聞いたらなんでも拒絶反応です。
by JUNKO (2016-01-30 21:35) 

ぶんじん

JUNKOさんへ:
もちろん、受験する・しないは任意です。
確かに、一時間以上集中しなきゃいけないから、ちと疲れちゃいます。
by ぶんじん (2016-01-31 16:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0