So-net無料ブログ作成

「アジェのパリ」 [読書 : 読んだ本の紹介]


アジェのパリ

アジェのパリ

  • 作者: 大島 洋
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 単行本


Eugene Atget (ウジェーヌ・アジェ)は十九世紀末から二十世紀初頭のパリの街並みを撮りまくった写真家。その数は一万点近いとも言われている。当時のパリの模様を知ることのできる歴史的資料としてもとても貴重。
と、アジェに関しては何枚かの作品と、この程度のことしか知らなかった。テレビ東京の「美の巨人たち」で観たのが最初かな。

本書は、そんなアジェの作品や人となりを紹介してくれている。が、単純な伝記や作品集ではない。著者が、アジェの写真集「Atget: Paris」を手に、アジェが撮った場所を求めてパリの中を歩き回る。また、東京に戻ってからもその写真集を見ながら歩き回ったことを思い出す。その道すがら思ったこと綴った随筆・紀行文なのだ。その中でアジェがどんな人だったのか、なぜこんなにもたくさんの作品を残したのか、そしてそもそもなんでパリの街角を写して回ったのかも語っている。実際に撮影場所を訪ね歩いて、そこで感じたことを語る。アジェを紹介するのにはぴったりの手法だ。
著者が実際にパリの街を歩いたのは今から十五年ほど前の話。アジェが撮ったパリは百年前。日本だと、明治末期から大正にかけてだから、平成の東京にその頃の面影なんてほとんど残っていないだろう。あっても公園だの、どこぞのお屋敷だの、ほんのちょっとだ。だが、著者自身が驚いているが、アジェの撮った風景に写っている建物をいとも簡単に、そしてパリのあちこちで見つけてしまうのだ。著者も書いているが、「アジェは失われていくパリの街並みを記録に残そうとした」と一般に言われているが、どうやらそれは作られた話だったようだ。パリは古い建物を大事に使っているんですね。そんな感じで、著者はアジェの世界に引き込まれていく。アジェがどんな気持ちで被写体にレンズを向けていたのかを推し量ろうとしていくのだ。アジェの使っていたカメラはガラス乾板式の、昔の写真屋さんが使っていたようなでっかい奴。カルティエ=ブレッソンのように、さっとライカを取り出して、相手が気づく前に撮ってしまうなんて技は使えない。撮影場所を決め、じっくりと腰を据えて写すことになる。著者は実際に現場を見て、アジェが太陽の方向(つまりは光の射す方向)を見極めて撮影する時刻を決めている事を知る。アジェは娼婦なども撮っているのだが、今も昔も彼女らは写真に撮られることをいやがる。著者もカメラを持って歩いているだけで迷惑がられたようだ。アジェのカメラでは盗み撮りなど不可能。ではどうやって撮ったのか。それは被写体である彼女らと打ち解けてモデルになってもらうしかない。人の写っていない、街角の写真ばっかりを撮っているアジェは人嫌いなのかと思っていたが、どうやらそうではなかった訳だ。
そもそも、アジェは最初から写真家ではなかったそうだ。最初の職業は船の給仕。アフリカや南米にまで行ったそうだ。それが何故か次は旅回りの役者になり、各地を転々とする。が、人気も出ずにくびになり、次は画家に。絵では食っていけないので、街の記録写真を撮る仕事を役所や画家(その頃、画家も写真を参考に絵を描くようになっていたそうだ)から引き受けて生計を立て始めた。そう、そうやって“写真家”アジェが誕生したのだそうだ。いやぁ、知らなかった。

読むと、無性にパリに行きたくなる本でした。私もアジェの写真集を持ってパリの街を歩き回りたいな。まだあの店は残っているのだろうか、見てみたい。そんな気分にしみじみと、そうしみじみとなれる本です。おすすめです。


新装版が出たみたい。
アジェのパリ【新装版】
Amazon.co.jpで購入する
楽天ブックスで購入する
Omni7 セブンネットショッピングで購入する






Atget: Paris

Atget: Paris

  • 作者: Laure Beaumont-Maillet
  • 出版社/メーカー: Hazan Editeur
  • 発売日: 2007/05/15
  • メディア: ペーパーバック



Paris: Eugene Atget: 1857-1927 (Taschen 25th Anniversary Edition)

Paris: Eugene Atget: 1857-1927 (Taschen 25th Anniversary Edition)

  • 作者: Andreas Krase
  • 出版社/メーカー: Taschen America Llc
  • 発売日: 2008/08/22
  • メディア: ハードカバー



Michelin Green Guide Paris

Michelin Green Guide Paris

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Michelin Travel Pubns
  • 発売日: 2011/04
  • メディア: ペーパーバック



nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 2

はくちゃん

おはようございます
来年もよろしくお願いします
よいお年をお迎えください。

by はくちゃん (2010-12-31 10:12) 

ぶんじん

はくちゃんさんへ:
謹賀新年。今年もぼちぼちよろしくお願いします。
by ぶんじん (2011-01-01 17:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0