So-net無料ブログ作成

「絶滅古生物学」 [読書 : 読んだ本の紹介]

「恐竜は隕石の衝突によって絶滅した」というのはよく聞かれること。それが定説になっているのだとばかり思っていたが、全くの思い違いだった。絶滅はそう単純な話ではなかったのだ。隕石のせいで天変地異が起きて恐竜が絶滅したのなら、なぜ他の生物は生き残ったのか。その差はなんだったのか。白亜紀以外でも大量絶滅が起きていたようだが、それも全て隕石が原因なのか。そんなことを突き詰めていくとまだまだ判らないことだらけらしい。

「絶滅古生物学」というタイトルがいい。「絶滅論」ではなく、ちゃんと「学」と名乗っているのだ。そう、筆者は検証可能な形で「絶滅」というものを定義した訳だ。主に化石を調べて過去の生物を調べるのだが、それが絶滅したのかそうでないのかの区別が難しい。単にその時代の地層からまだ発見されていないだけかも知れない。地面を全部掘り返して見ないと「ない」とは言えないのだから。また、その種が進化をしてしまって違う生物に分類されたため、元の種が見かけ上、いなくなったと思われているだけかもしれない。一カ所の地層の調査だけでは決め手にかける訳だ。だが、世界の他の場所と比べようとすると、本当にそれらの地層が同じ時代なのかを同定するのが難しい。世界中に(ほぼ)同一種類の生物が広まっていれば、それを基準に判るのだが、絶滅が起きているような時期だ。それも難しいのは容易に理解できる。学者たちはいろいろと苦労して「絶滅」とはどういうことか(どういう証拠が上がれば絶滅とみなせるか)を定義していっているのだ。

原因も隕石だけを犯人にしてしまえるほど簡単ではない。複数犯の可能せいもあるし、偶然に多数の犯人が別々に起こした事件が重なって大惨事になったかもしれない。まさに事実はミステリー小説よりも複雑らしい。地球の温暖化や寒冷化によって海の水の体積が変化する。それによって海岸線が陸側に広がったり、逆に海が引いていってしまったりする。浅瀬は生物にとって都合のいい場所らしい。その面積が増えたり減ったりするのだ。この変化によって絶滅が起きる。また、深層海底流の流れが変化し、それによって海の中に運ばれる酸素の量が変わる。無酸素・低酸素の水塊ができると、それによっても生物は絶滅する。隕石ではなくても、火山活動が活発になればその噴出物によって隕石が当たったときと同様の惨事を引き起こす。さらに、これらの要素が重なったり続けて起きることによって大量の絶滅を引き起こすらしいのだ。

絶滅を学問として研究するためには、化石を調べねばならない。そして古生物を知らなければならない。地球内部の構造を知り、マントルの流れやプレートの動きを研究せねばならない。海流の性質を知るとともに、何億年も昔の状況を推測していかねばならない。気象に関しても同様。そして、隕石が衝突した時に起こる事柄に関しても研究が必要だ。世界中の地層を比較して年表をつくり、それぞれの地層をそこにマップしていかねばならない。絶滅古生物学とは、これらの研究成果を元に発展していこうとしている。まさに総合科学、新しい科学だ。

なかなかおもしろかった。だが、専門書。ちょいと読み込むには知識が足りなかった。まあ、雰囲気だけでも感じられたということで良しとしよう。隕石一個で問題は解決しないのだ、ということがわかっただけでも良かったかな。久しぶりにハードな本を読んでしまった。


絶滅古生物学

絶滅古生物学

  • 作者: 平野 弘道
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 単行本

大絶滅―遺伝子が悪いのか運が悪いのか?

大絶滅―遺伝子が悪いのか運が悪いのか?

  • 作者: デイヴィッド・M. ラウプ
  • 出版社/メーカー: 平河出版社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 単行本


ジュラシック・ミステリー―恐竜絶滅と重力の謎

ジュラシック・ミステリー―恐竜絶滅と重力の謎

  • 作者: 権藤 正勝
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 5

HEIJI

子供の頃覚えたことと、現代ではわかってきてることがかなり違いますね。恐竜の名前とか知らないのが多いし。
過去が変ったわけではないのに、不思議な感覚です。
今になって恐竜に羽毛があったとか言われても・・・。
by HEIJI (2007-09-24 00:11) 

mamire

人も、いつしか絶滅生物にならなければいいのだけれど。
いえ、この「学」で言えば絶滅しているのかも。
今生きている「人」は、新人類とも言われているのだもの。
by mamire (2007-09-24 17:59) 

ぶんじん

HEIJI☆さんへ:
日本史・世界史の教科書も自分が習った時とはだいぶ違っているようで。歴史も生ものなんですねぇ。

mamireさんへ:
新たな種に進化した場合は絶滅とは呼ばないそうです。人類もニュー・タイプになって生き残るのでしょうか。
by ぶんじん (2007-09-25 23:14) 

恐竜は隕石が落ちてきて、氷河期になって食べ物がなくなって、体が大きかったから生き残れなかったと、昔聞いたことがあったんだけど、もっと奥が深いんですね。
今、もし隕石が降ってきたら…一番最初に絶滅するのは贅沢しまくっている「人間」なんでしょうね。
by (2007-09-30 14:42) 

ぶんじん

リカさんへ:
人間の後はどんな生物が覇権を取るんでしょうね。猿の惑星になっちゃうのかな。それともゴキブリ?
by ぶんじん (2007-09-30 22:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2